驚く。

chichibi216.jpg

もうすっかり目もパッチリし、食事もしっかりとれるようになったグレコ。
薬の効果がきっちり出てほっとした。

温室のテーブルの下で、月乃と座っていた。
暑いのに・・・。
真夏に温室で休む猫って初めて見た。どう転んでも涼しくは無い筈なのに。

茶太郎はやはり帰ってこない。

不憫でならない。
自分の力不足を心から情けなく思う。

生きていてくれるように。それを願い続けるしかない。

変わってやれたらいいのにな・・・。

茶太郎。待ってるから。待ってるよ。帰っておいで。


☆よくにたおじちゃん=おいちゃん。
最近食べ方が不自然に見えることが多かった。
食べてる途中で、何かにびっくりしたように飛び上がる。
そして、お皿から遠ざかる。
カリカリを避ける。

今までの経験上、これは口内炎や歯肉炎のせいだとすぐわかった。

先週土曜日に、あんずの薬と共に、このおいちゃんの事も病院に相談してみた。

昔、小鉄や佐助も口内炎になり、ご飯に薬を混ぜると嫌がる彼らに対して、
普通の痛みどめでは1日しかもたないし、毎日の投与は難しいという事で、院長先生がステロイドを処方してくださった。
その錠剤1個で、彼らは半月から一か月、痛みを知らずにご飯を食べられるようになった。
ご飯に混ぜるので、この1回が勝負なのだが、
それに失敗した場合は、捕獲して注射をお願いした。
注射の場合は最長2か月もつこともあった。
この治療で随分助かった。
その経験があったので、野良で不定期にしか来ないおいちゃんも、その治療の方が良いだろうと思って看護師さんに相談しておいた。
看護師さんは「どういう薬があるか、先生と相談しておきますね」と言われた。

さて。日曜日、あんずの薬を取りに行った際、おいちゃんの薬も渡されたのだが、説明はこうだった。
「1日2回一週間分出ています」と。

不定期に来る野良ネコさんなので、毎日は無理。一度の投薬で出来るだけ長く持つステロイドを希望していると伝えたはずなのに。
しかも、袋の名前がなぜか「さくらちゃん」となっている。

誰よ?さくらちゃんって。この20年間、さくらちゃんなんて名前の猫はうちには居なかった。野良さんにもつけた事はない。
しかも、オスの野良ネコだと話しているのに。

それよりも、問題は投薬の中身。

説明によると、ステロイドも混ざった痛みどめとのことだった。

それじゃあ、無理ですってば。毎日来ないんだし。来ても夜だけなんだし。

小鉄や佐助が昔お世話になった方法を、この薬を処方された先生に説明した。
しかし・・・。

「ステロイドで2週間も持つタイプ・・・無いんですけどねぇ・・・」と首をしきりに傾げるのであった。

ん?じゃあ、当時の治療はいったいなんだったの?と、私はひどく驚いた。無いと言われるとは予想もしていない。

しかし、何度言っても「無いんですけど・・・」と言われた。
でも、私は確かにステロイドだと言われて錠剤を貰っていたし、注射も「長期型のステロイド注射」とお願いしてきた。
親の私が治療内容や薬の名前を2年も間違ってるはずがない。

じゃあ、そういう薬はもう無いって事なのか?
いや、だって、その痛みどめにはステロイドが混じってるではないか。

どうも話が通じない。イライラしてきた。
この病院はとてもいい病院なのだが、この先生はまだ若い。獣医さん何年目かわからないが、この病院に勤め出したのもここ3年くらいじゃなかろうか。

しかし、私が解せない顔をしていたので、先生は「調べてみますね」と言ってくれた。

ベンチに座って待つこと暫し。

すると、サンディの癌治療以降、色々お世話になっているY先生が、我が家の猫達の全カルテを携えて登場された。

なんかほっとした。

私が再度同じ説明を繰り返す。小鉄や佐助の時にね・・・と。

すると、Y先生、やっと私が求めていた説明をしてくださった。

基本的に、ステロイドも24時間で消えてしまうのだが、なぜか痛みに関しては長くもつことがとても多いと。

でしょ?やっぱりそうでしょ?

院長先生はそういう事で、処方されてたんだと思いますと言って下さった。

ステロイドが体内から消えるのが24時間程度経ってから。
でも、薬そのものが消えたからと言って、痛みどめの効果も消えるわけではないそうだ。
そこが普通の痛みどめと違うらしい。

個体差にもよるが、2週間~1か月、2か月持つ子もいますとのことだった。

毎日の投与が無理で、一度の投与で出来るだけ長く痛みを止められるなら、やっぱりこの方がおいちゃんには良い。

やっと、過去の治療に関して私が記憶違いしていたのではないと立証され、おいちゃんにとりあえず、2回分のステロイドの粉末を処方してもらった。

いつまで通ってくるかわからないので、あまりたくさんもらってもと。
それに、1度で何日もつかわからないので、もし短いようだったらまた貰いに来ればいいし、長くもつようだったら万々歳だ。

ステロイドは副作用が心配で、使うのを避ける人もいるが、猫は人間や犬よりも影響を受けにくい。
事実、小鉄や佐助も2年もの間使っていたが、ステロイドによる影響は何も出なかった。
毎日の投与じゃなかったからかもしれないが。

おいちゃんも、これで食べるのが楽になれば。。。
こんな事しか出来ないけど。食べに来る子がしんどそうなら、何かせずにはいられない。
そういうもんだ。
そうやって私はやってきた。これからもそうやって行く。

さ。おいちゃん。薬も貰ったし、食べにおいで・・・と思ってたら、こういう時に限ってやってこない。
明日は来るかな?痛みを軽くして、しっかりご飯たべなきゃね。
あんた、ここんところちょっと痩せて来たからね。

若い先生は新しい知識はあるけど、経験が少ない。
飼い主の方がむしろ一杯経験していることもある。
薬の持つ側面をご存じなかっただけだろうから、今後も研鑽を積んで良い獣医さんになって欲しい。


☆歯の激痛から少し解放されかかった時に、ぷりんさんの訃報に接し、文字通り憔悴してしまった。
歯の痛みがピークの時に、物件管理担当のIさんから電話があり、請求書を持って行きたいが都合はどうか?と聞かれた。
とてもじゃないが対応不可。。。痛くて詳しく説明も出来ない。で、1週間くらい待ってもらった。
そのせいで、7月分の請求に対して7月中に支払えなかった。
それどころか、我が社の給料も出せなかった。
事務作業が出来なかったからだ。

ようやくIさんに連絡を取り、来てもらったのが8月に入ってから。
来た早々、「夏風邪とかですか・・・?」と聞かれたが、何もかも説明するのが大儀で「色々ありまして」と答えるのが精一杯だった。
歯の事は自分の痛みだから良いのだが、ぷりんさんの事は口を開くと泣いてしまいそうだったので言えるはずもなく。

自己都合なのに、仕事を延期してくれたIさんありがとう。
しかもちゃんとした理由を言えなかったのに。
支払い遅れてすんません。

本社から応援に来ているというOさんが一緒に来ていた。名刺を頂く。

請求書の中身の説明を受けた後、空室を埋める話になる。
出たり入ったりワンルームは特に忙しい。
しかし、2人とも私に言った事は「あの物件は問い合わせがとても多いですよ。僕らは空室を埋める自信がありますから」だった。
ああ、前の管理会社の時に顧問さんから言われてきたことと真逆じゃないですか。
それもこれも、そんな風に仲介さんに好かれるように努力してくれたあなた方のお蔭ですね。
これは嬉しい驚きだった。

そんな中、猫の話になった。
私が痛みのピークの時に請求書の電話をしたIさん、もう1つ私に伝えたい事があったという。

奥様のお姉様が心斎橋の大丸にお勤めだそうで、そのお姉様からIさんに電話があり・・・
「猫のグッズばかり集めてる催し物やってるよ」と。

Iさん、それを聞いて、すぐに私に伝えようと思ったらしい。
のだが、その翌日でおしまいとのことで、言っても意味ないか・・・と思ったのだとか。

じゃあ、来年の予定が分かったら教えてよ、と言うと、
「従業員の年間予定表が入るはずですから、分かったらすぐに報告します」と約束してくれた。

心斎橋かあ・・・。大阪人なのに殆ど行った事がない。
来年はそっちへ出かけてみるか。


tabemono78.jpg

よく行くスーパーの贈答用コーナーにあったので買ってみた。
ドーナツ・・・長いこと食べてなかった。
黒猫さん・・・可愛いな。

レジに持って行った。
そこで驚くべき事態に。

バーコードがどこにも貼られていなかった。
贈答用なので貼っていないらしい。
が、レジの人は値段が解らないので、箱をひっくり返してバーコードを探す。

上・・・下・・・斜め・・・横・・・。

このゆさぶりで箱の中身がどうなったのか。気になってしまった。

というより、箱詰めされた贈答用のお菓子をそんな風に扱うのが信じられないのでびっくり。
普通のお菓子コーナーにある物じゃないのに。
きちんと綺麗に詰めてあるんでしょ?
贈答用なんでしょ?
中身によっては、ぐちゃぐちゃになってしまうのでは?

そういう事に気づかない時点でもうダメ。

このところの気分の悪さに加えてイライラがピークに。

値段が解らないようなので「840円って出てたように思いますけど」と言った。
それでも箱をひっくり返して探している。
その挙句に「840円ですね?」と私に聞く。

そんな事でいいのですか?あなた。
私がもし嘘を言ってたらどうするの?

あまりに呆れたので、憮然とした顔で「あっちに書いてあったから確認してくださいよ」と言い返した。

結局値段は840円で合っていた。
しかし、ムカムカの発端は解決していない。

「さっきからガタガタ箱を揺さぶられたので、交換してくださいね」

やっと気づいてくれたようで、レジの人は平謝りだった。

人様にあげる物じゃなかったし、中身はドーナツでこんな風に包装されてたから、凄い事にはなってなかっただろうけど、これは見た後だから言えることであって。
少なくともあの振り回し方だと、チョコとプレーンがどこか入れ替わってしまっていたかもしれないし、まっすぐ綺麗に並んでいたとは思えない。

贈答用・・・で売り出してるなら、もっと注意すべきです。
以後、お忘れなきよう。

しかし、何を食べても美味しくない。

まだ暫くこんな状態が続きそうだ。


☆長い事休んでいたピアノの練習をようやく再開した。
新しい曲に取り組むことにした。
ショパンのピアノ協奏曲第1番第1楽章。
オーケストラと演奏する曲なので、第1楽章だけでも20分近くかかる。
マイ楽団なんて当然持ってないので、オーケストラ部分もピアノで弾くように編曲された楽譜がある。
弾けるとは思ってないが、険しい山を切り崩していく事に意義があるので、長い時間を要しても挑戦は続けたい。


☆お盆も目の前。
猫達に供える物を、1つ手作りしてみる予定。
食べられないけど、食べる物。綺麗に出来るといいんだけど。


☆今年中にぷりんさんのお墓詣りに行く事にした。
どうしても直接お礼が言いたい。
それまでに私ももっとしっかり立たなきゃ。
ヘロヘロな姿で行ったら申し訳ない。
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

いっしょに。

家主様、おこんにちは。

ワタクシもずっと願い続けております、信じて待ち続けております。
茶太郎君の帰りを。
小鉄様のように必ず戻ってきてくれることを毎日願い続けております。
月乃ちゃんとグレコさん、茶太郎君のことを呼んでいるように見えます。
尋常じゃない暑さの中大変かもしれないけど、もっと頑張って呼んであげて。
どうか帰ってきますようにって!!

こんな時に「はあっ??」って思うこと、あるんですよね。
病院の若い先生、悪気はないのだろうけど、もっと患者さんの言葉に耳を傾けてほしいです。
Y先生が出てこられて本当に良かったですよ。
「さくらちゃん」ってホント、誰ですか??
違う患者さんのお薬だったらとおもうと…怖いです。。
スーパーの店員さんも…いっぱいいっぱいなのは解りますが、商品ですよ。
手荒な扱いをされたものを誰が買いたいでしょう?
仮に逆の立場だったら?
自分がそうされたらどうするんでしょうね?
「いっぱいいっぱいだから許される」ことなんて、よほど信頼関係がない限りありえませんから。

って、書いてたら・・・ちゃたろうくんがかえってきためーるが!!

ああ、良かった、本当に良かった。

ちょっとおかしな展開になりましたが・・・家主様、今年中ですね。
ワタクシもこんなヘロヘロした状態から抜け出せるよう、ちゃんと立ち上がれるよう頑張りますから。
いっしょに頑張りましょう。
がんばりましょうね!!

ピエールさんへ☆

おこんばんは☆
先ほどは失礼いたしました~!
茶太郎が姿を現したので、嬉しいやらびっくりやら、そして少々不安やら。
様子は、消えた時と殆ど変わりなかった・・・ように見えたんです。
あれから更にげっそり痩せたとか、歩けないほどヨレヨレ度が進んだとかは無く。
ただ、怒って警戒して寄ってこないのは変わらずでした。
とりあえず、夜中に食べてくれるものと信じて、缶詰の追加を出しておきました。
白田君とか、ほかの子達も食べちゃうことがあるので、あとでまた様子を見てみましょう。
健康状態がどうなのか把握しきれないのが困るのですが、まずは生きていてくれた!この事だけでかなり違いますよね。
この2週間、炎天下で飲まず食わずでこの状態はキープ出来ないでしょうから、多分こっそり・・・誰も居ないのを見計らって少しずつでも口にしていてくれたと・・・そう信じたいです。
ピエールさんにはご心配を頂きましたので、いの一番にメールした次第です。
今後どういう展開になるのか解りませんが、折角姿を見せてくれたのですから、少しずつでも元の状況に戻ってくれるよう努力していきますね!
ありがとうございます。

病院のこの先生、私はまだ一度も診察を受けた事のない先生なんです。
もうずっと。。。サンディ以降、Y先生を指名させて頂いてるもので。
多分、ステロイドは確かに24時間しか体に残らない・・・という点で正解なんですが、痛みどめの効果が更に続くという事例はご存じなかったのかもしれません。
私も、ステロイドが体に残ってる時間と、痛みどめの効果の時間は同一だと思っていました。
なので、長く痛みどめの効果があるということは、ステロイドが体に残存してる時間も長い・・・それが小鉄や佐助の場合、2週間から1か月だったと思ったので、「そんなに長く残るステロイドは無いんですけどねぇ・・・」と言われた時に、合点が行かなかったわけですね(^^;)
Y先生の説明で、なるほど、それでああいうお答えだったのかと解りましたが、Y先生が出てきて下さらなければ、しょうがないな~この薬でやるしかないか・・・と貰って帰るところでした。
ちゃんと、新たに、おいちゃんの体重(見た目の推測)に合わせて作り直してくださいました。
しかし、そのおいちゃん、今夜も来ていません。大丈夫かなあ。
おいちゃんは、来ない時は10日間くらい来ないもんで。痛みが酷くなる前に来て、ちゃんとご飯とお薬口に入れて欲しいです。

スーパーのレジの方はもう色々ですね。
やたらめったら丁寧な人もいれば、商品を雑に扱う人もいます。
ポンポンカゴに入れたり、葉物野菜の上に根菜の重いのを乗せてくれちゃったり。さすがにその時は目安箱に苦情を入れました。
大抵の店員さんは、きちんと傷みやすい物、重い物をスペース配分してカゴに移して行かれますけどね。
中には、気の回らない方もいるわけで・・・(--;)
それにしても、贈答用って、人様に差し上げる用の物ですからねえ。
たとえ、どんなに頑丈なお菓子(笑)だったとしても、目の前であれだけ箱をひっくり返されまくったら嫌な気持ちになります。
自宅用でも、「あ・・・割れてるかも」とか「あ・・・転がってるかも」とか思いますもん(笑)
まあ、今回の件でこれからは気を付けられるでしょう。かなりはっきり物申しましたので。
滅多に言いませんけどね、こういう事。

ぷりんさんのお墓詣りは、今年中に一度させていただくつもりでおります。
あれだけ色々心を寄せて、記事をアップするたびに毎回温かいコメントや応援を下さったのですから、どれほどありがたいと思ったか、ちゃんとお伝えしておきたいんですよね、やっぱりね。
それに、同じ大阪ですから、行こうと思えばいつでも行ける場所ですので。
ピエールさんも頑張られるのですから、私も頑張りますとも!
お互いにヘロヘロから脱出して、ぷりんさんに安心して頂けるようなご報告が出来ることを願っております!
その日が来るまでに、お互いしっかり立ち上がっていますように!

非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード