FC2ブログ

シルバーウィーク。

            anzucyacyagure5.jpg

きのこ4秋の大型連休は、シルバーウィークと言うのですね。
まったくもって知りませんでした。
最近、殆どニュースを見る暇がございませんでして(汗)

ゴールデンに続き、シルバーとなると、冬辺りに大型連休を作ってもらって、
ブロンズウィークなんてのは・・・無理かなあ(笑)
冬の北海道に行き易くなりますやん♪

写真は記事とは無関係です。
猫テラスで、なぜか縦列駐車?のあんずとグレとチャチャ。
もしかして、これはSW帰省のラッシュを表してるのでしょうか?(んなわけない)


さて。私のSWは、相変わらずまったりする余裕も無い感じです。
夫は土曜日からSWが始まりました。そういう会社が羨ましい・・・
そういや、8月もしっかりお盆休みで連休があったなぁ・・・
私は・・・無い(笑)

その初日の土曜日は、私が住む村の人達で、草刈をするという行事がありました。
これは年3~4回行われています。
いつもは夫が参加するので、出欠票にも夫の名前を書いていたのですが、
集めに来られた評議委員の方にお渡しすると、
今回は、うちの家がお昼の賄い当番に当たってるとの事。
当番は一家から一人だけでいいので、
草刈がない代わりに、私にお昼当番をお願いしたいと言われました。
今回の当番は、9組、10組、私がいる11組から一人ずつ、計3名で行うとのこと。
初めてのことなので、何をしたらいいのか???ですが、
お弁当は届くから、ご飯を作る必要はないし、
机を並べたり、コップを並べたり、お茶の用意をしたりがメインとのことで、
当日はドキドキしながら参加しました。緊張するもので。

午前8時半過ぎに、出欠を取ってる場所に行くと、ご老体の男性ばかりが集まってました。
女性はまだ来ず。
私は殆ど顔を知られていないので、皆さん怪訝な顔で振り返ってました。
ああ・・・冷や汗タラ~リ。
「おはようございます!11組の〇〇ですっ!」
雰囲気に呑まれまいと、勢いをつけて挨拶してみました(笑)


その後、お茶代を預かり、他の当番の方と合流して準備へ。

なんだかんだありましたが、まあ大きな失敗もなく、午後3時には帰宅できました。

途中、お茶の給仕で回った時、長老方のところへ行かされ・・・

長老は7人。一番前に横並びにずらっと座られます。
そこにお茶を注ぎに行き・・・

最後から2人目の長老さんが、
「〇〇さんやな?これからよろしく頼むで」と・・・

ひ、ひえぇ・・・・・


長老さんたちって、どうしてあんなに怖いのでしょう(笑)
貫禄・迫力ありすぎます。それは体型とかには無関係で。
眼光鋭く、言葉も厳しい。
村を守ってきた長老さんって・・・怖い(笑)

食事に出たお弁当は、想像以上の豪華さでした。
たとえ当番であっても、これはしっかり食べるぞ!と早食いした私。

普段顔を合わせたことのない方が殆どでしたが、
隣に座られた女性は、気さくに話しかけてくださいましたし、
偶然にも、当番をご一緒した方は、夫と同級生とのことでした。
それに、この行事を仕切ってた方も、これまた夫と同級生だとか。
ビールを私の所に注ぎに来られて、その時「3人同級生なんですわ」と言われました。
それを知った後は、ちょっとほっとした次第です(^^)

ビビリながらも何とか時間が過ぎ、最後の洗物は、200個近くのコップなど、
男性の方も1人手伝ってくださいました。
もうこの当番は暫く回ってこないと思われます。

お弁当が豪華だったので、お弁当が出る時だけ参加してもいいような気も・・・しますけど(笑)



そんな土曜日を過ごし、昨日日曜日は、夫と共に義父に会いに行ってきました。
そして、昨日は少し驚いたことがありました。

義父と少しずつ話をしてる最中に、義父がこう言ったのです。

「ワシ、いつからここに入ってるんかな?」

え?ええ?えええ?

「1年やで。去年の8月から」
「そうか。1年になるんか」

これ、凄い会話だと思いました。
義父が自分の家じゃない所にいるっていう認識が、この日はあったということだからです。
そして、それに納得して、家に帰してくれと言わなかったからです。
「ここに居る」という言い方ではなく、「入ってる」という言い方をしたので、
私はなおさら驚いたのです。

スタッフの皆さんも気遣ってくださってるし、居心地が良いのでしょう。
スタッフさんのお話だと、義父はスタッフさんの間でも人気があるそうです。
茶目っ気があり、女性スタッフさんはよく頭を撫でられるとか(笑)
孫のように思ってるのかもしれませんね~と言われてました。

「今度、甘いもの持ってこようか?」と聞くと、
「プリンがええなぁ」

じゃあ、駅前の百貨店でプリンを買ってこようと、夫と話しながら帰ってきました。

あ、今回は姑は同行しておりません。
2度連れて行ったのですが、義父に会うたびに、義父を責めだすから止めたのです。
何で思い出してくれはらへんの~!って言っても仕方ないよって言ってるのに。
認知症患者さんは、姑と同じデイケアにもいらっしゃるし、
その人のことを「何回説明しても、また同じ事言ってくるからしんどい」とこぼしてるのに、
なぜか、義父の認知症については理解できない姑のようです(--;)
長年連れ添った自分が会ったら、きっと理解も記憶も正常に働くはずなんて思ってるのかも。
でも、自分に合わせさせるのは間違いで、
義父にこちらが合わせてあげるのが正しいのですよ、お義母さん。
お義父さんは、今、お義父さんの世界で生きているのですから。

なので、姑が連れて行って欲しいといわない限り、
こちらから誘う事は控えようと思っています。
思い出してもらえない、昔の出来事を話しても反応が薄いだの、
そんなことを言ってるようでは、会いに行っても喧嘩するだけですから。



            syokuji9.jpg

ピントがボケてしまいました。
今日、外出先の喫茶店で食べたチーズスフレです。

今日は、コタツにかけるマルチカバーを探しに出かけました。
そして、久々に夫と外食できました。

明日は仕事。明後日は、どうにか家でゆっくり出来そうです。

皆様も、残りのSW、有意義にお過ごしくださいね。
スポンサーサイト



テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

ご無沙汰しています。

相変わらずお互いにバタバタしていますね(^^ゞ
私は来月からは幾分マシになるような予感がします。
認知症は周囲が理解するしかないんですよね・・・
それは頭ではわかっていても・・・
健康な姿をみると理解がしがたいものなのでしょうか・・・
いつか、自分にも訪れるかもと思うと複雑な思いがします。

↓佐助ちぇん・・・おうちに入っている???
おうちの子になったのでしょうか?

↓小鉄ちゃん・・・
覚えていますとも・・・私の身近での初めてのことでした。
ブログを読んではよみがえって、涙ぐんでしまいます。
いつかは訪れること・・・でも、ずっと訪れてほしくないと
思い、その時自分がどうなってしまうのか想像しただけでとても怖い思いがします。

急激な季節の変化・・・
どうかご自愛ください。

くおんさんへ☆

こんばんは♪
こちらこそご無沙汰です(^^;)
お互い忙しくて、以前のようなペースでの更新が出来ませんね(^^;)
でも、それでもいいんですよね。
くおんさんがお元気なので安心しました♪

認知症って、具体的に目の前で症状や行動を見たのは、
私にとっては義父が初めてなのですが、
姑は、そういう経験が無かったのでしょうかねぇ・・・?
姑にとっての姑や、その上の方はどうだったのかなあって思います。
経験があれば、義父の事も理解できると思うのですが、
ああいう対応しか出来ない姑を見ると、経験が無かったのかな?
施設に連れて行っても、過去に引きずり戻そうとするばかりなので、
これは義父にとっても良くないことです。
今の義父に合わせて話をしたり、そういう事の方が大切な筈なのに。
義父が嫌だと思う話題は、控えるべきなんですよね。
でも、姑にはそれが出来そうに無くて。
村のことも、家のことも、きっと義父はしんどい事から解放されたんだと思います。
だから、姑が義父が昔やってた事を持ち出しても、
「もうええ」とか言っちゃうんでしょうねぇ。
今の生活が義父は気に入ってるんでしょう。
そういう風に馴染んできてくれてるのなら、
それをこちらも受け入れるのが一番です。
私も自分が認知症になったらどうなるのかなあと思います。
その頃には、私は身寄りが全然居ませんからねぇ。
そういう人はどんな生活を送ることになるのやら。不安です。

佐助、今の今まで台所と玄関を占拠してましてね~(笑)
相手をしてきたところです。
家の中で生活するようになったのではないのですよん。
でも、私が母屋に引っ越したのがきっかけになって、
佐助はよく母屋に入り浸るようになりました。
以前住んでいた家は、佐助が家の子達と遭遇しないで過ごすことが難しかったのですが、
母屋は台所と、猫座敷が離れてるので、
お互い何の干渉もないのがいいんでしょうね。
今日はやたら帰りたがらなかったんですが、
玄関を開け放して寝るわけにもいかないので、
「また明日ね!」と帰しました。
いずれ、佐助も家の中で居られるような工夫が必要になるかも知れません(^^;)

小鉄のこと、ありがとうございます。
覚えていて下さるのが何よりの供養です。
今元気な子達も、いずれは旅立ちますが、
その日までは、目一杯、今を楽しまなければ(^^)
くおんさんもきっと大丈夫ですよ。
一人じゃありませんから。
悲しい時があった時、ブログの猫友達は本当にありがたい。
どれだけそれを思ったか知れません。

くおんさんも、かなりお忙しいから、気をつけてくださいね。
来月は少し忙しさも減るのですね?(^^)
少しでも猫達とまったりする時間が出来ますように。

お忙しい中、お父様に面会に行かれたんですね。
お父様、喜ばれたことでしょう。
お母様はご自分のだんな様に対してもご理解がないということで
日頃の家主さんとの生活ぶりが納得できたような気がします。
それぞれ違った場所で生活されてるお二人のお年寄りのお相手
さぞ大変でしょう。

下の記事の「さんすけさん」を笑いながら読ませていtだきました。
いつも家主さんちでは、泣いたり笑ったりして帰ります。

こぶたさんへ☆

おはようございます♪
もう何回義父に会ったかなあ・・・
私自身は2ヶ月に1度の割合で会ってるような感じです。
そうそう・・・姑・・・もうねぇ・・・(呆)
姑が足の怪我の治療を終えて退院してきた時、
義父の行動に随分悩まされていたんですよ。
何度も同じ事を聞いてきたり、我侭が酷くなったりと。
そう。そういう事は姑は経験してるんですが、
それなら、記憶障害だってわかるはずなのにねぇ・・・
しかも、そのことを何時であろうと、愚痴りたくなったら、
私の電話に電話してくるんです、姑。
何度「認知症だから」と言っても駄目で。
退院した時、「入院中にみんなにおとうさんのことで迷惑かけたのが気になってるから、早く退院しておとうさんの相手しようと思ってリハビリ頑張ってん」
なーんて言ってくれてたのに、1ヶ月ももちませんでしたよ、義父の相手。
姑の想像を超えてたのかもしれませんけどねぇ、認知症の具合が。
自分だったらわかるはずとか、自分だったら受け入れてくれるはずとか思ってる節があるのですが、
認知症の方にとっては、相手が誰であろうと、その日、その時の状態で症状も変わりますからね。
会いに行っても、ろくに話そうとしないのも仕方ありません。
夫婦としての年月だけで、認知症の症状を治せるのなら、
大抵の方は治ってるはずですよね。
姑の理想は、会いに行ったら義父がちゃんと話してくれる事みたいですが・・・
それって、自分が満足したいだけだと思います。
義父に対して理解も思いやりも・・・本当の意味で有るのかどうか?
そんなんだから、私自身も姑の自己中的な発言に振り回されて困ることが出てくるのです(苦笑)
「私、嘘つかれへんから」と言って、言わなくても良いことを口にして相手を不愉快にさせることもある姑です。
なので、私も姑に対しては嘘はつかず、
同じ対応を取る様にしました(笑)
はっきり言わねばわからん人なのね。そんな感じです(笑)

佐助の事、笑ってくださってありがとうございます(笑)
さんすけ~なんて、ちょっと間の抜けた新しい名前を貰ってしまいましたが、
毎日元気にモリモリ食事をしております。
台所に長居されるのが、少しばかり疲れることもありますが(^^;)
今度の冬は、佐助、14度目の冬になります。
冬だけでも家の中での居場所を作れたらなぁ・・・なんて思ってますが・・・
さんすけはどう考えてるでしょうね?(笑)

秋分の日 快晴♪

おはようございます♪
あんずちゃん、グレちゃん、チャチャちゃん、満員で入場制限されたテーマパークの入り口で「まだかいにゃあ」と、のんびり順番待ちしているように見えますね(笑)
私もドカーンとプラチナウィークなんて出来ないかなと思っています。
家主さんはいつもと変わらずお忙しい連休をお過ごしのようで、大変お疲れ様です。
町内の行事も大ごとのようですね。
うちのほうでも草取りや掃除がありますが、缶ジュース1本かタオル1本出るだけです。
豪華弁当かぁ・・・いいなぁ♪
そういう行事の中で益々親睦を深めるのでしょうね。

お義父様とのやりとり、胸にジーンときました。
本当に凄いことだと思います。
日々、波があるかも知れませんが、かなりゆったりとしたお気持でお暮らしのようで良かったですね。
お義母様も理解して下さる日が来ればいいですね。
お義母様のお気持、解らないでもないですけれど。

私の母は骨折の入院に続き高血糖で違う病院に入院、その後短期間入れる老人介護健康施設でお世話になっているところなのですが、母の部屋の階は皆さん認知症の方です。
そんなに遠くないので、まめに面会に行って肩を揉んだり足をマッサージしたり、辻褄の合わない脱線だらけの会話をいっぱいしては笑って帰ってきます。
入院中にも頻繁に面会に行きましたが、あの時期あれよあれよと言う間に認知症の症状は進んでしまって。
悲しくて仕方ありませんでしたが、そんな顔をして母に会うのは良くないこと。
色んな面で認知する力は落ちましたが、感性はかなり鋭いように思えます。
他の方も皆さん同様です。
相手の立場になって・・・認知症になったことないので難しいですけれど、本人のペースに寄り添うのが一番。
そして泣いているより笑っているほうがいいですもの。

あっ、大好きなチーズスフレが♪
この連休中に家族が誕生日だったもので、私も美味しいケーキ食べましたよ。

ぷりんさんへ☆

おはようございます♪
ご家族の中でお誕生日を迎えられた方がいるのですね。
おめでとうございます(^^)
お誕生日はケーキ!どんなケーキを召し上がったのでしょう?(^^)
チーズスフレは、想像してたよりやや小ぶりで・・・(笑)
でも、生まれて初めて食べたので、満足でした。
今度はスフレ専門店に行ってみたいです。
市内にあるようなのですが・・・まだ場所を見つけていません(笑)

お母様、今は老健でお過ごしなのですね。確か3ヶ月でしたっけ?
義父の時も検討したのですが、3ヶ月ではどうにもならないという感じで、
今の施設を探しました。
お母様、ぷりんさんとお話になられて、きっと楽しまれてるのですね!
お互いに笑って会話が出来るっていい事ですもの。
たとえつじつまが合わなくても!(^^)
認知症の方は、感性は残ってると、先日テレビで聞いたばかりです。
記憶は過ぎ去ってしまっても、感情はしっかりしてるんですよね。
傷つけないような会話の仕方が肝要なのでしょうね。
姑も、その辺を理解してくれたらいいのですが・・・
義父が目を合わせて会話してくれない。。。と、2度ともそれに対して文句タラタラでした。
自分だけには違った反応を見せるに違いないという思い込みがキツイようです。
気持ちはわからなくはないのですよ、私だって。
でも、義父が溺愛してきた息子達の名前すら、
今ではすんなり出てこない、もしくはまったく出ないのです。
以前のように、昔あった出来事をスラスラ話したり、
あの時はああだったなぁと、一緒に思い出にふけることは殆ど無理なんですよね。
だから、何で思い出してくれへんのですか~なんて聞くのは、無駄なのです。
かえって義父を不愉快にさせるだけで・・・
2度目の時は、私は留守番で、夫に連れて行ってもらったのですが、
やっぱり会話の途中で姑がそういう態度を見せ始めて、
何だか嫌な雰囲気になったそうで、
夫が「もうヤバイなぁ」と切り上げて、連れて帰ってきたようで。
他人様のご家庭での、認知症患者さんの話は、
フンフンと聞いてる姑なのに。
挙句の果てには、私が説明した認知症の症状について、
「そうやろうか?」と疑問符をつけてました。
義父は認知症だと思いたくないのかもしれませんが・・・
かと言って、退所させて、自分が相手をするとしても、
絶対また投げ出すのですよ(苦笑)
自分以外の誰かが居るから、自分が投げ出しても何とかしてくれるだろうっていう逃げ道を考えてるのだろうと思われます。
当然、今の環境では、もう義父がこの家で暮らす事は不可能なのですけど。
単なる記憶喪失の方と混同してるのかもしれませんよね、姑。
何かのきっかけで記憶が戻る・・・と思ってるのかも。
あまり無理解な事を言うようなら、
一度ケアマネさんから、こんこんと説明していただこうとかとも思います。

豪華弁当が出るのは、毎回じゃないそうです(^^;)
今回は、41人の参加でした。
でも、お茶用、ビール用、日本酒用を全員分揃えますし、
他にもいろいろありますので、結構な洗物の数でしたよ~~。
初めて参加したので、どこに何があるのか見つけるのに苦労しました(笑)
何だか、こういうお付き合いって、実家に居る頃は母がやってましたし、
当然規模が全然違って、団地は簡単なので、
ココに来て、参加するようになって、面倒だなぁと思うのが正直なところなのですが、
面倒でも、何だか楽しい部分もあるなぁと感じています。
何をするにも、村の財産を守る、管理するという目的がはっきりしていて、
単なるお掃除ではないから、その辺で連帯意識が強くなってるのでしょうね。
そういう中に入るのは大変なこともあると思いますが、
村の一員という意識が生まれてきたのは、
自分でも進歩だと思っています(笑)
やっとこの家の嫁になれたのかなぁ・・・なんて、16年経って思います(遅すぎっ!)
非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード