fc2ブログ

よく食べよく遊び。

chichibi18.jpg

 今日の午後の様子。
今朝とお昼過ぎのご飯時、子供達はチーちゃんと並んでいっせいに目の前でご飯を平らげました。
出遅れる子も無かった(笑)

チーちゃんがご飯を待つ姿を子供達に見せることによって、
やっぱり少し距離が縮まった感じがしています。

それが証拠に、今日はなんと、オモチャにパンチしに来ました。
と言っても、臆病な茶トラチビちゃんは遠くから眺めていましたが。
残りの3匹は少しずつ近寄って、おっかなびっくりの猫パンチ。
そして、トトトト!と後退して、また様子を窺って。

玄関から表に出た瞬間は、一応みんな一度はびっくりして逃げるのですが、
すぐに戻ってくるようになっています。
寝ているところを少し近寄って覗いても、
今までのように、蜘蛛の子を散らす勢いで逃げ去る!というほどでもなくなりました。

もちろん、驚かさないように気はつけていますが。

先週1週間ぎっくり腰で表に一切出られなかった夫の姿を、
先ほど久々に見たチビ達。
最初の頃の逃げっぷりを披露してくれました(笑)
だだだだだ~~~!どどどどど~~~!
一瞬でみんな居なくなりました。

そりゃ、毎日ご飯をあげてる私だって、
目の前で遊んでくれるようになるまで2週間ほどかかってるんだもの。
3日もすれば忘れてしまうような子猫ちゃん達だから、
1週間のご無沙汰でした!では、振り出しに戻る・・・ですね。

そうそう。屋根裏から庭に降りて丁度2週間です。




よく食べて、よく遊び、よく眠る。
何の苦労も要らない状態のチーチビ達。

さて。これからどうするのかな?
チビ達とチーちゃんの今後については、彼女達の自主性に任せることにしています。
独立するならそれもよし。居残るなら面倒は見られる間は見ましょう。

残念ながら、里親さんを探す準備をすることが、もう我が家では無理そうです。
家の中に入れての世話そのものが出来ません。
里親さんを見つけるまでの間、野放しにしておくのはよくないでしょ?
ある程度のしつけ、病気に対する予防など、出来ることをして募集をしないといけません。
それには、家の中での世話が不可欠になるかと思われます。

また、里親さんを探す考えで、そうしたとしても、見つからない可能性がありますから、
そうなると、そのまま家の中での世話を・・・。
それが今後十数年必要になることを考えると、出来ない。というのが私の結論です。
グレ達の時も、一応その考えでいましたが、里親さんは結局見つからず、今に至ります。


小鉄たちのように、庭で生活するのは、ある時期までは可能でしょうが、
家の状態によっては、途中でそれも無理になるかもしれません。
小鉄たちが生きた時代は、我が家にとってもまだ良い状態でした。
でも、今後はどうなるか、本当に見えないのです。
家、庭、もろともなくなるかもしれません。
その時、彼女達を連れて行ける場所があるかどうかもわかりません。
連れて行けるなら連れて行くつもりですが。


その時彼女達がみんな庭に残っているのかどうかもまったく見えませんけど、
面倒見られる間は・・・と思うだけです。

それでも一応募集をするべきでしょうか?
ただ、庭の楽しみを知ってる子が、途中から完全室内飼いになるのはストレスもありますから、
折り合いが付かない場合があるだろうと思っています。
知らない所へ貰われて、お外に行きたいから出してやったら帰ってこなくなった。
よくある話です。
完全室内飼いが可能な子にするには、やはり今の段階から家の中で世話をすべき。
そう思います。
でも、それが出来ない。お外暮らしのまんまの里親募集になります。

そして、この場合、里子に出すことイコール必ず幸せ・・・とは言えないのかもと思ったりもします。
チーちゃん達の場合、どんな環境で暮らすのが幸せなのか。
こののびのびした様子を見ると、ものすごく悩んでしまう自分がいます。
必ず家の中で面倒見る!と言えなくなった今の我が家。
無理をして家の中に入れても、満足に世話が出来ない。
空いてる部屋は箪笥部屋のみ。この1室に5ニャンズは可哀想です。
日当たりも悪いし。
なら、出来る間は庭でこのまま・・・と思ったり。
今から貰ってくださる方がいらっしゃるなら、家の中に入れようかとも思いますが、
アテもないのにな・・・。やっぱり難しい。

なんだか迷いが一杯あって、上手く書くことが出来ません(^^;)
とりあえず!不妊手術とワクチン、駆虫などは手を打たないと。

昨日の夕方、ぽんちゃんが久々に巡回に来ました。
最近は前栽へ回ることが減ったみたいで、グレとの遭遇もありませんが、
見ていてびっくりしたのは・・・。
チビ達が駆け寄って行ったこと。
で、ぽんちゃんが横になってる傍に行って、
小さいくせに目一杯体を大きく見せて威嚇していました。
でも、ポーズは威嚇でも、明らかに遊んで欲しいって感じでその後は纏わり付いてたので。

ぽんちゃんの去勢も最後に視野に入れていこうと思います。
その前に、やっぱりチーちゃんかあ。

明日、病院へ電話して、捕獲・手術の段取りの相談をしてみようと思います。
手術予定日を決めても、その日に捕まらないことがありますし、
捕まった日に手術をしてもらえるのかどうかも、病院の都合によります。
私としては、そうして頂ければ・・・夜間であっても別途料金は厭いませんから。
捕獲したチャンスを無駄にはしたくありません。
その後の数日入院も必要でしょうしねぇ。

メスの野良猫さんの不妊手術って、術後はどうしてるのでしょうか?
家猫さんなら、抜糸が必要なら2週間後に病院に行ったりしますが、
野良猫さんの場合、また捕まえていくのか?
それとも、もう来なくていいようにしているのか?
それなら、傷口が開く心配とかどうしてるのか?
ん?完全なる野良さんの手術をしたことがないので、
いざ考えてみると、わからないことがあります。
男の子はどっちみち、1日入院で済みますからあまり心配はありませんが。
スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

わぁ。この仔たちを1日中眺めていたいです。
すっごく癒される光景ですねぇ。(#^.^#)
なんか仔猫たちも大きくなりましたよね。
この子達の将来…確かになにが一番この子達にとって
幸せな事なのか??迷いますね。
私も野良の仔猫を見たときに時々考えます。
この仔を私が一生面倒見る!!って…どうだろう??できるだろうか?
ちょびとの相性とか別にして、
責任を持って…ちゃんと育てられるのか??って。
家主さんが言うように1.2年って訳じゃないですもんね。
こういう問題を考えてもいつもちゃんとした答えには
辿り着かないんですよね。

てんさんへ☆

こんばんは☆
毎日少しずつ、本当にほんの少しずつだけど、
私が傍にいることが平気になってきたような気がしています。
もちろん、どうかすると逃げますけどねぇ(笑)
このままだったら、私も特に心配はしないんだけど、
どうしても今後のことね。考えてしまいます。
私ね、小鉄や佐助など、庭猫を色々世話してきたでしょう?
庭猫生活を存分に満喫した子達を見ると、
家の中じゃ無くったって、そっちの方が幸せだったし楽しく過ごせて良かったねって素直に思うんです。
それは、この庭があってのことなので、野良さんではなかったし、先代から血が繋がってきた子達で、一族郎党暮らしてきましたから。
でも、この環境がいつまで保てるか判らなくなった今、
どうすべきなのかなって迷うのです。
今、こののびのびした生活を無理に断ち切ることが良いのかどうか。
子猫達だったら環境に順応できるでしょうが、チーちゃんは無理でしょうね。
でも、里子に出すにしたって、家の中での教育が出来なくなったので、結局庭で世話を続けるしかないという感じです。
里子に迎えるから!と手を挙げてくれる人が見つかるまで、家の中でってのも無理なのです。
その間、たった1室に閉じ込めるなんて、私自身が今のこの子達の楽しそうな毎日を見てると、出来ないですね。
すでに里親さん候補がいれば、また別の話ですが、野良の子供のまんま貰ってくださる方はなかなか・・・。
私がもし今後出来ることが他にあるとすれば、
この土地を守ることくらいですが、
それも世の中の景気に大きく左右されるので、頑張れば出来る!ものでもなくなりましたし。
自然に、庭で過ごして、自然に生きてもらうしかないかもなぁ・・・。
非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード