何ともはや。

anzu68_201310081603227c0.jpg

猫座敷の廊下で、秋の陽だまりの中転寝するあんず。


今日は、約束通り、Iさんが大工さんを連れて来てくれました。

まずは前栽側から屋根に登って、猫達が出入りしている穴を確認。

どうやら瓦も1枚落ちていて、穴も漆喰が落ちてるような???

続いて、猫座敷の欄間を外してみました。
しかし、残念ながら狭くて体がなかなか入りそうにないのと、
鶴の間(江戸時代エリア)と、猫座敷(明治時代エリア)の境目は壁になっていて、天井裏は繋がっていない事も判明。
ただし、猫が通れそうな隙間は有るので、そこを通って猫座敷の天井裏も歩いているのでしょうね。

猫の足音は、江戸、明治時代のどこからでも聞こえてくるし、実際に移動していくのを私が追いかけて、天井をトントンと棒で突いていることもありますから。

てっきり人間もツーツーで移動できると思ってたけど。
建て増しした明治時代エリアへは、人間は行けないんですなぁ。。。

あれこれ話し合った結果、母屋の土間の天井付近の壁に穴を開けて、そこから中に入る事になったみたいです。

そこ以外で穴を開けると、天井裏に盛ってある土がたくさん落ちてきて大変だし、土間ならまだいいかってことで。

これ以降の事も考えて、点検口は作っておいた方がいいみたいですしねぇ。

欄間から入ってブツを片付けて、出来れば穴を何かで仮に埋めておいてもらうという考えは不可となりました。

ああ、一体費用はどうなるのだろう・・・。
やってもらうのは、穴あけ、中の確認、そして穴を塞ぐ。これだけなんですが。
他の箇所も直すとか、そういう事は一切考えませんし、言われても無理・・・。

チーちゃん達を見送るまであと10年くらいを見てるので、その間暮らせたらそれでいいと思ってますし、死ぬまでこの家にいる事は諸事情により難しくなってますから、あれもこれも修理する気はありません。


穴を埋める案としては、鉄条網を丸めて突っ込むとか、発泡性?の何かを埋めるとか出たみたいですが、Iさんがそれを聞いて私に・・・

「でも、猫ちゃんが傷ついたらダメですよね?」と囁きました。
勿論です。
相手が野良さんであろうと、チーズファミリーであろうと、傷ついてはダメです。
大工さんも「あ、その点があったなぁ。じゃあ、鉄条網は無しね」と。

まず大事な事は、作業する際に猫が居ない事を必ず確認。
そして塞ぐこと。

その確認をするためには、やはりちゃんと潜れる穴を開ける事が必要で、こうなりました。

作業はいつするのか判りませんが、準備をしてきますと言っておられたので、今月中には取り掛かる事になるのかなあ。

ああ、何だかちょっと大がかり。昔の家って本当にこういう時やっかいです。
普通の家に住んでいたらやらなくても良い事が多すぎる。
と、Iさんに愚痴った私でした。

さて。先日岩合さんの写真展に行った事のお礼をIさんに言いまして。

行けなくなった筈が、行けるようになったいきさつもついでにお話し。
チャチャに癌が見つかって、でも、早期発見、早期手術だったので・・・と。
費用についても話をすると、「うわ~」って顔されました(笑)
「でも、命には代えられへんからね」とは、2人とも同感で。

庭に出て、母屋を見ながらみんなで談笑タイム。
萱を拭くのは大変という話とか出ましたけど、もう職人さんが居ないので、お願いすると物凄く高く取られるよ~とは大工さん。
勿論知ってますともさ。そして、それをする気はさらさらないのでありました。

Iさんがチーズファミリーの寝床を見つけて、
「あれ、庭の猫ちゃんの小屋ですか?」


niwa40_20111023135442.jpg

2011年10月に、築14年ほどでボロボロになっていた猫小屋をリフォームした時の写真です。

小鉄達が入ってた頃は、こんなのではなくて、単なるべニア板むき出しの小屋。
風雪にさらされ、板の表面が剥げたりめくれたり割れたりで、捨てようかどうしようか迷ってた時にチーズファミリーが登場となったので、マンションの壁紙選べます作戦で使用していたサンゲツさんの高級クロスの見本を貰ってきて、それを使って私がリフォームしたのでした。

そのいきさつを説明すると、
「サンゲツさんの高いクロスなんて、家でも使ってませんよ~貼ってみたいわ~」と言ってました(笑)

だって、勿体ないですもん。普通ならもっと小さな30センチ角ほどの見本しか出してもらえないところを、猫社長さんが1メートルほどの大きさで30種類も見本を出せるようにしてくださったのに、リニューアルの時期だからと、それを捨ててしまうなんて。

しかし、Iさんは私が猫のためなら何でもやるタイプだと分かってくれているでしょうが、大工さんや、Iさんと一緒に来たもう1人の社員さんは、猫バカだな~って思ったかもね(笑)

まあ、小屋に関しては、チーズファミリーの為に補修が必要なのもあったけど、クロスまで貼ってビニールでコーティングしたのは、明らかに私の自己満足ですよん。フッ。

ま、そんなこんなで話は終わり、皆さんお帰りになりました。

天井裏問題に関しては、猫達に傷がつかないよう、そして安全を確認して作業に取り掛かるということで、思ってたより手が入ってしまいますが、致し方ないですな。

今日は私自身は何もすることがなく終わりました。

Iさんや大工さんが部屋に入られるので、窓ガラスを全部磨いたりと、色んな掃除を数日かけて頑張りました。
色んな所に目をやられる事は無かったので、掃除しなくても大丈夫だったかも?って思ったけど、お蔭で綺麗になったので、これはこれで良しとするかいな。

猫達は全員、私の寝室に入ってもらって、襖を締切ました。
全員とっても大人しくしていました。
バタバタと逃げ回る足音もせず。思い思いの場所で寝ていました。

昔に比べて少しだけ、知らない人の声や足音に寛容になったのかな?


さて。暫く天井裏問題に関しては待つしかないので、溜まった経理を片付け、支払いをし、義父の訪問診療をしてくださっている先生に書類を送ったり、法務局へ出向いたりと、用事を出来るだけ片付けておきましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

非公開コメント

 いらっしゃいませ
ステップファクトリー
stepfactory
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード