FC2ブログ

入院中。

taneko44_20190906000319e75.jpg

以前載せた写真。

居候中の野良チビ三毛ちゃん、明日の不妊手術を控え、今日夕方から入院しています。

うまく保護できるかどうかドキドキでした。茶白ちゃんが三毛ちゃんと同じ保護器で食べようと入ってくるのですよ。
別に置いてあるのに、どうやら茶白ちゃんは誰かと一緒に食べるのが好きみたい?(^^;)

ってなわけで、万一一緒に入った瞬間に扉が落ちてもまずいので、扉と踏み板を繋ぐ鎖は予め外し、紐を付けて私が引っ張るという方法を取りました。

カタンという音にはすっかり慣れている三毛ちゃん、扉が落ちてもそのままご飯を食べ続けていましたが、出ようと思ったら出られないので、流石にアタフタ・・・。ごめんね~~(--;)

三毛ちゃんと同じ保護器で食べたがる茶白ちゃんは、どうやっても中に入れないので、周辺を右往左往。

「あなたのは隣の保護器にあるでしょう?」と何度言ってもわかるわけなく。

で、三毛ちゃん、タクシーが来るまでキッチンで大人しくしてくれていました。

今日は時折天気が悪くなり、いきなり雷が鳴ったり横殴りの雨が降ったり。

保護した途端、また雨が強くなったので、少し待ってからタクシーを呼びました。
こんな時はタクシーも来てくれないことがあるのですが、今日は5分ほどで来てくれた!

そして、タクシーに乗ったら太陽が出てきてすっかり天気は回復。良かった。

病院に着いて、手術を受け持って下さる女医先生に色々説明し、チーチーと同じ条件でお願いしておきました。
耳カットは同じように左側。

同意書にサインし、お迎えは明日の夜ということで、三毛ちゃんの顔を少し見てから病院を出ました。

チーチーは三毛ちゃんが連れて行かれる時も慌てず怒らず。

茶白ちゃんは三毛ちゃんがいない事を少し不安がってる様子もありましたが、今はテラスで親子並んでぐっすり寝ています。

頑張ってね、三毛ちゃん。一泊余計になってしまうけど、確実性を高めるため致し方なく。

帰ってきたらご飯一杯食べてください。

さて、残るは茶白ちゃんだなあ。

この子の場合、三毛ちゃんと同じ保護器に入るので、その辺タイミングが難しい。

でも、見てると、後から入ってきた茶白ちゃんが横取りするので、三毛ちゃんは隣の保護器に移って別のお皿から食べることが多い。

そのタイミングで茶白ちゃんだけになった時に紐を引きますかねえ。。。

今日のことで警戒心がちょっと生まれたようですので、こちらも焦らずやっていこうと思います。

今年中に茶白ちゃんも終えたら、今回は我が家としては久々にまとまった数の不妊手術となります。

チーチー、ペー、三毛ちゃんに茶白ちゃん。

保護器も新旧合わせて2台に増えましたが、もう活躍することがあんまりないよう願いたいものです(^^;)



☆パナソニック見学。

先日、パナソニックのショールームをハウスメーカーの担当者さんと一緒に見学してきました。

グランフロント大阪南館。どこやねん、それ(笑)

大阪人の私、完全引きこもりが長いため、大阪周辺がどんどん開発されて姿を変えていることに付いて行けない。

地下街なんか「梅田ダンジョン」と呼んでますから、迷ったら出てくる自信まったくありません。

夫も一緒の予定でしたが、親戚に不幸があってお通夜になってしまい、担当者さんと私の2人で行きました。

今回は室内ドアに関してだけの見学だったので、予約は入れず、自由に見て回りました。

以前リクシルに行った際、「自分で色を塗る扉がパナから出ている」という新情報を貰ったので、それを見に行ったのでした。

色々係の人に訊いたところ、素材のドアのまま取り寄せても、一番基本のクリア塗装だけはしないと使えないということ。
劣化防止のためだそうです。

あと、塗る作業はパナソニックに頼んだりしても受け付けてはおらず、自分で塗るか職人さんに頼むかということ。

そうですよね。だってこの扉のコンセプト、「自分で好きな色に扉を塗る」ってことなんですもん。
気に入った色が無い場合、自分で好きな色に塗った扉を設置出来たら楽しい空間になるよね!というテーマ。

なので、担当者さんは少々不安に思っているようでしたが「自分でやります」と伝えました。

練習できる場所は色々ある。もう母屋は法事では使わないし、何色に建具を塗っても構わないやーん。

私は完璧に作り上げられたスキのない物ばかりでなく、どっちかというと古い喫茶店をリフォームしたような、ちょっと味のある空間や建具に興味がある方なので、少々失敗してもそれはそれでよいと思うタイプです。

ましてや、自分の家なんですから(笑)誰の目線を気にすることがありましょう。
おまけに、そのドアの場所は、玄関に他人様が立っていても、まず見えない角度にある扉。

どうしてもこのドアをグリーン系にしたいのですが、プリントよりペイントの質感が欲しかったのです。

他の引き戸の部分も採用したらいくらになるんだろう?と、担当者さんがパナさんに見積もりを取ってくれることになったのですが、家に帰ってパナさんから貰ったカタログをよく読んでいくと「開き戸のみ対応」とありまして。。。

おお、そうだったのか・・・だったら採用できる箇所は1か所だけじゃ・・・。

ちょっとがっかりしたのですけどね。

でも、プリントタイプの中に好きな感じのドアが見つかったので、それは寝室に採用したいなと思ったり。

トイレはハウスメーカーさんの戸でいいかなって思ったり。
使い分けることになりそうです。

ショールームの一角を借りて打ち合わせを続けましたが、その際、扉の統一感について担当者さんが言った言葉が少し引っかかりました。

「このエリアは寝室2つにトイレの戸と、3つの扉が目に入る場所になるので、同じようにした方が仲間はずれにならないからいいのでは?と思います」

仲間はずれ・・・ん?

勿論、すべて規格・色など統一してすっきり美しく見せるのが好きな方も多いことでしょう。

しかし、私はもとからはみ出してる人なので(笑)

「私は全部違っていいくらいに思ってますよ」と言っておきました。

寝室は揃えてもいいけど、トイレまで他の部屋の扉との統一感は要らないなぁ。

むしろ、全然違う方が変化があって楽しい。

部屋ごとに少し雰囲気が違う方が気分転換出来ますし。

もっとも、周囲とのクロスとのバランスとかもあるんでしょうけど、突拍子もない色が並ぶのでない限り、同じシリーズの扉で揃える必要はないと感じています。

仲間はずれという感覚がどうにもな~と、そんなことまで気にするなんて、きっとはみ出すことのない性格の人なんだろうな。

私は完全にインドア派なもんですから、家の中で変化がまったくないのはかえって耐えられませんわ。

最初に言ったのですが「遊び心がない家は辛い」。

ちょっとした小さなポイントでいいのですよ、大掛かりなことではなく。

だから、ドアの取っ手にこだわったりするわけです。

何とも言えない手作り感がある家を見た時は、私はほっとすることがよくありますが、少し不器用でも住んでいる人の手が加わった場所というのは、既製にはない何かを感じます。それが好きなのです~~。

なので、塗るぞ~~!とやる気満々ですよ(笑)ちょっと失敗?いいじゃない♪それも思い出です。

既製で探そうとすると気に入った物がない・・・そんな時はプチDIYです。

ドアの取っ手だって、クールなシルバー色を好きな真鍮色に塗り替えるペンキも見つけております。

ええ、こうなったら、あとで自分でちょこちょこと変えてやる(笑)

海外の人って気分を変えるのに自分で壁まで塗ったりするのに。

そこまでは出来なくていいから、「無いから妥協した」が増える家には極力しないよう、工夫をしていきたいと思いました。

それはそうと、ショールーム、ずーっとショパンが流れておりました。

協奏曲1番の2楽章まで流れていて、ちょっと楽しかったです。
スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード