fc2ブログ

いろいろなこと。

taneko14_20200820201435730.jpg

☆三毛ちゃんが独立して2週間ほど経ちました。

もう、こんな光景は見ることが出来そうにありません。

あ・・・そうなのです。2週間ほど前からここに来なくなりました。

それまでの間、少しずつ食事場所が三毛ちゃんだけ変化が出ていて、廊下やテラスに入って食べることは減り、縁台に出しているゴンちゃんやなるとパパ、金太郎用のお皿から食べてどこかへ行ってしまう・・・

そんな行動が増えていました。茶四郎はチーチーにべったりで、2匹で「ご飯」と言ってやってくるのは相変わらずなのですが、そこに三毛ちゃんが混じることはどんどんと減り、ついに2週間ほど前から姿が見えなくなりました。

気づかない夜中の間にご飯がごっそり減っていることもあるので、食べにだけ来てる可能性は十分にありますが、家族みんな揃ったまま過ごして行くのかな?と思ってたけど、そうじゃなくなったみたいです。

私としては少し寂しいのですが、自分が他に居場所を求め出したのであれば仕方ありません。

ただ、とても楽しい時間をありがとう、どうか元気でいてほしい、そしてご飯はちゃんとここにあるからね!と。

三毛ちゃんにこの気持ちが届くよう願っています。



☆☆今日は、ピアノ搬入後のサービス調律がありました。


piano2_202008202014321ca.jpg

調律師さんが来られる前に、猫刺繍のキーカバーからベヒシュタインのキーカバーに戻す(笑)

調律師さんはベヒシュタインの正規代理店の店長さんであり、このピアノに並々ならぬ思い入れと情熱、誇りを持ってお仕事されているので、折角のキーカバーが猫に変わっていたらちょっとがっかりされるかも?と、そこは私も多少気を遣いました(^^;)

搬入から16日。初めて置かれる場所に馴染んでいくのに時間が必要なのですが、今日の調律では「除湿器のお蔭で狂いは殆ど見られませんね」とのこと。

除湿器、アドバイスに従ってハイブリッド型をすぐに探したのですが、なんということか、近くのお店は全滅。
ネットでもなかなか見つからず。メーカーのサイトも「品切れ」。

多分、最近の大雨続きのせいで売れに売れてしまったのかもしれません。

ようやく見つけたのを栃木の倉庫から取り寄せて送ってもらいましたが、梅雨が明けても思いのほか水がタンクにたまるのにはびっくり。

調律師さんも「こんなに溜まるとは・・・と皆さんびっくりするんですよ」と言われてました。

楽器に過度の湿気は問題ですから、早めに除湿器を設置出来て良かった。

整音作業をしてもらったので、鍵盤の粘りが減り、最初より弾きやすくなりました。

あと、調律師さんから「椅子の高さを少し高くしてみませんか?」とアドバイス。

私が習った子供時代の教育は、肘の角度が直角になるくらいの椅子の高さにする・・・というのが決まり事で、その椅子の高さのまま今も練習しているのですが、ピアノを試弾に行った時に用意された高さは、もっと高くなっていてびっくりしたのです。

「ヨーロッパの教育方法と、昔の日本の教育方法は全く違っていたので、椅子の高さに関しても今は変化していますよ」とのことでした。

慣れない高さだと弾きにくいのは当然とのことでしたが、それも慣れてくると色んな音色の出し方が容易になってくるそうで、実際後でトライしてみたら、なるほどな・・・と思いました。

でも、慣れないせいもあって、かすってしまうこともあり、ペダルも思いのほか踏んでしまったり、これはどっちの高さで練習を続けるか、自分の癖も考慮しながら決めていかなきゃいけないなという感じです。

調律では、写真のように大屋根を全開にしてるのですが、この状態で弾くと、165センチのピアノであっても、音のボリュームがやはりかなりありますので、この4分の1くらいの開き方にして弾くのがやはりベストと感じました。

本来、そういう角度で開くための棒は付いてないのですが、調律師さんが金属の棒を加工して付けてくださってます。

音場調整用のルームクリエーターは後日持ってこられるとのことで、今日は色選び。
部屋に合わせてアイボリーでお願いしました。

ああ、もっとうまく弾けたらなぁ・・・と毎日思っていますが、ベヒシュタインで40年以上もトップマイスターを務めた山内さんという方が、半年かけてドイツから掘り出してきたうちの1台です。

ド下手な私が持つのはもったいないピアノですが、生きている間に「最高の音が出せた」と言えるよう、必死で練習していきます。

猫が居なくなった後の人生は、もうこれだけが支えになっていくのでしょうから。



☆☆☆ドアの塗装は、実はお盆前から中断しています。

1枚目を塗ったのですが、どうも不具合発生。
素人目に見ても仕上がりが荒れている部分が数か所。

練習では起こらなかったことがなぜ起こる?

2枚目も同じことになり、積水の担当者さんに相談。

結果、このドアを販売しているパナさんが見に来ることになりました。

本当は・・・個人的には塗装のプロに見てもらった方が、すぐに原因が判るとは思うのですけどねぇ。

この自分で塗るドアは、コンスタントに売れている商品ではないそうで、自分で塗る人の数が思いのほか少ないのか、事例としても今まで見当たらないそうで、実際にどうなっているのか見たいとのことでした。

場合によってはドアを交換?となるかもしれませんが、どっちにしても時間がますます経過することに変わりなし。

この状態を受け入れて取り付けてしまって、後で上からステンシルしてごまかすとか、手はあるとは思いますけど、ムラなく誰でも塗れるというコンセプトで売り出している以上、やはり「これはちょっとどうでしょう?」というのは伝えたいと思っています。

アイボリー系のペンキだから余計わかってしまうんだろうと思うのですけど、色に関係なくがさついた状態になってしまうのは、どう考えても下地処理が粗いからとしか、私には思えないのですけどねえ。

しかも、同じような箇所で2枚とも発生してるのは、道具のせいでも私のせいでもないような。

ということで、本来なら17日には「取り付けお願い」と電話するはずだったのが「なんか変で中断してる」という連絡になってしまい、引っ越しの準備も進まないままです。

それでも、関係のないダイニングに置くテーブルとイスは今日購入。後日配達されます。
カーテンはやはり月末近くかなあ。

キッチン台の収納部分に何が収まるか、何があぶれてしまうかも少しは把握。

まだこんな状態で、家の中はほぼほぼがらんどう(笑)

近々、電気屋さんなどにやはり直接見に行って、買い直しの家電は探して来なければなりません。

担当者さんが「○○さんのケースは同じ敷地内移動だから余裕がありますが、本来なら一度どこかへ引っ越してから~となるので、それに比べると随分楽ですよ」とのことでしたが、確かに。

一度どこかへ移動するってったら、猫もいるし、OKなマンションを探すのも一苦労だし、荷物を纏めるのも相当大変だったはず。

ともかくも、早く終わらせて、引っ越し完了のコーヒーでもゆっくり味わいたいものです。






スポンサーサイト



テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード