難しい。

yamuyamu18_20121028012240.jpg
2012年のヤムヤム。

今日はゴミだしで早めに起きたので、先に仕事をしてから見舞いに行きました。

副院長先生から昨日と今日の検査結果の説明を受けましたが・・・。

どうも難しいようです。

下がったと思った数値がまた上がっていたり、なかなか順調に下がらなかったり。
電解質もなぜかとても高いので、排出機能もダメージがあるのではないかとのこと。
こちらは点滴の内容を変えて、数値が順調になったので、また元の点滴に戻して経過をみているところだそうです。

ヤムヤム自身は昨日より感触がよい感じで、持って行った好物の缶詰、鼻をひくひくさせながら何度か舐めとっていましたが、口の問題が解決していないので、しきりに拭うような仕草は変わっていません。
ただ、涎はかなり止まったそうです。

馴染みの看護師のSさんが今日は2階にいらっしゃって、朝の強制給餌は20ミリリットルを薄めてやったら比較的すんなりいけたそうで、涎も終わりのほうで少しでただけだったそうです。
四六時中拭かなきゃいけなかった時より随分改善したみたいです(^^;)

今後の方針としては、時間が経ってから下がり始めるケースもあるそうなので、もう暫く治療継続でほんの少し点滴の量を増やしてみる方向になりそうです。
脱水自体はかなり改善されているとか。

帰り際にもう一度ヤムに挨拶して帰ろうと入院部屋に行ったら、Sさんが入ってこられて暫く立ち話。

強制給餌も食べてくれるとついつい出来る限りやってしまうこと。
もしかしたらもう少しよくなるかもしれないと頑張ってしまう事。
その事でSさんご自身が愛猫の介護で後悔していることなどお話されてました。

私も、サンディを亡くした後からその事については以前と考えが変わり、何が何でもという気持ちはもうありませんし、自分の気持ちをその状況にどうやって合わせていくかの方が大事で、猫をこちらに合わせるのは時と場合によってはダメだと思うようになりました。
やめ時・・・とSさん、言われてましたけど、同感です。

その後こう言われました。

「でも、ヤムヤムちゃんは強制給餌、しますよ。全然そんな状態じゃないですから」

サンディ以前とサンディ以後とで、介護に関する、特に末期に関する考え方が変わった私ですが、ヤムヤムはまだ普通に強制給餌すべき状態ということで、何だか少し安心しました。
数値的には難しい面がありますが、穏やかに生きられる時間はまだあるはずですし!

帰宅後、夫に報告。

飲茶姉妹を生後10日ほどで保護したのは夫ですが、保護したその足で義父の車で雨の夜の中、以前通っていたM動物病院へ夫が連れて行った時、対応してくれたのは「Sさんだったはず」と夫が言っていました。
M動物病院の時代から、そこが閉鎖になって今の動物病院へ変わってからも偶然に再会でき、その時から見ている猫がもうすぐ20歳。
時の流れをしみじみ感じますね(^^;)

夫曰く「あの時は、他の飼い主さん達も沢山いて、みんなが寄ってたかって飲茶を可愛い、見せて見せて~と集まってきて大人気だった」とのことでした(笑)
そら、可愛いやんね。生後10日ほどだもん。目も開いたばっかりの赤ちゃんだもん。

20年・・・。
今は立派なお婆ちゃん。

早くお家に帰って落ち着けますように。
今後の治療の方向も色々検討しなきゃいけなくなりそうだけど、今までと変わらず出来るだけ普通に過ごせますように。

どうかどうか、数値!グーンと下がっておくれ!
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

よくなれ~っ!!。

家主様、おこんにちは。
ヤムたん、もう少しかかりそうなんですね。。

いま、2月にピエがどういう状態でどのような感じだったかを家主様に送信したメールを読み返しておりました。
ヤムたん!きっと良くなります!!きっと回復します!!
弱い子ピエでさえ6日間の入院と静脈点滴を経て退院できたのですから、チャチャ嬢の2倍のミルクを飲んで育ったヤムたんならきっときっと回復してくれますよ!!
家主様がお見舞いに行かれて、甘えたり、缶詰を少しでも舐めてくれたのなら、それは回復の兆しに他ならないと思います。
数値が落ち着いて、副院長先生の「大丈夫!」という診断が下されれば…2月のピエ入院の時も数値は二日目で落ち着いてきたのですが、いろんな疑いが判明するまでは状態が状態なだけに安心できないというのがあったようで。
帰宅してからも状態が良くならなかったら、それこそ大変だって。
数値が落ち着いて、安定が保てていたら副院長先生からのOKが出ますから。

ヤムたん、もう少しだけ頑張ってね。
もう少しだけ堪えてね。
きっと1分1秒ごとに快方へ向かっているはずだから。

家主様、お気持ちお察しいたします。
「何もしてあげられない」とつらいですよね。
普段通り生活していても、気持ちがふわふわしてしまう、心ここにあらずになりますもんね。だって心はヤムたんのそばへ飛んで行っているから。
今はヤムたんのことを信じて、副院長先生や看護師のSさんを信じて、一日も早い回復と退院できること祈りましょう。

ヤムたんが良くなりますように。
ヤムたんが早くお家に帰って、ゆっくり安心して過ごせますように。
信じて祈っています。

ピエールさんへ☆

おこんばんは☆

ご心配頂きありがとうございます。
どうもねぇ・・・数値が下げ止まりの傾向にあるみたいで。
でも、時間が経ってからするすると下がるケースもあるので、もう少し治療したいとのことでした。
退院可能の数値の目安ってのは無いんだそうです。
つまり、これ以上やってももう下がりそうにないとなったら、数値が高くても入院している意味がないんでしょう。
確か、あんずの時も重度の状態になった時にそうでしたから。
ヤムヤムはまだまだ元気はありますし、反応もしっかりしているので、数値が思ったより下がらないまま退院となっても、家で暫くのんびり過ごせるんじゃないかと思ったり。
家での看護の内容も、今以上に点滴を増やしたり、或は時折入院して静脈点滴での治療とかしていくのかもしれませんが、すぐにどんどんダメになるとは私も思いたくないので、その辺は希望を持っています。
急にこんな状態になったように見えますが、実際は知らない間に少しずつ進んでいたのかもしれませんねぇ・・・。
そこへもってきて下剤の件でダメージが大きくなってしまったかもしれません。
便秘の事も、蠕動運動がかなり衰えているので大変ですが。。。
退院後は何とかマッサージをもっとこまめに行っていくしかないかも。
それでもかなり気張っちゃうんでしょうけど・・・もう下剤は使えませんし。
今日はよく鳴いて、顔もしっかり私の方を向いていました。
缶詰、少し舐めただけだったけど、やっぱり好きな物に反応が良いという事はほっとしました。
鼻の穴がピクピクしてましたよ(笑)
今夜で入院丸3日となりましたが、まだ数日かな・・・我慢してもらって。
比較的よく寝ているみたいで、Sさんが「気持ちよく寝てもらうのが一番です」って仰ってました。
老齢の猫にあれこれ期待をし過ぎるんじゃなくて、気持ちよく寝てもらう・・・というのがやっぱり大切なんでしょう。
老化、老衰、自然現象なんですもんね。
でも、この前までライスを追っかけたりしてたのになぁ・・・と思うとねぇ・・・。
やっぱり突然な感じが否めません。
体の中の事が目に見えない分、私もすっかり油断していたんですね。
明日は結果がどうなのかハラハラしますけど・・・。
やる事は決まっていますから。
ヤムヤムに寄り添う。これあるのみです。
いつも応援心配、本当にありがとうございます。
ピエ坊のようにヤムヤムも出来る限り良い状態になってくれることを願いつつ、頑張ります(^^)
非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード