FC2ブログ

迷い道くねくね。

                matinami1.jpg

桜 濃色 地元の一風景。
気になるものがあって、施設からの帰りにタクシーの中から撮りました。
「中華ちゅー」。こういう看板を見ると撮りたくなってしまいます。


今日は朝6時半起き。早く寝ようと思ってベッドに入ったのに、寝付いたのは午前3時半。
3時間の睡眠です。ちょっと辛い。

でも、今日は寝坊できません。
朝8時31分に出るであろう枚方行きの京阪バスに乗るため、8時10分には家を出ました。
でも、バスはその時間に来たものの、一向に出発の気配なし。
あれ?と思ってると、8時台は47分に出発するのでありました。
これなら、もう少し家でゆっくりしてれば良かったなぁ・・・

枚方市駅に行くのは、昨年の12月以来、約3ヶ月ぶりです。
着いたらとりあえずトイレに行きたい!と思ってたのに、
今朝のバスは、この前と違う場所に到着。
困ります。少しでも場所が違うと、私の記憶が飛んでしまうからです。
ええ??トイレがあったビルは一体どっち~~!?

ウロウロウロウロ。ヤバイ!急げ!あかん~~~~!(汗)

なんとか記憶にある場所を見つけ、そこから辿って無事にトイレに辿りつきました。

そこからタクシー乗り場に向かい、施設へ。
約束通り、午前10時前に着きました。

今日は義父のCT検査。施設から、脳外科のある病院へ向かうことになっていました。
1Fのスタッフルームの前に行くと、職員さんから今の義父の状況を簡単に説明されました。
また、下の入れ歯をなくして、どこを探しても見つからないので、
歯科問診の時に作り直していいですか?とも。はい、お願い致します・・・。

義父はすでにそのスタッフルームの前の椅子に座っていました。
声を掛けたのですが、今ひとつ反応がありません。
顔を見ると、転倒時に出来た擦り傷で、顔のあちこちが赤く剥けていました。
打撲の後も少々。
鼻骨骨折したのですが、顔の雰囲気は以前のままでした。

「今日はふらつきが酷いみたいですので、ここから車椅子で行きましょうか?」と職員さん。
私が支えきれないかもしれないので、そのアドバイスに従いました。

職員さんの運転で、施設から10分ほどの病院へ。
そこからは、私と義父の2人です。
帰りはまた電話して迎えに来てもらうことにしました。

受付に行き、施設の提携病院からの紹介状、保険証などを提出。
問診票に私が代わって状況を書き込みましたが、義父の誕生日をとっさに思い出せず、
駄目かもと思いながら、義父に聞いてみました。
すると、自分の誕生日はスラっと言ってくれました。ほっ。

受ける科は脳外科。
診察を受け、まずレントゲン科に行きました。そこでレントゲンを撮って、
次は地下にあるCT検査室へ。

脳外科を出る時、院内の地図を渡されたのですが、
なにせ私は酷い方向音痴。
すんなりレントゲン室にたどり着けず、曲がらなくてもいい角を曲がってしまい、
実はすぐ傍にあったレントゲン室に着くまで5分以上、迷い道をしてしまったのです。

その後は地下へ。
そこでもやっぱり迷いました。

CT検査の後は、そのフィルムを持って、再びレントゲン室へ。
もうおわかりでしょう?
また行けないのです、レントゲン室へ。
今度は10分近く、他の病棟へ迷い込んでは引き返し・・・
ああ、もうまったく!

ようやく辿りついて、レントゲンのフィルムも頂き、脳外科へUターン。
はい、もういいですよね。ここでもすんなり戻れなかったのです。すぐ近くなのに。

義父は車椅子にずっと乗ったまま移動です。
私が迷いまくったお陰か、退屈しなかったようです(笑)

レントゲンとCTの結果は、転倒による骨などの異常はないし、
脳そのものにも大きな損傷はない。
ただ、小さいが脳梗塞が数個見つかった。
萎縮もしている。
これらは、老人性のものだそうです。
手術などは何も必要ないですが、転倒を防ぐのに、眠る時間が長くなるような薬を使っていかざるをえなくなるのかもしれませんねぇ・・・とのことでした。

脳外科の先生の診断を書いた書類を頂くのに、30分以上待たねばならなかったのですが、
じっと待ってるのも退屈でしょうから、その辺を散歩して来てくださいと。
ポケベルを渡しますので、鳴ったら脳外科へ戻ってきてください。

はい、わかりました・・・でも、散歩は・・・また迷います・・・

しばらく脳外科の前の椅子に座っていましたが、
あまりに退屈になったのでしょう。ふらつきが酷いのに、義父は立ってどこかへ行こうとするのです。
何度も何度もそうするので、そのたび「もうすぐお医者様に呼ばれるから座っててね」と私。

でも、もう限界かなあ・・・

そう思って、同じルートだけウロウロしてみました。
途中で見つけたコンビニに入り、義父が欲しそうな顔をしたので、
ドラ焼き1個とお茶を買って、ロビーで食べて貰いました。
もう12時をとっくに回ってたものね。お腹も空くよね。

でも、食べ終わると、また立ち上がってどこかへ行こうとします。
落ち着かなくなったのでしょうね。
あとは先生の診断書を頂くだけだし、先に車に乗って貰おうと、施設に電話して来てもらいました。
その直後、脳外科から呼び出しがかかり、診断書を頂いて、ようやく施設に戻ることが出来ました。

施設に着いたのは、午後2時前でした。
義父のお昼ご飯に付き合い、職員さんたちといろいろお話をさせて頂き、
この頃の義父の様子を詳しく聞くことが出来ました。

もう、下の世話になってるようです。
施設に帰って、すぐ自室のトイレに行ったのですが、
職員さんの介助がないと、きっちり出来ませんでした。
いや、介助があっても、排便の途中で立ち上がってしまい・・・
全部綺麗に始末を終えるのに、職員さんは四苦八苦されてました。

ここ最近は、おねしょも頻繁に起こるそうです。
もう義父はオムツのお世話になっていました。
下の世話をされるのも抵抗しないのです。
これは考えられないことでした。絶対それだけは拒む性格だよなぁ・・・と言われていたのですが。

昨年12月に会った時は、もう少ししっかりしていました。反応も良かったのですが、
姑の名前を出しても、反応が殆どなかったのです。
私の名前を聞いても、そうでした。
夫の名前と義弟の名前は、1度目に聞いた時はわりとすんなり答えたのですが、
帰り際にもう一度聞いた時には、思い出そうとしても思い出せない顔をして答えられませんでした。


施設の方からは、できるだけ会いにきてあげてくださいと言われました。
私は時間が作れるようなら、そうしたいと答えました。
近いうちに、長男も連れてくると言いました。
会いたいと言ってる姑も、一緒に行っても大丈夫かもしれないと思います。

その辺は、何とか日程を調整したいと思います。

私の食事は家に戻ってからようやくです。もう午後4時を回っていました。
途中のスーパーで買ったサーモンのお寿司と、
留守番に来てくれていた母が作ってくれた焼きそば。
どっちも一気に平らげてしまいました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆いただきもの

お友達のチビ君ママさんから、こんな楽しいプレゼントを頂きました。
チビ君ママさん名づけて「春の元気玉セット」。
子供になった気持ちでどうぞ・・・だそうです!


okasi9.jpg

箱一杯に、いろんな物が詰め込まれています。
ちょっと広げてみましょう。


okasi10_20090316174146.jpg

坦々麺きねうち生めん。辛いがうまいラーメンきねうち。生めん。
六花亭マルセイバターサンド。ふく茶漬け、梅茶漬け、さけ茶漬け、わさび茶漬け、たい茶漬け。
キットカットしょうゆ風味。ばかうけ。


okasi11_20090316174200.jpg

のり天キムチ味。激辛ホッと味。じゃがポックル。ヘーゼルナッツ入りミルクキャラメル。
しみチョココーン。カプリコミニチョコ味。小犬サブレ。小ねこサブレ。


sandy20.jpg

これはサンディへ。ウォルサムアレルギー用低分子プロテイン。
これをなぜ送ってこられたかは、またメールで教えて頂けるようです。


こんなにたくさんの元気玉。本当にお気遣いありがとうございます!
私の疲れを吹き飛ばしてくれること間違いありません♪
美味しく楽しく頂きます。いつも気にかけてくださって感謝です。
チビ君ママさんも、どうぞご自愛くださいませ。


スポンサーサイト



テーマ : 今日の出来事   ジャンル : 日記

お疲れさまでした。

家主さん、おはようございます。
昨日は、一日仕事でしたね。お疲れさまでした。
お義父さまの検査結果と治療方針がわかったのですね。
脳の委縮や下のお世話は、家族としてショックを受けます・・・ね。
脳の委縮が始まると、少しずつ少しずつ、ご家族のことを忘れてしまう時間が長くなるかもしれません。
会いに行って差し上げること、通うのは大変かもしれません、お義父さまにとって良いことだと思います。
こういうときに気の利いた言葉も見つかりませんが、お体にはくれぐれもお気をつけ下さいね。
応援しています。

チビ君ママさんからのあたたかい気持ちのこもった、美味しそうなプレゼントで、お疲れを癒して下さいませ。

お邪魔しました(^^)

こんにちは。(*^_^*)
今日は仕事しながら、家でのんびりしてました。
ブログ見させていただきました。
娘の子守をしながらですが・・(*´∇`*)。
時間があるときに、またゆっくり寄らせていただきます。
ブログ応援してます(^_^)/
それでは。失礼します。

年齢を重ねるって

家主さん、お義父様の状態が一刻を争うものでなくて良かった。
これからも!と?が沢山あるけど、皆で(ここんとこ重要)支えあっていってね。
誰に聞いたか忘れちゃったけど「年をとってボケるのは、神様からのご褒美」と言った人がいます。
周りの人は大変だけど、本人は自分の世界で自由になってるとか。
自分も労わりながら、会いに行って下さいね。期限が無いから無理せずに。

あ~元気玉、子供みたいでしょ。ばかうけは「群馬限定・ねぎ味噌味」です。
いい年なのに、嬉しそうに袋詰めしている私。怖いかも。

うさぎさんへ☆

こんにちは♪
病院での時間は長くなるだろうと予想はしてましたが、
肉体的より精神的に疲れますね、病院って(^^;)
結果はある程度仕方ないものだなと思いましたが、
施設の職員の方には更にお手数をおかけしてしまいそうです。
下の世話は特に大変だと思いますが、義父はオシメをしてくれるのでまだ良い方かもしれません。
私の祖母が亡くなる前に、やはり認知症になりましたが、
最後までオシメは拒否でした。
家中にオシッコを垂れ流して、着替えもさせてくれず、逆キレされて大変な思いをしたことがありますよ。
定期的に日を決めて通うのは無理ですが、最低でも月1~2回は行けるようにしたいと思います。
見てて思いましたが、家族がいる間は、職員さんも、他の方の世話に手を回せるのですよね。
あちらもこちらもは、やはりとてつもなく大変なのですよね。
入所者1人に、1人の職員さんがつくような施設はなかなかありません。
大抵3人に対して1人の職員さんが多いみたい。ここもそうなんです。
高いお金を払ってる意味がないと言う人もいるかもしれませんが、
お給料以上の過酷な仕事だと思いますので、
家族が訪ねて相手をすることで、職員さんの気が休まることもあるだろうなと思った次第です。
持ちつ持たれつ。何もかも施設にお願いするのは、心苦しくなりました。
それに、職員さんとももっと顔を合わせておいたほうが、いいですよね。

私はしっかり食べて、しっかり働いて、たくさん笑ってたくさん怒ってますから(笑)
疲れの中でも、札幌の友人と、イケメン執事でキャーキャー言って盛り上がってます(笑)

今日は母が来てくれたので、チビ君ママさんからのプレゼントの中から、
さっそく、六花亭のお菓子を一緒に頂きましたよ♪

KEEP BLUEさんへ☆

はじめまして。
つたないブログですが、見てくださってありがとうございます。
在宅のお仕事をされてるようですね。頑張ってくださいね☆
またお暇な時に覗いてやってください♪

チビ君ママさんへ☆

こんにちは♪
もう、盛りだくさんでワクワクしながら中身をあけました♪
どれから頂こうか、目移りして困ります(笑)
今日は母と一緒に、六花亭のお菓子を頂きました♪
美味しくてボリュームがあるね~!と言い合いながら。
本当にありがとうございました。
「ばかうけ」は群馬の限定お菓子なのですね!
この名前、良いですね~(笑)

義父の検査の結果、大事ではなくて良かったです。
脳梗塞の小さいの・・・と聞いた時は手術?って思いましたが、
そういうことはしないみたいですね。年齢のこともあるのでしょうし、
原因が老人性なので・・・ある程度誰でも起こることなのでしょう。
あとは、いかにふらつき・転倒を防ぐ方法を見付けるか・・・ですが、
やはりお薬に頼ること以外ないのかもしれません。
段々寝る時間が長くなると、足腰も更に弱りますよね。
そうして、精神面でも弱っていくのだろうと思います。
受け答えがちゃんとできる間に、もっと会いに行くべきだなと思いました。
支えあって・・・はい、そうします(^^)
私が義父のことや仕事のことで忙しい時も、夫が料理をしてくれたり後片付けもしますし、
母が留守番をして、サンディの給餌・投薬をしてくれることもあります。
直接義父に関わらなくても、そうやって支えてもらってるような気がします。
姑も、近くの病院と薬局なら、自分でゆっくり行ってくれるようになりました。
うっかりが多い人なので、気をつけて欲しいですけどね(^^;)
それに、ブログのお友達にも支えていただいております。
十分です。頑張れます(^^)ありがとうございます♪
あ、あと、欲を言えば・・・猫達が手を貸してくれたら嬉しいですけどね~(笑)
16本の手があるのですから!(笑)

「中華ちゅう」でお食事してみたいです♪

こんにちは♪
昨日は大変お疲れさまでした。
大きな病気が見つからなくてなによりでした。
手術なんてことになれば又大変ですものね。
私の母もMRI検査で小さな脳梗塞が幾つか見つかりましたが、それはあまり心配ないそうです。
大きい物だと薬か手術になるんだそうです。
それに海馬が萎縮して隙間ができていますし。
なので認知症になっているのですが。
転倒対策は、やはり薬で調節していくしか無いのですね。
難しそうですけれど、上手くいくといいですね。
お義父様のご様子、12月の時とかなり違うようですものね。

こういう施設で長く働いていらっしゃる方達、私はいつも尊敬しています。
福祉の現場のお仕事はきつくて、しかもお給料よくないのですよね。
国はもっともっと福祉や高齢者問題に力を入れるべきです。

大きな病院って絶対に迷子になりますよね。
私の通っている病院は、床にコースごとに色分けしたラインが引かれていて、X線検査は黄色とか、心電図検査は赤とかで、看護師さんが「○○色の線を辿って行って下さいね」と教えてくれます。
それでも診察室に戻る時、迷っている人いますけれど。

チビ君ママさんからの「春の元気玉セット」、とっても楽しいプレゼントですね♪
色んな美味しそうな物と一緒に優しさいっぱい詰まったビックリ箱ですね!

大変な一日でしたね。遠征ですねー、これは。
すごい迷ってかなりの距離を歩いてみたいだし(笑)
家主さんって、もうのすごい方向音痴だったんですね。知らなかったー。
これじゃ、お義父さんのほうが、先に着けるかも、わはは。
うちの父が亡くなったときはアルツハイマーではなかったのですが、最後はやっぱり私と看護婦さんでしもの世話をしていましたね。
全然なんとも思っていないみたいで、まぁそうなってくれたほうが、こちらはやりやすいかなー、うまいことできてるもんだ、なんて思ったりしました^^;

中華 ちゅー 、わたしもこういう看板を見ると写真をとりたくなります。
特にこちらは道の名前でかなーり撮ってみたい名前があるのですが、そういう時に限ってカメラを持っていないのですね、とほほ。

ぷりんさんへ☆

こんにちは♪
はい、ほんと、手術できないようなところに大変なことが起こってるとか、
そういうことではなくてまだ良かったと思いました。
小さな脳梗塞だと、やはりそういうものなのですね。ぷりんさんのお母様の時もそうだったのですね。
海馬の萎縮・・・段々そうなっていくのでしょうねぇ・・・
義父の海馬がどれくらい萎縮してるかまでは聞きませんでしたが、
それを防ぐことが出来たら、認知症も治療できるようになるのでしょうか?
12月に会った時から3ヶ月で、けっこう進んでしまったな。。。というのが印象です。
12月、2度目に行った時は村の人も一緒だったのです。
その時は、その人の名前もすぐわかって、「わざわざ来てくれて・・・」と話し込んでましたのに。
でもね、脳外科のベンチで待ってた時、「脳神経外科室」という看板を見て、
それを口に出して読んでました。
その時、義父の表情が少し硬くなったのを見逃しませんでしたよ。
ごくごく最初の頃、認知症じゃないだろうかと検査を受けに行ったところで、
義父は「なんでこんなアホみたいな検査せなあかんねん!」とか何とか怒ったそうです。
その嫌な記憶がふっと蘇ったのかもしれませんね。
私はその時立ち会ってないのですけど。
昨日お世話になった先生は、とても良い先生でした。
ニコニコとしたお顔で、義父に大きな声でいろいろ質問されてました。
義父には何を聞かれてるか、すぐにピンと来なかっただろうと思いますが、
先生のニコニコ顔につられて、ちょっと笑った顔をしてました。
お医者様も、相手を萎縮させるような、怒らせるような顔の人もたまに居ますからねぇ・・・
認知症になっても、そういうのは微妙に感じるのかもしれません。
この先生、ここだけのお話ですが、スリムなコロッケさんが岩崎宏美さんの顔マネをしてる感じの・・・(^^)方でした!
難しい顔をされる先生じゃなくて良かったです。

ヘルパーさんや介護職に就かれてる方の報酬を上げるように、国から支持がありましたね。
姑の部屋のの掃除をしてくださってるヘルパーさんもそうなので、
こちらから支払う分も値上がりになりました。
でも、安くて定着してくれない・・・ということなので、
優秀でやる気のある方にたくさん残っていただくためには仕方ないと思います。
見てると、ほんとに、大変だ・・・と思いました。
目の当たりにすると、つくづくそう思います。

>床にコースごとに色分けしたラインが引かれていて

あ!それは助かります!!そのラインがあるだけでも全然違います~!
とりあえず、そこを辿ればなんとかなりそうですもの(笑)
昨日の病院は、今ひとつ表示が少ないというか・・・壁にも張り紙して貰えると助かります。
でも、やっぱり迷う人もいるんですね~私だけじゃなくてほっとしました(笑)

チビ君ママさんからのプレゼントは、とても嬉しいです!
いつも気にかけてくださって申し訳ないです。
びっくり箱!あはは♪ほんとほんと♪
チビ君ママさんの思惑通り、思い切りびっくりしましたから私(^^)

「中華ちゅー」。これ、一度偵察のために入ってみるべきでしょうか・・・?(笑)

tieta4uさんへ☆

こんにちは♪
いや~ここから枚方の施設までは都合1時間半ほどですが、
病院でも迷ったので、歩きすぎです。夜は膝が痛くなっちゃいました(笑)
ええ?認知症の義父に負けてしまったら、私の方向音痴は病気以上ですよ、困ったのもです!(笑)

tieta4uさんも下の世話をされたことがあったのですね~。
下の世話って、羞恥心が邪魔をして、なかなかさせてくれない人もいますね。
うちの祖母がそうでした。もう大変。
義父の場合は、多分、もう何をされてるかわからない感じだからかもしれないと、
見てて思ったのですが、逆に言うと、羞恥心すら無くなったんだろうなという思いもあります。
人間って赤ん坊に戻って行くって聞いた事がありますが、そうなんだなと感じました。

tieta4uさんも、ぜひぜひ、面白い看板の写真を撮ってくださいね。
フランス語だから、私にはちんぷかんぷんなのかもしれませんが(笑)
でも、こういうのを撮りたくなるのは、tieta4uさんも関西出身の方だからでしょうか(^-^)

ひとつ曲がり角ひとつ間違えて

こんばんは。
睡眠不足の中、たくさん歩いて、たくさんお話も聞いて、時間も掛かって、お疲れ様でした。
方向が分からなくなる人って、見るべきでないものを見ていそうな気がします。
それじゃなくて、これを見るのよっていうポイントがあると思うのですが、
その場にいないので、何とも言えません。
ただでさえ、病院の中は難しいですよ。似たような部屋ばかりだものね。
時間をオーバーしてしまいそうで、焦りませんでしたか?

お義父様、緊急の手術が必要というわけではなくて、安心しました。
問題は転倒ですよね。打ち所が悪かったり、たまたま人がいないところで転倒されたりしたら、大変なことになります。
手を替え品を変え、睡眠剤を投与するしかないのでしょうか。
同じものを常用していると効き目もなくなりますものね。
ああ、ご自分のお誕生日だけはすらすらと言えたのですね!良かったです。
でもそれ以外の部分については、だいぶ記憶が曖昧になりつつあるようで、、
寂しい、辛い思いで読みました。
下の世話をされるようになると、ますます進行すると言います。
脳は、どこか特別な扱いをされがちですが、よく考えればそれも身体の一部。
お義父様はお義父様だし、これまで通り真剣に生きていらっしゃるのですよね。
もう転倒などすることもなく、心穏やかに過ごされますように。
ふとした瞬間に、輝くような顔を見せて、あれこれ思い出してお喋りしたりしますよ。
その時家主さんはおそばにいらっしゃるといいですね。

元気玉、というと「ドラゴンボール」を思い出してしまうわたくし。
こんなに豪華な内容の元気玉なら大歓迎だわ。
おしょうゆ味のキットカット、子ねこサブレが気になります。
今夜はよくお休みになれますように。

ねじっこさんへ☆

こんばんは♪
タイトルへの返歌・・・返歌じゃないですね(笑)ありがとうございます。
懐かしい歌ですよね~渡辺真知子さんの。

昨日はもうすごく疲れました。私のとんでもない方向音痴のせいで・・・
自業自得です、ええ(笑)
余計なものを見てる・・・あるのかもしれません。
でも、地図に書いてある目印が見つからないのですよ~~・・・
トイレ?ここのはずなのに・・・あれあれあれ?って(笑)
見方そのものを間違ってるのかも・・・ああ、方位磁石が必要ですね、私!(笑)
確かにちょっと焦りました。
脳外科からレントゲンに行くのが一番焦りました・・・

義父の状態がここまで進んでるとは思ってませんでした。
多分私の名前を思い出すのに、以前と同じくらい、あるいはほんのちょっとだけ遅いかも?
その程度に思ってたのですが・・・返事する様子事態がぼーっとした感じで。
お薬がある程度効いていたのもあるのかもしれませんが・・・
今月中に、出来れば、夫と姑を連れて行ってみようかな。
そういう話を夫としたところです。
眠る時間が長くなると、訪ねて行っても会えないことにもなっちゃいますね。
そうなる前に、行かねばならないと思いました。
本当はそういう薬に頼ることなく、穏やかに生活してもらいたいのですが・・・
まあ、そのお話は、脳外科の先生のお話なので、
こちらの主治医と施設の方で、どういう風に考えて貰えるのかは、また違う点もあるのかもしれませんが・・・。

姑を連れて行くのはいいのですが・・・
「あんなになってしまって可哀想に」と泣くのではないかと、そちらがやや気になります。
連れて行った時に、義父の顔の傷が少しでも薄れていることを願います。
または、新しい傷が出来てないことを祈ります。

元気玉、少しずつ頂いております(^^)
ありがたいです、本当に。
今夜は自分の時間をゆっくり過ごすようにしたいです。
明日、明後日はチャチャの歯石取りの件がありますので、
今夜くらいは、まったりしたいです(笑)
非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード