FC2ブログ

雨の日にこそ。

taneko22 (2)

最近、台風の被害というより、雨の被害が多いように思います。

またしばらく雨・・・しかも大雨に警戒とか、今年何度この文字を見ていることやら。


こちら大阪も、午後から雨になりました。

少し強く降ったけど、そんなに長い時間ではなかったです。

雨の警報が出されている地域の皆さま、どうぞお気を付けください。
早く、秋らしいさわやかな天候がやってくるよう、願うのみで・・・内心ほとほとうんざりです。


さて、今日はその雨を利用しました。

少し強めの雨の最中でしたが、傘が役に立たないほどの強さではない雨だったので、「このタイミングこそ利用するべし」と思い、庭木の伐採を少し進めました。

前栽は、一部がチーチー一家の子育てエリアとなっているため、雑草を刈るのも枝を伐採するのもタイミングを計ってやろうと思っていたのですが、それがなかなか出来ないため、昨日は前栽の奥の方から静かに鎌で刈り取る作業を開始。

そして、今日は雨になったのですけど、雨になったら子供を連れてどこかへ雨宿りするために姿が見えなくなることを思い出した私。

「そうだ、この雨こそがチャンスだ!」

というわけで、普段大して何もやらない夫の尻を叩き、私がチーチー一家が普段まったりしている佐助稲荷の付近にある雑木の枝を、電動のこぎりでバッサバッサ。

夫は伸びすぎた松の枝をバッサバッサ。

「刈るタイミングを計るのが一番やっかいだなあ」と思ってた箇所が、適当ではありますが伐採できました。

あまりやってしまうと、陰も無くなるし、隠れ場所も無くなるので、状況を見ながらの伐採。
なので、全体的にすっきりしたね~!とまではいってませんが、法事を行う座敷からは、見えても大してどうってことない感じですし、見えたから何だ?でございます(笑)

昨日刈り取った雑草は山積みになったままですけど、せっかく刈ったのに、残暑のせいでまた一斉に伸びるのはわかりきったこと。

面倒だとは思いつつも、畑作業で使っていた黒マルチとばんちゃんを使って、少しカバーしてみました。

太いイネ科の雑草は突き破ってくる箇所もいくつかあるとは思うけど、全体を再び刈り直すところまではいかないと思う。
少しでも手間を省かねば効率悪いです。

まだかなりの面積、刈り取れてないので、チーチー達が雨宿りしに行ってる間に、夫がマキタの草刈機で刈ろうと言いだしました。

マキタの草刈機は音が静かな方なので、じゃ、今のうちだ!と思ったのだけど、どんくさいことに、充電し切れてなくてアウト。

まだ雨は降る機会があるので、その時こそやらねば。

いつもは、雨は庭掃除出来ません~というパターンでしたが、チーチー達の行動を観察していたお蔭で逆転の発想。

雨の日だからこそ捗った。そんな1日でございました(^^)

勿論、雨の程度にもよりますけどねぇ。

とにかく、チビ達を怯えさせたくない。
まだまだ気を遣う日々が続きます(^^;)

法事は10月下旬の予定。
まだ時間あります。

完璧にする必要なし。草が必要な場所はあえて残す。
それは住んでいる人の事情でそうなるのですから、それでよし。

雑草の残りなんて、法事になんの関係もありませんからね。

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

まったく違う。

P1100299.jpg

ピアノの試弾に出かけるので、母にチーチー達のご飯をお願いしておきましたが、瓦職人さん達が5人も来ていたせいか、留守中全然来なかったそうです(^^;)

職人さん達が来ることは昨日になって突然わかり・・・
やっと修復に向けて動き出したかと思ったけど、外出と重なってしまいました。

勝手知ったる猫社長さん手配の職人さん達なので、留守にしても問題ないのですけどね。

チーチーは、職人さん達が帰った途端登場しました(^^;)

さて、蒸し暑くて仕方ない中、最寄駅から調律師さんのお店まで電車でゴー。

幸いなことに、梅田ダンジョンをさまよって地下鉄の駅に向かわなくても、最寄駅から乗り換え1回で松屋町に着くと知り、ラッキーと。

梅田行きは日曜は絶対混んでますから乗りたくなかったし。
梅田を通らなくても、中央区へ出ることができると初めて知った。

結構便利なとこなんだな、ここ(笑)

予定より早めに着いてしまいましたが、お店に到着したら早速試弾です。

待っていたのは黒いGP。何台もピアノが並んでいるけど割と小さなお店です。
その中の1台が目的のピアノ。

人前で弾くことがない年月が長くなりすぎて、試弾なのに緊張しまくり。

用意した曲もミス連発の上、慣れないタッチに四苦八苦。

しかし、弾くことは次第に慣れました。

ただ、タッチの違いがあまりにもあり過ぎることに衝撃。

家のレグニカちゃんが、いかに甘々なピアノなのかよくわかった次第です。

出そうと思ってないのに大きな音がボンと出てしまったり、出そうと思ったピアニッシモが聞こえなかったりと、本当に神経を使って弾かねばならないピアノ。

調律師さんいわく「このピアノは確かに弾きにくいです。でも、弾き方を掴むと、いろんな音色を奏でることができるようになる」とのこと。

今のレグニカで出来てる部分が出来ないとなると、相当練習必要です。

しかし、ピアノそのものが弾きにくいという悪いピアノでは当然なくて、タッチの勉強が出来てない私が弾くからこうなるのであって。

レンタル室のGPはカワイでしたが、苦も無く弾けたのです。

しかし、ベヒシュタインはネットのユーザー評にもあるように「最初は弾きにくいと思ったけど、今では~」と。

中途半端な練習は早くやめて、上達するためのピアノに切り替えないといけないなと実感した次第。

1時間半ほどお店にいましたが、その間あれこれ試してみたりして、「慣れてきましたね」と言われました。
確かに、最初ほどの戸惑いは減ったかなあ。

ワンランク下のシリーズのホフマンも弾きましたが、ベヒシュタインより楽に弾けるものの、面白みがありませんでした。

そして、ベヒシュタインの隣にあったのは、木目調のスタインウエイ。
鍵盤が黄色味がかっていたので、「象牙ですか?」と聞いたら、「それ風に着色してるだけです」

サイズはベヒさんより小さくて、奥行き158センチだっけ。家庭用に作られたスタインウエイ。

スタさんなんてお目にかかったこともないので、ドキドキしながらノクターンを弾いたのですけど・・・

ん?なんで?滑るなぁ、鍵盤。。。滑らなくてもいいのに何故か手から鍵盤が逃げる感じが凄い。

弾き終わった後、ベヒさんとの違いを言うと「そうなんです。家庭用に無理に小さくしてるせいで(この辺構造上の話でちょっと忘れた)鍵盤を押す時は軽く、でも戻る時は重くなってしまうんです。」

要するに、指の動きにフィットし辛い感じだろうか。弾いた時に私はそう感じたのでした。

それに比べて、ベヒさんはタッチの勉強不足はあれども、滑って指から離れてしまう感覚は全然なく、どちらかというと、いつも指にぴったり寄り添ってくれるような感じがありました。

全然違うのだなあ・・・。

そして、スタインウエイ様様では決してないのだと知りました。

フルコンサイズで2メートル超えなら、こんなことにはならないのだそうです。

憧れだったスタさんでしたが、家庭用は・・・ん・・・残念な感じでした。

その後、暫くベヒさんをいじっていましたが、耳も慣れ、緊張もほぐれ、練習したいという気持ちが強くなっていきました。

もう。。。なんだ・・・家のレグニカちゃんで練習したらダメだなと。

タッチは演奏の要ですから、雑にやっても弾けてしまうピアノではダメなんだと。

いや~勉強になりました。かなりのショック。

「ベヒシュタインで練習することで、上達するんですよ」

そうかもね。そこはなんか納得でした。音も良かったです。丸みがあって。

「もう1台のベヒシュタインはどんなのですか?」とお聞きしたのですが、そこには無かったようです。

スタインウエイを持ち主さんが引き取ってくれた後に、持ってきて修理を始めるそうで。見ることはできませんでした。
小さなお店ですからねぇ。場所が空かないといけないんですね。

もう1台は、ボディ自体はそんなに鳴らず、ガンガン弾くタイプの人にはいいとのこと。
でも、試弾した方はボディがよく鳴るタイプで、こちらの方が私向きだというのが調律師さんの判断みたいです。

ボディが鳴る、鳴らないは、展示してあったベヒシュタインのアップライトピアノで比較させてくれました。

ん。確かに鳴る方が好みだな(笑)

アクションの総仕上げはまだこれからで、8月中には完了するらしい。
大屋根を支える棒も、半開き用に短いタイプも加工して用意するとのこと。

「いつでも練習室代わりに来てください」と言われました。

はい、9月過ぎたら来るようにします。暑いさなかはさすがにしんどいので・・・。

ということで、今日からこのベヒさんは私のベヒさんとなりました。

消費税、周辺の付属品等々含めると、聞いていた金額より何十万もオーバーするのですが、約束通りの値段で、そこはすっぱりカットしてくださいました。

今日のところは内金を収めて帰宅。

さあ、長い長い夢だったGPをついに手に入れた。

猫達がいなくなっても、一人きりの生活になっても、これからはこのベヒさんが私を支えてくれるだろうと信じて。

あとは、ハウスメーカーさんが今どういう段取りを取ろうとしてるのか。

そろそろ、調律師さんとまた話をしてもらいたいです。

もう買ったからね。ピアノ部屋、しっかり頼むぞと。


それにしても・・・

メーカーでこんなに違いがあるなんてねえ。。。
ペダルも全然踏み込み方が違うんだもんなあ。これも猛勉強しなくては。

納品まで1年ちょい。出来るだけ通って、ベヒさんと仲良くなれるよう頑張りたいです。

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

間に合いません。

piano1_201711201509485e0.jpg

一昨年だっけ、レンタルピアノ室に行ってグランドピアノで練習してみたことがありました。

憧れだったグランドピアノ。

が、部屋の音響がいま一つで、その後1度も行きませんでした。
耳が痛い・・・響きがうるさい・・・という結論に達したからでした。


しかし、近々、再びGPに触る機会が出来そうです。

調律師さんからたった今電話がありました。

空輸されてきたベヒシュタインのうち、1台が「どうにか弾いてもらえる程度には整ったので、今の段階で弾きに来られませんか?」

前回、「いの一番に連絡ください」と言ったものですから、完璧に仕上がる前に連絡くださったのかもしれませんね(^^;)

私自身は、多分9月頃かな~なんてのんびり思ってたものですから・・・

えらいこってす。

試弾用に練習を重ねているものの、未だまともに弾ける曲無し!(笑)

最初、ショパンのバラ3に挑戦と思ってやっていたけれど、バルカローレの方がまだマシに弾けたので、そちらにチェンジ。
あと、ノクターン5番。
だけど、程度は低い。

良いのだろうか?こんなので。
いっそのこと、ねこふんじゃったを華麗に弾く方がまだマシなのでは?(笑)

「修理で預かっていたスタインウエイは完全に仕上がったので、そちらもぜひ比べてみてください」

わ~~スタインウエイ!

持ち主の方に申し訳ないことになるわ・・・

しかし、生のスタさん見たことない私。音源はいつもCDか動画サイト。

自分の指が触れる機会なんて一生ありえないって思ってたから、こうなったら厚かましいもん勝ちですね。

どんな音が出るのだろう?というか、どんな音を私は出せるのだろう?

ところで、確かベヒさんは2台空輸されてきてる筈。

今回誘っていただいたのは黒のGPだとか。もう一台は何色だろう?

木目で茶系をイメージしてたのですが。

あと、何年製だろうか?

どっちにしたらいいかの結論は、もう1台が仕上がってから比較しないと決められないし、その間にどっちかが他の人に押さえられてしまったらどうしようかとか、悩みもしますけど。

それはそうと、ピアノ室の話はどう進んでいるのだろう。

ピアノは押さえたものの、肝心の部屋がきちんと出来上がるかどうか、その辺の進行具合もお聞きしておこう。

ああ、いよいよ現実味を帯びてきた。

へたっぴな試弾で果たしてそのピアノが自分に合うかどうかわかるのかしらん?

弾きやすい、音が好き、これくらいしか決め手がないかもしれないですねえ。

数時間出かけるので、当日、チーチー達のご飯は母がやってくれることに。

21日までの残り少ない時間、更なる練習を積んでおこう。成果は望めませんけれど(^^;)

ピアノに嫌われないように。まずはそれね。

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

判ったこと。

araiguma1.jpg

この写真も以前来たアライグマ。

8日に市役所から委託されている人達が、アライグマを午後になって引き取りに来ました。

その際、檻をこちらへまた持ってこようか?みたいな事を夫に言われたらしい~~。

「また出ると思うよ」

いやいや、もういいです。これで6匹目。捕獲できたのは初めてだったけど、たった2日間の留め置きでも、そこそこ大変だったもん。

何がって、後始末・・・。

愛護法の観点から、たとえ捕獲した後でも「野ざらし雨ざらし禁止・餌と水は与えること。夏場は外気温に注意」という義務があります。
死なせてしまった場合、罪に問われることもあります。

いろいろ考えた結果、猫達も沢山居ることだし、屋根の下となると結構難しい。

部屋の中丸ごと物を処分する予定で片付け途中だった義父の事務所の一角に、檻を置くことにしたんですけど、下に敷いたペットシーツはあっという間に紙屑に・・・ええ、紙吹雪になりそうなくらい細かく裂かれてました。

入れた餌と水はひっくり返した跡あり。食べた部分もあると思われますが、何が凄いって臭い。

最初は全然臭わなかったのに、2日間居た間に何とも言えない獣臭が充満。

おまけにおしっこもされてますから、用をなさなくなった紙吹雪状のペットシーツを通り越して、床に敷いてあったタイルカーペット、床そのものもべちょべちょ。

当日は疲れてたので、「明日やろう」と思って昨日の朝から取り掛かったのですけど、もう既にコバエたかってるではないですかい(泣)


こびり付いた物を何とかこそぎ落とし、汚れたカーペットはそのままごみ袋へ。

ハイターで拭きまくり、臭いはどうにもならんので、とりあえず香水をまき散らし・・・。

30年ほど前に勤めていた会社の上司が、海外出張のお土産に買ってきた小さな小さな小瓶の詰め合わせ。
色んな香水が6本ほどセットになってるのを、未だに使わず置いてあったのですが、ここぞとばかり使いました(^^;)

普段、自分で香水使うことないもんで・・・こんな場面で使うことになろうとはのう・・・。

しかし、これでも繰り返さないとだめだと思われます。

とりあえずは、室内の換気・香水ぶっかけを続けます。そのうち何とかなるだろう。

もう使わない部屋だし。

でも、本来は引っ越し先で使う小家具を今から少しずつ買い足して置いておくつもりだったのに。
臭いが取れないと置く気にもなりゃしない。臭いが移りそうな気がして。

万が一、またこんな事があったら、もう仕方ない。

カーポートの下に置くしかない。いや、もうあってほしくない。絶対嫌だ~~!!

これほどまでに臭いが凄い奴とは思わなかった。。。

あと、2点判ったことがありました。

1つは、白いお皿だと凄く目立ってわかるのですけど、アライグマが食べた後の食器は黒く汚れていました。

というか、「なんで今日は黒ずんでるんだろう?」と不思議に思う事があったんです。
こんな事、普段無いのになぁと。

そこで気付いたのですが、猫達は口から直接食べるけど、アライグマは前足ですくって食べるため、手の泥汚れなんかがお皿に付着するに違いない。

檻に餌を仕掛けてない日にそういう痕跡があったので、知らない間に来てることもあったんだな。


あと、餌を檻の中に入れようとした時、怒ったアライグマが発したのは「シャー!」でした。

ええ、猫と同じ「シャー!」でした。

そうなんだ。シャーって言うんだねぇ。

噛まれたりはしませんでしたが(そんな事になったらちょっと大変です)、シャーと言われてちょっとびっくりしたのでした。意外さに。


私が書いていた巡回日誌は、夫が市役所に持って行きました。

とりあえず、今回の騒動はこれにて落着です。

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

ヒヤヒヤ連発。

araiguma2.jpg

写真は2015年12月半ば。

母屋の玄関からこっちに入ってこようとしているアライグマを撮ったものですが、このアライグマは1か月通ってきた(来なくていいのに)挙句、捕獲器を仕掛けた後来なくなり、それっきりでした。

あれから3年以上経った現在、別のアライグマに1か月半ほど翻弄されておりましたが、先程捕獲しました。

6日夜、遅めの入浴後、キッチンでテレビを見ていたら、夫が言いに来ました。

時間は6日夜11時半頃。

巡回日誌に書き込み、報告書として市役所に提出義務があるので、忘れないうちに記録。

設置したのは猫座敷のすぐ外にある井戸の横。

いつもここを通って縁台のご飯を狙いにくるので、その通り道に置いていたのですけど、先日失敗しておりましたので、やっとこれでみんな安心してご飯を食べ、私も安眠できそうです。

翻弄されている間、個別にご飯を出したり引っ込めたりと、あまりしっかり眠れませんでした。

猫達はいつでもご飯があったのに・・・と、朝お腹を空かせまくって待ってることもあり、申し訳ないなぁ~と思ってましたが、仕方ありません。

捕獲した後は、屋根の下に設置、水・餌は与えることと書かれてありました。

ん~ご飯とか水とか、檻の中に入れられるだろうか?

とりあえず、捕獲直後は危ないので、朝が来てから様子を見つつトライしてみますけど・・・。

野ざらしは出来ないので、義父が使っていた事務所にペットシーツを敷き詰め、そこに置いてあります。

今日は日曜日なので、明日朝一に夫に連絡してもらいます。

私は私で、月曜日は予定通りチーチーの手術に踏み切ることにしたので、留守にしてるかもしれませんし。

井戸の横から事務所へ運ぶ間、暴れるので檻が揺れて「壊れないかなあ」と少々心配。

もうヒヤヒヤしました。


もう1つヒヤヒヤしたことがありました。

昨夜8時過ぎたころでしょうか。

猫座敷に居たのですが、屋根から「ドドン!」という大きな音がして、ガラスが揺れて鳴りました。

大きめの地震が来た時の最初の一発・・・それとよく似ていたので「地震か?」と身構えました。

ただ、屋根の上からみたいな感じだったので、何かが落ちてきたのか?と思ったのだけど・・・

地震情報は何も無し。

後ほど理由がわかりました。

ここから3キロ少し離れた場所で爆発があり、その衝撃でした。

びっくり・・・。

音の衝撃波って本当に凄いんだと思いました。

近くの方は音どころか、直接爆風を受けて地震並みに家が揺れて怖かったでしょう。

直後に消防やら救急やらが走っていく音がしたので、「もしかして事故か?」」と思ったのですけど、爆発だったとは・・・。

爆発したのは産廃業者の倉庫?みたいな報道でしたが・・・
ほんと肝を冷やしました(--)

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

法に負ける。

P1100276.jpg

住宅展示場に行った時に「好きだな」と思ったものを撮った中の1枚。

全体の雰囲気というより、この窓が大好きで。

こういう窓をどこかに取り入れたいと思い、打ち合わせの際見せられるように撮ったのでした。

展示場に見学に行ったのが6日。

その後、連絡して、昨日自宅にて打ち合わせを行いました。

家造りの担当さんと設計士さんが来ると思っていたら、設計士さんではなく営業さんが来られました。

営業さんと言っても、この前まで支店の店長さんで、今はマネージャーさんの肩書みたいです。

義父が亡くなった時に、土地の処分をお願いした際にやり取りが発生したと思っていたら、実は税理士さんが以前から我が家の問題点等々、時折相談されていたみたいで、「10年くらい前から存じ上げてましたよ」と言われてびっくりしたのでした。

さて、打ち合わせですが、その前に「アライグマ騒動で奥様お疲れ」という話が夫から伝わっていたせいか、まずはその話に(苦笑)

未だ捕獲出来てませんがねぇ・・・毎日カリカリをネットに入れてぶら下げておりますが、まあ、朝になったら蟻んこが一杯たかってますだ。。。


前回の打ち合わせから昨日に至るまでの間に、たくさん聞きたいこと、お願いしたいこと、中止にしたいこと等出てきたので、まずはそれをお話しました。

その中で、「展示場で好きなものを撮ってきた」と、色々写真を見てもらいました。

で、どこかの窓をこの形にしたいのだけど・・・と相談したのですけどねぇ・・・。

この写真は他社のメーカーさんなんですけど、うちのメーカーさんの木造建築のカタログでは、建てた方の写真が家と共に載っていて、この手の窓が採用されてましたので、鉄骨の我が家もいけるんじゃないか?と期待して。

営業さんがいろいろその場で調べていたのですけど・・・

結局のところ、無理だとわかりました。

私が住む市が、以前と違って防火地域に全域指定になっているため、それに合致した窓でないといけないのだそうです。

私が希望したこのタイプの窓は、付けたいと思った位置にその法律が引っかかり、採用不可でした。

むむ~~そうなのかぁ・・・。

写真のような格子窓で上に引き上げるタイプも取り入れたいと思ってたけど、防火指定に引っかからない部分ならOKらしく、でも、取り入れたい場所はリビングしかなかったため、そこが引っかかるならもうどこも取り入れられないなと諦めました。

ピアノ室と猫部屋は、同じく格子窓ですが、フィリップウインドウタイプで雨戸なし。非防火という文字が図面にありました。

ちょうどこの位置は防火にしなくてもいい位置だったようです。

そうなのねぇ・・・知らんかった・・・窓まで指定されてしまうとは。は~~・・・。

洗面所の窓も位置をずらしたかったのだけど、色々引っかかるかもしれないとのことで、まだ考えないといけなさそう。

例の「引き戸」については、引き込み式にしないと位置的に無理な2か所を除いて、普通の片引き戸にすることになりました。

本来引き戸というものは、戸袋に引き込むタイプを指すのではなく、普通に壁に沿って引く戸の事です~と営業さん。

「引き込み式にする理由は、見た目だけの問題です」ときっぱり言われてました(^^;)

いや、私は自分が好きだと思える扉を鑑賞したいので、むしろ隠したくない!

設計さんが良かれと思って、スタイリッシュにすっきりした感じにしてくれたのでしょうけど、どのみちコンセントも付けられないし、壁としては死んでるんだから、普通が楽です。

それと、私が言う前に家造りの担当者さんが「引き戸の取っ手の問題ですよね?」と言われました。

そうです、やってみたら結構面倒くさいと思ったこと。
いちいち摘まんで引っ張り出すのが、将来的にしんどくなるかもしれないな~と思ったこと。
体の向きを変えるのも、そういう無駄な動きが無い方がいいな~と思ったこと。

普通の引き戸に変更した理由がその取っ手問題だったのですよね。

「将来しんどくなるかもしれないと言われていたとかで」と担当者さんが仰ったのですが。


どうやら展示場で呟いた事が、即座に支店に伝わっていたということなのでした(笑)

「すぐに連絡が来ました」と営業さん。

「あら、筒抜けでしたか・笑」

「はい。でも、報告が漏れ漏れでも困りますから」

凄いわね・・・変なこと呟かなくて良かったわ(笑)

鉄骨の展示場でそういうことを呟き、その後行った木造タイプでは、下駄箱についてお姉さんに質問したのですけど、それも連絡が行ってました(^^;)

カタログから一応選んだのですけど、展示場で見た下駄箱が好みで、こういうのを自分でどこかで作ってもらうことにしようと思って、先の下駄箱はキャンセルしますと言ったら「展示場の下駄箱が気に入られてたみたいですね」と・・・。

何でもかんでも筒抜けや~(笑)

ハウスメーカーを通して大工さんに頼むと、多分途中のお値段がね・・・いろいろ上乗せになるでしょうから、私個人的に注文家具のお店見つけておきました。自分で探しまーすとお伝えしておきました。

あとはなんだろう。

カップボードは作り付けで設計を考えていると営業さんに言われたので「自分でショールームに行って選ぶつもりだったんだけど」と言いますと・・・。

「地震の時にロックが自動的にかかるカップボードをメーカーさんと相談してご提案し、それに対してここはこうしてほしいなどのご要望に沿って作りつける形です」とのことでした。

セミオーダータイプなら・・・まあ、その方がいいか~。

食器が割れて散乱は確かに危ないし大変です。

あとはねえ・・・震度6強予想のこのあたりですが(トラフ)、制震なんちゃらを設置しても、震度の体感は同じ6強。
揺れてる間は動けませんね。

猫達をどうカバーしてやれるかなあ・・・家は壊れなくてもねぇ・・・
パニックにならなきゃいいけど。せめてもっともっともっともっと後になればいいけど。

いや、来なくていいからそんなのって思う。


窓の事とか、実際に家が出来上がってから「開けにくい」とか無いようにしたいので、色々ぶつくさ言ってたのですけど、担当さんが「○○に我が社の分譲住宅エリアがありますので、そこを実際に見に行って体感して頂くのはどうでしょうか」と提案がありました。

そりゃありがたい。

展示場のような出来過ぎたお家より、実際に売られている分譲住宅であれこれ確認させてもらえた方がいいですもん。

あと、実際に中に入って確認は出来ないけど、外観を観察する場所を2か所ほど見つけられたので、次回、計3か所を車で巡ることになりました。

3時間ほど要するようですが。。。

でも、こうやって分譲住宅を覗いて、なるほど~とか、いやちょっとな~とか、具体的にわかるのは助かります。

「こうはしてほしくない」って点だけは上手く伝えたいですから。

あと、地盤調査の結果。
少し強化しておいてもいいような話でした。

太陽光パネルと蓄電池に関しては、詳しい資料を次回用意。

売電目的で付けるのではないですが、買い取り価格はキロワット11円だそうです。
ずっとこの値段かどうかはわからんけど。

世間一般より高いらしいのですが、オーナー限定のシステムだそうで、まあ、これは災害に役立ったうえでのオマケと考えています。

何はともあれ・・・

展示場に今後行くことがもしあったとしても(多分もう必要ないだろうけど)、あれこれ呟きすぎないようにしたいものです(笑)

展示場の担当者さんと支店の連絡網が、ここまでだとは思ってませんでしたよ(^^;)



テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード