FC2ブログ

流石だね。

yamuyamu58_20180927202536f8d.jpg

若かりし頃のヤムヤム。


今日はヤムヤムの葬儀でした。

朝9時頃、実家の母がやってきて、早々に「ヤムちゃんは?」と言うので、安置してる所を指さすと、覗き窓から一生懸命見ていましたが、中が暗くて見えないので、「開けてもいいんだけど」というと、箱を開けてヤムヤムを暫く撫でていましたよ。

出発前に綺麗な花を沢山入れ替えて、好きだったモンプチのおやつカリカリも少しティッシュに包んでおきました。

タクシーさん、予定通りに到着。

家を出る時、母が「ヤムちゃん、バイバイ」と言って見送ってくれました。

で、少し早めに着きましたが、葬儀開始です。


これまでと少し違って、愛護協会さんのやり方も若干バージョンアップ?

以前は本当に飾り気がなくて、お花も少ししか一緒に火葬できなかったりでしたが、今回は電話で聞いていた通り、箱いっぱいに入れたお花も全部OK、カリカリもOK!

これまでの子達の中で、一番豪華で美しい葬儀をしてあげることができました。

となるとね・・・以前の子達が侘しく思えてきちゃうんだけど~~。

火葬中も部屋の前に「葬儀中」という立札が立てられました。
これも以前はなかった事。

待合で待つ間に、骨壺を選び、覆いもあんずとチャチャと御揃いの金糸の物にしました。

骨壺は中サイズです。

これで入りきる子もいれば、入りきらない子もいるんですが、ダメだったら追加でもう1つ小さいのを買うつもりでした。


火葬時間はおよそ50分弱。

いつもあっという間ですね。。。


お骨上げの時間となり、いつものように骨壺に全部入れて持って帰るぞ!と思って、せっせと入れていたのですが、ん~どう考えても入らない。
中サイズだけじゃあかん・・・と思って、小サイズも追加購入です。


さて、骨壺に納めるのは何とかギリギリ入ったのですが、記憶に残るエピソードをここでヤムヤムがプレゼントしてくれました。

ただ1本の骨だけが・・・

夫が言うには「多分大腿骨あたりじゃないのか?」とのことなのですが、沢山あるお骨の中のこの1本だけが・・・

どうやっても・・・何をやっても・・・頑張っても・・・力んでも・・・

割れませーーーーんっ!!

骨壺に入れるには、長いままでは入らないので、ある程度割って入れますよね。

それが、どうしたことか、この1本だけがどうしても割れないのです。

他の骨は、お箸でカンカンと突くと2つに割れてくれるのですが、この1本だけどうやってもダメ。

格闘するも疲れてきて、夫にバトンタッチ。

しかし、夫も「ん・・・割れへんなあ・・・」

見かねた係の人が「この上でやってみたらどうですか?」と、お箸を置くお盆を差し出してくれました。

火葬は柔らかい厚手のフェルトのような生地に亡骸を乗せて行うので、そのままその生地の上でやっても、力がうまく伝わらないのだろう~ってことのようですが。

そちらは夫に任せ、私は残った小さな骨も全部掻き集めて骨壺へ納めておりました。


だけど、後で夫に尋ねると「それでも割れなかったので、結局自分の手で割った」と。

ど、どんだけ硬いんや~~い!婆ちゃんの骨!

こんな事、初めてでした。

あの丈夫な1本は、きっとヤムヤムの強さを物語る骨なのでしょうね。

ワンコさん用の大きな骨壺だったら、割らずに入ったのでしょうが、それはさすがに安置する場所がないので、仕方ありません。

そんなこんなで、「さすが、鬼のようにミルクを飲んでいただけあるなあ」と妙な感心をしながら、斎場を後にしたのでした。


タクシーで到着した様子を見られていたのか、斎場の方が「タクシーを手配しましょうか」と言ってくださったので、お願いしました。

行きは普通の道で行きましたが、帰りは高速に乗ってもらいました。

思いのほか、早く帰宅出来、少し休んで納税業務。

10月1日が納付期限だったのを忘れていたのです。危ない危ない。


帰宅後、暫くして、くおんさんからお花が届きました。


kuwonsanyori1.jpg

ヤムヤムの事を見守ってくださって、本当にありがとうございました。
早速、傍に飾らせて頂いております。

その後、ピエールさんからもお花を頂戴しました。

pie-rusanyori6_20180927202534099.jpg

ほんとにいつもすみません、ありがとうございます。

お二方からのお花と病院からもらったお花を少し頂いて、メモリアルキャビネットにも飾らせて頂きました。

ヤムヤムがここに入るのはもう少し先ですが、これで本当に茶団子3兄妹は旅立ったのだなと、今凄く実感しています。


猫生活25年目。

最初にサンディを保護し、次にチョボを保護し。
当時は家の中に2にゃんだけ。

今、その頃に戻ったわけです。

庭猫家族は、チーちゃんが居なくなってしまったので3にゃんだけ。

なんとお世話の手応えが無くなった事か。

これまで、朝、夕とご飯時は忙しく、家の子達も治療や看病で忙しく、今、物凄く暇になっている事が変な気分です。

しかし、みんにゃが無事で、私が暇なら言う事ありませんよね。

こういう時間がもっと長く続きますようにと、思う次第です。

本当に皆様、ありがとうございました!


さて・・・。

やっぱり来そうだな、24号。

21号で被災したのに、またかよ・・・。

どうにか前回より被害がないようにと祈るしかありません。

皆様もどうぞお気を付けください。
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード