予期せぬ病気。

sandy69.jpg
(2009年12月撮影)


今日、あまりにも辛いことが起こりました。


午前中早目に仕事を終えたので、3ヶ月遅れているサンディのワクチン接種と、
定期的に行っている血液検査のため、病院に行きました。

何もなければワクチンを・・・と先生とお話して、
血液を採取し、結果が出るまでの間触診をしていただいていたのですが、
先生の顔が怪訝な表情に変わりました。

腎臓の辺りに何か異様なものを感じる。

そこで、気になるのでエコー検査をしてもらいました。

サンディの腎臓は、普通の猫よりはるかに大きくなっていました。


今まで腎臓の数値は正常値をはみ出たことがありませんでした。
血液検査は、肝臓の数値が高かったため、そのチェックをする必要があって続けてきたのです。

腎臓・・・腎不全・・・高齢の猫にはかなりの確率で起こる病気です。

しかし、実は腎臓が大きくなる原因は、癌の場合もあるのです。


そこで、かなり悩んだのですが、組織を採って検査をしてもらうことにしました。

腎臓に針を刺して採取し検査するのだそうです。

もし、ちゃんと針をさせなかったら危ないので、万一の時には麻酔が居るとの事。

とにかく、何が原因かは知らなければいけないと思い、検査をお願いして家に帰りました。
夕方お電話して検査が無事済んだこと、麻酔は必要なく出来たことをお聞きしました。

そして、夜の診察時間に迎えに行って来たのですが・・・。


猫には珍しいらしいリンパ癌の可能性が非常に高いと言われました。

まだ全部のチェックが終わったわけではないそうですが、
今の段階で、それを裏付ける所見がいろいろ見つかったそうです。


予後が良くないので、急激に悪化することもある。
抗がん剤治療になっていくが、効果が見られるリンパ癌と、そうでないものがある。


サンディはここ3日ほど、あまりご飯を食べませんでした。
そのせいもあって、体重が少し減ってはいたのですが、
癌になってるなんて、どこをどう見たら?と首を傾げたくなるくらい、
普通に生活してきたのです。

ほんとに急なことで、まったく信じられませんでした。


16歳は高齢ですし、腎臓に何らかの異常が出てもおかしくないから気をつけておかないとと思ってましたが、
まさか、リンパ癌の疑いを言われるなんて、思ってもみませんでした。

リンパ癌には、いろんな形があるようですが、サンディの場合、もしそうなら「腎型」というものになるのでしょう。
これは家に帰って、動物の医学書でチェックしました。


明日また、先生から最終的な診断結果をお聞きすることになっています。

たとえそう診断が下っても、抗がん剤でコントロール出来て、
出来るだけ楽しく過ごせるようであってほしいです。



サンディは、20歳までは生きて、旅立つのは老衰で。
私はそう決めているのです。
このまま病気で駄目になっていくなんて考えたくもありません。

抗がん剤が効かなかったら・・・何も手立てがなくなったら・・・
その時のことも考えておかねばならないでしょうが・・・。


4月に佐助を亡くしたばかりの私に、今回のことはあまりにも辛すぎます。

何をしてやればいいのか。何が出来るのか。


特にサンディは私の相棒。私と一心同体。それくらいの存在です。

だから、きっと癌であってもコントロールしてくれる。
その力があるはず。運を持っているはず。

そう信じて一緒に闘っていくしかないのでしょうね。


食事は腎臓の負担を下げるために、腎臓用の療法食に切り替えてみることにしました。

今日は朝から夜まで点滴をされたり、レントゲン、腎臓からの組織採取などで疲れたのでしょう。

帰宅してから、カリカリを少しつまんだだけで寝ています。


これからは、仕事と買出し以外、家を空けないようにしたい。そう思っています。

婦人会の用事を言われているのですが、もう脱会しても構いません。
お手伝いに借り出される時間が惜しいのです。

何を言われてもいいし、理解してもらわなくても構わない。
私にとっては大切な時間を、他で取られたくありません。

もともと名前だけという条件で入っているのですから。
私の心身が大変不調だと、夫から言ってもらうことも考えています。
正直、心療内科に通いたいくらい実は色々ありすぎて参っています。
その心身の均衡を、精神の安定をはかるために弾いているショパンも、
もう弾けないかもしれません。


今朝も、朝起きてすぐに庭に散歩に行ったサンディです。

癌を抱えているなんて見えません。

何かの間違いであってほしいのです。

でも、腎臓の数値がほんの少しですが、高くなってきてるのは事実。
これが今後、どういうペースで上がっていくか、気をつけなければなりません。

多分1週間後にも、また採血して検査することになると思われます。


たった一つだけ良かったことは、肝臓の数値がまったくの正常値になっていたことでした。
これまで100台半ばを行ったりきたりで、
これ以上変化は見られないだろうから、サプリメントも食事療法もせず、
普通に生活して様子を見てもいいかもしれないといわれ、それから10ヶ月ほどたちますが、
変化が見られないどころか、完全なる正常値になっていたのです。

肝臓だけでも良くなって良かった。そう思いました。


さあ、サンディ。おかあちゃんと一緒に闘って行こうね。


そして、出来うる限り楽しく暮らして行こうね!!



スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

家主さん、なんと言ってお声をかければ良いのかわかりませんが・・・。
まだ、癌だと決定したわけではないのですよね?
もし癌であったとしても、サンディちゃんの負担が少ない方法があるはずです。
ただでさえお忙しい家主さんは、もっと大変になるかもしれませんが、ここは踏ん張りどころです。
サンディちゃんには家主さんの気持ちが通じています。
おうちに伺ったときに感じたのですが、家主さんとサンディちゃんは本当に似ているんですよね。
サンディちゃんのために、そして家主さんご自身のために、気持ちを強く持って下さいね。
なんの役にも立てませんが、応援しています。
そして、検査の結果ができるだけ、症状が軽いものであることをお祈りしております。
誰かに思いっきり愚痴が言いたくなったら呼んで下さいね。
お茶とケーキを持って駆けつけます。

我が家の先代のせな、やまとを思い出さずにはいられません・・・
猫はかなりの確率で腎臓をやられます。食欲が落ちておかしいなぁって思い検査を受けたら数値が標準以上だった・・・
だから今でも文太やむつや小鉄がご飯を食べなかったりすると身体が悪いんじゃないかと疑わずにいられなくなる・・・トラウマですね。
せなとやまとには四六時中見守ってあげれば発症も抑えられてもっと長生きできたのに・・・とか後から色々考えたりもしました。
それは家主さんと同じように単なる「飼いネコ」という位置づけではなく人間と同じ家族の一員としての意識です。
だから人間の営みや付き合いを制限してでも猫に尽くすお気持ちは痛いほどよくわかります。
これからは治療しながら数値やご飯の食べ方に一喜一憂することになると思いますがサンディさんがこれ以上悪くならずに回復されることを心から祈ってます。

うさぎさんへ☆

おはようございます☆
応援ありがとうございます!心強いです。
昨日戻ってから、やっぱり疲れたのでしょうね。
少しだけカリカリを食べた後、オチッコをして寝てしまいました。
腎臓に針を刺したので、血尿が見られると思うと言われていましたが、
それは殆どなく、出血は止まったみたいでした。
今朝は、いつものように庭に出て、気に入った場所で寝ていたので、
さっき連れ戻して、腎臓用のご飯を5分の1ほど練って給餌したところです。
肝臓用に与えていたid缶よりは美味しそうな匂いでしたが、
自分からは食べないので。。。やっぱり療法食には変わりないんでしょうね(^^;)
それが済んだら、またもとの場所に行って寝ています。
気候も落ち着き、外で過ごすのも心地よくなってきてるので、
サンディにとっては心落ち着くひと時なのでしょう。
今まで通りこんな風に生活させてやれるよう頑張ろうと思っています。
ただ、ワクチンが打てなかったので、うっかり風邪を引かないように気をつけなければなりませんけど。
夜は結構寒くなってきましたものね。
抗がん剤の治療は、注射の場合もあるし、投薬の場合もあるそうで、
注射の場合は確か、預けなければならないように聞きました。
注射と投薬と組み合わせていくそうです。
負担が少ない治療を私も望んでいます。
抗がん剤の副作用についてもお尋ねしましたが、
人間ほど強い副作用は出ないのだとか。
人間の場合は、延命のために使用するため強力だけど、
動物の場合は症状を緩和するためなので、そんなに強い薬ではないのだそうです。
ただ、やっぱり注意は必要なのでしょうね。
上手く作用して、サンディが快適に暮らせるといいなと、切に願っています。
まだ先生からの電話が無いので、わかりませんが、
お電話があったら、私だけ、もしくは必要に応じてはサンディももう一度連れて行かねばなりません。
今日は1日自宅待機です。
よくにた検査結果だけど、違う病気・・・治る病気であってくれたらと今ももちろん思っています。
サンディが癌になるはずがないと思う気持ちもあるし、
もしそうだったとしても、このまま負けてしまうとも思えません。
なんだかんだ言っても、サンディは強い!そう思っています。
こんな状況なので、みちこママさんが新装開店された時もうかがえる状態にあるかどうか不明なのですが・・・
はい!泣きたくなったらうさぎさんに来ていただきます(笑)
お心遣い感謝です。ありがとうございます。
(私とサンディが似ていると仰ってくださったこと、とても嬉しく思います☆)

よっちゃんさんへ☆

おはようございます☆
応援ありがとうございます!
そうなんですよね・・・今後の状態が出来るだけ酷くならないよう、
一生懸命世話していこうと思っています。
腎臓に関しては、この年齢では驚くほど正常だとこの前まで言われていたサンディなので、
まさかそれが、リンパ癌の疑い濃厚と言われることになってるとは、
当然思いもしませんでした。
今日のお電話で、多分確定診断されるのだろうとは思っていますが、
そうであったとしても、サンディに負担が少ないように色々考えながら治療を受けていきたいと思います。
ご近所付き合いも、こんな事が起こるとは思ってなかったので、
一応名前だけでいいなら・・・と入ったものの・・・
結局、打ち合わせに顔を出して欲しいとか言ってこられるので、
手伝えることだったらと、承諾したのですが、
それもこの状況になる前の話だったので、それとなく夫から理事の方には、手伝える状況に(心身共に)ないくらい疲労がたまってきているようなので、抜けることを考えているみたいだと言って貰うことにしました。
今日、村の草刈があって、その後食事会があるんですよ。
その時、先方の方とご一緒するようなので。
また私の気持ちは、後日理事の方には直接伝えようとは思っていますが、
まずは人づてで・・・と(^^;)
私もあまり角が立つような言い方はしたくないのですが、
今の精神状態だと、角が立つように断ってしまいそうで怖いのですね。
間に誰か入ってくれたほうがいいと思って、そうしました。
私がこうしたいと思う気持ちをご理解くださってありがとうございます。
家族ですもの。他の人には猫でしかないのでしょうが、
私や、ここに来て下さる皆様にとっては、猫達は家族ですものね。
どうしても付き合わなければならない義務(村の仕事)ならさておき・・・
強制でも義務でもない物に関しては、緩々とご遠慮申し上げようと思っております。
看護とか、通院とか、当の猫と同じくらい人間も疲れがたまります。
自分も労わりつつ・・・だと、どうしても何もかも今まで通りにこなしていくことは不可能になりますしねぇ。

よっちゃんさんの思いも私もよくわかります。
もっと目を配っていれば・・・って、私もこれまで何度後悔したことかわかりません。
精一杯やってきたつもりでも、何かが抜けていたに違いない。
そう思ってしまうんですよね。
その繰り返しはしたくないと思っているにも関わらず。。。

頑張りますね。祈って下さってありがとうございます!

家主様、絶対絶対サンディ嬢は頑張ってくれますよ!!
自力で肝臓をもとにもどしたくらいですから!!
自力でそんなすごいことできるのはサンディ嬢だからこそ。
そして家主様がそばにいたからこそ。
きっと何がやって来ようと跳ね退けてくれるはずです。
今から東に向かって毎日ことある度にサンディ嬢の健康と20年達成を祈ります。ワタクシ、サンディ嬢にお目にかかれるのを楽しみにしてるんですよ。
だから四年後まで絶対元気でご機嫌さんでいて頂かなければ!!
だからだからがんばれ!!
きっときっと大丈夫!!

ピエールさんへ☆

こんにちは☆
力強い応援と祈りをありがとうございます!
ピエールさんもピエール坊やのために試行錯誤、本当にいつも頑張ってらっしゃいますよね。
私も見習って頑張らねばと肝に銘じております。
肝臓の数値に関しては、ほんとに予想もしてないくらいでした。
相変わらずかもしれないな~と思っていたので・・・。
でも、腎臓が大きくなってるとか、リンパ癌の疑い濃厚だとか、
もうびっくり仰天でした。腎臓の数値も10ヶ月前までは政情だったのに。
食欲も数日前まではしっかりあって、何も変わるところがなかったのですよ。
まだ先生から電話がありません。午前中に頂けるのか、夜になってしまうのか・・・。
出来れば、今日はサンディは家で休ませてあげたいのですけどね。
近いうち、連れて行かねばならないことは承知してますが。
私も、上手にコントロールして、徐々に安定を見せてくれて、
数値も以上に跳ね上がることなく、維持できてくれればと願っています。
サンディにはその力があるような気がしています。
そして、老衰が先に来ることを願っています。
ピエールさんとサンディが会えるといいなと、私も思います(^^)
それまで、今の生活を続けていけるよう頑張りますね。
ありがとうございます(^^)

こんにちは。
お辛いお気持ち、お察しいたします。
癌であっても、そうでない病気であっても、あまり辛くない治療で治りますようにお祈りしています。
心をこめて強くお祈りしています。
サンディちゃんには、うんと長生きしてもらわなくては。
家主さんの健康状態もとても心配なところですが、ここはサンディちゃんの為に頑張らないといけない時。
ご主人様やお母様の力も借りて、どうか乗り切って下さいね。

ぷりんさんへ☆

こんにちは☆
祈って下って感謝いたします。
午前中、先生から電話がありませんでした。
土曜日なので診察がかなり混んでいたのでしょう。
夕方の診察までにお電話がまだなければ、こちらからしてみようと思います。
サンディは2回強制給餌をして、相変わらずお気に入りの場所に行って横になっています。
部屋の中にはいたくないようで、庭でのんびりしています(^^;)
癌は、小鉄が骨髄性白血病で看護を経験しましたが、
あれとはまた種類が別ですしねぇ・・・。
きっと上手にコントロールしてくれると信じて頑張ります。
食欲は今日も無いみたいなんですけどね。疲れているのもあるのかもしれませんね。
精神的にも負担を増やさないようにしてあげたいです。
とりあえずは、先生とのお話の後・・・
癌と診断しての治療が始まるのかどうか。
実は違う病気で治りますよという可能性があるのかどうか。
すべてはこれからだと思っています。頑張りますね(^^)
非公開コメント

 いらっしゃいませ
ステップファクトリー
stepfactory
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード