FC2ブログ

楽しかったです&正解発表☆

piano2 本日、静岡に行って参りました。
朝は雨に降られませんでしたが、午後3時には静岡は雨。
予定していた時間より、早目に切り上げて帰阪しました。

では私が行ったところを御紹介いたします。


hamamatu20.jpg

世界で一番大好きな作曲家。フレデリック・フランソワ・ショパン。
これは彼の故郷・ポーランドのワルシャワ市から寄贈されたものです。
音楽でも繊細さがわかりますが、容姿もそんな感じですね。


hamamatu1.jpg
着いたら、丁度チェンバロのデモ演奏が始まるところでした。
鍵盤楽器の中で、私がとっても好きなチェンバロ。
ここにある鍵盤楽器は、大抵のものが17~18世紀に製作されたものです。
そんな楽器をデモ演奏できる係りのお姉さんが、めちゃくちゃ羨ましかったです(笑)


hamamatu2.jpg
このピアノは左右に3本ずつ蝋燭が立てられる蜀台付き。
ルノワールの絵画に出てきそうですね。


hamamatu3.jpg
これは「ジラフ・ピアノ」と言うそうです。グランドピアノの胴の部分をそのまま立ち上げた感じ。
初期のアップライトピアノの形だそうです。ハープみたいですね。


hamamatu4.jpg
大変美しいフォルムのピアノ。わかりにくいのですが、ペダルが4本もついています!
こんなピアノもあったのですね。びっくり。


hamamatu6.jpg
これは弾いてもOKのピアノでスピネットと言います。
カワイ楽器による複製品。音はチェンバロと同じ音がします。
(バッハ演奏中の家主)


hamamatu10.jpg
これはとってもとっても小さなピアノ。ポータブルピアノです。
これ、なんと「裁縫台兼用鍵盤楽器」なんですって(笑)

なにかと兼用される楽器は他にもありましたよ。
たとえば・・・

hamamatu13.jpg
これは「キャビネットピアノ」と言われ、ピアノの下部に物を収納できたそうです。

それからこちらは、鍵盤楽器じゃないのですが・・・

hamamatu21.jpg
「ステッキ兼用バイオリン」!面白いですね。
スパイ映画なら、さしずめステッキ兼用ピストルってなるところですが(笑)


hamamatu16.jpg
これもまた美しいフォルムです。
特に鍵盤が素敵!

hamamatu5.jpg
灯りのせいでこんな色に映ってるのではありません。
白鍵の部分が、モカというか、ミルクコーヒーというか、そういう色なんです。
それをじーっと見てると、チョコレートのかかったエクレアに見えてきて、
「齧りたい・・・」とボソっと言ってしまいました(笑)
夫に「こらこら!」と突っ込まれました。


hamamatu11.jpg
殆どの鍵盤楽器には、キーの部分にカバーがされていました。
触っちゃいけないんですよね。弾いてみたいのになぁ・・・
見てて思いましたが、昔のピアノ、あるいはチェンバロは、鍵盤が今より小さくて、
長さも短いものが結構あるんだな~って。
このピアノもなんですよ。それが証拠に・・・

hamamatu12.jpg
私の左手。ピアノを弾くので、普通の人よりは多少は開きますが、
この鍵盤では、下のドから1オクターブ上のソまで届きます。
普通のピアノでは、私は上のレ・・・つまり9度までしか届きません。(これではピアニストにはなれませんが)。
このピアノ、鍵盤が小さいので、こんなに届いてしまうのです。
これなら、私にもリストが弾けたかも?(笑)


hamamatu14.jpg
これはルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーベンのマスクです。
左が生前のもの。右が死後のもの。顔の痩せ具合がわかりますね。
なんだか、音楽教室で見た絵の顔と比べると、印象が違って見えます。
これにあのモジャモジャヘアを乗せると、絵のような顔になるのかなぁ・・・?


hamamatu15.jpg
これも素晴らしく美しいフォルムのピアノ。素敵だな~と一目ぼれです。
解説を読むと、これは「プレイエル」というメーカーのもので、1800年代創業。
なんと、大好きなショパンがデビューコンサートで使って以来、生涯このメーカーのピアノを使い続けたらしいです。
繊細な音の表現が可能で、それがショパンの音楽性にマッチしたのでしょう~とのことでした。
どんな音なのだろう・・・ああ、弾きたい。聴きたい!
ただただ欲求不満で指を咥えながら、眺めるのみ。


hamamatu17.jpg
私が生まれて初めてチェンバロを見た時、音色以外で好きになった部分は、鍵盤の色でした。
ピアノと逆の配色ですよね。
すべてのチェンバロが、そうなってるわけではないのですが、
やはりこの、白鍵→黒鍵に、黒鍵→白鍵に~という配色は、
なんというのかな。私の中ではとても神秘的なのです。
教会学校の朝の礼拝でオルガンを弾いてた時期がありましたが、
その教会のオルガンも、白黒逆の鍵盤でした。
なんとなく、嬉しかったのを覚えています(^^)

そういえば、子供の頃、チェンバロ欲しさに、家のピアノで悪戯を・・・
アップライトピアノだったのですが、胴体のカバーを外して、
弦を叩くハンマーという部分に、短く切った針金を、
88鍵分、全部セロテープで貼り付けました。
ハンマーにはフェルトが貼ってあるので、セロテープで貼っても落ち易いのですが(笑)
そうやって弾くと、音が鳴った瞬間だけ、チェンバロのような金属的な音になるのです。
家庭科の宿題で編み物をしていた時、
あまりに嫌気がさして、ピアノを弾いていたのですが、
それもつまらなくなり、ピアノの分解に取り掛かりました。
その際、弦を直接編み棒でハープのように鳴らしてみると、
なんと、チェンバロみたいな音になるじゃないですか。
その編み棒は金属の編み棒だったので、
そこで、ハタ!と、思いついたのです。針金貼ったらどう?って。
当然、弾いてる間に針金はポロポロ落ちるのですが。
年に一度いらっしゃる調律師さんが、いつも怪訝な顔をして帰られました。
「どうして、下に針金が落っこちてるんだろう・・・?」

12歳の頃の懐かしい悪戯です(笑)



hamamatu18.jpg
美しい絵画がいっぱい散りばめられています。
このチェンバロ。見事なチェンバロです。芸術品です。
宮廷のサロンで使われていそうな感じですね。


hamamatu8.jpg
これは昔懐かしい足踏みオルガン。
でも、かなり昔の物なので、私が子供の頃使ってたオルガンより、
ペダルが大きくて重くて、なかなか上手に音を繋げて弾けませんでした(笑)
小節ごとに、ちょっと間が空いてしまいました。
空気を送り込むのに、タイムラグが出来ちゃうのでしょうね。
でも、そのふわ~っとした間が、それはそれでいい味だと思います。
童謡の譜面が3曲置いてあったので、全部弾いてみました。
かなりいい加減な姿勢で弾いてるので、手の形がだらしないですね(笑)
子供の頃、こんな形になったら、すかさず先生がものさしで叩きましたよ。
小さくなって角の取れた消しゴムを、手の甲に乗せられて、
それが落ちても叩かれました。
「玉子が入るような形」。これが基本なのです。

hamamatu19.jpg
さて。私がここで一番びっくりした鍵盤楽器がコレ!
これ、どうなってるんでしょ?説明文が無かったんです。
ただ、昭和13年に横浜で作られた純正調オルガンとだけ・・・
黒鍵の下に、なぜか短い白い黒鍵(これも変な言い方ですが)が・・・
しかも、黒鍵と黒鍵の間にも、まだ黒鍵!
半音のまた半音ってこと?一体どうやって弾くのでしょう???
どういう調になってるのでしょう???
不思議やら面白いやら、すごく興奮して、オルガンの周りをうろうろうろうろ・・・(笑)
ブラックチョコにホワイトチョコがくっついてるよ~!
、、、また食べ物に見えてしまいました、あはは~。


hamamatu9.jpg
これはお琴の試し弾き。「さくら」を弾いてるところです。
譜面があって、弦の横に番号が振ってあるので、その番号通り弾けばいいだけです。
子供の頃、お琴を習いたいと言ったら、
亡父に「指先をいためてピアノが弾けなくなるからダメ」と反対されました。

そういえば、「バレエを習いたい」と言い出した時も、
「二兎を追う者一兎も得ず」と言われて断念。
結局ピアノも9年やって辞めちゃいましたがね~とほほ~。


ここには、勿論、鍵盤楽器以外の楽器も山のように展示されています。
でも、私がピアノを弾いてるせいか、他の楽器よりどうしても鍵盤楽器中心になってしまいました(笑)
というところで、このくらいにしておきましょう!

そうそう。ショパンが愛用したというピアノがありましたが、
このピアノで弾いたCDと、芸術品のようなチェンバロがありましたが、
このチェンバロで弾いたCDが売られていたので、買いました。
どうしても音が聴いてみたかったので。

ということで、もうお解かりですね?

クイズの正解は、 「楽器博物館へ行く」 でした!

ズバリ正解の方は、5名いらっしゃいました。

うさぎさん・チビ君ママさん・ことりさん・ぴあのさん・ねじっこさんです。

では。留守番に来てくれた母に、抽選してもらいました。
その様子を動画で確認してくださいね。
(夫が撮りましたが、カメラの扱いがわからなくてへんな会話が入ってます・笑)




当選された2名の方~!おめでとうございます音符

ささやかですが、近日中にお土産をお送りいたします。
えーっと、1名の方は、まだ御住所や連絡先等を教えていただいていないので、
メールにて、御連絡くださいね。
確認次第、こちらからまたメールをさせていただきますので(^^)

抽選に外れた3名様。ごめんなさい。
でも、ズバリ「楽器博物館」とお答えくださったので、
本当に粗品程度になりますが、ちょびっとお送りさせていただきます。

クイズに参加してくださった皆様。
本当にありがとうございました。
またの機会がありましたら、ぜひ参加してくださいね(^-^)








スポンサーサイト



テーマ : 今日の出来事   ジャンル : 日記

家主さん、こんばんは!
お帰りなさい♪
お天気は残念でしたが、満喫されたようですね~(*^_^*)
クイズは残念でしたが、珍しい楽器の数々、興味深く拝見しました。
蜀台付きのピアノは薄暗い部屋の中で蝋燭の明かりだけで弾いていた
当時の様子を思い浮かべるとうっとりしますね。
「兼用」楽器、面白いですね!ステッキ型バイオリン、カッコイイ~!
さっと出して演奏したら注目の的ですね(笑)
家主さんのチェンバロの音色に魅せられた子どもの頃の思い出、素敵ですね。
教会のオルガンはパイプオルガンでしたか?
パイプオルガンの音色も心にす~っと入ってくるようで好きです。
私はさっぱりダメなので、楽器が出来る方に憧れます。
今ピアノを習っている姪っ子にがんばって~発表会見に行くから!と応援しています。
「ショパンが弾けるようになるまで続ける」のが姉と姪っ子の約束だそうです。
私もすごく楽しみです(笑)

supitenさんへ☆

こんばんは♪
クイズ、残念でした(^^;)
でも、参加してくださって、嬉しかったですよ♪ありがとうございました!
また懲りずに、次回もぜひ参加してくださいね(いつになるかは???ですが)。
楽器博物館には、本当に古くて素敵な楽器がたくさんありました。
触っちゃいけないのが非常に残念!まあ、当然と言えば当然なのですが(^^;)
兼用楽器には笑ってしまいました(笑)
お裁縫をしながら退屈したら弾いてたのかしら?とか、
紳士が街角でいきなりステッキでバイオリン演奏?とか(笑)
面白くて楽しい楽器があるものです♪
蜀台付きのピアノはムード満点ですよね。
このピアノ自体も、飾りが一杯ありますし。豪華な作りになってるな~と思いました。

私が教会学校で弾いてたのは、普通の小さなオルガンですよ。
パイプオルガンって、日本ではあまり無いみたいです。
大きな演奏ホールでたまにあるくらいじゃないでしょうか?

姪っ子さん、ピアノを習ってらっしゃるのですね♪
ぜひ、ずーっと続けて欲しいです!
辞めると後悔しますね~ほんとうに(^^;)
ショパンが目標ですね?♪私も楽しみにしながら、応援させていただきます♪

家主さんこんばんは^^
楽器博物館、堪能されたようですね^^
あんな素敵なところに行かれるなんて羨ましいです。
私も楽器をやってるので、一度是非行ってみたいです~。

で、抽選に当てていただいたお母様に感謝です!!
早速メールさせていただきました。
ご確認お願いします~~。

私は今日は雨の中大阪の病院に行ってきて(車で)
睡眠導入剤を頓服で出していただきました。
今日は飲んで寝たのですが、またまたこんな時間に起きちゃいました((((( ̄∀ ̄;
起きてもパソを開かず、目を閉じている方がよさそうですね。
でも、ついつい・・・(笑)
ま、朝は5時半にさわやかに目が覚めるから良いかと思っています。

ぴあのさんへ☆

おはようございます♪
当選おめでとうございます~パチパチ!
いつも、母はバスの時間があるからと、そそくさと帰るのですが、
昨日はササっと引いて貰いました(笑)
メール確認しましたので、またお返事いたしますね。
今日はまた、これから所用があって出かけます。
楽器博物館はなかなか面白いところでしたよ。
もっと自由に触れる楽器があったら、いいんですけどね。
年代物ばかりだから、そういうわけにもいかないけど!

ぴあのさんは大阪の病院まで来られてるんですね。
途中で起きても、五時半にはすっきり目が覚めるんですね。
私はダメですね~完全に目がはれてます(笑)
でも、さすがに昨日は何も考えず、今の今までスコーンと気持ちよく眠れました(^^)

おかあたまぁ!!

キャーッv-237
家主さんのおかあたまぁv-238
私の名前を引いて下さって、ありがとうございます<(_ _)>
なんたる幸せ。今日はめでたいv-82

ところで!!楽器博物館って、素敵なところですね!?
まずは、蜀台のついたピアノに目が釘付けです。
美しい絵画が、たくさんはめ込まれたチェンバロは、行ったこともない舞踏会を想像してしまいました☆
それにピアノや琴を弾いていらっしゃる家主さん、童心に戻っていらっしゃるようで、かわいいですv-290
鍵盤が食べ物に見えるあたり・・・なお、かわいいですv-344

私は、子供のころエレクトーンを習っていたのですが、それも2年ほどでイヤになって辞めました。
当時から、ピアノを習っているお友達が多くて、ピアノに憧れたのですが、なぜか父の好みでエレクトーンに・・・(笑)
だから、ピアノが弾ける人が、とても羨ましいのですv-354

お帰りなさーい

おおーん、おおーん、v-239正解だったのに外れたよぉぉぉ。
なんてね、ちょっと泣いてみました。
当選されたうさぎさん、ぴあのさん、おめでとうございます。
良かったね。きっとショッキングピンクのチェンバロが届きますよ(笑)
行ったことはありませんでしたが、楽器博物館の豪華な展示には
ためいきものです。
燭台付きのピアノなんてねぇ、滅多に観られませんよ。
「裁縫台兼用鍵盤楽器」にも恐れ入りました。
歌ったり手芸をしたりピアノを弾いたりは、婦女子の嗜みだったものね。
両方兼ねられる物を考えるとこうなるってことでしょうか。面白いです。
チェンバロの鍵盤は観たことがありますが、その下のは興味深いです。
「準鍵盤」が付いてますね!何だ、これは?不思議不思議。
今度機会があったら調べてみましょう。面白すぎです。
ピアノはお仕事にしていたので、観ていると仕事を思い出してしまいます。
ああ、出来れば心から楽しんで弾きたいわたし。

うさぎさんへ☆

こんにちは♪
そして、おめでとうございまーすv-363
いつも母に引いてもらおうと思うのに、バスが~!って言うのですよ(笑)
今回はサクサクっと済ませました(笑)
大したお土産じゃないですよ。期待はしないでくださいね。
なにせ、楽器博物館と駅前ビルにしか居ませんでしたので(^^;)
蜀台付きのピアノは、ルノワールの絵画?だったかなぁ・・・
姉妹が集いながらピアノを弾いてる絵があったと思うのですが、
そのピアノが蜀台付きだったような記憶が(間違ってるかも・^^;)
豪華で綺麗で、上流家庭~♪って感じです(^^)
面白い形を経て、今のピアノに落ち着いた、その歴史も垣間見れて、
鍵盤楽器好きな私には、とても楽しめる場所でした♪
もっと試し弾きできたら嬉しいんですけどね(^^;)
本物のチェンバロも触ってみたかった・・・
いつか買いたいなぁと思って、製作サイトを探してみてみたら、
なんと、安くても一台120万~でした・・・とほほ。

エクレアに見えたピアノの鍵盤は、本当に美しい色だったのです♪
まろやか?ん~っと、なんて言えばいいのか・・・(笑)
白鍵と黒鍵しか見たことないので、こんな色もいいなぁと。

うさぎさんはエレクトーンだったのですね♪
私のお友達は大半がピアノでしたが、一人エレクトーン派が居ましたよ。
私にとっては、足も使って、鍵盤も2段、3段のエレクトーンを演奏する人のほうが、凄いな~!と思います。
しかも、スイッチが山ほどあるし!!一台で楽団並みの演奏が可能でしょう?(^^)
今は大人のピアノ教室も流行ってますから、うさぎさんもそのうち、習う日が来るかもしれませんよ♪

お土産、発送したら、メールしますね。
いつものように、クロネコさんで最終便予定でございます☆

ねじっこさんへ☆

こんにちは♪
クイズは残念でしたが、正解を書いてくださったので、本当にささやかすぎるお土産ですが、お送りしますね。期待は・・・しないでくださいまし(笑)

ねじっこさんって、ピアノを弾くお仕事をされてたのですか!プロなのですね♪尊敬♪
私は15歳で辞めてしまいましたから、今は何も弾けないに等しいです(笑)
あ・・・辞めてから今年で30周年です!(笑)
でも、子供の頃習ってた曲は、今でも、酷い演奏ながら弾けるものだな~と。
辞めてから思いましたが、自由に好きな曲を楽しく弾ける良さもあるけど、
どんなにレッスンが厳しくても、上達する楽しみが習ってるときにはありました。
今、つくづくそう思っています。
でも、仕事となると、これまたしんどいでしょうね。
私はバイトで、会員制のクラブにピアノ弾きに行かされたことが2回だけありましたが・・・仕事は嫌だ・・・と思いましたよ(^^;)

この鍵盤が一杯のオルガン!面白すぎて、もう大興奮!
夫がネットで色々調べてましたが、なかなか凄いオルガンのようです♪
こんなオルガンを目に出来て、知らない世界を垣間見ることも出来、
行って良かった~楽器博物館!でした。
ぜひ、ねじっこさんも、一度行ってみてくださいね。
チェンバロや、昔のピアノの色々な形、進化なども、勉強できて楽しいと思います♪

お土産発送したら、メール致しますね。暫くお待ちくださいませ。

おかえりなさい。

やはり楽器博物館でしたか(^_^;)
当選された皆様おめでとうございますm(_ _)m

hiroさんへ☆

こんばんは♪
クイズの参加ありがとうございました。
hiroさん、「アクトシティ」だったので惜しかったんです!
またの機会に、懲りずに参加してくださいね♪

おかえりなさい♪

やっぱり楽器博物館にお出かけされたのですね。
正解はこれだ!と思って、ホームページで前もって見てみたのですよ。
私もいつか行ってみたいなぁ・・って思いました。
珍しいたくさんの楽器をご覧になってこられたのですね。
珍しすぎです(笑)。 演奏できるのもあるのですね。
写真を眺めて、家主さんの説明を読んでいるだけでも楽しくなってきます。
私も音楽は大好きで、見るのも聴くのも初めてという珍しい楽器に出会うと心が躍ります。
チェンバロなんて美術品のように美しいものが多いですね。
バロック音楽が好きなので、チェンバロの曲はよく聴いています。
家主さんの針金による改造作戦には感心してしまいました。
子供の頃から探究心がおありだったのですね。
いつか家主さんのピアノ演奏を聴かせて頂きたいな♪と思います。

ぷりんさんへ☆

こんにちは♪
え~!?ぷりんさん、正解がおわかりだったのに・・・
お答え書いてくだされば良かったのに~~~!!
出題した私の方が悔しい気持ちですよ(笑)

ぷりんさんも音楽がお好きなのですね。
ここは本当に色々な楽器があって、楽しめました。
私、管楽器や弦楽器はとんと縁がないので、
見ても、「ふ~ん・・・」という程度なのですが(笑)
鍵盤楽器はすごく興味があります。
楽器のスタイルがどんどん変わっていく歴史とか。
200~300年前の古楽器ですから、鍵盤も磨り減ってたりで、
そりゃもう、歴史を感じます。
見たこともない面白い楽器もあるし。一度お出かけになってみてください。

買い求めたチェンバロのCD。少し聴きましたが、素晴らしい響きです。
写真にある、芸術品のようなチェンバロで演奏されたものなのですが、
「フランソワ・エティエンヌ・ブランシェ2世」という名前のチェンバロです。
1765年、パリで製作されました。凄いですよね~!フランス革命以前ですよ!
こりゃ、演奏された方も、調律された方も、ドキドキものだったのでは?と思います。
今でも弾くことができる、昔の素晴らしい楽器を目に出来て、本当に良かったです♪
古いからって、ただの飾り物になってたら、価値がありませんものね。
やはり楽器は、弾いてなんぼ!でございます。
え?私のピアノ演奏ですか?童謡程度ならご披露できますが・・・(笑)

おかえりなさいまし~!

家主様、お帰りなさ~い!!
うわ~い、ハズれた。。
音楽が趣味だとは仰っていましたが、ぬ、ぬぁんと高尚なご趣味!!
家主様、カッコイイですね~。
ワタクシ、ピアノひかれる方にすごく憧れるんです。
・・・弾けないんですね、ぜんぜん。
弾けない以前の問題でおたまじゃくしがぜんぜん読めないんです。
なので小中学校のときは苦労しました。
でも、音楽は好きなんですよね、不思議と。
日曜の朝は『題名のない音楽会』を欠かさず観て(その前に『趣味の園芸』観て)、13時半に『たかじんのそこまで言って委員会』が始まるまではPS2でCDかけて音楽三昧。
って、たまに『アッコにおまかせ』も観ますけど。。

しかし、静岡には『楽器博物館』というものがあったのですね。
勉強になりました。
なんでもかんでも“食べ物”を目的としてしまい、食べ物につなげてしまうワタクシ・・・ちったぁ~家主様を見習わなければ。

あいにくの雨になりましたが、思う存分堪能できて本当に良かったですね。
好きなものに触れていることでかなりココロのリフレッシュになったようですね。
ヨカッタ、ヨカッタ。

ピエールさんへ☆

こんにちは♪
ん~残念でした!!(^^;)
横山幸雄さんのコンサートがあること、実は全然知らなかった私です。
皆さんのお答えを見てから、調べて「あ、ほんとだ・・・」って(笑)
またクイズを出した時には、ぜひ懲りずに参加してください。

私、ピアノを幼稚園児から始めたのですが、
周りのお友達がみんな同じ所に習いに行ってて、
私もやってみたいな~と思って。単純な動機です。
親に勧められたわけでも、強制されたわけでもなく。
15歳の夏まで続けましたが、今は筋力が落ちてるし、
指の運びもクタクタで、上手く弾けませんよ(笑)
おたまじゃくしは、習うより慣れろかも。
誰でも最初から読めるわけじゃないですものね。
毎日やってるうちに、自然と頭に入るって感じです。

>食べ物につなげてしまうワタクシ・・・

あはは♪それは私も同じですよ。鍵盤見て、食べ物につなげてしまうんですから(笑)
ピエールさんも機会があったら、一度いらしてみてください。
3時間くらいあったら、ゆっくり見て回れます。

静岡に行ったのに、鰻はまったく食べず。
何を食べようか迷ってうろうろしてたら、
小さなインド人のオッサンに捕まって、インド料理を食べてしまいました(笑)
ま、今回は音楽目的の日帰り旅行ですし。
でも・・・やっぱ・・・うなぎ・・・心残りだわっ!(^^;)

「そこまで言って委員会」、うちの夫が大好きです。
見られない時は録画しておりますよ(笑)
面白いですけどね、確かに♪

家主さん、おかえりなさ~い!
ウチの母が、木金で京都に行って、土曜日に京都→名古屋の姉のところに行くって言ってたので、もしや、家主さんと同じ車両だったりして~^^ なーんて想像しちゃいました。
楽器博物館だったのですねっ!
あららー、抽選、残念でした!
当選された方、おめでとうございます☆
私もショパン大好きですよ♪ ピアノの先生が、「音大行く?」って聞くので、「行かない~」って私、答えたんです。そしたら、「それだったら・・・」って、ショパンばかり弾かせてくれたんですよ。楽しかったです!
去年、電子ピアノも捨てちゃったけど・・・。また、ピアノが弾きたくなりました。

ことりさんへ☆

こんにちは♪
あら!お母様は名古屋にいらしてたのですか?
私が乗ったのは京都発で9時前の新幹線でしたが、
もしかして、同じだったのでしょうか?(^^)

ことりさん、抽選には外れちゃいました、ごめんなさい。
明日、ちょっとした物だけですが、送りますね。残念賞ということでお納めください(^^)

ことりさん、ショパンばっかり弾かせてもらえたのですか・・・羨ましい・・・
私、なぜか、ショパンは2曲ほどしか弾かせてもらえませんでした。9年間の間で・・・なんででしょう?
音大に行かないとなると、なぜショパンはOKなのでしょうね?(^^;)
モーツアルトとか、バッハとか、ベートーベンの方が重要なのでしょうか?
私も結局音大行きは蹴りましたが(笑)蹴ると同時に辞めちゃいましたしね~今思うと勿体無かったです。
ぜひ、またことりさんも、ピアノを弾いてください。
弾けるっていいですもんね♪
私は何か弾こうと思ったら、今となっては、まず、ハノンの1番を1カ月弾かないと指が動きませんよ~~(笑)
非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード