春なのに。

sasuke7_201404012249279af.jpg

今日で佐助が亡くなって4年。

雨にぐっしょり濡れた佐助の亡骸を見つけてから4年が経ちました。

庭の納屋で生まれ、14年11ヶ月を庭猫一筋で生き抜いた佐助。
この庭を終の棲家とし、ただの1度も出ていかなかった佐助。
楽しく賑やかな家族との生活を終えた佐助。
幸せ一杯だったと、今も私は思っています。

この写真は2006年のもので、当時11歳だった佐助ですが、
犬歯がいつのまにやら減っていたことに驚いて撮ったものでした。

チーズファミリーと違って、小鉄一家に属していた佐助はとても甘えん坊で人懐こい。
一度慣れると、たまにしか来ない母にも甘えて行きました。
なので、病気になった時の治療、ワクチン等々、通院も必要な時は必ず確保可能。

口内炎で数年間治療をしていたけど、この前まで犬歯・・・あったのになあ~~~・・・
と、びっくりしたものです。
侵入してくる野良さんとよく闘ったりしていたので、喧嘩でお尻が半分ズル剥けになったりしたこともあるし、口の中も怪我をしたこともあるし。


佐助の一生はとてもとても幸せなものだったので、亡くなった事は未だに寂しいけど、私自身は最期を看取ってやれなかった事以外では、まったく悔いが無いと言っても過言ではありません。

昨日からはピエールさんちのみゃあこちゃんも、きっと天国でのお友達として仲良くしてくれてることでしょう。

そうなんだ。ね、佐助。

ポカポカ陽気で春爛漫・・・なのに、このところ寂しい事、辛い事が多いよ。

みゃあこちゃんは良い子でしょ?
元気一杯でしょ?
仲良くするんだよ。お前ならきっとそうしてくれるって思ってるけど。


おかあちゃんの近況は・・・

あんまり言いたくはないんだけど・・・。

まったくもって人間不信の真っ最中。
まあよくもこれだけ人の信頼を裏切ってくれるもんだということが続いてます。

でもね。にゃんこの為にもう少し我慢してみる。

時々コントロールが効かなくて、おとうちゃんにどっかーんって八つ当たりするけど。
おとうちゃんは出来た人だから、ちゃんと受け止めてくれるんで、おかあちゃん助かってるよ。
普通の人なら無理無理。絶対無理。
何だかんだ文句はあるんだけど、おかあちゃんが何とかなってるのはおとうちゃんのお蔭なんだろうね。
あまり口では言わないけど。

ここでこうしてるのはさ~佐助。
猫に出会うため?猫の世話を通して何かを見つけるため?だったのだろうなって思うんだけど、そのために用意された結婚だったのだとしたらすごくない?(笑)
おとうちゃん以外の人だったらこうはなってないよなあって。
猫と出会ってたとしても、普通の暮らし方してたんだろうし。
だってさ~。あれこれとさ~。いっぱいさ~。面倒みる羽目になるって、そうそう起こる事じゃないもん。
なのに、この家に来たらわんさかいて。やむなく引き受けて。
そう、やむなくのスタートだったもんね。
でも、おかあちゃん、それでいっぱい学んだから。
文句も未だにがーがー言いながら世話してるけどね。
もともと気が短いから。そこはそれ・・・しょうがないやね。

まだまだ胃に穴が開きそうな事が続きそう。
どこまで頑張れるのかまったく自信なし。
頑張ろうとするのに足を引っ張られてばかり。
倍返ししたい相手が山ほど出来た。
残念だよね~こんな風に思って生きるのって。おかあちゃん、自分でも嫌だよ。


佐助のように、のほほ~んと暮らせるようになるのはいつの日かなあ。

その時には大嫌いな人達とはサヨナラして、せいせいしてることを願うよ(笑)

猫に学ぶ事はまだまだ沢山あるね。
学んだことが身に付くまでは、更にまだまだ時間が掛かるね。
誰か言ってたよ。
人生が何たるかを学ぶのには一生を要するってさ。
どこかでわかったような気になってても、それは上辺だけなのかもね。
そんなに簡単に「人生ってこんなもんだ」って言えないよね。確かにね。

おお、いかん。今日のおかあちゃんは気難しすぎる。
佐助のぽわわ~んとした性格、どうか少し分けて下さいにゃ。

じゃあ、みんにゃによろしくね。

あ、天国行ったら歯・・・生えたのかな?(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

佐助坊、よろしくお願いします。

家主様、今回もみゃあこちゃんのことに触れて頂き、本当にありがとうございます。

みゃあこちゃんのお葬式が終わってから、ぼんやりと考えていたんですよ。
明日4/1は佐助坊の命日なんだぁ…って。
不思議なご縁ですよね。
佐助坊も甘えん坊でとってもイイ子だったから、甘えん坊同士で気が合うかもしれないですね。
どうか新参者ですが、みゃあこちゃんのことをよろしくお願いしますね。
サンディ嬢もチョボ様も小鉄様も歴代サン・チョボ家のメンバーのみんにゃが待っててくれるから、きっと寂しくないと思います。
そしてやさしい優しいぷりん様も待っててくれる。
みゃあこちゃんのことを家主様と一緒にすごく心配して下さったんだよ、ぷりん様は。
佐助坊が天国へ旅立つ前にしばらく姿を見せなくなった時、ぷりん様もすごく心配していらっしゃいましたよね。
そしてやっと家主様のところへ帰ってきたとき、とても悲しまれ…悲しみをこらえながらも佐助坊の為に手作りのブーケを贈って下さったこと…ワタクシはずっと忘れません。
佐助坊、ぷりん様やサンディ嬢たちと天国で幸せにしていますか?
家主様が今、いやもう随分前からとてもお辛い状況にあります。
どうか家主様がこれ以上つらい思いされないよう、天国から祈っていて下さいね、佐助坊。
そして家主様のことが心配になったら、いつでも天国からおりてきて寄り添ってあげて下さいね。
ワタクシがこんな状態だから、家主様のお役にぜんぜん立てないどころかご心配ばかりおかけしてるものだから、どうか佐助坊、サンディ嬢、歴代サン・チョボ家メンバーみんにゃで家主様を支え、癒してくださいね。
どうかよろしくお願いします。

ピエールさんへ☆

おこんばんは。
このたびのこと、心よりお悔やみ申し上げます。
ぷりんさんと一緒になって、みゃあこちゃんがお外猫から家猫になるには・・・と考えた事、つい最近の事のように思えます。
あれからピエールさんの地道な努力と、ピエール坊やの協力、みゃあこちゃん自身の性格によって、前から居ましたよ!ってな程に馴染みましたよね。
ピエール坊やが焼きもちをやくくらい?ピエールさんを独占してみたり。
長いお外生活の後、こうやって家の中で過ごすことが叶うようになって、本当にほっとし、嬉しく思ったものです。みゃあこちゃん、強運だね!って。
家猫歴はピエール坊やよりもずっと短かったみゃあこちゃんですけど、でもとても沢山の想い出、教訓を残してくれたと思います。
ピエールさんも本当によく頑張られましたよね。
私、ずっと心配だったんですよ。お仕事にもいかねばならないし、みゃあこちゃんを置いて出られるのが不安でいらっしゃるだろうと。
お仕事場がお家からとても近いというのが救いだとは思ったのですけど、末期状態になってきたみゃあこちゃんがお家にいる間どうなるか心配でたまらないだろうなと。
だから、最期まで一生懸命お世話を1人でやりぬかれたピエールさんの頑張りには、ただただ頭が下がるばかりです。
ぷりんさんはきっと、ピエールさんの分まで、天国でみゃあこちゃんを可愛がってくださると思いますよ。
今頃、ぷりんさんのお膝を独占してるのかも。
うちの子達とも仲良くしてもらえたらいいな~と思います。
みゃあこちゃんより、佐助の方が甘えん坊かもしれません。
「男子のくせに甘ったれてる」とみゃあこちゃんに笑われるかも。

命日が続く春になってしまいましたけど、かけがえのない子に出会った事は何にも代えられないものですね。
ピエールさんも、どうぞ暫くはお心、お体を休めるようにしてくださいね。
みゃあこちゃんもそれを望んでいると思います。

私の心配もどうもありがとうございます。
色々思う事は山ほどありますが、今はひたすらニャンズの生活の為に我慢の日々です。
いつか思い切り、この憤懣やるかたない分を取り返す日が来ると信じて頑張ります。
ピエール坊やにもよろしくお伝えくださいね。
非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード