お別れから・・・。

anzucyacya6_20140729000413139.jpg

昨夜は、7月も末近い夏の夜だと言うのに、やたらと風が冷たく、網戸にしていると寒くて、薄い毛布をかぶって眠るほどでした。
猫達は毛皮があるからいいけど、私はそこまで毛深くありませんし・・・。


ところで・・・。

今日7月29日は、大切なお友達のぷりんさんがお亡くなりになって1年・・・という日です。
私にとってはあっという間の1年でした。

猫達を見送った時もずっとそういう思いが続きますが、大切な存在を失うと、いつまで経っても「あっという間・・・」という感覚が続くのでしょうか。
ショックが大きければ大きいほど、時間の経過を感じないような・・・
まるで昨日の事のようで、でも実際には365日という長い時間が経っている。

ぷりんさんは、6年ほどにもわたる闘病をされ、その間もブログでは明るく優しく、時にお茶目な面もお見せになり、いつもいつも思いやり溢れるコメントを頂戴し、いつもいつも、出来損ないの私の味方でいてくださいました。
うちの猫達への愛情もたくさん頂戴致しました。

晩年にご自分の闘病記録を綴るために始められた猫ブログとは別のブログを教えて頂き、私が知らなかった事実、そして現況を知り、ただただ祈ることしかできませんでした。
本当に何のお力にもなれないコメントしか書くことができませんでした。

そして、もうすぐ退院できそう・・・と仰っていたのに、ブログの更新も止まり・・・。
やがて、ご家族によるご挨拶の記事が猫ブログに載って・・・

お約束したことがもう出来ないんだと知り、言葉を失いました。
またお会いしましょうとお約束したこと・・・。


昨年の今頃、ぷりんさんやご家族はどんな思いでいらしたのだろう・・・
今月に入って、そのことがしょっちゅう浮かびます。
私は「またお話出来るに違いない」って思っていましたけれど、何も知らないで呑気にそんな風に思っていた事が申し訳なくて。。。
退院できそうだという一文を拝見した時、本当にほっとしたのですけど、神様はそれを叶えてくださらなかった。
ぷりんさんは最後まで希望を捨てずにいらしたのに。


お亡くなりになってからも、何度も闘病記録のブログを拝見しにいきました。

そして、思いました。
このブログに書かれてある事すべて、形にしておきたいと。
いつ見られなくなるかわからないからと・・・。

個人的に保管しておきたいという気持ちから、1年かかってしまいましたが、勝手に製本させて頂いたのです。

hon7.jpg

本来ならもっと早く出来上がっていたはずなのですが、途中で義父が亡くなり、その後の手続きや仕事で忙殺され、印刷に回す前の最終チェックまで辿り着いたのが、今年の春。

お使いになられた写真もすべて収め、文章も一字一句写し、ページ数の関係上、若干行間を詰めたり開けたりしたところはありますが、全てのページを綺麗に使い切って全部ぎりぎり収まるという、ある意味「奇跡的な」出来になりました。

時折手にしては、読み返しています。

そして、ぷりんさんの一年祭(神道ですので)に間に合うように、旦那様へお送りさせて頂いたのです。

ご迷惑かもしれないとは思いつつ・・・。

その後、旦那様からのお電話で、祭壇にお供えするというお言葉を頂戴し、作って良かったと思いました。


昨年中にお墓参りをしたいと思っていましたが、まだ行けていません。
必ず伺いますと申し上げているので、その時には旦那様に案内して頂いて、ぷりんさんとの再会を果たそうと思っています。

ぷりんさん。もう1年経ってしまいました。
この1年、本当に色々ありすぎました。
こんなに自分の身の回りで不幸が重なる年も無いのでは。。。と思うほど。
ぷりんさんは、今、美味しいワインを召し上がってらっしゃいますか?
大好きな音楽に耳を傾け、ステップを踏んでらっしゃるでしょうか?
そこからは、こちらはどんな風に見えますか?
きっと、ダメダメな私の姿、丸見えなんだろうな・・・。
うちの子達とは、もう会ってくださいましたか?
チョボの凄い頭突きには気を付けてください。あごの骨が凄く痛くなります。
小鉄はちょっとクールなので、傍に来るまで時間が掛かるかもしれませんが、ぜひ、あの男前ぶりを鑑賞してやってください。
佐助は甘えん坊ですから、フガフガと寄ってきたら、目いっぱい撫でてやって、前足の肉球もニギニギマッサージしてやってください。
ハナや、テン、クッキー、ジャッキー、マウ、おたべ、銀、もしかしたらくーちゃんも・・・そして、シャム、たま。
うちの一族はバラエティに富んでいます。きっと飽きないと思います。
そして、サンディはおでこから良い香りを放ちますから、アロマ代わりに癒されてくださいね。
どうぞ、仲良くしてやってください。よろしくお願いします。

☆くっちゃちゃん。

旦那様とお話してる時に、とても心配な事をお聞きしました。
愛猫のくっちゃちゃんが4月に家を出てしまって、現在行方がわからないとのこと。
肝臓の病気、鼻の病気を抱えているくっちゃちゃん。
うちのサンディも一時期、肝臓の数値が高い事があって、投薬していたので、「肝臓同盟」を結成したのですが、そのくっちゃちゃんが居なくなってしまった・・・。
旦那様、大変ショックをうけてらっしゃいます。当然ですよね・・・。
どうかどうか、くっちゃちゃんを神様が守ってくださって、どこかで保護されていますように。
そして、お家に帰ってきてくれますように。
ぷりんさん、どうぞくっちゃちゃんを守って導いてあげてください。
きっと戻ってきてくれると、私も信じて祈っています。




スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

あれから1年なんて。。

家主様、おこんにちは。
今朝、携帯から拝見して…朝っぱらから泣いてしまいました。

なんというか、、家主様とまったく同じ想いでこの1年を過ごしたものでした。
今でもブログにコメントを入れたら優しく答えて下さるのではないかと…。
ワタクシ自身のブログの更新がままならない状態ですが、もし新しい記事をUPしたらぷりん様からコメントが入るんじゃないかって…。
家主様のブログにも「あ!ぷりん様だ!」と読み始めた瞬間から判る、優しくて温かくて、包み込むようなコメントが入っているんじゃないかって…。
こういう時、ぷりん様だったらきっとこう言って下さるんじゃないかって…。
いまだに遠くに旅立たれたとは信じられない自分がいます。
あれから1年が経つなんて、とても信じられません。
昨年の今頃からつい最近まで、あり得ないほど記憶が薄いのです。
家主様のお宅に伺ったこととみゃあこちゃんのことを除いては、本当に心にぽっかりと穴が開いたようで…大切な方を失うことでこんなにも埋められない心の穴が開くなんて。。
ぷりん様のご主人様、ご家族、お姉様におかれましては尚更のことであろうと…ご心情は察するに余りあります。

それなのに、ぷりん様の旦那様はお会いしたこともないワタクシにまでわざわざご連絡を下さって、丁寧なお礼のお言葉を言って下さいました。
それだけでなく、更新のままならないワタクシのブログを見て下さって、みゃあこちゃんのこと、ワタクシの体調のことまで気遣って下さる…ああ、やはり「ぷりん様の旦那様だ。」と改めて思ったものでした。
ぷりん様の旦那様が仰ってましたよ。
「家主さんは本当に天才だと思うんですよ。」って。
ご本のこと、とてもありがたいとも仰ってました。
ぷりん様がこんな風に思い、気遣っていてくれたと改めて知ることができたって。
家主様、お解りでしょうが「あの一節」のことです。
ワタクシもあの一節、家主様がブログでご紹介して下さった時、そこから先を読み進められなかった…そして、改めてご本をいただいた際にその部分を読んで…しばらくの間、そこから先に進めなかった。。
家主様、本当によくあんなに完全に編集されましたね。
ご自身もいろんなことが重なった中、あれほど完璧にまとめ上げられたこと…ぷりん様の旦那様が仰る通り『家主様は天才』に違いありません。
そんな渾身の作、大切なものをワタクシにまでお送り下さいまして本当にありがとうございました。
ぷりん様と家主様の魂の合作であるこの2冊、メッセージカードとして同時に頂いたサンディ嬢のお写真と共に、みゃあこちゃんの祭壇にずっと飾っております。
毎朝晩にみゃあこちゃんのご飯とお水をお供えする時、必ず話しかけております。
天国でみゃあこちゃんとサンディ嬢がぷりん様のそばにいられるよう、我が家では祭壇で仲良くしてもらっているんですよ。

だから、どうかくっちゃく~んが無事で元気でいてくれるよう、ずっと祈っています。
くっちゃく~ん、おとうさんがとてもとても心配しています。
どうか元気でいてください。
ぷりん様、ワタクシからもお願いします。
くっちゃく~んを守り、ぷりん様の大好きな旦那様とお家へと導いてあげて下さい!!
必ず戻ってこれること、ワタクシも信じています!!

ピエールさんへ☆

おこんにちは☆
なんだかものすごく蒸し暑くてたまらない大阪です。

今日はぷりんさんの一年祭。
ご家族、御親戚の皆様がお集まりになって、ぷりんさんを偲んでいらっしゃる・・・その日にこの本が間に合って良かった、喜んで頂けて良かったと思います。
お送りする前は、「悲しい事をよみがえらせてしまうのではないだろうか」と迷いましたが・・・。
祭壇にお供えすると言ってくださって、ほっとしたのでありました。
旦那様、くっちゃちゃんは居なくなる、ぷりんさんは居なくなるでショックが重なっていらっしゃいましたが、それでも色んな事をお話してくださって。
ピエールさんに、そのうちお会いできるだろうから、それも楽しみにしていると言われてましたよ。
なんだか、1年って・・・長い時もあれば、信じられないくらい短い時もあって。
ご家族の皆様にとってはどうだったのでしょうね。
日本は宗教が何であれ、亡くなった後の行事が山ほどありますよね。
忙しすぎて、何も考えられない間に時間が過ぎて・・・と。
それがご遺族が悲しみにとらわれ過ぎないようにする知恵なのかもしれませんけど、ふとした時にお疲れ、悲しみが倍になってやってくるのではないかと、そういう心配もあります。
ぷりんさんのお家では、前年にお母様、立て続けにお父様が亡くなってらして。
その次の年にはぷりんさんと・・・。
旦那様や息子様達、お姉様、御親戚の皆様。
あまりにも悲しい大変な事が続きすぎましたよね。
どうか、今までのお疲れ、悲しみが少しずつ癒されていくようにと、願っております。
あの本・・・纏めてみて、チェックすると、ちゃんとやったつもりでもところどころ誤字脱字があったり(^^;)
一気にやってしまった方がかえって楽だったとは思うのですが、どうにもこうにも、時間的に細切れ状態でやってたものですから、集中力は途切れるわ、どこまでやったっけ?ってな感じになってしまったりで、こんなに遅くなってしまいました。
私が天才だなんてとんでもないです。
ただただ、いつでもすぐ手に取れるように・・・そのために作っただけで。
こんな風に思いやれる、こんな状態なのに思いやれるって、やっぱりぷりんさんは凄い人だとつくづく思います。
こんな素敵な奥様だったんです、こんな素晴らしいお母様、妹さんだったんですと、ご遺族の方に改めてそれが伝わるのなら、本当に作って良かったです。
差し出がましい事ではありますが・・・お送りして良かったです。
ピエールさんも、希望してくださってありがとうございます。
共にこれを手元に置き、読み返し・・・。
同じ思いでぷりんさんを偲ぶ日。これからもこの日を大切にしていきましょう。
出会えたことに感謝して!
あとは、くっちゃちゃんが無事に戻ってくれる事ですよね。
一日も早く帰ってきますように。
くっちゃちゃん、みんなが待ってます!どうかお家に帰ってきてください。

☆そうそう・・・お電話で旦那様、ピエールさんの体調の事も気遣ってらっしゃいましたよ。
ぷりんさんがいらっしゃらなくなった後でも、こうして気にかけてくださり、お付き合いが続く・・・本当にありがたく、嬉しい事ですね。
ピエールさんも、どうぞご自愛くださいね。
ピエール坊やも、この夏を乗り切ってね!まったりぼよよ~んペースで!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ☆

コメントありがとうございます。
また詳しくはご連絡しますね!!
非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード