天国に届いた「舟歌」。

niwa130_201308042127535e9.jpg

ぷりんさんがお亡くなりになったのが7月29日なので、今日で一週間なのですね。

訃報を知ったのが2日だったので、当然のことながら気持ちが落ち着かず、ぼーっとした時間を過ごしています。
いろんな事を思い出し・・・
初めてお会いした時のこととか、猫フェスで再会出来た時のこととか・・・。
可愛い愛猫のまむちゃんとくっちゃちゃんの楽しいお写真を、ブログで改めて拝見したり。

まむちゃんの、お魚咥えたドラ猫!のお写真にびっくりしたり、くっちゃちゃんが人間のように座っている姿がまるで海女さんが休んでいる時みたいで「海女さん座りのくっちゃちゃん」とコメントして笑って頂いた時のこととか・・・。

うまく言葉にならない感情が、湧き上がってきます。


今朝、旦那様からお電話を頂きました。
お供えのお花だけでもお送りしたいと思い、今日到着するように手配していたのですが、
それが届いたというお電話でした。

追悼記事にも目を通してくださっていました。

色々もっと書きたい事があったのに、なかなか言葉が浮かばなくてすみません。

そんな中、私がヘタクソを承知でアップしたショパンの「舟歌」の演奏の話しになりました。

旦那様は、祭壇の前にパソコンを置かれて、ぷりんさんに届くように、このどうしようもない演奏の「舟歌」を流してくださったそうなのです。

それを伺った時に、また涙が溢れて、言葉が詰まってしまいました。

ありがとうございます。

ぷりんさんに届けてくださって。
もっともっと上手い演奏が出来るようになってからにしたかったのですけど、それでも・・・私の気持ちを汲んで、ぷりんさんに届けて下さったこと、心から感謝致します。

ぷりんさん。すみません。ヘタクソで。

これからももっともっと頑張るので、天国から聴いてくださると嬉しいです。


まだまだ心の動揺がおさまりそうにはないのですが、ぷりんさんから学ばせて頂いた事を無駄にしないよう、日々一生懸命頑張って進んで行こうと思います。

ぷりんさん。今一度・・・ありがとうございました。

niwa129_20130804212745c15.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 日記   ジャンル : 日記

言葉では言い表せません。。

家主様、おこんばんは。
…あの日から、何が何だか、訳も解らず涙が出て、どうしようもありません。
悲しくて、悲しくて、寂しくてさびしくて。。
「ぷりん様、おこんばんは。」って、もう言えないんですよね?
あの優しさに触れることは、もうできないんですよね?
家主様とご一緒にいつもどうしようもないワタクシを優しく励まし、見守り、応援して下さったぷりん様。
どんなに心の支えだったことか。
どんなに救われたことか…。

家主様、天国のぷりん様に届いてよかったですね、「舟歌」。
きっときっときっと、ぷりん様、ものすごく喜んでらっしゃると思います。
ピアノの旋律に乗せて、家主様のお気持ちがきっと伝わったに違いありません。

それから家主様、本当にありがとうございます。
ぷりん様への追悼「ぷりんさん、安らかに。」でワタクシとのエピソードまで書いて下さって。。
そして、ぷりん様とお揃いのモノをたくさんくださって、本当にありがとうございます。
ワタクシの宝物になりました。
追悼記事、何度も何度も読み返しました。
何度読んでも涙があふれます。
こうして書いている時も、こらえてもこらえても目頭が熱くなって勝手に涙があふれてきます。

寂しいです。
悲しいです。

心にぽっかりと穴が開いたようです。
涙を止めるネジが壊れてしまったみたいです。

ぷりん様、そして家主様、ごめんなさい。
何を言っているのか、わからないコメント、どうかお許しください。

ただ、ワタクシも家主様と同じ気持ちでいます。

ありがとう、ありがとうございます、ぷりん様。
ぷりん様から頂いた優しいお気持ち、絶対に忘れません。
大切に大切にします。
ぷりん様、ダメダメなワタクシですが、頑張りますね。
頑張ります。

家主様、いつも本当にありがとうございます。

ピエールさんへ☆

おこんばんは。
何度か入退院を繰り返されていた事、サンディの癌宣告がきっかけで、ご自身の状態について打ち明けてくださった事・・・などから、いつかはお別れがと覚悟はあったのですが、今回の入院について、かなり重い状態になられたことを別ブログで知り、それでもどうかまたお話出来る時間が出来ますようにと祈ってきました。
でも、もうそれも叶わなくなりましたね・・・。

来年の猫フェスは絶対行くんだと書かれていた事も叶わなくなりました。
ぷりんさんは最期まで希望をもっていらっしゃったんだと思います。
癌治療の大変な副作用で手が使えなくなり、大好きだったネットも出来なくなっていたと、旦那様から伺いました。
猫ブログの最後から2つめの記事あったでしょう?
「いろいろ盛りだくさんやることがあって・・・どうなりますことやら」という文章の。
あれはすでにご自身で書くことが叶わず、口述筆記で長男様が書かれたそうです。
どれほど大変な治療を耐え抜かれ、それでも周囲に心配かけまいと振る舞ってらっしゃったのか。
ぷりんさんは、本当に強くて優しい方だったと思っています。
そうでないと、出来ない事ですよね。
誰だって愚痴・文句・・・言いたくなるところを・・・旦那様のお話だと、絶対周りに対して「大丈夫だよ」と言って心配させなかった、そんな生き方だったそうです。私には到底出来ない事です。
そんな方とネットという、いわゆるバーチャルな世界でお知り合いになって、その後こんなに自分の人生において大切なお友達にまでなれるとは。
ぷりんさん、ピエールさんやputiQさんとお友達になれたことをとても喜んでらっしゃったそうです。
どこでどう縁が繋がるかわかりませんね。きっかけは私だったとしても、でも、続くか続かないかは人それぞれ。
だからこそ、とても貴重な体験を私達はさせていただいたのだと思ったり。
まだまだ何も信じられず、前を向いて少しずつでも進もうと思うと書いては見たものの、実際私は何にも動けていません。
今日もただただ時間だけが過ぎ・・・こんな事してたら、ぷりんさんを困らせてしまうと思っても、まだ心が付いて行きません。

旦那様のお心遣いにより、あのヘタクソな演奏が天国へ届いたかと思うと、嬉しいやら恥ずかしいやらです。
ぷりんさんはいつも、何かにつけ励まして下さる方でしたよね。
しょうもない事にでも耳を傾けて下さったなぁ・・・と。本当に感謝しています。

もう何をお話しして頂くことも無くなってしまいましたが、それでも「ぷりんさん、おこんにちは。おこんばんは」ってこちらからはお話したいと思います。ピエールさんもそうしませんか?
きっと天国で聞いて下さる筈ですから。

こういう時って、本当に心がぽっかり大穴開いたと・・・感じますね。
どうしようもないというか・・・。
お互いあまり無理はせず、泣きたいだけ泣いて・・・自然と気持ちが落ち着くまで過ごすしかないのかもしれません。
ゆっくり進んで行きましょうね。ゆっくりね。

ご家族からお許しいただけるなら・・・ですが、いつかお墓詣りに行けたらいいなって思ってるんです。夫とも言ってたんですけど。
ピエールさんが大阪に来られる日が来たら・・・。putiQさんも揃って。。。伺えたらなって。
「ぷりんさん、来ましたよ!」って。言いたいです。

ピエールさんもご自愛くださいね。お体のこと。
それから・・・
この悲しみを共有できるお友達が居て、どれほど助かってるかわかりません。
ありがとうございます。

No title

私はついさっき知りました。
ショック過ぎて、ボォーッとしています。
一度お会いしたかった。

トマシーナさんへ☆

こんにちは。
トマシーナさんも、ぷりんさんとコメントやりとりされてましたもんね。
本当に悲しいです。
長い闘病から解放されたけれど・・・ずっとずっといて欲しかったです。
お付き合いされてた方が亡くなるって、とてもショックですね。
癌が確実に治るお薬、早く発明してほしいです。

はじめまして

ぷりんさんのブログで仲良くしていただいておりました・・

トマシーナさんから知らせをいただきまして、ぷりんさんのことを
知りました・・・

本当に本当に寂しいです。

いつかお会いできればと思っておりましたが、もう叶わないのですね。

辛すぎます・・・

とむさんへ☆

はじめまして。
ぷりんさんのブログで、いつもとむさんのお名前は拝見しておりました。

今回の事・・・本当に悲しく、辛く、胸が痛む思いで過ごしております。
私は2度お会いする機会に恵まれましたが、
コメントだけのお付き合いでも、長くお付き合いされてた方は、やはり相当なショックでいらっしゃるだろうとお察し申し上げます・・・。
長い闘病を実は頑張ってらしたこと、私も愛猫のサンディの癌が発覚しなければ教えて頂けなかった事で、それを知った時のショックを思い出したりして・・・。
でも、とても明るく前向きに・・・本当に、辛い治療を受けられてるのかと思うほど、日々を懸命に過ごしてこられたぷりんさん。
きっと今頃天国から「みんな頑張ってくれないと困っちゃう」って思われてるのかもしれませんね。
とむさんも、そして交流があった私達もとても辛い・・・んですが、ぷりんさんに安心して頂けるよう、少しずつでも進んで行かなきゃいけないですね。
ぷりんさんは文章と同じく、実物もとてもお優しい穏やかな話し方をされるご婦人でしたよ。
本当に、寂しい限りです・・・。
非公開コメント

 いらっしゃいませ
ステップファクトリー
stepfactory
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード