FC2ブログ

1800日。

sandy43.jpg

ミケネコ 昨日からオムツのテストをしているサンディです。
そういう時に限って粗相はなし(笑)

sandy44.jpg

姐御、衝撃のオムツ画像~~!
って、そんな大げさには考えてはおりません。
老齢による自然現象であろうという結論が出たのですから。

一昨日、病院から戻って、オムツを買いに行きました。
前にも書きましたが、サイズを間違えていたようなので、
他メーカーのワンサイズ上のSサイズでお試し中の画像です。

でも、紙が薄い・・・
尿取りパッドの部分はしっかりしてますけど。

本猫は、初めてオムツを付けられた時、
尻尾を穴に通されるのが嫌なようで、クネクネと尻尾を動かすので、
すぐにスルリと抜けてしまって苦戦しました。
テープを張る位置も、私自身がなかなか良い位置を決められなくて、
やってもやってもズルズルとずり落ち・・・
でも、テープの位置を、指定されてる場所より下に向けて張ると、
ズレ落ちることはなくなりました。
お腹周りは、指一本が入るくらいの余裕がありますが、
きつく締めるとよくないので、ちょうどいいのでしょう。

今日になると、さすがにサンディも心得たもので(笑)
何も嫌がらず、尻尾を穴に通させてくれて、
形を整えるのに立ち上がらせても、文句を言いませんでした。
そして、付けたまま大あくび。
かと思うと、スタスタと部屋を歩いたり、コタツの中でまったり寝ていたり。
付けてることに不快感はなくなったようです。
案外慣れるのに早かった(笑)
良い子で助かります。

サンディにオムツを付ける実験はうまくいきました。
あとは、どれほど吸収がしっかりされるかという事ですね。
これは、まだ実際に、サンディがオムツで用を足してないので未確認。
一度、サンディのオチッコの量と同じくらいの水を含ませて、実験しておこうと思っています。
腎臓の数値に異常はまったくないのですが、
オチッコの量が多いのです。
容量オーバーは・・・困りますものね。
それと、買った時に、どんな感じになるのか、少し水をたらしてみたのですが、
表面はびちょびちょでした。
もちろん、中にはしっかり吸収されるのですが、表は濡れてます。
これって、サンディのお腹周りの毛に付いて、気持ち悪くなるのでは?と気になります。
オムツの中にオチッコをしてくれるのはいいのでしょうが、
その後、結局部分的にシャンプーなり何なりしないといけないのではなかろうか?
オムツは使ったことが無いので、その辺がよくわからない私です。
毎度そんな事をするようになったら、双方共に大変です。
そんな事は一切ないのでしょうか?
ちょっとその辺が気になったので、
女性用ナプキンで、吸収されたものが肌に付かないという商品を買ってきて、
オムツの中に仕込んで付けてみました。
モコモコ感はアップしますが(笑)
サンディがNGを出さなかったので、これもアリか?と。
戻らないといっても、どの程度なら・・・?という疑問があるので、
これもまた実験しておこうと思っています。


さて。前置きが長くなりました。

サンディが年齢を重ね、老齢による老化現象が出てきたことで、
私自身、考えることが増えました。

皆さんもご存知でしょう。
猫は、人間の4~5倍のスピードで年を取ること。

私が習ったのは、1年目は20歳年を取る。
その後は、人間より5倍年を取ると。
私たちが1年過ごす間に、彼らは5年過ごすことになりますね。
計算方法は他にもあるようなので、きっちり5年とは言えませんが。

私は今まで、年単位で、感覚的に捉えておりました。
でも、これをもっと細かくして考えると・・・
365日過ごす間に、彼らは1825日過ごしていることになりますよねぇ。
キリの良いところで、1800日と致しましょうか。

じゃあ、1ヶ月30日として、その間に彼らは150日過ごし。
私たちの1日は、彼らの5日に相当する。

明日やればいいや。
そう思って1日経つ間に、彼らは5日過ごしていますよね。
計算上では、単純ですがそういう事になります。

そのスピードで年老いていくんですよね。

私たちの1年後。
私たちにはよほどのことが無い限り、とんでもない事は起こってないだろうと思います。
でも、私たちの1年後は彼らの5年後に相当する。

また人間の5年後って、何かしら起こってるかもしれない年月の長さだと思います。
そして、人間の5年後は、彼らには25年後にもなる。
25年後の私たちはどうなってると思いますか?

同じ時計の針を見て過ごしているのに、
彼らの体は違う時計を有しています。

若い猫達には、こういう考え方は私もあまり当てはめません。
高齢の猫に対しては、1日1日がより一層貴重な時間になるのだと、
こういう風に考えた時、思い知らされます。

人間の時間に換算して考えるのは、意味が無いかもしれませんが。
決して自分と同じ時間の長さで生きていられる者たちではないということを、
今回の事を通して、つくづく考えてしまった家主でした。

だからと言うわけではありませんが。
私たちも、1日1日を一生懸命生きなければ罰が当たる。
そして、愛する子達のために、その時出来る事はしてやろう。
そんな風に思います。
スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

遂に ! サンディちゃんオムツか !

遂に!! 出ましたか! サンディちゃんのオムツ映像!
でも、あまり違和感感じませんね。
それというのも、前に書きましたが友達の家に居た
マルコという猫ちゃんのオムツ姿を見ているからだと思います。
その時も、違和感よりも意外と可愛い(笑)と思ってしまいましたから。
それに、マルコちゃんも全然嫌がらなかったそうです。
常時つけているのではなく、時に応じてつけていたみたいです。
サンディちゃんも活動している時は、つけなくて大丈夫でしょう。
問題は休んでいる時、寝ている時ですよね。
家主さんも、初めて経験される事が多くて大変ですね。

猫と犬は大体同じ時間の移行ですが、生きている全ての動物は
それぞれ時のサイクルが違っていますよね。
誰が、そんな割り振りをしたのかしらと不思議に思ってしまいます。
存在したとしたら、神様でしょうか!?
人間よりも長い時を過ごす動物もいれば、短い動物もいる。
それぞれの時を、幸せに過ごせる事がいかに難しいか
それは、人間が一番感じていることではないでしょうか!

今を賢明に、時を大切に過ごして行こうと思っても
なかなか、苦しい事は後回し、嫌な事は見てみぬふり
明日があるわと思ってしまう怠惰な私です。

nekobociさんへ☆

こんばんは♪
こちらにもコメントをありがとうございます☆
これが今のありのままのサンディです。
と言っても、マルコちゃんと同じように、時に応じて使用する考えでいますよ。
常時つける必要は、まだまだ無いはず!と信じております(^^)
仰るように、寝る時、外出する時が一番気になりますが・・・
今のところ、私が部屋にいる時にしか付けていません。
あくまでも、まだ試験段階で、1日1時間ほどの着用に抑えています。
毎日1時間ほど付けてもらって、オムツがすっかり馴染むのを目的に。

サンディは私にとって初めての高齢猫なので、
体験したことのない事がこれからもどんどん起こるような気がします。
病気の介護は年齢に関係なく、これまで沢山経験してきましたが、
高齢による症状の介護的な事ってやったこと無いですから。
猫によっては徘徊も起こる子がいるそうです。
粗相はまだマシでしょうね(^^;)
サンディにこれ以上老化現象が出ないことを祈りたいです。

神様は色んな動物をお造りになり(聖書によれば)
それぞれの命の期限も持たせたのでしょうね。
よく考えてみると不思議ですよね。
なぜみんな同じ命の長さじゃないのかって。
医学的に言うと、大きな動物は心臓も大きいので、
その分鼓動もゆっくりで心臓を酷使しにくいから長生き。
小さい動物はその逆で、心臓も小さくて鼓動も早いから、
傷むのが早くて寿命が短い。
そう聞いたことがあります。
そう言われると、ネズミ系の子達とか早いですものね。
そして、きっとストレスも心拍数を上げて、心臓を酷使してしまう一因になるのかも。
人間も動物もストレスはやっぱり大敵ですねえ。
のんびり、ゆったり。みんなそうやって過ごせたら一番幸せかなぁって思います。
難しいんですけど(^^;)

おはようございます♪
あら、サンディちゃんの可愛いオムツ姿。
猫ちゃんのオムツってこんな感じなのですね。
お店でもまだ見たこと無くて、もっと上のほうまで包み込むものなのかなぁと思っていました。
なによりサンディちゃんが嫌がることなく着けてくれているのが良かったですね、
偉いな、サンディちゃんは。
家主さんがしてくれることは、どんなことでも自分の為を思ってのことと解っているのかも知れませんね。
ナプキンなんかどうかなと私も思っていたのですが、家主さんと同じ考えだったのが何だか嬉しいです。
これで洩れたりベタベタしなかったらいいですね。
他の子たちは、サンディちゃんのオムツに興味を示しませんか?

時計の針の速度の違い、私はハムスターと過ごした2年9ヶ月の間に身に沁みて感じました。
短い生涯と自覚しているのでしょうか。
ちょこまかちょこまかと毎日を一生懸命に生きていました。
赤ちゃんの時に怪我して手術を受けた後の回復の速いこと。
獣医さんからは、反対に悪化する時も速いですよと言われました。
その通りですよね。
ジャンガリアンとしては長生きしてくれましたが、最期の10ヶ月間は病気で。
人間にすると25年間も・・・凄いですよね。
小さな動物から学ぶことは多いです。
本当に一日一日を大切に過ごさなくてはいけませんし、今しないといけない一番大事なことが判っていないといけませんね。

なんてイイ子なのでしょう!!。

家主様、おはようございます。

まずはサンディ嬢、粗相の原因が判明して本当によかったです。
お散歩が欠かせない日課のいつまで経っても若く美しいサンディ嬢ですが、やはり『年齢』には逆らえないと言うか・・・自分も含めて・・・体は嘘をつかないんですね。
それでも腎臓にも問題なく、体重も増え、何よりもGPTがお薬(サプリ)なしで下がっていたとは・・・本当に素晴らしい事で感動しました、本当に。。
ストレスを感じることなく、日々を過ごしている事の現われですよ。
家主様がいろんな事でサンディ嬢を支えて『如何に快適に過ごせるか。』と努力してらっしゃるからですよ。
サンディ嬢に限らず、佐助坊のことにしても春夏秋冬で佐助坊が過ごしやすいように、負担にならないようにものすごく努力してらっしゃる姿が文面から伝わってくるんです。
ライス嬢のことも、グレ坊に素敵な椅子を譲られるお姿も・・・書き切れないほどありますが、本当に大きな愛を感じます。
お忙しい日々の中でもそうやって分け隔てなくみんなに愛情を注ぐ姿、ワタクシもいっぱい見習わなければとシミジミ感じております。

そうなんですよね~、ヒトにとっての1年は猫にとっての5年。
いつまで経っても子猫のお顔で性格もほとんど変わらないものだから、思わず『自分=ヒト』に当てはめて考えてしまうんですよね。
ましてや子ねこの時からずっと一緒に過ごしてきたのだからコドモ同然、いや我が子以外の何ものでもない!!
家主様の中でもかなりの『葛藤』があったと思います。
頭では理解できて年齢の換算も出来るんですが、感情、心の方がなかなかそれを認めようとしないんです。
ピエも8歳でもう充分"オッサン"なんて・・・認めたくなくても事実。
オッサンからそのうちおじいちゃんになっていくのです。
オヤひとり猫息子ひとりだけの生活なので、毎日ベッタリで生活してはおりますが、家主様の今回のお話を読ませていただいて
「これからも1日1日を大切に過ごしていこう。」
と改めて思った次第です。
毎日が宝物、1日1日が宝物ですからね、自分だけでなく相手にとっても。

そうそう、コレを言いたかったんだ!!
『サンディ嬢、オムツを嫌がらずにはいてくれるとは・・・本当にイイ子の鏡ですね!!偉いよ!!』

ぷりんさんへ☆

こんにちは♪
あはは。案外似合ってます?私は付けるまで、どうかなぁと思ってましたが。
一応、絵も入ってるんです。
何の変哲もない無地のオムツなら、私が何か下手っぴな絵でも描いてあげようかと思ってましたが(笑)
四足で歩いてる時は、Sサイズだと結構上の方まで丈がありましたよ。
座るとこんな感じになります。
私ももう少し上まで包み込めたほうが安定感があると思います。

人間ようのナプキンは開発もドンドン進んで、
そりゃまあ色々出てますよね☆
どれがいいか迷いましたが、ナプキンと、このオムツの尿取りパッドの2重なら、漏れはないか・・・?と期待したいところです。
まだ本猫は用を足してないから確認できませんが。
明日にでも、実験してみます。お水をドシャー!と垂らして(笑)
サンディのオムツ姿、あんず辺りがちょっと気にしてましたが、
それもものの数分。あとは知らん顔ですよ(^^)
興味が湧きすぎて食いついたらどうしようと思いましたが、大丈夫です(笑)

ハムスターは寿命が短いですよね。
私の東京の友達も沢山一緒に暮らしてましたが、
看取るたびにメールをくれました。
とても辛かったと思います。
この前、あの子を亡くしたのに、今度はこの子が・・・と。
短い一生だから一生懸命生きてるのかも・・・そうですよね。
生きてる間にしなければならないことを、みんな抱えているのでしょう。
10ヶ月が25年に相当する・・・すごいですよね。
人間なら、グダグダしてる間にあっという間に経ってしまう10ヶ月が。
その間の闘病、本当に頑張ったのですね。

今、出来ることが何なのか、すぐにわからない事もありますが、
一緒に暮らしてる間に、出来る限り後悔のない生活をと思います(^^)

ピエールさんへ☆

こんにちは♪
ピエールさんからのコメントのお陰で、
先生にお電話するきっかけになり、感謝しております(^^)
膀胱の神経の異常とか言われると、ギョギョ!っとしてしまいます。
老齢のせいだろうと思ってるといけないんだ!と思い、
月曜日に病院へ飛んで行きました(^^)
血液検査に関しても、おかげさまで今回は心配ごとなし。
肝臓に関しても、療法食だけで様子を見ましょうと言って頂けたので、ほっとしました。
サンディは散歩に出してやりさえすれば、ストレスがかからないようなので?割りと楽ですよ(笑)
佐助に関しては、お外生活を選んだ子なので、それなりに気を遣いますが、
今の所元気で、毛艶も相変わらずトゥルットゥルッ!と滑るように滑らかでございます(^^)
毛艶に関しては、光具合といい、滑らかさといい、我が家で一番かもしれません。
外暮らしなのに・・・(笑)
これは、私の世話云々ではなく、佐助の持って生まれた体質?なのでしょうね。
家の中の子達の方が、よっぽど良い環境に居るはずなのに、
ここまでツヤツヤしてませんもん。

分け隔てなく・・・とは、なかなかいかないものです。
やっぱり手抜きになりますよ(^^;)
もっと時間があったらな~っていつも思います。

一緒にいると、相手の時間まで自分の時間と同じように思ってしまいますよね。
自分の1年は相手の1年と同じ長さって思いがちで。
時折、今、この子は人間でいうと何歳なんだっけ?って計算するのですが、
そのたび、え~!もうジジババかいな!ってびっくりします(笑)
一緒に暮らしてると、みんな相変わらず子供同然の甘え方で、全然自立もしない。
親猫と暮らしてるかのような、子猫のまんまのような性格になりがちですけど、
体はどんどん、私たち親を追い抜いていくんですよね。
そういうこと、今回改めて感じました。
ピエールさんも、ピエール坊やとの1日1日を楽しんでくださいね。
しんどいことも、嬉しいことも、全部全部貴重な時間の中で起こることなのですから。

サンディ、幸いオムツOKのようです。
助かりました(^^)

か、かわい~(はぁと)

こんばんは。
サンディちゃん、テストでも嫌がらずにオムツをさせてくれるんですね。さすが、賢い子です。お母さんの気持ちを察してくれるんでしょうか。

問題の吸水率ですが、1回やったら即交換という程度だと思います。その1回も、あくまでも「並」の1回ね(笑)。同じ1回でも量が多ければ、やはり拭き拭きした方が良いかもしれません。とか何とか言って、わたしはやったことないんですよ(^^;)
オムツを取ると、もうすんごく喜んでしまって、すっ飛んで遊びに行くの。とてもつかまえられなくて諦めました。本人は、もう拭き拭きなんかいいから、軽くなった下半身の喜びを謳歌したかったんでしょうねぇ。でもサンディちゃんなら、やらせてくれるかもしれませんよ。

にゃんこの1800日、貴重な命の日々ですね。わたしも、一日たりともそれを思わない日はありません。今やらなかったらいつやるのかと、両親の介護をしていた頃、日々思っていました。時は、一瞬たりとも待ってくれない。にゃんこの時は、もっと待ってくれないのです。

先日コメントした「プランターの花」の件ですが、全部一年草です。コーンフラワー、キンギョソウ、ツリガネソウ(翌年咲くタイプ)、ハナビシソウ(いわゆるポピー、これは丈が低いです)の四種です。種が採れたら、また蒔きます。
八月の花に、盆花とも言われる「ミソハギ」を植えられることをお勧めします。丈夫で手間いらず、毎年咲きますよ。
一月の花は少ないですね。水仙の球根でも植えてみてはいかがでしょう?
あー、ご近所でしたら、これくらいすぐにやってさしあげられるんですけどねぇ。お役に立てなくてすみません。

ねじっこさんへ☆

こんばんは♪
今もオムツのテスト中です。
オムツをしたまま私の膝の上におります(^^)
これほどすんなり受け入れてくれるとは思ってなかったので、
こちらが拍子抜けでしたが、助かります!
やはり吸水率は、並みの量が基本ですよねぇ。
サンディはちょっと多いと思います・・・
やはり拭き拭きは必要になってくるのかなあ。
女性用ナプキンでそれが必要なければいいのですが。
寝てる間に1回で済むかどうか・・・それも心配があります。
夜中に起きて見てやることができればいいんですけど(^^;)
まあ、今のところはお漏らしがあっても、
防水シーツを布団にもコタツにも用意してるので・・・
何とかなるでしょう。
オムツは夜は外してますから(^^)

今やらなければいつやるのか。ずぼらな私にはなかなか厳しい問いなのですが、
それでも猫達と暮らすようになって、だいぶ変わってきたように、自分では思っています。
自分の一生に比べたら、その何分の1しか一緒に居られない者たちとの暮らし。
いろんなことで勉強させられますね。
明日、明後日、明々後日。
私には普通の時間経過でも、彼らはそうじゃないんですものね。
自分の365日が彼らには1800日と考えると、とてつもない沢山の時間が、あっという間に過ぎて行ってしまうのだと、つくづく思いました。

お花のこと、ありがとうございます♪
盆花!これはぜひとも探して植えてみたいです。
初めて聞く名前で、姿かたちも解らないので、あとで検索して調べておきます♪
キンギョソウはあるんですけど、全然成長してません・・・
母が花が1つ、2つ付いてるものを買ってきて植えてるのですが。
まったく伸びず。買ってきてもう1ヶ月近くなるんですけどねぇ。
種の取り方も勉強したいです。
今日も母と言ってました。
まだまだ知らないことがありすぎで・・・(^^;)
あ!水仙、小さいのは裏庭に勝手に生えてるのがありました。
母屋に引っ越してくるまで、裏庭にあまり目が行ってなかったので知らなかったのです(笑)
でも、姑の話によると、かなり球根が混んで?来てるから、
間引かないといけないとか・・・
確かにボーボーに生えてます(笑)
2つ、3つ花は咲いてますけど・・・なんだか元気がないのは栄養が行き届いてないってことなのでしょうか。
折角勝手に咲いてくれてるので、これ、何とか生かしたいです♪
また色々お伺いするかもしれませんが、どうぞよろしくお願い致します<(_ _)>

オムツ姿のサンディちゃんの後姿…なんかかわいいんですけど(*^_^*)
でも、嫌がらずにすんなり付けさせてくれてよかったですね。
ここで嫌がられるとねぇ…大変ですもんね。
また違う方法を考えないといけなかったりねぇ。
家主さんの計算どおり。。猫ってものすごいスピードで
歳をとるんですよね。
そう考えると貴重な1日ですよね。。
でも、そんな事を考え出すとものすごく悲しくなってきちゃいます(T_T)

最近、すごく忙しい仕事になっちゃって、しぼらくは読み逃げ専門になりそうですが…ごめんなさいm(__)m

ご無沙汰してます

こんばんは。
ネコも年をとると、ちゃんとトイレで用たしができなくなるんですね。
今は動物それぞれに合わせた紙オムツがあるから、飼い主にとっては便利でしょう。
サンデーちゃん、今何歳なんですか?
うちは、来年からヨークシャーテリアを飼うことになり、飼いかたがまったくわからないこぶたは必死に勉強しています。
犬の飼いかたわかりますか?
わからないことは家主さんに聞きにきますから。

てんさんへ☆

こんばんは♪
可愛いですか?結構評判いいんだなぁ~(笑)
ありがとうございます♪
付けるのに最初はちょっと手こずりましたが、今は大丈夫です。
こういう物が必要になる年になったんだな~って感じです。
年なんですよね。仕方の無いことです。
でも、みんながみんな、必要になるわけではなさそうですよ(^^)
きっと、こういう物が目に見えてしまうと、年なんだなぁ・・・って思ってしまうのでしょうが、
必要なければ、年は感じないで済むのかもしれませんね。
老後も穏やかに、自由に。
今までと精神面で変わらなく生活できれば、オムツくらいは!って思います(^^)

お仕事お忙しいみたいですが、心身がお疲れになりませんように。
読み逃げ大歓迎です。
でも、無理はしないでくださいね(^^)


こぶたさんへ☆

こんばんは♪
サンディは今の所、きちんとトイレにも行くのですが、
その前にチョロっと漏れが・・・起こることがあります(^^;)
人間と同じですよね~ほんと。
動物にもそういう事が起こるって、猫と暮らす前は知りませんでした。
まったくもって、日々勉強です。
動物用のオムツですが、これがなかなかぴったりのが無いんですよ。
犬猫兼用しかなくて。猫専用ってのが無いみたいです。
どちらにも合うように作られてるのでしょうが、
その子の体型によっては胴回りがあっても、股上が浅いとか・・・
ちょっとしっくりこないですね。
でも、何とかうまく付けられるようになりました(^^;)

お!ワンコさんと来年から暮らすのですか?
私はワンコさんは野良犬の世話を小学生の頃しただけで、
一度も家で一緒に生活したことがありません。
ワンコさんも好きなんですけどねぇ(^^;)
今から一生懸命勉強されてるのですね!
それが一番良いことだと思います。
暮らす前に色々知っているのと知らないのとでは、
具合が悪くなったのを見極めることも遅れますから。
ワンコさんのこと、あまり詳しくはありませんし、
もうすでに勉強されてる中でお知りになってる事かもしれませんが、
ワンコさんにまず教えなければならないのは、
トイレのしつけももちろんですが、「待て」と「お座り」です。
これは芸ではなく、危険回避が目的だからです。
道に落ちてるものを拾い食いして病気になるとか、
何かに攻撃しようとしてしまうとか、
そういう事を、この命令で防ぐことが出来ます。
大抵「お手」から教えたくなっちゃうんですけどね(笑)
絶対聞いてもらわなければならない命令はこの2つだと思いますよ。
それから、悪い事をしたら叱る。言う事をきちんと聞いてくれたら褒める~は基本ですが、
叱り方も、その子の性格によって注意が必要です。
気の弱い子に、きつく叱るのは怯えてしまって逆効果だとか。
性格も見極めてあげてくださいね。
ぜひぜひ、一緒になったらお写真見せてくださいね♪
楽しみにしております(^-^)

サンディさんのちょこんとしたオムツが可愛い・・・
って言ったらサンディさんに怒られるかしら・・・
思ったより違和感がないようでなによりです。
うちの実家の3年間に亡くなったわんこが最後はオムツしていました。はかせるこちら側も力加減やゴムの位置などに四苦八苦したのを思い出しました。いろいろ試してみてフィットするのが見つかればいいですね。

くおんさんへ☆

こんばんは♪
もう少し、丈が上まであって包み込んでくれたらいいかなって思うのですが(^^;)
まあ、こんなものなのでしょう。犬猫兼用ですし。
ご実家のワンちゃんは、最後はオムツだったのですね。
そうそう、ちょうどよい位置に収めるのに、結構四苦八苦しますよね。
サンディの場合もそうです。
本猫は付けるのに抵抗がなくなったとはいえ、
こちらは、付けるのに少し時間がかかってしまいます。
お腹周りがガバガバになってしまったり(笑)
いつも、タッチしてもらって確認してます。
オムツカバーをオーダーで作ってるところもあるようなのですが、
オムツの上に更にカバーをすると、余計モコモコしそうで。
サンディにしても窮屈になりますよね、多分。
ユニチャームのSサイズをようやく買ってきたので、
明日にでも試してみようと思ってます。
メーカーによってちょっと違いがあるみたいですし。
なかなか、コレぴったり!というのは無いみたいですけど(^^;)

こんにちは。
サンディちゃん、すぐに慣れたのですね。
いいこですね☆
うんうん、そうですね、家主さんの言うとおり、一日一日を大切に! そんなふうに過ごしたいと思います。
日々、忙しくしていると、忘れがちなこと、本当に大切なものを忘れないように、日々、過ごしていきたいと思います。
(昨日、私の街にも茅葺屋根の家を見つけました。市の文化財で公開されてました)

ことりさんへ☆

こんにちは♪
サンディ、シャンプーもそうですが、
年を取るごとに、拒否反応が小さくなってるようです。
オムツも2日目には割りとすんなりと・・・(^^;)
こういう性格だと、いざと言うとき助かりますが、他の子達だったらどうだったか・・・(笑)

毎日ボーっとしてみたい!ってよく思っちゃう私なんですが・・・
人間だから時間に余裕があると思うんでしょうね。
よく考えたら勿体無いなと思いました。
一緒にいられる時間は限られてるんですものね~。
私も大事なこと、見失わないようにしなきゃなって思います(^^)

お~~!萱葺き屋根のおうちが公開されてるのですね!
きっとうちより凄いんだろうなぁ。
うちはまったく個人の家なので、市が絡んでくる事はありませんが、
あれも絡まれるといろいろ面倒みたいですね。文化財指定なんか受けたらえらい目に合うって聞いたことがありますよ(^^;)
非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード