「別れの曲は・・・」

chichibi140.jpg


chichibi141.jpg

前栽のツツジの横で休むグレコ。

そのすぐ近くにある小さな石橋の上で眠る茶太郎。

前栽は今、ツツジがたくさん咲いています。
そして、年末あれだけ格闘したにもかかわらず、すごい量の雑草・・・。

ああ、また戦わねばならないのか。やれやれ~~~・・・。



今日の午後、取引先の責任者、Mさんが来られました。
毎月、請求書や家賃明細などをお持ち下さるのですが、
その件と、若干修理個所が発生しているとの報告などがあり、
午後2時にお約束して、来ていただきました。

いつもラグマットの上に正座されるので、
「ソファーに座ってください」と言うと、
「いえ、それだと、上からになってしまいそうなので・・・」と遠慮するMさん。

うちの会社、スペースの関係上、ソファーはお客さん用しかなく、
私も夫もラグの上に正座、もしくは胡坐の恰好で座ることになっているんですが、
元々そちらの方が私は好きなので、勝手に床に座ってるだけですから。

そう言うと、「すみません~」とやっとソファーに座ってもらえました(笑)

約束の時間も常にぴったりです。
1分の誤差もほぼありません。
多分、5分くらい前には駐車場に着いてらっしゃるのでしょうが、
2時と言えば2時に、3時と言えば3時にインターフォンを鳴らされます。
早めについてしまいましたという事は一度もありません。

どうせ、10分前には事務所も門の鍵も開けますから、
次回からは、早めに来ても勝手に入ってもらうようにしましょう。
以前の担当者さんはそうでしたから。


仕事内容の話は30分ほどで終了。
発生しているトラブルに対処するのがスピーディなので、
報告を受けた私も、1つ2つ指示を出したくらいで、
あとはお任せしますで終わりました。

その後、ちらっとツボ庭を見たMさん。
ツボ庭と前栽を仕切る小さな門の前にチーちゃんが居るのを見つけて、
「あ、あそこに猫がいますよ!」

で、あれはお母さんで、子供が4匹いて、去年屋根裏で産んじゃいましたの~と説明。
それ以後の様子もいろいろお話しました。

Mさんは、「猫は良いですね。なんか自然な感じがいいなぁ」と言ってましたが、
ご自身は5年前に、ラブラドールちゃんを癌で見送っているそうで、
まだ骨壺が家にあるとのことでした。

「僕の中では、なぜか七回忌までは傍に置いておこうと思ってるんですけど、もうあと2年しかないんだな、その後どうしようかなって思ってて」

動物霊園なんかもあるじゃないですか?って言うと、どうもそこに納めるのは、ある意味無縁仏扱いにされそうで嫌みたいでした。
ん。確かに、本当にちゃんと祀ってもらえるのか不安がないわけじゃないです、私だって。

「まだ決められないなら、十三回忌まで延ばしたら?」と私。
「まあ、ずっと傍に置いていてもいいかなって思ったりもしてるんですけどね」とMさん。

こういうのって、迷うんですよね。ほんと。気持ちわかります。

そこから、私がこれまで見送った子達の事や、やっぱり骨壺がたくさんまだ家にあることなんかを話しました。

あとは、社会情勢の話に移行。
私は難しい話は全然わからないのですが、Mさんはギリシャの経済が崩壊したことによって何がどうなるのか、色々調べてる時に見つけたネットの記事について、判りやすく説明してくれました。
(書いてる今は、すっかりその内容を忘れちまった馬鹿な私・笑)


そこから、どういう事がきっかけか、もう忘れちゃったのですが(早)、
最近、何のために生きてるのかって考えてしまう事があるという話になりました。

それは私自身が毎日考えてしまう事で、わからなくて朝から泣いてしまう事があると言ったら、
(さすがにMさんは泣かないでしょうが)
「僕もまったく同じ事思ってます」とのこと。

でも、最近読んだ本の中で、なんのために生きるのかって問いに対して、
「命を全うするために生きる、ただそれだけでいいんだ」って事が書いてあったそうで。

だから、死ぬ時に、こんな人生で良かったのだろうかとか、
そんなことは思わなくてもいいんだみたいな。

今、目の前にある事だけを一生懸命やっていて、それで死ぬ時、やり残したことがあるとか、後悔してしまいそうだけど、そんなことはないんだって事らしいです。

端折っていえば「生きてるだけで丸儲け」精神なんですね。

何かほかにやるべきことがあるんじゃないだろうかとか、
こんな生き方は望んでないだとか、色々思ってしまう今日この頃の私。

生きてるだけで丸儲けも納得できるけど、それでも何かしらやっぱり求めてしまうのが人間かなって。

ただ、Mさんは「僕が今ここに居ることも、何かの意味があるはずだし、〇〇さん(私)がここに居ることも何かの意味があるはずです」と言われました。

そう思える日もあるんですけどね。

ん。今はとにかく、猫のためにここに居る。
それは確か。

生きてることそのものを最後までまっとう出来れば、意味のない人生ではなくなる。
すごくシンプルだけど、欲深い人間はさらに何かを探して、求めて、しんどくなるのかなあ。

「僕に今出来ることは、〇〇〇(うちのマンション)を満室にすること。〇〇さんに出来ることは、ピアノを練習すること」

あはは(笑)そ~れでいいの~?

死ぬ時に、「これで良かったんだって思える人生かどうか」って考える事がよくあるけど、
私のこの年(もうすぐ49)でも、すでにたくさんやり残したことがある。
でも、今は、死ぬまでに、1曲でいいから、誰に聞かせても恥ずかしくない演奏を、
ショパンの曲を弾けるようになりたい。
それが出来れば、他にやり残したたくさんの事なんて、どうってことないって思うようになりました。

そう言うと、「いいなあ。僕もそういうものを見つけたいなあ」と。

私より7つ下の方ですから、まだまだこれから見つかりますとも!
私がそう思えるようになったのはまだ最近のこと。
浜松の楽器博物館へ行った事がきっかけで、再びピアノに触れるようになったけど、
それからほぼ4年。その間に、これさえできればあとは後悔しない人生になるかもって思えたのはごく最近。
Mさんだって、これからきっと何かに出会えますともさ。


Mさん、結局、デジタルピアノの購入は諦めた模様。
練習時間が取れそうにないことが一番の理由でした。
そっか~~。残念だなぁ。
いい指してるのに・・・。

その長い指を見てると比べてみたくなったので、
「大きさ比べていいですか?」とお願いすると、
「いいですよ~」と手を合わせてくれました。

うおっ!2センチは違う・・・。

ええ?2センチ・・・これだけあったら、あの曲で苦労してるとこは難なく届くなぁ・・・。

いいなあ。。。ピアノ弾く時だけ貸してよって言うと、
「そしたら、置いていきますわ・笑」だって(笑)

開いたら普通にドから上のミまで届くんだもん。
私なんて、ドから上のレも引っかけないと届かないんだもん。

そりゃ身長が違うしなぁ。

「身長はいくらなんですか?」
「184センチです」

そりゃ指も長いはずだわなぁ。はぁ。羨まし。今から伸びないか?私・・・(笑)


例の大好きな別れの曲は、思い出があるからではなく、
曲全体がもつ雰囲気や音の構成が大好きなのだそう。

ちなみに、演奏で好きなスタイルは、愛情をこめて丁寧に弾いている別れの曲で、
ちょっと早かったり、あまり情緒がなくあっさりしてるのは好みではないとのことでした。

じゃあ、いつか私が弾く時には、その辺りを留意して弾かねば、喜んでもらえないってことですな(笑)



「別れの曲~~~」とMさんがニヤニヤしながら言い出したので、
「難所に取り組んでますが、指使いがまだ体に入らなくて難しいです」と私。

「最初の所だけでも~」とMさん、おねだりが(笑)始まったので、
「まあ、別れの曲というくらいですから、お別れの日が来たら弾きましょうか。その日までに弾けるようになっておきますので・笑」と私。


すると、「え?・・・そんな日は来ませんよ」とMさん。
今度は私がきょとん。

「そんな日は来ませんよね?」と再びMさん。

「え?だって、そりゃいつかはお別れする日が来ますよ、いつかはね」と私。

どういう形かはわかりませんが、いつか管理物件を全部手放した時点で、お世話になることはなくなるから、お付き合いは当然なくなるでしょうし、
本当にこの世からいなくなったら、まさにお別れですし(笑)

「ま、葬送行進曲(ショパンのソナタ)を弾かれるよりは、別れの曲の方が良くないですか?」
という私の言葉に、あははと笑ったMさんでした。


ま、事実、どんな方であろうと、いつかは別れが来るものです。
それまで、楽しく、前向きにお付き合い出来れば私は嬉しく思いますが。

ちなみに、ショパンは曲にタイトルを付けるのを嫌ったのですが、
この別れの曲は、映画に使われ、その映画のタイトルがそのまま勝手につけられてしまっただけのこと。
本来はエチュードの10-3としか書いてありません。


そんなこんなで話し込んでいると、もうすでに4時!
30分仕事して、1時間半色んなお話をしました。




スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

同じ「Mさん」でも。。

家主様、おこんにちは。

ショパンに関する豆知識・・・勉強になります~!
また教えてくださいね。
エチュードの10-3=『別れの曲』ですね?
はい!頭に刻み込まれました!!

Mさん・・・いいですねぇ。
仕事上のお付き合いとは言え、一緒にいて苦にならないどころか、気持ちが落ちつくなんて。
Mさんから癒しのオーラが出ているのでしょうかねぇ。
心優しいお方なんですね、家主様の気持ちに寄り添うように接してらっしゃるのが伝わってきます。
本当にいい担当の方で良かったなって、お仕事では全く関連のないワタクシまでも安堵しております。
・・・スミマセン、余計なお世話で。。
そうそう、同じイニシャル「M」でも弊社の代表ときたら・・・。
先々週だったかな・・・3年ぶりくらいに会ったんですよ!
まぁまぁ、声のデカイ事といったら、もう・・・。
せっまい事務所に響き渡るどころか、2軒隣くらいまでは聞こえそうなくらいの大きな声。
以前は慣れのせいか、何ともなかったのですが、久しぶりにこういうガサツなオッサンと会うと、耳が。。
それでも元気そうで安心しました。
この声のデッカイ代表(顔もデカイ!)が元気でいてくれないとワタクシもお飯食い上げですからね。
弊社の代表「M」とは全くの対極にある「Mさん」ですが、家主様のMさんがこれから先もずっと家主様のご担当責任者であるように願っております。

ところで、ずっと気がかりだったのですが、台風の影響。
大丈夫でしょうか?
さっき和歌山に上陸したと聞いて、ワタクシも落ち着かなくて。
チーちゃん一家にどうか何も影響が及びませんように。
みんなが怖い思いをしませんように。
無事でありますように。
家主様もどうか気をつけて乗り切ってくださいね。
もしも、どうしても外に出なければならない場合などはヘルメット着用で!!
『台風よ、とっとと遥か彼方へとんでけー!消え失せろー!!』
博多から念を送り続けますので!!

ピエールさんへ☆

おこんばんは☆
台風の心配をしてくださって、ありがとうございます。
夕方はかなりの風だったんですけど、もう抜けちゃったみたいで、
今、うちの市は強風と雷の注意報だけです。
植木鉢とか全部軒下に入れたのに(笑)
でも、次のが来てますからねぇ。そいつがどう来るか?
チーちゃん達のこと、私も心配でしたが、この調子なら風が強いくらいでそしょうから、心配はないかと安堵しています。
去年も、台風の暴風はしっかりしのいできた一家ですから。

おお、そうでした!
ピエールさんの会社の代表様も、イニシャルはM!さんでしたね(^^)
あの節はお世話になりましたが、あれ以来お目に掛かりませんので、
お元気とのこと、良かったです(^^)
そうそう、声、結構大きな方でした。思い出しました。
うちの税理士さんが連れて来られたんですよ~。
でも、それがご縁で、今のピエールさんとのお付き合いもあるのだと思うと・・・Mという苗字の方は、私にとっていい意味があるのかもしれません(^^)

うちが管理を任せている会社の、今回の責任者さんは、とにかく嫌なところが1つも見つかりません。
お会いしてからまだ4ケ月ほどですけど・・・
礼儀正しいし、明るいし、仕事はしっかりしてるし、こちらに負担を掛けないようにという心配りがすごくある方ですね。
お話していても、なんとなく~の意味合いで私が言った事でも、
その中に含まれる微妙なニュアンスをちゃんと掴む方です。
感受性がとても豊かなんでしょう。
そうそう、そうなんですよ、寄り添うような気持ちがすごく伝わってきます。
私が一番大切にしているのが、家の財産とかじゃなくて、猫だけだという事も、まったく不思議に思われません(笑)
他の方は、現実問題、猫よりこれからの人生とか、お金とか、財産管理とか、家の行く末・・・そういう物を重視されがちなんですけどね。
「猫の事だけが心配」と言った時、それが一番私にとって大切なものなのだという事を素直に受け取られたような感じでした。深く頷いてらっしゃいましたから。
それと、お返事がすごくいい方です(笑)
この方、不動産関係者じゃなかったら、有能な秘書か執事あたりが向いてそうな感じです。もしくは一流のホテルマンとか。
サービス業にすごく向いてらっしゃいますね。
自分の心はオーナーの方に向いていると、はっきり仰っていましたから、
オーナーが望むように働くことが使命だと、強く意識してらっしゃるようです。
この前お話した際、生い立ちのことも少々出たのですが、
「僕は両親の背中を見て育ちましたので」と。
きっとご両親の教えて来られたことが、素晴らしい内容だったのだろうなと思いました。
人に喜んでもらえるように仕事するって姿勢を、きっと学ばれたのでしょうね。
はっきり言って、今までお世話になってきた他の業者の方も良い方ばかりですが、
しっくりくるという感じでは群を抜いています。
何より、音楽の話が出来るのが一番の気晴らし♪
落ち着いた物腰に、行儀の良さ。ワタクシのお気に入り担当者です(笑)
なんか、安心感がありますね。こういう方だと。
多分、他のオーナーさんも、この方は気に入ってるんじゃないでしょうか。
みんなの信頼も集まって来てると思いますが、この業界、ストレスも多いですから、体には気を付けてもらいたいです。
非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード