大詰め。

chichibi258.jpg

数日前から蝉が鳴きだしました。
となると、もうすぐ梅雨明けですな。
汗ダラダラの日々はやはり辛い。汗臭い・・・(^^;)
猫達も日中は本当に静か。
ひたすら寝ています。
写真は白田君。百均でカラフルなボウルが売られていたので、水飲み用として購入。
しかし、チーズファミリーはバケツに溜まった水の方が好きみたいで、あんまりこちらを利用してくれません。
バケツに溜まったものだって、日が経てばこの暑さ、不味くなってしまうでしょうに。。。

さて。

我が家が相続税を納める期日まで、ほぼ1か月を残すのみとなりました。
いよいよ大詰め。

相続が起こった段階で、税理士さんは「この家・土地を切り売りしなきゃいけませんね」と言われたことがありましたが、とんでもない!
まず、切り売りが出来るような形に家が建っていない。
となると、有無を言わさず全部売却です。
これもとんでもない!
そんな事出来ない、引っ越せない。みんにゃはどうなるというのですか!
チーズファミリーが居なかったとしても、家の中の子達6匹連れて、おいそれと引っ越せるわけありません。
賃貸なら頭数制限でまず無理。
売却して税金払って残ったお金で家を建てるとしたって、すぐに出来ない。
どのみち、その間どこかに間借り。それ自体無理。やっぱり頭数制限。

私は以前から、「この会社も賃貸の仕事も猫の為にやってる」と公言してきました。
税金を下げるためにわざわざ借金して物件を持つ。これは義父の時代の話。
そして、それを引き継いだ私の考えは、税金を下げるために作った借金を無事に返す事。
これが出来ないと、結局家や土地を失う=みんにゃの居場所が無くなる。
だから、「物件が1軒でもコケたら、家もコケる」というのが口癖になってました。
居場所を守るためには、今は絶対ここを失う事は出来ない。
ということは、税金を何としてでも払って、物件も何としてでも維持、もしくは売却益が出る形で売却・整理。
そのためには、空室を埋める・・・と、すべては「猫」の居場所の為でした。

税理士さんや不動産関係の方達からすれば、賃貸業という商売が中心にあって、「儲け」とか「節税」とかの話になってしまうんですけど、賃貸で儲けるとかは私はどうでもよく、いや、儲けないと返済が出来なくなるので大変なのですが、儲け主義でやってるんじゃなくて、返済に困って家・土地を手放す事がないようにという、ただその一心でずっとやってきたわけで。

こういう「猫のため」という気持ち、或いは理由を理解してくれる人は少ないんだろうなとは思います。
大体、先祖代々の家・土地を失いたくないという理由の大半は「自分の代で潰せない」「思い出が詰まっている」というものが多いんでしょう。
しかし、私の場合は、それはどうでもよく。
「猫を置いて行けないから売れないんです」というただそれだけ。
勿論、サンディ達先代の猫達が暮らしたという想い出は、とても大切なものではあるのですが。

そのために莫大な相続税を、どうにかこうにか払わねばならない。
相続が起こった際、到底足りないと言われた現金。
本来なら備蓄できていたはずが、もろもろの事情が重なり、税額の半分しか残っていない状況。
これをどうするの?

義父が認知症になった時から、私は出来る事を考え、色々布石を打ってきました。
うちにタカっていた伯父親子と距離を置く。
これで彼らに持って行かれる分が少し減り。
次に、義父が当時行っていった同族会社の監査の仕事を代替わりさせました。
まだ受け答えがまともだった間に、地位を継承させねば不味いことになると思ったからです。
義父が私の提案をすんなり受け入れ、会社のトップと話をして、義父の代わりに義弟を行かせることに成功しました。
義弟の時が地位継承を行えるギリギリだったようで、その後同じような事が起こった他家では、もう地位の継承は不可能とされたらしい。早めに手を打って正解でした。
もしもこれが出来なかったら、今の我が家はどうにもならなかったでしょう。

その後も、予定していない支出に悩まされました。
11年間経営してきた義父の一番大きな物件が、大規模補修の時期になってしまい・・・備蓄の半分以上を支払いで失い・・・。
これがまだ先の話だったら、足らない金額はもっと少なく済んだのですが、相続が起こるかもしれない時期と、大規模補修が起こるであろう時期を考えず、利回り優先で買ったのは失敗だったと思います。
どちらも重なるかもしれないような物件を、あの「道を出せ」という妄想不動産屋の紹介で買ってしまった義父。
やはり、大昔の素人大家さんらしい失敗なのかもしれません。

そんなこんなで、手元に残ったのは、税金分の半分近くの現金と、誰にも貸さず踏ん張って残して置いた90坪足らずの土地。
この土地は、貸していた相手が亡くなり、家を取り壊して更地のまま2年間持っていたものです。
壊した当初、今の管理会社が半ば強引に看板をあげてくれてましたが(苦笑)、こちらは何も頼んでませんからと、数回はっきり各担当者に申し伝えてある土地です。
途中で、「駐車場として貸して欲しいって言ってますよ」と管理会社から電話があったのですが、「何もしませんからほっといてください」と断って以降、一切何の打診も来ませんでした。
貸していた方が、賃料も入るし、更地だと税金が高いので損なのですが、私はどうしても貸す気になれず。
近いうちに相続が起こる気がしていたせいもあって、貸すと後々立ち退いてもらうのも時間が掛かるから嫌だと言うのが、貸したくない理由でした。

そして、案の定?その1年後に義父が他界してしまい、相続発生。
更地にしておいたお蔭で、いざ売却となったらやることも殆どないし、丸ごと買ってくれるところを見つけるだけだと思ったのですけど、さて。
この土地に関しては、村の人から「買いたいから売るなら声かけてくれ」と言われたので、これで買ってもらえたら相続税納付までに現金が何とか間に合うと、一同ほっとしたのでありました。

ところが、どんな不動産会社が、あるいは妄想不動産屋さん?が動いたのかは知りませんが、夫と約束した坪単価、そして期日に関しても話が進まなくなり、最後の最後に買いたたきのような金額を提示してきたのでありました。
3か月、こちらはずっと契約の事など待っていたのにです。
その間、どこにも売却の話を出すことが出来ず。
挙句にドタキャンされたのでありました。

なんだ・・・このおっさん。

誰かが何か言ったのでしょうかねえ。
買ってもらわないと困るはずだから、ギリギリまではっきりしなくても、安い坪単価で交渉しなおしても多分イケるんじゃないですか?とか何とか。

路線価格から計算しても、「それはいくら村の人だからと言っても、買いたたきと思われても仕方ない金額」を言ってくるところを見ると、銀行がそう言ってるから~だの、土地を買った後の商売の業者がみつからない~だの、後から色んな事を言う事自体、計画がずさん?としかこちらは思えません。

逆に、村の中でよくそんな買いたたき的な金額を言えますなあ~です。
税理士さんいわく「高く売ると、色々言われるけど、安く買っても悪く言われるからね」でした。
同じ村の中で、足元見るような事すると、後で色々言われるよと。

ま、でも、3か月振り回された挙句、あり得ない金額を言ってきたので当然お断り。
振り出しに戻ってしまい、その間も妄想不動産屋さんが、道、道と煩い。

これなら、駐車場として貸してしまってた方がまだ良かったのかなあと、悩みもしたのですけど・・・。

隣町で某ハウスさんが、建築条件付の土地を6区画、わずか1週間で完売させた話が飛び込んできました!

おお・・・なんと素早い・・・。
立地的に、うちの土地とそんなに大きく違いません。

これは、イケるかも!?

この某ハウスさんは、うちの町でも最近少しずつ住宅を増やしてきてるので、話を聞いてみることにしたのでありました。

そして、本日。

めでたく、ドタキャンされた土地は、買いたたきおっさんの金額よりも高い値段で契約にこぎつけたのでありました。

ああ・・・良かった・・・。

売りっぱなしで何も特にすることなし。

相続税納付まであと1か月と数日です。

契約は出来ましたが、手付金だけでは全然足りません。
その辺、ご配慮頂き、中間金というもので増額もして頂けるようになり、
あとは義父が残した国債を売却すれば、一次相続全額を、延納も物納もすることなく綺麗に納付できます。

いくら手元に残しておくべきか・・・税理士さんから計算するように言われて、何度もやってみたのですけど、どうしても引き継いだ国債は、すべて売却しないと若干足らない事に気づき。
満期まであと3年足らずで利息が勿体ないのではありますが、1年分の利息を返還すればいいのですし、本来相続税のために取っておいたものなのですから、利息を気にして税金のお金を工面できないなんて、本末転倒。
潔く解約!と税理士さんに報告しました。

平均的な建売住宅なら、2~3軒は楽に買えるくらいの相続税・・・。
目いっぱい節税して、やることやって、色んな布石も打ち続けて、ドタキャンされた土地も運良く売却先が決まって、ギリギリ間に合う・・・義父が守ってくれたのかもしれません。そして、サンディ達も・・・。
やはりあの土地は更地で持っていて良かったと思いました。
そして、今となっては、ドタキャン、サンキュー!です(笑)

タイミングのいいことに、税理士さんいわく、亡くなってから2年以内に相続した不動産を売却した場合、普通の売却と違って税金的にメリットがあるそうです。
しかし、この制度も、来年から無くなるのだとか。
あとは物件・・・の処分を考えていかねばなりませんが、とりあえず、今回の一次相続はこれで何とか形がつきそう。

二次相続に関しては、多分乗り切れると思います。
「今です、今さえ乗り切ればあとは楽です」と税理士さんも言われてるので。
一次でかなり無理をしてるのですから、二次の時は余裕で納付したいものです。
そのためにも、さらに賃貸業を頑張らねば。

そして、それは言うまでもなく、猫達の生活を守るため。ただそれだけです。


鬱陶しい相手からも、これでようやく離れられるでしょうか?
妄想計画が完全に頓挫するわけですから。
そして、買う買うと言っておきながらドタキャンしたおっさん。
境界線確認はきっちり顔出してくださいよ。
そして、あれこれ聞いてこない事。
こちらに迷惑をかけた事、謝ってもらうつもりもありませんけど、詮索する資格もありませんからね。


さあ、税理士さんに急いでもらわねば。
現預金の分割協議書。
借入している金融機関に出さねばなりませんし、凍結されてる義父の通帳も動かしてもらわねば。
それを集めて、来月は納付ですから。
相続後の一番の大仕事が私を待っています。

どうか、これ以上問題が発生しませんように。






スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード