FC2ブログ

メンテナンス。

rice1_20180117164836eef.jpg

本日のライス。
寒さ対策のメンテも怠りないようで、たっぷり脂肪を蓄え、どすこい体型に磨きが。。。
スリム化へのメンテはいつ始まるのだろうなぁ(--)


さて、今日は1年に1度のレグニカのメンテの日でした。
本当は年末だったけど、都合が悪くて今日まで延ばしてもらいました。

今日来られたのは違う調律師さん。

昨年、一昨年と来られた男性(帰国子女で歯医者になるつもりが調律師になってしまった)は、昨年末に退職したのだとか。
そう言えば「まだ勤めてたら来ます。でも、わからないですよ~~」と笑いながら帰られたんだけど、本当に退職しちゃったのかあ。
なかなか面白い人だったんだけど。

今日は年配の方。Sさん。

黙々と仕事を始め、どこか気になる所がないか尋ねられたので「ピアニッシモが弾きにくい、雑音も出る」と伝えると。。。

そこから詳しい説明が始まりました。


piano4.jpg

レグニカの事も調べてこられたそうですが、ポーランド製・・・旧東欧のピアノは製品番号はあっても、西みたいに製品の情報が出ないんで分からなかったとか。
しかし、珍しい部品が使われている事から、おおよそ40年前のピアノだろうとのことでした。
おお、ここまで言ってくれた人はこの人が初めてだ!

義弟が「音が気に入った」と言って買ったピアノですが、Sさんに言わせると「暗いお国柄なので音がまろやかというか、暗めというか柔らかいと思う人もいるし、受け取り方は色々です」だって。
西側の音はもっと明るい音色のピアノが多いんだそうです。
お国柄が出るんですと~。

ピアニッシモが弾きにくいのは、かなり粘りが出るようなタッチになっているからで、本来はもっと軽やかだったはずとのこと。
調節して弾き比べさせてもらった結果、軽やかな方に変えてもらいました。

調律の最中に、10年近く前に行った浜松の楽器博物館にあった「プレイエル(ショパン愛用のメーカー)」のグランドピアノの話をすると・・・びっくり。

「あ、僕はそのピアノ弾きましたよ」

ええ~~~!!!???


hamamatu15.jpg


なんと、あの楽器博物館にあるほとんどの鍵盤楽器(それ以外もか?)は、ある会社の社長さんが個人的に収集していて、それを貸し出していたんだそうです。
Sさんはちょくちょく遊びに行っていて、博物館に貸し出される前に何度も弾いたことがあったんだとか。

「あそこにあるのは大体弾きました。もう博物館に入ってからは弾けませんけどね・笑」

うおお~~~・・・凄い人が来たもんだ(笑)

と思ったら思いだした。そうだ、この人、代表取締役さんじゃないか!

そうです、トップの人が今日は来られたのでした。
どうりで話の内容がでかいわけだ・・・。

退職された調律師さんが「学校では成績が1番で、最初に勤めた会社でもトップクラスだったのに、今の会社に変わったらボロクソに言われて何度も泣いた」と言ってましたが、その厳しい教育を施した人がこの代表さんだったのねぇ。

しかし、その後ショックな話。

「その会社は潰れてしまったので、貸し出していたピアノも今は他の方の個人的な所有物になってしまっていて、もうあの博物館にはありません」

うそ・・・もう表に出ないって事ですか。。。

ショパンと同時代のプレイエルのピアノなんてそうそう置いてないのになぁ。

とまあ、色々とお話をし、調律も終了。

「相当弦も傷んでいるし、湿気にも弱いので、本格的に直すならオーバーホールで・・・40万はかかりますが、そこまでする価値がこのピアノにあるかどうかは正直疑問です」

「あと、10年くらいは弾けますか?」

「それは大丈夫です。その後買い替えという事ならいいと思いますよ」とのこと。

将来的にどうしてもグランドピアノで練習をしたいが、160~170サイズなら部屋の大きさはどれくらいを確保するのがいいのかとか質問もしていたんです。

買い替えを決めているなら、半年に1度のメンテナンスにして大事に最後まで弾こう。そういう事になりました。

まあねえ、、、部屋の大きさが確保できなかったらグランドは泣く泣く諦めることになるのだろうけど。。。

「どういう音を自分が出しているかが解らないような反響の仕方をしてしまっては意味がない、練習にならない」ということですしね。

まあ、それはまだまだ先の話だし。

とにかく、今後は1年に1度のメンテを半年に1度行うという事で、レグニカちゃんには頑張ってもらいましょう!

「レスポンスを早くしておきました」とのことだったので、帰られてから弾いてみたら、まあ、もう♪♪フフフフフ♪

出せたり出せなかったり苦労したピアニッシモの和音が、出したいように出るではないですかい♪

これはもう練習が益々楽しくなりますな。

現在、ショパンのバラード1番を数年寝かせたところから再練習。
コーダも形が見えてきました。
楽器博物館から戻って取り組みだしてから10年近く。
まったく手も足も出なかったのに。先生について習っていた子供時代の8年半より、独学で再開した年数の方が少し長くなりました。
コツコツやってきて良かったなぁとすごく思っています。
絶対無理だった曲に手が届きそうなんですもん。

レグニカちゃんと共に残りの時間も精進していこうと思いました。




スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード