長期戦だなぁ。

☆記事の前にご連絡。
↓の記事に鍵コメを入れてくださったゲストの方へ。
メールでのお返事が出来ませんでしたので(私の事情で^^;)、
そちらのブログへ鍵付きコメントでお返事しておりますです。


chichan5_20110829135816.jpg

今日はとてもいい天気。

支払業務で外へ出る日でもあり、いい天気でもあるので、
今日こそは検便へ行ける!と思って、朝一でお宝探索をし、
案の定~(苦笑)のピーピーを掘り起こして、
仕事の前に病院へ行ってきました。

検査の結果では、今回も原因となるものは発見できず。

先生には、3週間前に整腸剤を1週間分出して頂きましたが、
飲ませてる間、そしてその後~今日に至るまでの、判っている範囲内の事をお伝えしました。

まず、毎回全員分がピーピーではないこと。
その都度、ピーピーの数が違う。
それから、たまたま連続して目の前で用を足すのを目撃したことがあるけれど、
1度目はOKなお宝なのに、翌日はピーピーだったことがあること。
ご飯の量などを調節したりしてみたが、それはほとんど関係なかったこと。

これらのことをお話し、回虫がお腹にいる場合、必ずずっとピーピーになるのかどうかも質問しました。
すると、決してそうではないとのことでした。

親子でこれだけピーピーがぐるぐる回ってる感じからすると、
もしかしたら、ジアルジアなど、そっちかもしれないなぁとのことで、
シロップタイプのお薬(1日1度の投与)を5日分出してくださいました。

顕微鏡で見ても、こういう場合だと、相手が透明のため、
排せつされて数時間経つと、動かなくなるので発見が殆ど出来ないとのことでした。
これは、特に媒介するモノが無くても起こるらしいです。
条虫だったら媒介はノミ、壺型吸虫やマンソンなら、媒介はカエルとか蛇なんですが、
そういうのが無くても起こっちゃう。。。やっかいですよねぇ。
環境が左右するのだそうです。
家に入れない限り、防ぐのは無理なんですね。

今まで歴代の庭猫達に、こんなことは起こったことがないのですが・・・。
寄生虫を持っていても、表に出ない子もいるそうですから、
小鉄や佐助達、そのほかの子達はそういうタイプだったのでしょうか。

先生のお話だと、2年かかってようやく下痢をしなくなった飼い猫さんもいたとのことです。

む~もし、これだったら長期戦・・・もしくは難治ということになっちゃいますね。

ただ、そうやって対抗できるようになってくる場合も結構あるので、
生きている間、ずっとピーピーが続くってことでもないそうな・・・。

今回は、一応仮定ではありますが、このように診断して頂き、
薬が効くかどうかで、また様子を見ることになりました。

次回は、目の前で今出した~!ってお宝を持ってきて欲しいと言われました。
なかなか、いつとは言えないですが、新鮮なピーピーを(苦笑)持って走ることに致しましょう。
「何度も検査、すみません~」と言うと、
「いえいえ!大変ですよね」と言われてしまいました(苦笑)

それにしても、今日持って行ったピーピーは臭かったぁ・・・。
自転車の前かご、防犯カバー付けてるんですが、
ピーピーを入れた袋も3重にしてるんですが、それでも漂ってきました・・・。

お薬は全員お昼ご飯で食べてくれました。
シロップだから混ぜやすいです。

chichibi31_20110829135816.jpg

chichibi32_20110829135816.jpg

chichibi33_20110829135816.jpg

薬入りの缶詰を綺麗に平らげた茶トラ、白チビ、やさぐれ。

そういえば、子猫らしいふっくら感がない子達なのですが、
やっぱりピーピーが影響してるんでしょうねぇ。
環境がこれ以上変えられないので、何とか対抗できるようになってほしいなぁ・・・。

と、みんなお昼寝モードに入ろうかという中、あんたは何してはるん?

chichibi34_20110829135816.jpg

へ?

chichibi35_20110829135815.jpg

がじがじがじ・・・もぐもぐもぐ・・・


こら~!箒を食べるんじゃありませんっ!草食べなはれ、草を~~~!!!

こんな余計なものまで齧ってるとなると、回虫、寄生虫以外の心配も増えてしまいますなぁ。
ほんとに、悪戯が多い黒白チビです。

そんな黒白チビ、私がチーちゃんの上の写真を撮っている時、
のこのこと後を付いてきて、様子を見ていました。
振り向いたら松の根っこに黒白チビが居て、顔を覗かせて私を見ていたのです。

この子はだいぶ慣れてきたなぁ。
最近、私の足に前足でチョチョイとちょっかい出すこともありますし。
傍を通ってもあまり逃げなくなってきました。

その様子を短い動画ですが、撮ってみました。



兄弟の中には、必ずしっかり者というか、悪戯好きで活発な子がいるものですね。

あ、そうそう、チーちゃんはもうすっかり自分が「チーちゃん」であると、
自覚するようになってきましたよ。
名前を呼ぶと、反応することが多くなりました。
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは♪
お腹の虫にも色々とあるのですね。
とても勉強になります。
出たてほやほやのブツを採取する・・・成功率が高そうなのは黒白チビちゃんでしょうか。
この動画を観ていたら、黒白チビちゃんなら協力してくれそうな気が勝手にしています。
ピーピーの原因究明はなかなか難しのですね。
でも、あれかもしれない、これかもしれないと試行錯誤と努力の毎日。
一歩一歩解決に向かって前進していますね。
こんなにして貰って、チーズファミリーはなんて幸せなのでしょう。
おお!チーちゃんは名前に反応するのですね。いい感じではありませんか。
おチビちゃんたちにも手術が終わる頃には名前が付いているのかな?

No title

ぷりんさんへ☆

こんにちは☆
そうなんですよねぇ、ほんとにいっぱいあって・・・。
顕微鏡でも見つからないと、そりゃ原因もわかりませんよね(--;)
何度でもトライしてみないとダメなんでしょうが、ほとほと疲れてしまいます。
せめて、猫トイレでしてくれたらいいのになぁ~~最近使用率が殆どなくて、覗くたびがっくりきます(苦笑)
黒白チビですが、大分慣れてきて、すぐ目の前にお皿を出すこともできるようになりましたし、近づいて話すと時折返事もくれるようになりました。
が、なぜか夕べから食欲がないみたいで・・・
今朝も少ししか食べませんでした。お昼も同じ。
元気はあって、蝶々を追いかけて飛びまくってるんですけどね。
飲ませた薬が合わないのかなぁ。
薬が入ってるのを途中でやめて、その後新しく入れたカリカリはちょっと食べましたけど。
少し様子見ですね。
チーちゃんも朝から何も食べませんでした。お昼も出て来ずです。
こういう時って、手の届かない子達だと、小鉄達と同じように世話してやることが出来ませんね。
慣れてきたとはいえ、まだ自分から寄ってきませんし。黒白はまあまあですけど。
病院へ連れていけたら、解決も早そうなんですけど、タイミングがなかなかはかれません。
不妊手術後、うちにいるようなら名前はつくかもしれませんね(^^)
でも、もうこのままかもしれないという気もします。
私自身が、新しくつけた名前より、今の呼び方に慣れてしまってるから、そっちで呼んじゃいそうな気がします(笑)
チーちゃんは、名前を呼ばれると振り向くこともありますし、耳をこちらに向けることも多くなりました。
しかし、いまだにシャーシャー言いますねぇ。名前は覚えても、まだまだって感じでございます~~~~。
非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード