FC2ブログ

跡を継いだか。

taneko38.jpg

2014年4月のおいちゃん。

この頃、我が家でおいちゃんを目撃することが出てきたのでした。

その1年半後くらいには、うちでご飯を食べるようになったけど、その際に超凶暴なおいちゃんになってしまっていて、この頃のようなふっくら感はなく、頭は大きいけど体はガリガリというアンバランスな体型でした。

1年半ほどの間にどこでどうやっていたのだろうなあ。

そして、それから先日までおいちゃんはうちに毎日のように通ってきました。

会わなくなって2週間経ちました。

おいちゃんは、くーちゃんの跡を継いで、講師として全国行脚に出かけたのだろうと思います。
あの様子でしたから、自然とそういう考えが浮かびました。


おいちゃんの草ベッドはまだ置いてあります。

当分はこのままにしておきます。



玄関内のチーちゃん達のカリカリを「バリバリ」食べる音がするので見てみたら、トラでした。

まだちょくちょくやってきます。

昨日はお初の子も見かけました。若くて大きな黒猫さんでした。

黒猫さんが我が家に来る確率は、なぜか他の毛色の子に比べてすごく高い。

だけど、近所で出会う確率はなぜか低い。

みんなどこからうちに来るんだろうな。

去る者来る者いろいろな猫。

まだ暫く続きそうです。



☆新たな出会いが。

昨年、里子に出したにゃん太郎君のことを書きました。

里親さんから16歳で天寿を全うしたこと、幸せな16年だったことが綴られていたお葉書。

これでこのご夫婦とのご縁も終わったのだな・・・と寂しく思いましたが、にゃん太郎君がとても大事にされてきたことは私も年に1度のお便りで知っていたので、感謝の気持ちでお手紙をお出ししたのでした。

今年からは年賀状もなく、こちらもお出しすることはせず、数か月が過ぎたのですが、昨日お葉書を頂戴したのでした。

退職と転居のお知らせ葉書でした。

年賀状がなかったのは、ニャン太郎君が亡くなった知らせに「喪中」と書かれてあったからだろうし、こちらもそういうお葉書を頂いて「おめでとうございます」とは書けませんから。

今回のお葉書によれば、定年を迎えられたことを機に転居もされたとかで、新しい住所とともに、知らないニャンコ2匹の写真も印刷されていて・・・

ん?どこの子達だろう?と思ってよく読んだら、にゃん太郎君が亡き後、縁があって女の子2匹を引き取られたようでした。

子猫ではなく成猫さん達なのです。

もしかしたらですが、ご夫婦の年齢を考えられて、成猫にされたのかなあ・・・なんて思ったり。

私がもし60歳過ぎてからまた一緒に暮らせるとしたら、自身の年齢を考えると、15~20年後まで無事にいられるかわかりませんからねえ・・・。
猫達への責任が果たせるかどうか心配ですもん。

ともかくも、また猫と暮らせることは良かったと思うし、きちんとされたご夫婦なので、このニャンズも幸せになることは間違いないですし、この事をお報せくださって、またお年賀状をお出しすることが出来ることも合わせて、とても嬉しいお便りなのでした。
スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード