病院って疲れる。

chichibi239.jpg
子猫時代の月乃と白田君。

雨だろうと判っていたので、昨日のうちにタクシーを予約しておいた私。
実家の前にある警察病院へ・・・とお願いすると、いつもと違ったルートを走り出したのでちょっとびっくり。
五十日(ごとび)で道が余計混んでいると思われたのかも。

約束していた午前9時半より早く病院へ到着。
看護師さんに部屋を訊いて病室へ。

右腕を三角巾で吊るした母がベッドに寝ていました。

聞くと、単純骨折ではなかったそうな。

でも、お医者さんの説明では、そんなに大変な折れ方でもなかったようです。

保証人や身元引受人の欄に署名捺印。
連帯保証人になってくれる夫は、今日から北海道出張なので、こちらは帰宅してから署名捺印して提出。

なんやかんやと、麻酔の説明書やら、入院中の決まりごとやらを読み、ああ、私の時もこんなんだったな~と。
夫が3か月、尿管結石破砕で入院した時もこんなんだったな~と思い出しました。

入院中の身の回りの物は、昨日、母と同じ団地に住む人が運んでくださったそうで。
私が今日病院へ来ることが出来なかった場合は、ご自身がまた来てくださるつもりだったそうです。

府営住宅は低所得者対象の住宅で、母が住む棟は独居老人専用。
その同じ階の方なのですが、人情味がまだこういう場所には残ってるんですね。
母の話を聞くと、嫌な人もいるみたいですけど、この村よりはずっと親切なのかも。
この村だと、いくら近所同士でも、遠かろうが近かろうが実の家族がいるでしょう?って感じで手を貸して貰えそうにない印象ですもん。
「遠くの親戚より近くの他人」がここでは通用しませんな(苦笑)

とにかく明日もまた見舞いに行くので、在宅されてるかどうかはわかりませんが、このお宅へ寄ってお礼にお菓子でもお渡ししようかと思います。

さて。手術の結果は無事終了ということでしたが、骨を直接むき出しにして、折れた箇所にチタン製の小さな器具を入れて留めてるそうです。
年齢が若い人なら、数年後に取り出す事も多いようですが、母の年齢も考えて、また相談しましょうとのこと。
別に入れっぱなしでもそんなに問題はないそうです。
先進国ではそういう風にする場合が多く、日本の方が遅れているのだとか。

麻酔から覚めても、この手術の痛みが相当あるようで、手術の為に入れ歯も外してますから、私が問いかけても喋りにくそうにしていました。
数日は安静に。痛みも徐々に退くでしょうが、2、3日は激痛でしょうねぇ。。。

骨粗鬆症の検査をここ数年きっちり受けてきた母ですが、
「この年齢にしてはしっかりしてる」と言われたそうなので、こちらも安心していたんですが、先生にそのことをお尋ねすると、母と同じ年齢の人に比べたら、骨密度は1.1倍あるんだそうです。
しかし、若年層と比べると、7割ほどになっているとこのとで、大事なのはそちらの数値なんだとか。
他のご老人よりは強くても、骨そのものの密度はやはり減っているので、去年から薬を飲んでいるのだそうです。
薬が効き辛くなってきたら、骨そのものをどんどん作る注射もあるとかで、それはこの先を見てまた考えましょう・・・でした。

同じ80歳近い人よりは1.1倍の骨密度と言っても、歩くのをゆっくりにした方が良いこと。
時々すり足っぽい歩き方になってることを注意しておきました。
やっぱりそういうのは自分では見えてませんからねぇ。
本人はやはり「踵から歩いてると思ってた」と言ってました。
大体はそういう風に歩いてはいるんだけど、時々つま先からズズっていってる事もあったんで。
あれ?って一昨年あたり気が付いてた私ですけど・・・。
「もうちょっとゆっくり歩いたら?」ってそれとなくは言ったんですが、ぴんと来てなかったみたいですな。

まあ。。。イタリア旅行もフイになり、思わぬ急な手術も受け、なんか踏んだり蹴ったりな感じもしてるでしょうが、これを機会に、ちょっとせっかちなところを直してもらえたらと思います。


まあ、それにしても、病院は疲れます。
診察を受ける時以上に付き添いの方がなぜか疲れます。なんでかな?
本人以上にどこかで緊張してるんでしょうか。

手術は2時間ほどで終了。その間に実家に戻ってタオルを数枚とネル生地のシャツを取りに戻りました。
こういう時、「あれ持って来て」と言われても、目の前なのですごく楽です。
戻ってすぐに手術室前のベンチで待機。

この警察病院の看護師さんも先生も、なんとなーくとっつきやすい感じがします。
優しいし明るい感じ。説明も丁寧です。
姑が入院している病院は、看護師さんがなんとなくクールで、私は苦手。
私も入院するならこっちの方がいいなぁ。

胃癌で亡くなった父もここで手術をし、ここで亡くなりました。
私がこの病院へ来るのはそれ以来かも。
17年ぶり?
子供の頃には私自身の右手首の骨折やら、他の事やらで通ってきた病院ですが、当時は木造で木の床の印象が強く残ってました。
今はすっかり新しくなりました。でも、新しくなってから時間が大分経ってるので、そういう意味ではちょっと古ぼけた感じがしますけど(^^;)
木造の頃、火事になった事があり、地域の婦人消防団に入っていた母が火消の手伝いで病院に行った事もありましたよ。

さて。一段落ついたので。
今日は私もゆっくり休んで、明日の午後また見舞いです。

その前に、あんずの点滴だっ。頑張るぞっと。


☆結局・・・。

「猫侍」の公式フォトブックがポストにアマゾンから届いてました。

フォトブックなので、写真オンリー。
主人公が一句読んでる短歌は載ってますが、裏話エピソードとかは無し。
もう可愛い可愛い玉乃丞と主人公の北村さんが満載。

結局。

この2人のラブラブな写真を見せられてるだけでした(笑)

人のラブラブ写真は気に食わんけど。
こういうラブラブ写真は大歓迎です(笑)

北村さんが歌う「まだら鬼のうた」も聴きました。
たどたどしい・・・(笑)音程外れてるし(笑)

昨日見つけた北村さんのインタビュー映像。
あなごちゃんを抱いて侍姿のまま答えてらっしゃいます。
あなごちゃん。やっぱ・・・可愛すぎます♪

http://dogatch.jp/news/cx/23147

スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

お母様、どうぞご自愛のほどを。

家主様、おこんにちは。
お母様のことを知り、取り急ぎ御見舞のコメントでございます。
健脚の持ち主と伺っておりましたのでまさかイタリア旅行直前にこのようなことになるとは…。
右手の骨折となると「利き手」なのでは?
痛みも相当お辛いでしょうが、利き手のけがとなるといろんなことで不自由でしょうね。
手術が無事に済んだこと、転倒の怪我が手の骨折で済んだこと、本当にこれだけはよかったと思わないと…ですね。
お母様、どうぞご自愛くださいますよう。
家主様もお母様の付き添い、お世話で普段よりも何杯も大変と思いますが、どうか頑張って下さいね。
お母様の一日も早いご回復、痛みからの解放を心から願っております。

おいちゃんのことも心配ですね。
おいちゃん、家主様にあんまり心配かけないで早く帰っておいで。

ワタクシごとになりますが、みゃあこちゃんは今日も頑張っております。
みゃあこちゃんが頑張る限り、ワタクシも頑張ります。
よろしくお願いします!

ピエールさんへ☆

おこんばんは☆
ピエールさんこそ大変な時に、お見舞いのコメントをどうもありがとうございます。
今日も見舞いに行って来ましたが、昨日ほどの痛みは無いようです。
まだ術後すぐなので、手が腫れまくってましたが~~。
リハビリはすでに少しずつ開始しているみたいです。
これが足だったら、「車椅子になってたかも」って言ってましたが、誰しもがすぐに車椅子生活になるわけじゃないし、とりあえずは利き手ではありますが、まだ手で良かったのかもと。
やっぱり年をとってくると、これまで以上にスローペースってのが大事になってくるんでしょうね。
健脚ではありますが、バランス感覚とかはまた別問題ですし、今後はその点を気を付けてもらいたいものです。
色々ご心配をおかけして、こちらこそすみません。
母にもピエールさんからのお見舞いのお言葉、伝えておきますね(^^)
ありがとうございます。
そして、みゃあこちゃん、今日も頑張ってると聞いてほっとしております。
みゃあこちゃんの頑張りを、いつもあんずに言い聞かせ続けております。
みゃあこちゃんの頑張りに力を貰ってますので、私も頑張ります。
ピエールさんもどうぞお体大切に。
みゃあこちゃんとの大切な時間が沢山ありますように。
非公開コメント

 いらっしゃいませ
ステップファクトリー
stepfactory
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード