FC2ブログ

ハードル越えられるか!?

rice3_20180313183627da0.jpg

帰宅後のライス。

今日は午後5時から予約を取って病院へ行ってきました。
ライスの症状がまったく出てなければ私1人のつもりでしたが、まだ完全とは言えないので念のために連れて行きました。

院長先生の予約でしたが、緊急オペで時間が掛かるとのことで、別の先生が担当してくださいました。

さて、その先生に今の状態を相談。
ズゴズゴさせる回数はかなり減ったものの、以前のように完全に止まった気配がまだない事。
あと、自宅でネブライザを使ってみようと思っていること。

くおんさんから教えて頂いた製品の品番を先生にお伝えして検索して頂きました。

そしたら、「あ、これ、病院のと同じです」

おお~~!同じだったとは!

なので、すぐに持ってきてくださって説明して頂けましたよ。

薬剤も病院からすぐに渡せるとのこと。

これなら、不明な事があってもすぐ相談出来るし、薬剤の手配も簡単ですね。

先生と相談した結果、用意が出来たら薬剤を取りに来ること。
その後は毎日1回トライし、1週間連続で使用してみて、今と同じくらい落ち着いているならそのまま継続。
もし、またぶり返しが強そうなら注射と併用していきましょうとのことでした。

この前打ってもらった注射の効果はあと1週間後にちょうど切れることになるのですが、ネブライザで今程度の状態が持続で来たらまずまずかなという感じでしょうか。

ライスに入って貰うケースを買って穴を開けたりと、色々準備があるので即座に!とは行きませんが、明日から動こうかと思います。
しかし、問題は、ライスがケースに閉じ込められることを我慢できるか?15分も・・・

ぼ~~~っとしてる15分はあっという間ですが、こういう時の15分って長いんですよねぇ(汗)
宥め透かしが成功するかどうか。
案外大人しく入ってくれたら万々歳ですが。毎日ね。大変かもな(苦笑)

しかし、まずはやってみないことには。
効果が出ることを祈ってます!

ということで、くおんさん、有難いお申し出に感謝です。
メ―ルフォームを右下に設置しましたので、そこからまずはご連絡を頂ければと思います。
どうぞよろしくお願い致します<(_ _)>

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

くおんさ~~ん!

rice1_20180117164836eef.jpg

実は火曜日に鼻フンフン・・・の再発で病院に行ったライス。

いや、今回はフンフンというより、ズゴズゴ音が多くて。

以前と同じ注射を打ったのですが、まだ出ます、症状。

3日目だからかなあ?もう少ししたら落ち着いて来たっけかなぁ?

どちらにしても、慢性鼻炎的な状態なんだろうとは思います。

2回CT撮って、検査所にも細胞を出して、癌の疑いは今のところ低く、慢性鼻炎の可能性が高いと出ましたけど、やはり予防的措置は考えておいた方が良さそうな気が。。。



なので、ここからは個人的連絡です。

くおんさーん!
以前、お持ちのネブライザを譲ってもいいと仰ってくださいましたが、検討しようかと思いましたので、お手数をおかけしますが、参考までに製品の品番を教えて頂けないでしょうか?
色々あるので、どれがライスに良いのか購入する時には相談の為、一度病院に来て下さいって言われたので、情報が分かればありがたいです<(_ _)>

コメントお待ちしております。
検討の結果、ゴー!となったら、費用の件などありますので、改めてメールフォームを設置し、そこでやりとりさせて頂ければと考えております。。

よろしくお願い致します!

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

結果が出た。

rice30.jpg

本日2つめの記事。

ついさっき、病院から電話があり、ライスの検査結果が判明。

菌の培養結果については、特になにも出なかったそう。

そして、細胞の検査の結果、悪性のものは見つからなかったそうなんだけど、細胞には2種類?あって、若い細胞の方が癌細胞としては悪く、古い癌細胞の場合もあるそうで、ライスの場合、後者の面については100%否定は出来ないそうです。

しかし、1年前と今と様子に変化がないため、やはり慢性鼻炎の可能性がより高いと思われるとのことでした。

ということで、今のところは症状が強くなってきたら投薬か注射をする・・・という感じでしょうか。
少々の事なら目をつぶっておくか。

あと、先生からの提案は「ネブライザーを自宅で使う」という方法でした。

ん~詳しくないのでよくわかりませんが、薬剤を箱に充満させてそこに15分ほど入って貰う・・・みたい。

人間の耳鼻咽喉科に行くと、私も花粉症の頃行きましたが、鼻に直接管を入れて薬剤を入れるんですよね。
完治の為と言うより、緩和ですね。

でも、猫の場合はじっとしてませんし、鼻の穴も小さいし大変なので、「衣装ケースのような箱に穴を開け、そこから機械のホースを入れて薬剤を満たした中に15分入って貰う」とのことでした。

ライスにそれが可能だろうか・・・???

「何十万もするわけではなく、アマゾンでも4~5万で買える」との事でした。

4~5万・・・はぁ・・・

「そうですか~アマゾンでも買えるんですね?」と聞き返すと、「いきなり買うのも心配なので、どういう物があってどれがいいかとか、説明させてもらいたいと思いますので、その時には病院に来て下さいね」とのことでした。

そうですよね、いきなり買っても私も不安です・・・(笑)

ネットでその後見たら、先生の説明通りに使っている人の記事も見つかって、なるほどなるほど、これならライスもいけなくもないかも?と思ったのですが。
タイプも何種類かあるようですなぁ。

この方法も頭に置いといて、とりあえず暫くは投薬等で様子も見たいと思いました。

まずは、癌の疑いが今のところはほぼ無いらしいので、ほっとした次第です。

ちなみに、これは慢性鼻炎以外にも、咳がよく出る子にも使うそうです。

色んな緩和療法があるんですねぇ。大昔は考えられませんでしたね(^^;)
今はほんとに有難い時代になったものだと思います。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

お疲れ様~~!

rice9.jpg
2009年のライス。


今日はライスの検査日でした。

CTなので麻酔するため絶食。
それがいつも可哀想に思いますが、事故防止の為には致し方ない。

お昼前に預けて、お迎えは夜。

CT画像の説明を受けたのですが、肺、腎臓その他内臓関係異常なし。

で、鼻の奥の部分ですが、1年前に撮った画像と状態はほぼ同じでした。
何やらモヤモヤしたものが左右の穴にある。

院長先生曰く「人間でいうところの蓄膿がこんな風に写るんですけどねぇ」

で、念のために組織も採取してみたところ、癌細胞に見えなくもない組織があったので、検査所に出してみることになりました。

ただ、1年前と画像が同じ状態で、症状も同じなので、癌細胞じゃなくて、それと見間違えることがある細胞かもしれないとのこと。
あと、菌の培養も検査所でないと出来ないそうで、それもお願いしました。

1年も経って症状に変化がないので、癌の疑いは低いと思いたいですが、これは結果が出るのを待つしかありませんね。

どうかどうか、単なる慢性鼻炎でありますように。

それならそれでまた投薬とか必要になってくるのでしょうが。

今、部屋をウロウロして何か食べたい感じなんですけど、どのカリカリも気に入らないみたい。

んなこと言ったって・・・いつも食べてるじゃありませんかぁ~~~。

気持ちが落ち着いたら、少しずつでも食べて頂戴ませ。

元々缶詰も好き嫌いがあって、缶詰よりカリカリ好きなため、こんな時に「鉄板」と言える缶詰が無いのが困るなぁ。
数か月前までは、銀スプの缶詰が鉄板だったのに、今はそれほどでも・・・ない。

だけど、お腹が空いてるハズだから、何でも食べてくれそうなものなのに。

案外食に関して難しいライスなのです。

とにかく、今夜はぐっすり寝てくださいね。
食べる気になったら慌てず少しずつね。



☆掘りました。

hatake182.jpg

昨日、さつま芋をすべて掘り上げました。
昨年とほぼ同じ時期になりましたねぇ。

また天気が悪くなるとのことなので、もう掘ってしまえ!と思ったのですが、昨年よりも大きな芋が綺麗に出来ていました。

品種は昨年は安納芋でしたが、その後スーパーで見つけて食べてみたシルクスイートという品種が気に入ったので、1つ残してそこから苗を取って植えたのでした。

ただ、今回は苗作りが初回のようにうまく行かず。
全然伸びてこない・・・葉っぱも小さい小さい・・・
定植適期になっても10センチほどしか伸びてませんでした。

さすがに無理か~と思ったものの、ギリギリで切り取って10センチの苗を5本だけ植えてみました。

植えるのもその短さだから横にさすのも結構無理くり(笑)

しかし、次第に成長し、いっちょまえの茂みを作りだしたのでほっと一安心。

今回はぼかしを入れた後、一度だけカリ肥料を軽く周辺にまいてそのまま5か月放置してました。

そしたら、去年より皮の綺麗な芋がゴロゴロ。

出来てないだろうな~ほとんどなあ~あんな短すぎる苗だったしなあ~と思ってたので、これはもう嬉しい誤算。

長いものだと20センチを超えています。
根っこ近くに大きなのが集まって、長く伸びた所には小ぶりな芋があちこちから出てくる感じですね。

数は昨年より少し少ないとは言うものの、見た目の美しさは月と鼈でした。
昨年のは皮が汚かったんですよ。ガサガサ感がねぇ。
今年はツルツル、しかも綺麗な深紅でした。

味がシルクスイートのあの美味しさになってるかどうかは、2か月くらい追熟してからでないとわからないと思うけど、安納芋よりは上手に出来たはず!と信じて、年末から年明けの味見を楽しみに待ちたいと思います♪

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

来週検査。

rice29.jpg

はぁ~~~疲れたぁ~~~と多分思っている筈のライス。

おかあちゃんも疲れました(笑)

鼻フンフン。。。今や少々のズゴズゴ音をさせているライスの相談と、1年ぶりの血液検査のため病院へ行きました。

予約は11時で、30分前に余裕しゃくしゃくで到着したら、院長(前副院長)先生、救急の患者さん対応で待ち時間がかなり出来ていると看護師さんより説明アリ。

他の先生に診てもらうのもなあ・・・前から相談していたのでやっぱり院長先生を待つことにしようと思ってたら、呼ばれたのがお昼をとうに回っていたのでした。

途中で院長先生が来られて「血液検査だけ先にやっておきましょう」と大急ぎで採血。

救急さんが入ると大変ですね。


しかし、これがライスだったからまだ良かった。
とっても大人しいんだもん(笑)
ヤムだったら籠を噛みまくって大変です・・・。


さて、血液検査の結果は1年前とほぼ変わらず。
体重は更に増えてしまってましたが・・・肥えてるけど血糖値とか異常なし。
血液濃度も十分過ぎるほどだそうで。
腎臓、肝臓異常なし。

ぽっちゃりしてても問題なし・・・ということで、内心(マツコみたいだな)と思った私(^^;)

で、問題の鼻ですが、私の見た限り、花粉症とか蓄膿とかを患っている人がやるような行動に見えてくるという感じで、先生からは子猫の時に風邪を引いていたことがなかったかどうか訊かれましたが、保護した当時は問題なかったし。
その後も毎年ワクチンは打っていたのでねぇ・・・。

でも、もともと何かウイルスを持っていたのが何かがトリガーになってこうなるケースもあるんだとか。

1年前のCTの画像には、左右対称に白いモヤモヤが写っていたので気になっていたのですが、もし腫瘍なら1年経っても同程度の症状とは考えにくい事と、抗生剤が効いてる間は治まってるってことで、どっちかというと副鼻腔の炎症系?そんなイメージだそうです。

とりあえず、CTの画像に変化があるかないかを一度確認したいとのことで、来週半日入院で撮影してもらうことになりました。
ついでに、状況によっては鼻の奥の細胞を少し採取して、菌を培養して検査することもあるそうです。

命取りになるような大きな問題が起こってないのかどうかを知っておきたいので、ライスには気の毒ですが来週も病院。

慢性的な炎症になってくるとお薬で対処となるようですけどねぇ。

とにかく「腫瘍系じゃありません」という結果が出ると信じていきましょう。

亡くなったチョボは子猫の時の死ぬ寸前だった猫風邪で後遺症が酷く残り、晩年はそれで苦労しました。
ライスも何か慢性的な問題が起こったのなら、酷くなってほしくないですもんね。


さて、数日前に病院からクロネコさんのDMでこんなものが届いていました。


byouin1_20171020150900b9c.jpg


byouin2_20171020150902ca0.jpg


初めて送られてきました。

2年ほど前から、院内での血液検査と、検査所に出す方法と選べるようになったのですが、料金が倍くらい違うんですね。
急がない場合は検査所に出した方がお得。

それから、昔より検査内容も詳しくなったんですねぇ。
ワクチンの抗体が出来ているかどうかも調べてもらえるんですね!

数年前から、「室内暮らしならワクチンは実は3年に1度くらいでいいのではないか」という議論が日本でも起こりだしていました。
海外では既にそれくらいの周期に変わっていたのですが、日本ではまだ「1年に1度打った方が安心」というお話で。

でも、今は毎年のワクチンで腎不全が起こる可能性があることが解ったり、副作用の面が重視されだしたようですね。

ヤムはもう打てませんが、グレとライスは前回打ってから2年近く経つかも。

タイムリーな事に一昨日だったか、ネットのニュースで犬のワクチンでも同じような事を書いた記事が出ていました。
1年に1度というやり方を見直すべきだという獣医師さん達からの提言でした。

副作用がないワクチンが開発されると一番いいのにね。
そんな日が来ることを願いたいものです。


それから、病院のHPがリニューアルされたので一通り読んでみたら、猫の診察のページでこんな事を発見。

ISFM(国際猫医学会)によって確立された「環境と診療による猫へのストレスを最低限にするための動物病院」のガイドラインでキャット・フレンドリー病院のゴールド認定を受けている・・・。

国際猫医学会ってのがあるんですねぇ!全然知りませんでした。

本部はイギリス。

私が通うこの病院はそこからゴールド認定を受けたそうです。

日本国内でゴールド認定を受けているのは100軒前後?シルバーとブロンズもありましたが、この医学会のHPを見ると、英語で書かれてはありますが、日本国内のどの病院がそうなのか読めるようになっていました。
愛猫をどの病院へ連れて行けば安心できるのか、参考になるかもしれませんね。
もちろん、認定を受けたからと言って相性までいいかどうかは行ってみないとわかりませんが。


☆おいおい、返事は・・・?

請求が来ないお店にメールを出して一週間。まだ来ません。
お問い合わせページからメールしたのですけど。
見落としている可能性ありますねぇ?

来週半ばにでも電話してみようかなと思います。

後払いし忘れてメールを貰った経験はありますが、こっちから「払いたいのですけど請求まだですか?」って言うのは生まれて初めてですな(^^;)

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

ん~・・・診察だな。。。

rice19_201411272329114ca.jpg

鼻フンフンのために投薬をして、それが終わって暫く経ったんですが、また復活してしまいました。。。

多い日もあれば少ない日もあり、天気に左右されるのか(乾燥、または湿気)と思ったけど関係なさそうだし。

カーッペ!ってのもたまにあるし。

本猫は元気にご飯もりもり食べてますが、このまま自然に過ごしていて何かトラブルが後になって出るのも何だし。

しょっちゅうこんなことしてたら、粘膜が傷つくかもしれませんしねぇ。

とりあえず、20日に診察を受ける手配を致しましたぁ。。。

何だろなぁ。

何か詰まってるのかなぁ・・・

以前のCTの画像がちょっと気にはなるけど。。。

抗生剤を飲んでる間は止まってるって事は、それに対しては反応が良いということだろうから、じゃあ、何で?って思うんですけど。


今日は雨だったので、ヤムとグレの点滴や薬を歩いて取りに行きました。
足腰弱ってるわ~30分歩くのですが、途中でもう股関節がギシギシする感じ。

いつも取りに行く前日に注文しておくのですが、それでも待たねばなりません。
あくまでも受付で名前を書いた順番なんですよねぇ。
前は薬だけならさっさと貰えたんだけど。

ま、それは致し方ないとして、後から来た人が「タクシーを待たせてるから早くしてほしい」って割り込みされましたよ。
退院のお迎えだったみたい。
看護師さんが「受付順なんで・・・」と言ってましたけど、結局私より後だったのに先になりました。

私は前日に頼んで、それでも既に30分待ってたのに。

その上、「うちの子は院長以外見させないから」と威張り腐っていた人を再び目撃。
以前居たんです、この人。ダラダラと受付で「院長以外は…云々かんぬん」と長話。

「ここが開院した時から来てるんだからね」と、それのどこがえらいのか?

まるで、お得意様なんだから優先しなさいよねってな勢いの人で、不快でしたが、それがまた居た。

ちなみにこの人の言う院長は、前院長のこと。

でも、10月から副院長が院長になり、前院長は役職を退かれて学会に出たり診察をしたりと、フリーな状態?になって予約も不可能なので、それに対して文句を言ってました。

病院には病院の事情もあるし、院長以外見させないという何様な態度もいかがなものかとは思いましたけど、看護師さんにもあれこれ命令口調で、なんか見ていて辟易とする感じ。

それより、また長話するんじゃないだろうな?そうなったら私はもう突っ込むぞとイライラ。

30分待って、タクシーの人に強引に先に行かれて、この横柄な人にもむかむかして、私も不機嫌になってしまったわ(苦笑)

診察開始と同時に行ければ待たずに済むんだろうけど、ヤムの給餌やら色々あってそれは無理なので。

何だかなーと思ったのでした。


☆返事が来ないよー

2週間ちょい前に、とある食べ物を取り寄せたのですが、代引きで購入したのに、先方が間違えて「クレジット用の紙を貼って発送してしまったので、後日お詫びの品に代引き用の紙を貼って送ります」というメールが来ました。
なので、受け取った当日は代金を支払うことなく、食べ物は私のお腹にすべて納まりましたが、待てど暮らせど代引き用の紙が届きません。

お詫びの品が届いた時に今回の代金を払ってくださいって事でしょうが、お詫びの品より決済が済んでいないことが気になって、2週間経ってるしと、メールを一昨日出しました。

だけど、返事がまだ来なーい!!

なので、現在のワタクシ、食い逃げになっています(笑)

のんびりしたお店なんだな~と思いますけど、気になって仕方ないので「コンビニ決済の用紙を送ってほしい」と支払い方法の変更を申し出ました。

とにかく、早く支払わせてくださーいっ!!!!

私を食い逃げ犯にしないでくれぇ~~!(笑)

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード