気になる影。

cyacya38_20130908142904ab4.jpg

あんずと予定を入れ替え、診察・検査を受けてきたチャチャです。
帰宅直後、テラスでお休み。大層疲れただろうと思います。

前の記事にも書きましたが、嘔吐の理由が納得いかない事と、粘膜状の血が混じった物を排せつするようになったことで、Y先生に状況を一から説明させて頂きました。

嘔吐の原因が胃の荒れと言う事のようでしたが、気張った時に必ず嘔吐があるので・・・
とそこまで言うと、Y先生は「うんうんうん」と、私が何を言いたいのかすぐお解りになりました。
で、採取したどろっとした物も見て頂いたのですが、やはり血が混じってると。
昨夜の診察では、硬くて出ないほどのウンチではないと言われたけど、なぜ出ないのか?
腸の動きそのものに問題が起こってるのでしょうか?
等々、色々お尋ねしてみました。
カルテにも、便が腸内にあると書かれていますね、とY先生。

とりあえず、あるのに出ないで気張るのを繰り返して粘膜状のものだけ出して、嘔吐も伴うようではおかしいと思うので、胃薬・下剤は多分・・・「飲ませ続けても意味がないかと思って連れて来ました。検査が要ると思っているんですが」

で、検査としては何が出来るかですが、まずレントゲン。それと同時に直腸検査。

直腸検査・・・歴代の猫達は誰も経験なし。おお・・・なんか・・・怖い・・・。
きっと暴れるなあ~~と、先生と私は苦笑いです。
だって、指を直接肛門から入れて、腸壁とかに何か有るか?無いか?探るんですもの。
体温計を入れられるだけで抵抗しまくるチャチャ。これはかなりハードル高し。
猫によっては、鎮静剤が必要な場合も、やっぱりあるそうです。
チャチャはどうなんだろう・・・う~。

でも、この状態が何なのか今一つはっきりしないままだとどうしようもないので、まずレントゲンからスタート。

待合室で待ってる間、チャチャの鳴き声がずーっと聞こえてきました。

結果は、腸内にはウンチが無い。殆ど無い。
骨で隠れてる所は見えないので、完全に無いとは言い切れないけどとのことでした。
気張って出したくなるのがちょっと不思議って事ですね。
昨夜の触診ではあると言われたのですが、それ以降、チャチャが排便をした事はなく、どういうことなのか。

Y先生・・・「便と何かを間違えた可能性がもしかしたらあります」と仰いました。

レントゲンでも、Y先生の触診でも便秘で気張る・・・というようなウンチが確認されないという事になると、じゃあ、なぜ気張りたくなるのか?です。

レントゲンの腸の途中に、うっすら白い影があって、そこだけが気になると言われました。
何か異物感を感じて、排便したいという行為に繋がり、でも、便が無いので出ない。
粘膜状の物は血が混じってるので、腸に関するどこかが炎症を起こしているのかもしれない。

で、直腸検査にトライしました。
看護師さんが上半身にバスタオルをかけて顔を覆い保定。私も一生懸命宥めながら・・・。

「ウ~~オ~~ン」と雄叫びを上げるチャチャでしたが、どうにか我慢してくれて、鎮静剤無しで終えることが出来ました。

先生の指が届く範囲内には、異物のような物は確認されなかったのですが、レントゲンに写ってる場所は更に奥なのだそうです。

最後に念のために、エコー検査で膀胱もチェック。
膀胱炎と便秘を間違えることがたまにあるからですが、オシッコはしてるのを目撃してるので、多分問題ないだろうと思ってましたが、やはり膀胱はとても綺麗で、結石もまったく無いとのことでした。

さて。これだけの検査をしても、この不調の原因が特定できない。
気になるのは、白い影。

とりあえず、昨日一日、飲食をまったくしてないので、軽い脱水があり、点滴をしてもらいました。
点滴の中に、非ステロイド系の炎症止めを混ぜて下さいました。

飲み薬を2種類3日間投与。
改善が全く無いようなら、精密検査をします。
CT検査と内視鏡検査。どちらも麻酔が必要ですが、昨日の血液検査では全く問題無しだったので、逆に今なら出来るという事ですね。

CT検査も内視鏡検査も、この2~3年で導入されており、以前のように他の専門機関へ出向く必要が無くなっていますから、とても助かります。

それと、白い影ですが・・・年齢的な事も合わせて考えると、やっかいな物が出来てる可能性も否定できないそうです。
大腸がん。

そうですか・・・。

大腸がん・・・そんなんじゃないように願うのみです。

3日後に、精密検査を受けなければならないかどうか決めます。
どうか、お薬で治りますようにと、まずはそれを願いつつ・・・。

下剤や胃薬を最後まで飲ませても、これでは改善するはずもなかったことでしょう。
もしも・・・もしも・・・大腸がんなんかだったとしたら、どうかそれが早期発見であることを願います。

血液検査はバッチリなのになあ・・・。腎臓も肝臓もどこも悪くないのに。
ね、チャチャ。

10時に診察開始だったのが、前の人が押して、20分遅れで開始。
でも、色んな検査や私の質問が多くて、30分刻みで予約が埋まっているY先生が解放されたのは、午後12時半前でした。
後の予約の方、ごめんなさい。うちですごく時間を取ってしまって。

でも、今日行って良かったです。
判らない事も出て来たけど、次にすべきことも見えてきましたので。
CTを受けたら、かなりの事が判明しますから。
受けなくて済むに越したことはありませんが。

行きのタクシーの中では相当おかんむりの鳴き声だったけど、帰りのタクシーの中では、家に帰る事が分かってるのでしょう、大分甘えた鳴き声に変化してました(笑)
運転手さんが「可愛い声で鳴くね~~!」と。
「はい、すごく可愛いです。」

赤ちゃんの時から育てて来たんですから。今でも赤ちゃん猫なんですから。可愛いに決まってます♪

お疲れモードのチャチャですが、名前を呼ぶと尻尾で返事をしてくれました。

[広告] VPS


最後に、やきもち焼きが鳴きながら横切ります(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

ああ~、もう~。。

家主様、おこんばんは。
ああ~、土日の間、ずっと気になって心配で「ああ~、、もぅ~。。」てな状態でおりました。
とりあえず、お薬がすぐに効いて、つらい状態からは少しでも解放されたみたいで…ホッといたしました。
チャチャ嬢、連続での通院、検査、本当にお疲れ様です。
お薬で症状が完全になくなってくれればねぇ、どんなに家主様も安心されることか。
ただ…白い、、は引っかかりますね。
できることなら原因を究明したいですよね。
ただそれには全身麻酔が必須になってくる…う~~~ん、親としては年齢の事とか考えるとすごく悩みますよね。
できることなら・・・あ~っ、もう、どちらにすればいいか、本当に悩んでしまいます。

ピンクの粘液状のウンウンですが、ピエもかつて下痢嘔吐が続いた時にありました。
その時に「IBD」という腸疾患を疑いました。
結局のところそれではなかった、というか、症状が完全に収まったことによって確率は低いだろうということになった次第ですが、もしかしたらまたそういう症状が出ないとは限らないのが…怖いですね。
もしもIBDの疑いがある場合は極力「腸に負担をかけない食事」が良いみたいですよ。
まぁ、ワタクシもどシロウトの浅知恵ではありますが。。
でもねぇ、家主様の仰るのが本当に手に取るようにわかるんですよ。
可愛い我が子の事なら、病院ではモンスターになってしまいますもん。
あまり親身でない、というか、あっさり診察を終えてしまうような先生の言うことは信頼できませんもんね、ホント。
ピエの前の病院がまさにそうでしたから。
それこそ「こっそり転院」したクチですからね、ワタクシ(汗)。
改めてY先生に診て頂いて本当に良かったですね。
物言わぬ我が子のことだからこそ、信頼できる先生に親が逐一説明して、一刻も早く我が子のつらい症状を取り除いてほしいと思う気持ち…それを理解してくれる先生でないと任せられませんものね。

チャチャ嬢が早くつらい症状から解放されて、今まで通りのかわいらしいお姿になってくれることを心から祈っております。
どうかどうか早く良くなりますように!!
それから、あんず坊のウンウンの方も…はやく原因究明できますように。

・・・・あれ?
書き続けてきて気が付いたのですが。。
新しい記事にコメント書いていたつもりが、コチラの方に書いてしまったようで(苦笑)。
とんだあわてんぼうの43歳でした。。

ピエールさんへ☆

おこんばんは☆
ご心配頂まして、ありがとうございます。
このところ、仕事でもプライベートでも踏んだり蹴ったりの上に、猫まで連続で何かしら起こって、なおかつ病院での???な感じに・・・。
IKKOさんじゃないけど「背負い投げ~~!」したい気分満載の家主でございます(--)

チャチャは今現在も、粘着質の物は出していないので、こちらは薬がかなり効いたと思います。
飲み薬はあと2日分。薬が切れてからまた再発するようなら・・・もう検査になるんでしょうね。
一過性の何か・・・で終わってくれることを願っています。
ピエール坊やにも同じ事があったとは!
実は「IBD」に関しては、大昔にサンディが血便と下痢を何か月も繰り返した時に疑いました。
まだこの病名がそれほど浸透してなかったときで、ネットで見つけたサイトでも、「まだあまり知られていない」みたいな感じで書かれていたのを見て、ぎょぎょっとしたことを思い出しましたよ。
かなり深刻な状態・・・というか、治療法もすごく大変そうな感じでした。
基本的には、腸に負担が少ない食事を中心に・・・って事なんですね。
チャチャがそうでない事を祈るのみですが、好き嫌いが激しいので、ご飯を指定されると、あんず同様、多分強制給餌の道しかないかも?
極力避けたいですからね~強制は。
今のところ、便秘しがちになるので出すのをやめてるカリカリは、やっぱり好きなのか、自分から食べました。ただし少しだけ。
なので、食欲がない~って事ではないんですね。多分好き嫌い(^^;)
ああ、困った子だこと。
とりあえず、残りの薬をしっかり飲んでもらって、先生にしっかり相談したいと思います。

一人しか先生が居ない病院の方が安心なのか、申し伝えをしっかりしてる病院で複数の先生が診られる病院がいいのか・・・。個人的には、信頼できる先生が1人でされてる病院が好みなんですけど。
最初は院長先生おひとりだった今の病院も、年数が経つに連れ、とても混み合うようになって、先生の数が増えました。
良い先生もたくさんいらっしゃったんですが、独立されたら困ってしまう・・・。
指名するって事は、その先生に診て貰いたいという事ですものね。
診察の内容や、知識の豊富さ以外に、やっぱり「飼い主の話をきちんと理解する」というか、洞察力に長けている点も重要だと思いました。
簡単な治療なら、誰しも教科書通りの処置でいいのでしょうが。。。
「気張るので嘔吐する」の「気張る」をすっ飛ばして、胃の荒れに結び付けて胃薬と下剤・・・あまりに短絡的だと、正直思います。
何を言いたいのか説明しても伝わって無かったって事で、残念ですよ。
こんな事言いたくないのですが、サンディの尻尾の靱帯断裂で、ちょうど2軒目に変わった時(1軒目の先生は肝臓癌で急逝されたのでやむなく転院)に尻尾を2ヶ月にわたっていじくっては、全然良くならなかったのも女医さんでした。
「薬?なんでもいいんじゃないの~」って言い放った院長は男性でしたけど、2か月間も改善されないまま、ずっと女医さんが担当で。
なんか、幼稚な調べ方してましたよ。レントゲンも全然撮らないし。持ち上げては角度を見て、ここまで上がりますね~とか。痛みどめ出して終わりで、挙句の果てには院長が「もう尻尾切断したら?」って。
田〇動物病院。ええ、ありえない病院です。
その時から女医さんって頼りない・・・って悪い印象がありましたが、今の病院は凄く良いのに、女医さんに当たるとあまりいい事がない。
ピエール坊やを診て下さってる女医さんはとても素晴らしいお医者様だと、私も思うのに、こういう女医さんはまだまだ少ないのでしょうなねぇ。
同じ女性として言いたくはないですが、「これだから女性は・・・」って思わせてくれるな・・・という・・・感じです。
教科書通りじゃなくて、もっと洞察力や観察力、推理力を総動員して人の話を理解するよう努力してほしいです。
無駄な薬にお金を払って、ずっと飲ませ続けていたら、もっとしんどくなってたかもしれませんし。
なんか変な例えですが、事件でいうところの「初動捜査のミスが原因で事件解決が遅れる」ってパターンに似ています。
Y先生もお若い先生ですが、明らかに診察される感じがもっと「深い」です。
私の質問って、とにかくしつこいんですが(笑)それにも丁寧に答えて下さいますし、色々提案もしてくださいますし。
院長が副院長に抜擢されたのも解る気がします。

さて~あとは・・・あの緑色のピーピーが一体誰のものなのか。
今日はさすがに徹夜は無理なので、観察は諦めますが、
明日のマンションの掃除は私1人で行って、夫に観察を頼むことにしています。
夕方は歯医者だし(明日が最後の筈!笑)、その間も見て貰って。
何とか早く突き止めて治療して、心配の種を少しでも減らしていきたいです。

あわてん坊さんですか?(笑)
どちらに書いて頂いても良いですよ♪
いつも本当にありがとうございます!
非公開コメント

 いらっしゃいませ
ステップファクトリー
stepfactory
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード