FC2ブログ

ホジホジだ・・・

yamuyamu29_20180805141115ee2.jpg

ヤム婆ちゃんのお世話日記になりつつあるこのブログですが・・・。

今日も行きました、病院。朝、急遽そうなってしまって。

例の如く便秘です。

先月末日に便秘で行かねばならなくなり、ホジホジしてもらいました。

その時、指が届かない部分にまだ少しありそうだという話だったそうで、その際ご飯にも可溶性を混ぜて様子を見ることになりました。
夫が連れて行ったので、細かいやりとりはわかりませんが、大まかにそういう事です。

で、それから今日に至るまでの間に、排便は2日間ほど。
しかし、1日100ccほど給餌してきた量から比べたら、2日分も出てませんね!?という感じで。

当然、溜まっていってるよね?まずいよね?という状態です。

マッサージ(お腹をやさしくくるくる撫でる)とかずっとやってみたり、可溶性もご飯の半分の割合でやったり、リフォロースも当然使いつつ、ビオフェルミンも復活させつつ・・・

しかし、こんな状態でございます。

で、どうにか今朝、肛門付近まで下りてきてくれたらしく気張りだしたけど、ゲロッパ連発。
ご飯前だったので胃液だけでしたが、出ませんのよ。。。

肛門の上辺りが膨れてきたので、そうなるとそろそろだとわかるのですが、肛門ちゃん自体はまったく開く気配無し。

そのうち、婆ちゃんも休んでしまってそのままオネム。

これでは埒が明かないため、仕方なく病院となったわけです。

最近多い・・・頻度が・・・。


腎不全が進行してくると便秘になるんですが、彼女の場合は便秘になった場合に自力で気張る力が相当減ってきているらしいです。

超高齢ってことが一番の理由らしいのですけど、この前まで何とか踏ん張れたのになぁと思うと、なんか寂しい。

そして気の毒・・・。

しかし、素人があれこれとマッサージをしまくったり、便を絞ったり、勝手にやっては内臓にダメージがありますので、今日は先生にその辺の相談もしてみました。

どこを目印にしてどれくらいの力を入れても大丈夫とか、形のあるお宝が出来ていたら、この触り方で大体わかる感じ・・・とか。

でも、それを押し出そうとしたり・・・ってのはやっぱり危険。
上手に出せる一般の方も結構いらっしゃるんですよ。自宅で絞ってる方。
でも、私は自信がありません。不器用なんです。

下手にやってそれこそ他に問題が起こっては・・・と思うと出来ませんです。

せめて教えてもらったマッサージを少しずつやりながら、あとは新しい薬(大腸を刺激してくれる)を試すことになりました。

先生のお話だと、高齢になるとどうしても摘便以外に出来ない子がいるそうで、1週間まったく出ないまま週1で摘便に通わざるを得ないお年寄りがいるんだそうです。

はぁ・・・それ以外に出せないとなるとなぁ・・・

ということで、今日は摘便もしてもらいましたが、出てきたのは結構な量で、ちゃんと弾力のあるお宝でした。

普通、こんなに弾力あったらスッポンでしょ?ってね(汗)

これが押し出せないって事なんですな・・・

ちなみに、中に異物が出来てる感じはなかったそうです。

最初、肛門が開かなかったのは、少し団子状になってしまってたからみたいで、それを取りだす時だけ婆ちゃん抗議の声上げましたが、それが除かれると、あとは何も言わずに大人しく摘便されてました。

そんなお宝にならないようにしたくて可溶性も再び混ぜてみたのに、この有様。

でも、幸い?先生が仰るには「ちゃんと出口までは下りてきてますね」でした。

下りてこなくて途中で止まってしまってたらねぇ、摘便もできませから。

さて、もうこうなってくると、ヤム婆ちゃんの腹筋をこれから鍛える訳にもいかないし、リフォロースを限度まで使ってゆるゆるウンチにしてしまうかって事になりますが、これは最初の頃間違って多めに与えてしまった結果、下痢でしぶり腹行動まで起こってしまったので、これを最大限活用する方法は避けたいです。

今回の新しいお薬が負担が少なく働いて、少しでも自分で楽に出せるのならいいのですが。

あとは、マッサージを少しずつ無理ない範囲で。

ご飯は今のやり方を変えずにやっていきましょうとのことでした。


さて、そのご飯、現在kd缶と可溶性ドライを半々にしています。
そこに水分代わりに脱水ケアゲルを2分の1袋、サイリウム溶液ティースプーン2杯ほど。
これで一回の給餌分30ccが出来上がります。

1日3食、この感じです。

膵炎の事があるので脂質の含有率は多くなり過ぎないようにしたいと思いますが、可溶性ドライを混ぜると少し上がってしまいます。

一体自分が作っているご飯の脂質は何%になっているのだろう・・・

脂質が含まれているご飯の部分だけを計って計算してみました。

kd缶と可溶性半々の割合で作り、ゲルを混ぜた時、ヤム婆ちゃんの場合は1日に3.75%3.57%となりました。

可溶性の分量をもう少し減らしてやってみると、3%切ることも可能でしたが、その量でお宝に有効なのかどうかはやってみないとわかりません。

さて、ここに今まで継続していたアンチノールを1日1粒飲ませた場合はどうなるかというと、約3.76%と出ました。

これが膵炎にとって多いのか少ないのか・・・わかりません。

高脂肪のご飯が良くないと言われているのですが、先生方も「実際には原因がこれだと特定されている病気でもなく、脂質の限度も決まっているわけではないんです」と言われていたので、高くならないように気を付ける・・・くらいしかないのかもしれません。

油脂が多そうなドライフードとか、オヤツ類とかはダメでしょうが、療法食+アンチノールで膵炎が悪化するかどうか。

その辺を調べていたのですが、アンチノールを発売している会社からの回答書を公開しているブログが見つかりました。

それを読んでみると、アンチノールに含まれる脂質は、膵炎を引き起こしたり悪化させる類の脂質ではないこと、発売後一度も膵炎悪化に関する報告が上がってきていないことなど書かれていました。
この辺は、企業側の公表ですので、報告が上がってこない=大丈夫だと言いきれない部分もあるかもしれません。

そういう事があったら病院から普通は企業に指摘がいくでありましょうが、真面目な獣医さんばっかりじゃないですからね。

ま、それでもこれをほぼ信用したとして。

アンチノール1粒に含まれる脂質の量は0.15gだそうです。

私が今与えているご飯にこれを足しても、腎サポフィッシュテイスト丸々一袋の分より脂質の含有率は少なくなる計算。

腎臓食も食べなきゃいけない、便秘対策もしなきゃいけない、膵炎にも気を配らねばならない、関節の保護もしてあげなきゃいけないとなるとですねぇ・・・

正直、どれもパーフェクトなんて無理ってことで。

個人的には、今まで続けていた腎サポフィッシュよりも少ない脂質の量であるなら、受け入れてもいいのかもしれないというか、バランス取るならこれ以上考えてもどうしようもないかもな・・・というところです。

便秘の問題が新しいお薬で少しは楽になってくれるのなら、可溶性の配分は減らせますし、改善の道は無いわけじゃない。

ということで、暫くの間、kd缶+可溶性+ゲル+アンチノール・・・他、お薬等で様子を見ようかなぁ・・・と思っています。

先生曰く「0.15gだったら膵炎に影響するようには思えません」とのことでしたが、あくまでも基本的な食事が油ギッシュじゃない場合だと思いますので、調子が良くなってきたからたまには好きな物いいよ~って場合も、脂質はひく~い物を選ぶようにしたいと思ってます。

好きな物を美味しく・・・そんな時がまた来るといいね。

もっとも、今後は常食ってわけにはいかないでしょうが。

ともかくもお疲れ様&よく頑張りました!

来週も摘便・・・って事にならないようにおかあちゃん祈ってますだよ・・・。


スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード