FC2ブログ

僕、佐助。

            niwa31.jpg

さくらんぼ 気づかないうちに、隠居前の木が花を満開にさせてました。
そこそこ背の高い木で、ブラシのような花が咲きます。

niwa32.jpg

去年より色が赤い気がします(気のせいかな?)
一見痛そうに見えますが、とても柔らかいです。
本当にコップの底を洗ってみたくなるのですけどね(笑)

その下の木には、少しだけ赤い花が。

niwa33.jpg

マツバウンランの紫の草原も終わり、スミレも終わり、ピンクのツツジもほぼ終わった我が家。
今目立つのは、この赤い花達だけです。


sasuke17.jpg
  
夕方、隠居の前でゆったりくつろぐ佐助を発見。


sasuke18.jpg

「あの音は何かニャ?」

あれはね、棟梁がドアに鍵を取り付けてくださってる音ですよ。


sasuke19.jpg

「ふ~ん」


工事開始から1ヶ月半近くにもなると、さすがに佐助も驚かなくなりました。
職人さんがうろうろしていても、慌てることもかなり減り、
目の前を歩かれても、飛び上がって逃げることも殆どありません。
毎日見ていると、やはり次第に慣れてくれるものですね。


sasuke20.jpg

以前のへっぴり腰はどこへやら。最後までのんびりした姿の佐助でした。

あ、そうそう。
よく佐助やサンディに「猫ちゃん」と声をかけてくださっていた職人さんですが、
このところ、暫くおいでになりませんでした。
今度お会いしたら、佐助という名前を教えてさしあげようと思っていたのですが。
なので、佐助は未だに「猫ちゃん」のままです。

ちなみに、サンディについては、すでにお教えしました。
「サンディちゃん♪」とすぐにその場で呼んで下さったのですが、
サンディがじーっと見るだけで反応しないので、
「知るか~!っちゅう顔してるなぁ」と笑われてしまいました(^^;)

佐助も今度、その職人さんがいらした時に出会ったら、
「佐助ちゃん♪」と呼んでもらおうね。
「僕、佐助!」ともっとアピールしておこうね(笑)


昨日、棟梁が予定にない日にいらしたのは、
以前からお願いしていた台所のドアに鍵を取り付けるためでした。
我が家は何せ古い建具オンパレードの家で、今時の鍵は一切つけられません。
ドアを付け替えればいいのでしょうが、敷居やレールなどを自在に取り替えられる建て方ではありません。
台所に関しては、後からリフォームして現代風になってるので、
キーを差し込んで回す一般的な鍵をつけられそうだと思ったので、お願いしたのです。
なにせ、鍵がない家。無用心すぎるので、ここもあそこもと、
棒鍵を含めて、沢山鍵を増やしてもらいました。
そのお陰で・・・鍵束じゃらんじゃらんの生活になりそうです(^^;)
どこの鍵がどれなのか、覚える事は難しいので、全部書き込まないといけません。
でも、これで猫の脱走も、誰かが勝手に入ってきて部屋に入ることもほぼ不可能。
勝手に入る人がいるのですよ。近くの親戚ですけどね。

もう一つ。

niwa34.jpg

棟梁が持ってこられたコレ。さて、何でしょう?
え?お鍋の落し蓋?あはは。そっくりですよね。もちろん違いますよ。
世界一大きなお鍋で煮物を作ってギネスに載る事を狙ってるのではありませんから(笑)


スポンサーサイト



テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

佐助坊、元気で何より!

家主様、またしつこくやって参りました。

ブラシの木?つい先日見た『はなまるマーケット』で紹介されてたような・・・本当にブラシみたいですね、ワタクシも家主様と同じことを考えてました「コップを洗いたい。。」って。
赤いお花はツツジ科でしょうねぇ、でも紫やピンクが終わったら次は赤・・・夏の到来を感じさせますね。
家主邸のお庭は春夏秋冬を考えて造られているのだと思います。
スゴイですね~、昔の方はよくそんなことを考えられたものだ。
お庭のお手入れは想像も及びませんが、目で楽しませてくれるものがあって、庶民には味わえない贅沢ですよ!
暫くは赤いお花で目の保養を存分にされてください。

佐助坊が元気そうなお姿で本当に何よりです。
寛いでますね~、調子がよさそうなのが解ります。
ワタクシですね・・・道端でこういうお姿で寛ぐネコさんを見つけると、人目も憚らずしゃがみ込んで「こんにちは!イイ子やね。」とか話しかけ、そこでナァ~ンとか返事されたり、ゴロンとかされたらもう・・・イチコロです。
「ど~したん?お腹ナデナデか~?カワイイねぇ~、イイ子やねぇ~。」
と延々話しかけて撫でまくります。
しかし仕事の途中とか、帰りを急がねばならない場合は涙を呑んで「また来るけん、元気で頑張りいね。」と言って立ち去るのです。
ああどうして猫さんってこうも魅力的なんでしょう。
佐助坊のような姿を見ると本当に幸せな気持ちになります。
佐助坊も職人さん方の存在に随分慣れて、ストレスが減って本当によかった。
これからも元気で頑張ってもらいたいです!!
あ、「M~~っ。」って文句言うお方もまた素敵。
ははは~、どうしてこんなにおかあちゃんのことが好きなんでしょうねぇ。

ところで、その大きな蓋!
五右衛門風呂の蓋ですか??
漬物を大量に漬ける大きな桶の蓋とか??
う~ん、やはり庶民には想像がつきませぬ。
どなたか早く正解を出してくださる事を祈ります!!

ピエールさんへ☆

こんばんは♪
再びいらっしゃいませ♪

このブラシの木の名前、以前聞いたのですが、やっぱりすっかり忘れてしまっておりまして。
はなまるで出てたのですか?
花と思えない大きさの、一見とげとげしい感じですけど、
それはそれで個性的で、最初に見た時、花と思わず、なんだあれは!とびっくりしたものです(笑)
コップ洗いたくなるでしょう?そっくりですものね。
確かに庭は花の移ろいなどを楽しめるように作ってあったのだと思いますが・・・
今は実生の木が一杯増えて、雑草もものすごくて、綺麗に維持できてないのが残念です。
木が増えすぎてるので、栄養が行き届かなくなってるものもあります。
どこかでいい加減整理しないと、全体が枯れていくのでは?と思っています。
もっと木の数は少なくて良いから、ゆったりした環境でしっかり咲いてほしいと思ったりしていますよ(^^;)

佐助も落ち着いてきて、職人さんが居ても平気でご飯を食べるようになりました!
ゴロンとしてる猫を見ると、私も立ち止まってしまいますよ♪
そういう時に限って先を急ぐ身だったりするのですが(^^;)
なんだか一緒にほっこりしたくなるんですよね。
時間を忘れて、もっともっとお近づきになってしまいたいって思って。
とても人懐こい子だったら、その場を去るのが惜しくて惜しくて!
ピエールさんもそうですよね♪
願わくば、仕事も用事も無い時に出会いたいって思いません?(^^)

私、佐助の前足が大好きなのですよ。
大きいんです。ふっくらしてて、がっしりしてて。
「M~~!」の誰かさんと同じくらいの体格なのですが(横幅は少しスリム)、
足の大きさは断然佐助が勝ってるんです。
この前足をニギニギするのが大好きで(笑)
そして、ニギニギしてると、カポって優しく甘噛みでお返ししてくれます。
そして、もっと噛んで~って言ってしまうのです、おほほほ♪
うちの男子達は本当に甘えん坊。
とにかく誰かが私に甘えてるのを察知すると、すっ飛んできます。
割り込み、横入りは日常茶飯事。順番を守らないお行儀の悪さがウリです(笑)

さてさて、この蓋ですが・・・なるほど!五右衛門風呂!
確か、こういのを沈めて入ったりするんでしたっけ?
丸い五右衛門風呂、テレビで見たことあります。
実は、隠居前の庭には、四角い鉄の五右衛門風呂が放置されてて、
そこは今、水草やらコケやらたまり水が一杯です。
大きな植木鉢状態です(笑)
この蓋が何の蓋か、後日アップしますね(^^)



ブラシみたいな花の咲く木、正式名称は何というのでしょうか^^
変わった花ですねー
見たことがありません。

蓋のほうは・・・なんだろうこれー
五右衛門風呂の蓋とか・・・

佐助ちゃん、やっぱりなれるんですね。
よいよい
この調子で人なれしてくれるとよいですね^^

のんびり佐助ちゃん♪

おはようございます♪
ありゃ~!なんですか?この面白いお花は。
初めて見ました。
ほんと、コップブラシにそっくりですね。
誰かが冗談でくっ付けたとしか思えないです。
こんなのがあるのなら、タワシの木もありですね(笑)
こんなに目立つお花が気付かない内に咲いていたなんて、どれだけ広いお庭なのか・・・

佐助ちゃんは、職人さん達や工事の音にもすっかり慣れたようで良かったですね。
とても平和なお顔と佇まい♪
こんな佐助ちゃんを見ていると、屋外生活時代のまむを懐かしく思い出します。
色んな人から色んな名前で呼ばれていたまむ。
「くろ」が一番多かったですけれど。
佐助ちゃんはちゃんと本名で読んで貰おうね♪

はてな?この蓋は一体何の・・・
実は佐助ちゃんが庭を掘っていたら金貨がザクザク出て来て、それを隠しておく床下収納庫の蓋ですか?(笑)
それにしても五右衛門風呂まであるとは驚きました。

tieta4uさんへ☆

こんにちは♪
このブラシの木は、本名(笑)は、「キンボウジュ」というそうです。
でも、ブラシの木という呼び方で通用してるようですよ。
蓋に関しては、五右衛門風呂というご意見が多いですね。
でも違います(^^)

佐助はかなりのんびりしてくれるようになりました。
まだ自分から寄っていく事はありませんが。
それより、サンディが昨日、社長さんの手の匂いを嗅いでました!(笑)
サンディの方が慣れるのが早かったようです♪
佐助もそのうちそうなったら楽しいのですが(^^)

ぷりんさんへ☆

こんにちは♪
えへへ♪洗いたくなるでしょう?コップ!
この木は玄関を出たところにあるんですよ。
でも、いつ満開になったのか、毎年気づかないのです。
来年こそは、その日を確認したいと思っています(笑)

まむちゃんは色から「くろちゃん」と呼ばれることが多いのですよね。
わかります。黒系の猫さんって、大抵くーちゃんとか、くろちゃんとかになっちゃいますもの(笑)
あ、佐助の名前ですが、昨日、例の職人さんが来られたので、お教えしました。
佐助に出会うことは残念ながらなかったのですが。

>佐助ちゃんが庭を掘っていたら金貨がザクザク出て来て、それを隠しておく床下収納庫の蓋ですか?(笑)

あはは!それならどれだけありがたいか!
佐助!頑張って掘ってちょうだーいっ!(笑)
そういう夢のある蓋だったらいいのですが・・・(^^;)
これは危険を回避するための蓋でございます。
さて、何の蓋なのでしょうね(^^;)

こんにちは♪
わぁ!鮮やかな赤色のお花ですね~!!
日本庭園の中に、赤い花って映えそうですね!
なんだか、赤い花って姉御によく似合う気がします♪
姉御ってワタシには、すごく色っぽく見えるんですよ~!
佐助くんも大分、改築工事の棟梁さんに慣れてきたんですね。
よかったよかった!
願わくば愛嬌を振りまいて、棟梁さんにとっての清涼剤となってほしいかも~(笑)。
工事が終わる頃は、佐助くんも姉御も棟梁さんが居なくなって
さびしくなっちゃうかもしれませんね。
蓋・・・なんの蓋でしょう!?
五右衛門風呂の蓋?もしくは井戸の蓋とか(笑)。
あと思いつくのは・・・お釜の蓋とか!?
想像力が貧困なものでスミマセン・・・・。
何の蓋なのか気になります。

あやさんへ☆

こんにちは♪
あらま♪姐御は色っぽくて赤が似合うのですね(^^)ありがとうございます。
変わった形の花は、この花くらいです。ブラシの木なんて、まったくその通りの名前ですよね(笑)
佐助もずいぶん、工事の環境に馴染んでくれてほっとしてます。
最初なんて、本当にへっぴり腰で逃げてましたから。
近づくのはまだ無理なようですが、足音や姿は平気になったし。
サンディもずいぶん慣れてきました。
職人さんが近くに来ても、傍を歩いても走って逃げませんよ(^^)
こういう光景が見られるようになると、私も嬉しく思います☆

蓋について、沢山考えてくださってありがとうございます♪
私もこれを見た時、想像してたイメージと違ったので、
少々びっくりしました(笑)

お。。。色っぽいと言っていただいた姐御、
今、夫のベッドで色っぽい格好で寝てますわ、おほほ(^^)
非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード