理由は不明。

anzu71.jpg

ほぼ2ヶ月ぶりの血液検査に行って来ました。
午前中は仕事だったので、珍しく、夕方からの診察を予約。

しかし、担当のY先生、オペが長引き、5時の予約が30分近く押しました。

その間に、血液検査と触診だけを他の先生が進めておきますとのことで、まだ新米のS先生にやって頂きました。

一応、点滴後に限っての嘔吐が5回連続で起こっている事をお伝えし、採血と触診。

お気に入りの看護師さんが保定をしてくださったのですが、なぜか今日はとても嫌がるあんず。
で、針が抜けてしまったようで、付け替えて2度目のトライ。

どうしたんでしょうねぇ。いつも「良い子やな~」と褒められていたあんずなのに。

もしかして、知らない先生だったのがダメだったのかなあ。。。

ともあれ、そんなこんなで結果が出るまで30分ほど待ちまして。

オペを終えたY先生に、検査結果をお聞きしました。

結果としてはBUNは前回より10ほど上がってしまっていましたが、一番上がった時ほどではない。
クレアチニンに関しては前回より0.1下がって3.0。
ここ暫くこの数値で横ばい状態です。
貧血も進んでいない。電解質が多少変化があるものの、気になるほどでもない。

で、嘔吐の件ですが、点滴の時に限って起こるのと、数値的には原因になるような事も見られない事から、自宅での点滴に嫌気がさしてきたのかなんなのか?
結局病気が原因でもないみたい・・・という事くらいしか判断できませんでした。

「部屋を変えてやってみるとかどうでしょうか?」

との提案を受けたので、今度は猫テラスにしてみるかなあ。

点滴の後の嘔吐を除けば、他は問題も見当たりませんし。
一体何があるのだろう・・・キッチンでの点滴に緊張するような事、今さら何か起こったっけ?
少なくとも私には心当たりがないのですよね。

ところで、今日はその点滴の日だったのですが、病院で一度やってみてどうなるか様子を見たかったので、先生にお話しして打って頂きました。

嘔吐がある時は、あと50ccで終わるよ~ってな頃になると、気持ち悪そうにくちゃくちゃが始まって、針を抜いたらもう嘔吐なんですが、病院では全然大丈夫でした・・・。

って事はですね。やっぱりキッチン?でやる事に何かしらストレスになる原因が発生している?

「病院だと、来た途端に緊張してますから、その間に点滴も終わってしまってるので、かえって何も起こらなかったかもしれませんね」

ん~それもあるのかなあ。
今さら・・・とも思うけど、長い事やってると、平気の平左衛門になってしまうか、それとも溜まったストレスが頂点に達してしまうか、どっちかなのかもしれませんな。

それから、若干数値が上がっている部分に関して、そういうのも原因で嘔吐する場合もあるけど、嘔吐するのはもっと高い数値の場合が殆どだとか。
だけど、念のために、2日に1回のペースに増やして様子を見るのも手だそうです。

ま、今月いっぱいは、あれこれ様子を見ながらやってみたいと思います。

家に帰ったのは7時頃。
お腹が空いていたのか、他の子のカリカリをバリバリ食べておりました。

そして、しきりに私に甘えて、手をペロペロ舐めまくり。

いつもなら、すぐに炬燵に入るのに。今日は緊張がいつもより強かったのかな。
よく頑張りました。今度は1か月後だよ。
点滴後の嘔吐がどうか治まりますように。


☆高橋さんを乗せたタクシー。

行きのタクシーの運転手さんと、某有名私立大学が引っ越してきて、環境が変わるでしょうかね?とか、ここの工事はいつまで続くんでしょうかね?とか、色んな話をしたのですが、大学絡みの話の中で、関大は某市の駅前に新しいのが出来てるけど(私の市の隣の市)、環境が悪くなったりとかは無いですね~とのことでした。
学生が沢山来て賑やかになる、活性化すると喜ぶ一方で、治安が悪化するという懸念を持つ人も大勢いるんです。
さて。うちの市にやってくる某有名私立大学の場合はどうなるのだろうかと。

ところで、関大のスケートリンクが私の市からさほど遠くはない、ちょっとした小さな観光地みたいな所にあるとお聞きしてびっくり。
てっきり大学内で設備が整えられてるものと思ってましたもん。

「で、前のオリンピックの頃に、そこまで行った事があって、こんなとこにあるんですか~関大のスケートリンクが!って僕も知らなくて。高橋さんを送ったんですけどね」

「え?高橋さんって、大輔さん?」
「そうなんですよ。予約名に高橋ってあったから、まさかね~って思ったら、ご本人でした。小柄な方でしたよ。こんな地元(私や運転手さんにとって)で練習してたなんてびっくりしましたわ」

ほんまほんま。スケートは大好きで、特に高橋さんの演技はいつも魅了されている私ですが、こんな近く(家から1時間かからない場所)で練習をすることがあるなんて。へぇ~~~。
一度、競技会場へ行ってみたいな~。高橋さんはもう引退だから無理だけど。


☆サイレントニャー。

hon1.jpg

先日本屋に寄った際、買ってみました。
帯が破れていたのは最初からです(笑)あんまり気にせず買います。これ1冊しか置いてなかったのもあって。

ところで、色んな事が書かれてありますが、大半は猫と長く暮らしていると分かっている事ばかりなのですが、へ~って思う事もありました。
私が知らなかった事なんですけど、声を出さずに鳴く事ありますよね?
「音無しミャー」とか言ってましたが、本では「サイレントニャー」となってました。
あれは人間には聞こえない周波数で声を出しているのだそうです。
出してないわけじゃなかったんですね。
敵に遭遇したり、身に危険が及びそうになった際、子猫が母猫に知らせるために、周囲には気付かれないようにするためだそうです。
で、飼い主に向かってする場合は、母猫のように慕い、頼りに思っている証拠だとか。

サンディは時々これをやってました。
思い返せば、ほかの子達ははっきり鳴くことが殆どだったんですけど、サンディだけはこの鳴き方を私に向かってやってましたねぇ。
人間には聞こえない周波数の鳴き声。ん~実際にはどんな鳴き方なんだろう。
皆さんのニャンコはよくしますか?サイレントニャー
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード