FC2ブログ

家主、叱られる。

gure15.jpg

えんぴつ♪ 今日の午後、ちょっと痛い思いをしてしまったグレです。

畳の目の間に、グレの爪が入り込んでしまい、どうやっても取れなくてもがいていました。
救出すべく、すったもんだしたのですが、
どっちの方向へ体を持っていってやれば取れるのか、もがくわ、噛もうとするわでなかなか解らず。

すると、この方が・・・

sandy28.jpg

アタフタする私と、大きな悲鳴をあげるグレを見たサンディが、
私を噛んだのです。

噛まれた時、私はグレの救出で頭が一杯で、
何か痛い・・・痛いけど、なんだかわからん!と手で払いのけるだけで、
それがサンディの牙だと解ったのは、グレの爪が畳から抜けた時でした。
あ、グレの爪は、傷む事もなく、スポっと暴れた拍子に畳から抜けました(汗)

私は、こりゃもう、畳の表面ごと切り取って、とりあえず捻った体の向きを直してやろうと思い、
鋏を手にしたのですが、
あまりにアタフタしていたのでしょうね。
サンディは、そんな私の行動を叱るかのように、
立ち上がって私のふくらはぎ、太ももの裏、前に回って私の手首を噛んでいたのです。

甘噛みではないのです。
牙が入るかどうかの瀬戸際・・・くらいの強さです。
ぶっとい注射を打たれた時のような痛みです。
それを感じていたのですが、痛みは感じてるのに、サンディだと気づかず。
おかしなものです。パニックになってると、認識することが出来なくなるのですね~~(^^;)

そっちに捻っちゃだめ!グレが痛がってる!
そう思ったのかな。
それとも・・・まさかと思うけど、私がグレに何か悪い事でもしてると思ったのかな?
いや~それは無いだろう・・・と信じたいけど(笑)

畳はこれまでの猫達の爪で、表面がかなり傷んでおり、
畳の目が粗くなっているところへ、運悪くグレの爪が引っかかってしまったようです。
こんな事は、初めてのことです。
畳ごと切り取ろうとした私も私だけど・・・とりあえず思いついたのはそれしかなく。

サンディは、グレの爪が抜けるまで、私を噛み続けてました。

で、事なきを得た後は、「散歩~♪」と言い出したので、ハイハイとドアを開け・・・

サンディの噛み具合は絶妙で、あれだけ痛かったのに、跡はまったく残ってません。

ワタクシ、しっかりサンディに叱られてしまったという感じですね(笑)
その後、グレが落ち着いてから、爪を切ったのは言うまでもありません。
ギリギリまで短くなった爪を、グレは一生懸命舐めていました。
切られるの、嫌いだもんねぇ(^^;)

サンディが私を真剣に噛んだのは、これが初めてではありません。
以前、治療中に私を噛んだことがあります。
でも、やはり跡は残りませんでした。

それよりも、私が感動したのは、噛まれておいてナンですが、
グレの悲鳴に対して、サンディが反応したことです。
今までなら、誰かがトラブっても、何やってんの~って顔しかしなかったのです。
ところが、今回はそうではなかったのです。
グレのために私を噛んだというのは、非常に正しい行動ではないかと思います。
私のへたくそな救出方法に抗議したのかもしれませんね。
そして、この行動は、グレを家族と認識した証なのかな?と思ったり。
単にグレの悲鳴に興奮して、わけがわからなくなって噛んだという感じではなかったのです。
普段、他の猫の悲鳴を聞くと(野良猫さん含む)、
いつも耳をそばだてるものの、シラ~っとした顔をして終わりですから。


それとも・・・やっぱり「犯人」扱い?(笑)
いや、それは違うだろう~!
だって、無事に助かったのを見た後は、いつものように散歩のおねだりを始めたんですから。

それにしても、グレ。おかあちゃんも冷や汗一杯かいたよ~。
爪はマメに切らせておくれね。
ライスの方がまだ大人しく切らせてくれるぞ~?

平面に鉤状のものが刺さると、非常に抜けにくい。
抜けにくくなってるのは、小鉄を捕獲する時、私の掌に爪がぐっさり深く突き刺さって、
なかなか抜けなかったのをコレ幸い!と、そのまま家に抱えて走ったことがあったので、
私もよく解ります。

ああ、怖かった。
ああ、痛かった。
でも、サンディ、ありがとう。
お母ちゃん、これから、パニックにならないようにします。
でも、ひとつ聞いてもいい?

お母ちゃんをワルモノ扱い・・・した?(笑)


でもね。万万が一、そうだったのだとしてもだよ?
それでお母ちゃんを噛んだのなら、お前の正義感は見事なものだと思います。
グレを守るために立ち向かったってことでしょう?

え?そんないいものじゃないって?
単に興奮して見境がなくなったってこと?
そこは飼い主に似てるってか?

いやいや・・・いやいや・・・それはね、違うよね、あはは(笑)
スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

家主さん、こんにちは♪
サンディちゃん、きっとパニックになってるお母さんを見て
「お母さん、落ち着いて!」って言いたかったんでしょうね^^
サンディちゃんみたいな子がずっとそばにいてくれたら、
どんな状況になってもはっと我に返ることが出来そうです。
噛み方の具合が絶妙というのもさすが!サンディちゃん!です♪

うちはすずらんとぴっち親子はいつもベタベタ仲良くしてるというほどではありませんが
ぴっちが例えばしっぽを踏まれた^^;とかで「ギャッ」と声をあげると
すずらんがどこからともなく走って駆けつけます。
こんな時だけ母親っぽいなぁと笑ってます^^;

グレちゃん、爪きりがあんまり好きじゃないんですね。
我が家では一番苦手なのはテンです。
気をそらすために姉が爪を切っている最中に
私がおもちゃを目の前で振り続けます^^;手がかかるなぁ~もぉ。

最近鉤状のものが刺さるといえば、薔薇のトゲです><
皮手袋してても、サクッと刺さります~(涙)

supitenさんへ☆

こんにちは♪
グレがものすごい悲鳴をあげるので、早く何とかしてやらねば!と思うのですが、
助けようとすればするほど、グレはもがくし、噛み付こうとするし。
どうなるかと思いましたが、幸いひょんなことで抜けたので、本当にほっとしました。
サンディも、ただならぬグレの声と私の慌てぶりに反応したのでしょうねぇ(^^;)
いつも冷静に見てるサンディですが、私の助け方が間違ってると注意してくれたのかも・・・と思うことにしました(笑)
私を敵だともし思ったのなら、まず唸ってると思いますから。

テンちゃんの爪切りは2人がかりなのですね。
いつもお疲れ様です(^^)
うちは玩具につられることもなく・・・前足を持っただけで、もぞもぞくねくねして、
スルスルっと逃げ出します(笑)
グレ、人なつこいくせに、こういうのは断固拒否なんですよねぇ。
グレほど人懐こくないライスの方が、まだすんなり切らせてくれる。
おかしなものです。困ったものです(^^;)

マダムはぴっちちゃんがピンチの時は駆けつけてくれるのですね♪
親子ですね~!母ですね~!(^^)
やっぱり、いつまで経っても、親なのでしょうね。
一緒にずっと暮らしてると、特にそういう気持ちは持ち続けてるのかもしれませんね♪

薔薇の棘って、皮の手袋さえも通してしまうのですね!
痛そう・・・
怪我をしないように、気をつけてお世話してくださいね☆

サンディ姉御、さぁすがぁ。ちゃぁんと注意してあげてたのね。でも、それを家主さんが判らなかったと。でも、咬み具合が絶妙。happyだったら、流血ものですよ。一昨日もhappyのトイレ掃除してるのに足に思いっきり噛みつかれて流血。まだ傷跡が痛い。のに、今朝もまた…。「行ってくるから、待っててね」と挨拶してなでなでしただけなのに。はぁぁ。なんで~???

心温まるお話ですね。
こぶたには、仲間をかばっての行動と思われますが、
それでも噛みかたが絶妙ってとこに泣けますね。
家主さんもジーーーンとこられたでしょ?
ここに来ると、いつも本を読んでいるみたいな錯角になります。
心温まるネコ物語ですね。

おはようございます♪
驚きました!そして感動しました!!
サンディちゃんの奥深い不思議な行動に。
これはやっぱり、危機一髪状態のグレちゃんを一刻も早く助け出してやって~!という気持ちから出た行動だったのではないでしょうか。
凄いな、サンディちゃん・・・さすが姐御♪
凄いと言えば、爪が突き刺さる畳。
我が家の猫ちゃん達も色んな物に刺さっていますが、畳にはまだ。
そして畳を切り取ろうとした家主さん。
無事にスポッと抜けた顚末を読んだ後で、思い切り笑えました。

再度

コメント途中で飛んで行ってしまいました。
必死な家主さんを笑ってしまった罰ですね。
深く反省です。申し訳ありませんでした。

何はともあれ、グレちゃんに怪我が無くて本当に良かったですね。
サンディちゃんも、良く頑張ったね♪

なお。さんへ☆

おはようございます♪
我ながら、もう動転してしまって、あら、どうしよう、こんな悲鳴聞いたことない!と慌ててしまいました(汗)
サンディが私を噛んでいたのに、それを認識できませんでした。
痛いのは解ってるのに、何で痛いのか考える暇もなかったせいかも(笑)
他の事が目に入らない。まさにそういう体験でした~。
ある意味、私にとっても面白い?体験だったかもしれません。
グレは可哀想でしたが(^^;)
なお。さん、噛まれた跡大丈夫ですか?
ナデナデしてあげてるのになぁ。
happyちゃん、噛まないようにしてね。ママは愛情一杯なんだよ~~!(^^)

へええ・・・

見直した!多分、サンディはお母さんが悪いことしてるとは思わず、グレちゃんが何かわめいてて、お母さんも何か慌ててて、
落ち着け!と言う意味でかんだのだと思います。
考えてみたら、サンディちゃんの方が既に家主さんより年もとってて
我が娘、何を慌ててるの?って感じだったのかなあ?
すごいねえ、サンディ。
なんだか、絆が見えた感じですo(^ヮ^)o

こぶたさんへ☆

おはようございます♪
グレを庇ったんでしょうね。それと、私の慌てぶりに怒ったのかもしれませんね(^^;)
噛まれて痛かったけど、サンディの行動は褒めて上げたいと、心から思いました♪
服の上からだったから、余計噛み跡は残らなかったのだろうと思いますが、
むき出しの手首も跡が残ってませんので、
こんな時ですら、一応は気を遣ってくれたのだと。
サンディの気遣い?に涙がチョチョ切れます~~(笑)
大した内容もないブログなのに、そんな風に言ってくださるなんて!
ありがとうございます<(_ _)>
恥ずかしいので、今、穴を掘っております(笑)

ぷりんさんへ☆

おはようございます♪
再度コメントまでありがとうございます♪
いえいえ、私だって後で自分の行動を振り返って、
畳を切り取る・・・と笑ってしまいましたから、いいんですよ(笑)
とりあえず、突き刺さってる部分だけでも、抉り出せれば、
グレは畳から解放されるだろうと思った次第で。
あとは、それを取ってやればいいんですものね。
でも、あの暴れようだと、切り取ることも難しかったかも・・・と今になると思います。
焦ってると、ろくでもない方法を思いつくもので・・・(笑)

サンディの奥深い不思議な行動・・・ん~ぷりんさんの的確な仰り方に、なるほど、奥深い・・・そうかぁと、妙に納得です。
普段絶対そんな行動をしない子なのに。
立ち上がってまで噛むってよっぽどでしょうね。
サンディ自身も必死だったのかもしれません(^^;)
グレはその後、暫く落ち込んでましたが・・・
無事に爪も切らせてくれて、1時間後には、ご飯のおねだりにやってきました(笑)
嫌な事はすぐ忘れてくれるので、助かります。
引越したら新しい畳で、上敷きも敷きますので、
こういうことは起こらなくなるだろうと思います。
とにかく、表面が傷んできたら、速攻で上敷き取り替えることにします(笑)
あとは、いかにグレの爪を、嫌がらずに切らせてもらえるか。
ここんとこ、大事ですよね。

くーちーママさんへ☆

おはようございます♪
サンディを褒めてくださってありがとうございます♪
噛まれた私ですが、妙に嬉しくなります(笑)
そうそう、いかに私が慌てていたかは、その場に居た実家の母も呆れるほどだったとは思いますが(^^;)
そうですよね~サンディは私の母と同じくらいの年代と言ってもいいですから。
教えられる事も多々ありますが、叱られた事は殆どありません。
これは猫に叱られた飼い主として、貴重な思い出になると思います(笑)

絆、愛情に涙。

家主様、外は明るいけどおこんばんは(現在18:20)。

サンディ嬢にはかないませんね。
感動で・・・ナミダです。
パニックに陥った家主様を正気に戻す為にとった行動、本当にスゴイです。
どこまで賢いのでしょう、そして深い愛でしょう。
こぶたさんも言ったらっしゃいますが、これこそが「ねこものがたり」ですね。
その光景が目に浮かんできます。
サンディ嬢、やっぱりすばらしいです。
なんと懐の大きな、器の大きなお嬢なのでしょう。
グレ坊の一件で改めて深い深い絆を知ることとなりましたね。
グレ坊にとってはとんだ災難で、最終的に何事もなくてよかったのですが、すばらしいお話が聞けて胸がじ~んとしております。
ワタクシもかつてピエが幼少期の頃に『ニャッ、ニャッ、ニャ!!』と苦言を呈されたことがあります。
普段はほとんど鳴かなかったのに、イラついて情緒不安定気味のワタクシの前に立ちはだかり、言ったあの時のこと。。
我に返りましたよ。
地震の前に大暴れして外出予定を引きのばしてくれた事も。
あと1分狂っていたら、階段から落ちて大怪我していたかもしれません。
大切な存在は不思議な力と絆で守ってくれるんですね。
愛のなせる業・・・ですね。

ピエールさんへ☆

こんばんは♪
コメントを拝読した時には、こちらもまだ明るかったのに、
用事をしてる間にすっかり暗闇に呑まれてしまいました(^^;)

あんなに何度も何度も、私を噛むなんて、今思うとびっくりだし、不思議ですが、
やはり皆さんも仰るように、私のパニック状態を危惧して?のことかもしれませんよね。
猫も伊達に歳を取ってるわけではないのですね(笑)
自分でも不思議ですが、何か目の前で起こっていても、
片方で割りと落ち着いてる自分がいるのに、
この時は初めて、私に何が起こってるか感じても見えてないという、
非常に変な感覚を味わいました。
痛いのにわからない、誰かが何かをしてるのかも、、、っと、
ぼーっとした中の、夢のような変な感じだったのですよ。
だから、サンディが噛んでたことに気づいた時、
ああ、だから痛かったのね?と・・・(笑)
競走馬のように視界がものすごく狭くなったのかもしれません。
サンディはそれを察知したのかもしれませんよね。
うちの母なんか、慌ててる私を割りとのんびり見てるだけでした(笑)
サンディの方が、私を気にしてたのか・・・そうか・・・(爆)
私もサンディのように、賢くなるよう頑張ります(^^;)

グレは幸い、爪がもげることもなく、無事畳から脱出(笑)してくれたので、本当にほっとしました。

ピエールさんも、ピエール坊やに助けられたことがあるのですね!
何だかそれも深いお話・・・
絆って、こういう時にひしひしと感じることがありますね。
ピエール坊やも、ピエールさんの心にしっかりと寄り添っているのですね♪
種類を超えた愛と絆。私こそ、ピエールさんの素敵なお話を聞かせていただいて、
感慨深いものを感じております。ありがとうございます♪

グレ君大変でしたね^^;無事救出出来て良かったです^^
爪切り 結構皆さん手を焼いてらっしゃるのですね?^^;
我が家は週1で切ります^^ムースケだけ長い入院中に
嫌な思いをしたのか(以前は平気だったのに)嫌がりますが、最近は 褒めちぎって終わらせますwwだいたい1ニャン2分程度で終わらせてくれるので助かります^^

爪きり嫌いな子には もう眠くてしょうがないって時がお勧めですww 眠さで抵抗できず 少し撫でてやると直ぐまた眠くなるので
こう言う時が狙い目ですww

ろびんのすけさんへ☆

こんにちは♪お久しぶりです^^

グレの件では、あまりに悲鳴がすごいので、こちらもテンパッてしまいました(汗)
サンディに叱られるのも無理はないかと・・・(苦笑)
事なきを得たので良かったですけど。
ろびんのすけさん宅では、睡魔がチャンス!なのですね!
切ってる最中に、目が覚めることはないのですか?
私も以前試したことがあったのですが、
残念ながら、切り始めると、シャキーン!と目が覚めて逃げ出してしまう子が殆どでした(笑)
肉球をコチョコチョしてもグーグー寝てるくせに、なんでよ~~!ってがっかりしたことがありました。
1ニャン2分程度で終わるなんて、羨ましい!
みんな、本当に良い子ですね(^-^)
非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード