FC2ブログ

跳べ!ヤムヤム!

yamuyamu51_201809250610254f7.jpg

19日に夫に抱っこされるヤムヤム。

失明してから2週間ほどの間に、色んな事がありました。

アンヨが動きにくくなったり、認知症らしき行動が出たり、あれよあれよという間に寝たきりになったり。


今朝5時半過ぎ、ヤムヤムは21歳1か月25日の長い猫生を終え、天国へ飛び立ちました。

寝たきりになってから、一生懸命自転車を漕ぐような、走っているような動きを亡くなる前々日まで続けていたヤムヤム。

ちょっと長い助走でしたから、思いきりジャンプして天国へ行ったのだと思います。

なんてたって、脚力抜群の子でしたから。


21年前の夏の雨の夜に、チャチャと共に夫に保護された時は生後10日ほど。

あれから21年なんて、アッと言うまで、一杯思い出があるのに、一杯あり過ぎてすっきり思い出せません。

サン・チョボ家で一番のご長寿になったヤムヤム。

まあ、マイペースで、怒られてもキョトンとしたまま「フワ~?」と鳴いて、クリクリした目でこちらを見たり。

名前を呼ばれるとお尻を上げて「フワ~ン」と返事をしたり。

撫でられると嬉しくて、条件反射で涎ポタポタ。

ヴィダル・サスーンのシャンプーの香りがなぜかお気に入りで、お風呂から上がったばかりの私の髪を噛み噛みキュキュ~っとしてくれて、折角洗ったのに涎べたべた・・・

三角蹴りが得意で、隠居にいる頃はチャチャと一緒にガラス扉の桟によくジャンプして蹴り飛ばして着地してました。

結構煩かったなぁ。ガラス、割れるかと思った~~。

とにかく活発。気力体力も充実して、大きな病気は老齢になるまで無し。

一番苦労したのは便秘でした。


ネックリージョンも1本だけの処置。

肛門膿炎は数回あったっけなあ。

腎不全は15年4月に発覚。

あとは膵炎、網膜剥離による失明、認知症、寝たきり・・・と、今月に入ってから亡くなるまでの間に、バタバタと重なった感じです。

あ、入院も2度あったか。

20歳になる前と、21歳になる前と。でも乗り越えました。

腎臓の数値も、退院後よく下がってくれて、あのまま悪化の一途を辿るのでは?と不安だったのを払しょくしてくれた。

大したもんです。20歳で復活劇を遂げるなんて。

14歳の時には獣医師さんからアンヨの筋肉量が物凄い!とびっくりされたこともありましたが、こういった恵まれた体力も色々乗り越えてこられた理由だと思います。

寝たきりになって1週間目。

ただただ、静かに過ごしていましたが、最期は本当に静かでした。

にゃんこのばあやさんがコメントを下さった通り、眠りにつくまで静かで長い時間を要しましたけど、自然に召されるとはこういう感じなのかと、初めてこういう最期を見たので、何もせずに見守って送りだすことも大事なことだなと思いました。

ただ、ヤムヤムの場合、あんずのように腎不全の末期の末期まで至っていなかったお蔭もあって、このような最期になったと思います。

食べられなくなり、動けなくなり、水を含ませることも出来なかったのですが、これは彼女が「もうこういう状態だから」と教えてくれたのですね。

ありのままに亡くなるというのを見たような気がして、本当にお疲れ様という気持ちと同時に、立派でした!と褒めてやりたいです。


これで、茶団子全員、天国に行きました。
向こうでの猫団子、きっとあんずとチャチャも喜んでいることでしょう。

何年ぶりでしょう、一緒になるのって。


私にとって、ヤムヤムを始め、あんず、チャチャの茶団子は、また特別な思いがあります。

本当の兄妹のように子供の頃から仲良く育った子達。

色柄も偶然一緒で、知らない人が見たら絶対みんな血が繋がってるって思いますもんね。

赤ちゃんで保護した飲茶姉妹。

ミルクをやったり下の世話をしたり、初めての事を体験させてくれた姉妹。

そんな飲茶姉妹を妹のように可愛がっていたあんず兄。

本当に仲良くて、いつまでも見ていたい3にゃんでした。


ヤムヤム、一杯思い出がありますが、また折りに触れ書いていけたらなと思います。


サンディが亡くなった時、一つの時代が終わったと思いました。

ヤムヤムが亡くなった今日、二つめの時代が終わったと感じます。


残ったのはグレとライス。

母屋に引っ越してきた時は7匹居たのが、10年ほどで2匹になりました。

寂しくなりました。


しかし、これまで何かと介護続きだったせいもあって、グレやライスをあまり構ってやれてこなかったのも事実。

これから時間を取って、沢山遊んであげるようにしましょう。


今日は午前中の内に病院へ色々お返しに行き、院長先生にもご報告をして、棺を貰ってきます。

花も買って綺麗に棺に収まってもらって。

葬儀はまだ電話してませんが、木曜にしたいと思っています。

明日は・・・ん~・・・急だな・・・少しお別れの時間が欲しいなってことで。


今まで長い長い間、ヤムヤムを可愛がって、心配も応援もしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

ヤムヤムは充実した猫生を、沢山の家族と共に存分に楽しんで過ごしてきました。

なので、拍手で送りだしてやってください。

これまで色々お世話になりましたこと、心よりお礼申し上げます。



yamuyamu20.jpg
yamuyamu16.jpg

ともに12歳の誕生日の写真。


スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

立派でしたとも!

ヤムヤムちゃん、家主さん、本当にお疲れ様でした。
安らかな旅立ち、大往生でしたね。
ピンクの肉球の写真を見た時に、お母ちゃん、ありがとう!
というメッセージを感じたのです。
さすがに、まだ生きている時にそれは書けないと思い
遠まわしな言い方にしましたが。

ヤムヤムちゃんも家主さんも頑張りましたね~!
立派でした!

ブログを拝見しながら、チロベエとのことをたくさん
思い出させてもらいました。
本当にこれで良かったのか、という思いに付き纏われていましたが
気持ちの整理をすることが出来ました。

家主さん、お疲れが出ると思いますのでゆっくり
お体を休めて下さいね。
ヤムヤムちゃん、安らかに!
あんず君とチャチャちゃんによろしく!

ヤムヤムちやん。家主さん。
お疲れさまでした。

本当にまた、一つの時代が終わってしまったような寂しさを感じます。
とても立派な最期だったんですね。
本当にあっという間で。
少し前にとてもとても、元気で高齢猫とは思えない魅力的な、クルクルの目や、脚力。
是非うちもミュータもヤムちやんみたいにと、思っていたのですが。

順番に命は流れるものと思いつつもとても寂しいです。
お二人ともおつかれさまでした。
また会う日まで。

言葉が見つからなくて。

家主様…この度は…
ほとんど毎日、更新の有無にかかわらず伺っておりました。
ヤムたん、、ごめんね、言葉が見つからない。
今朝早く、5時に起きるので、今日もヤムたんにとって穏やかに過ごせることを、って祈っていたのですが。。
不思議なことに今日は1人きりで学校を出ました。
普段は絶対にありえないことです。
そして駅のホームでヤムたんの旅立ちを知りました。
人がたくさんいましたが、涙があふれてスマホの画面が見えなくなりました。
人目もはばからず涙してました。
ヤムたんのお目目が見えなくなってから、何度も何かコメントしたい、しなくては…でもできなくて。。
言葉が出てこなくて。気持ちの整理が上手にできなくて。
ゴメンね、ヤムたん。家主様。
さびしいなぁ、、悲しいなぁ、、さびしいよ。。
『ヤムヤムは充実した猫生を、沢山の家族と共に存分に楽しんで過ごしてきました。

なので、拍手で送りだしてやってください。』
おかあちゃんの言うとおり、きっとそうに違いない。
頭では理解できる、、出来るんだけど、、ごめんなさい。家主様。

ただ、いま言える言葉は
ヤムたん、頑張ったね。本当にお疲れ様でした。
大好きだよ、ヤムたん。
これからもずっと大好きなまま。


また改めてまいります。

にゃんこのばあやさんへ☆

こんばんは。

色々とチロベエ先生の時のお話を伺っていたこともあってか、私もわりと落ち着いてヤムヤムの最期を看取ってやる事ができたように思います。
さすがにぼろぼろ泣きましたが・・・。

ヤムヤムの一生は、赤ちゃんの時は怖い思いをしたと思いますが、我が家に来てからは、本当に明るく活発で、何も意に介さないような大胆な可愛い子に育ち、そのままお婆ちゃんになった子です。
高齢になってから、色々闘うことも増えましたが、こんなに長く一緒に過ごしてくれて感謝しかありません。

肉球のピンク色のメッセージ、何だか私も思うところがあり。
弱っていく中でも、貧血の治療はうまくいったというのがヤムヤムらしい運の良さというか、強さというか、「ほら、大丈夫でしょう」と言ってるような。

ヤムヤム自身は、急に目が見えなくなったり不安も抱えたかもしれませんが、とにかく強かったことが救いですね。
私の中には、何の悔いも残らない介護でした。

今日は病院から帰って、棺に納めた後、さすがに晩御飯まで寝てしまいました。
あまりゆっくりする時間もないのですが、好きな事も少しずつ再開しながら、また進んで行きたいと思います。

いつも見守ってくださって感謝しています。
ありがとうございます!

くおんさんへ☆

こんばんは。

いつも心配してくださってありがとうございました。

くおんさんとも長いお付き合いになりますが、お知り合いになった頃から比べると、本当に猫達もいなくなり、茶白チームの最後の子も、今日旅立ってしまい、寂しくなりました。
長い長い年月を共に過ごし、色んな事を見てきたヤムヤム。
21歳になるまで、よく治療にも付き合ってくれて感謝です。
体力がある子だったので、ギリギリまで致命的な事にならなかったのかもなあと思います。

天真爛漫な姿が見えなくなるのは寂しい限りですが、また会えると信じて私も過ごして行きたいと思います。
応援、本当にありがとうございました!

ピエールさんへ☆

こんばんは。

こういうことになってしまいましたが、最期は本当に静かで、寝たきりになってからの1週間は飲まず食わずで静かに過ごしていましたので、ヤムヤムにとってはその方が楽だったのでしょうね。
色々思いはしましたが・・・治療のやめ時、今回は間違わなかったと思っています。

しかし、21年は長いですからねぇ。。。
それがピタリと止まってしまうことは、さすがに寂しいものです。

寝たきりになってから今日までの間に、さすがに体はどんどん小さくなりましたが、横顔がチャチャそっくりになって、「チャチャ~」と間違って呼びかけたこと数回。
姉妹だったんだなあ、実はよく似てたんだなぁ・・・と、細くなった顔を見てしみじみと思いました。

それにしても逞しい子でした。生命力に溢れていましたね。赤ちゃんの時から猛烈でしたから。そのまま年を取っただけ・・・という。
赤ちゃんで捨てられて怖い思いもしたと思いますが、体力気力活力に恵まれたお蔭で、これまで色んな事を乗り越えて、十分楽しい一生だった筈。
見事な猫生だったと、親ながら感心しています。

ピエールさんにもいっぱい応援、心配、またある時には共に喜び安堵して頂き、感謝しています。
長い間可愛がってもらえてヤムヤムも喜んでますよ。
本当にありがとうございました。

ピエールさんご自身も何かとお忙しい身、無理せずお過ごしくださいね。

No title

こんにちは。


なんというか…2.3週間で一気にいろんな症状が出てきて
だけどまだなんとなくこのまま右往左往しながら
ひとつづつ乗り越えて…
そんなことはあり得ないし無理だって分かってるけど
なんとなく健康に戻るのは難しいとしても、
このままうまく付き合って行けるのではないだろうか。
と、思う自分もいて。きっとそれは願望なのでしょうけど。
本当に寂しいです。

でもヤムヤムちゃんは頑張りましたね。21歳って立派です。
ヤムヤムちゃんの患っていた疾患全てを、もし私が患ったら。
ここまで頑張れただろうか。
なんも言わず、一生懸命に生きることだけを考えて…
本当に立派です。

家主さんもご主人もお疲れ様でした。
二人の看病ぶりにはいつもいつも頭が下がります。

あんなに大所帯だったのに、今は2にゃんになりましたか。
まぁ。お外猫さんたちもいますが。
まだまだお世話大変ですが、ボチボチゆっくり行きましょう(=^・^=)



てんさんへ☆

こんにちは。

猫生、全うしました、ヤムヤム。
実に楽しかっただろうなと、育てた私は一番そう思ってますが、やはり寂しいのに変わりはありませんね。。。
そうそう、大所帯でしたもん。
でも、今はなぜか道すがら保護するという事が全く無くなりました。
当時は、買い物に行く途中にあんず保護。
動物病院へ行く途中にマウ(ブログには殆ど登場してませんが)保護。
グレ達は村の農業倉庫に通い詰めて保護・・・
という風に、なぜか保護する羽目になる生活が続いてたんですよね。

なので、保護することが無くなって(それはそれで良い事ですが)、今いる子達を送りだし続けたら、もうグレとライスだけになりました。
お庭チームも、チー母さんはやはり居ない。
月乃は独立済み。残った3にゃんだけは相変わらずの状況ですが、合計5匹って本当少ない・・・(^^;)
大所帯に慣れすぎると、こういう時寂しさが来ますねぇ。

ヤムヤムは、とても色んな事を乗り越えて、年のわりに逞しく、ホントに長生き出来て良かったと思ってます。
持って生まれた運もあったでしょうが、楽しい一生で良かったねと、今はそう思って送りだそうと思ってます。

私も、なんとなーくヤムヤムの事だから、失明した後もそれなりに暫く過ごせるのかもしれない~なんて期待も正直ありましたが、みるみる歩けなくなってきた時に、ああ、年なんだな・・・と実感しました。
腎不全からくる機能的な問題もあったのかもしれませんが、いつまでもこの状態で居られるわけじゃないんだ・・・と、突きつけられた気がしました。

でも、もう十分長生きしてきたので、これは自然に任せた方がいいんだろうと、今回は意外と切り替えることができました。
人間で言うと100歳。何が起こっても不思議じゃない所をここまで来てくれたんですもんね。

てんさんのお気持ち嬉しく思います。
いつも見守ってくださってありがとうございました。
これからも、残った子達の世話、頑張っていきますね。
それと、お互い体に気を付けてまいりましょう。
私、ホントに最近ガタガタで・・・(^^;)
てんさんもどうぞご自愛くださいね。
非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード