さて、どうでしょう?

yamuyamu27_20170423141724baa.jpg

今日の午後のヤムヤム。
私のベッドにて。

先日、副院長先生より、腎不全用の薬「ラプロス」についてのお電話があり、今日はもう少し詳しく説明を聞くために病院へ行ってきました。

我が家ではあんずの時から「エースワーカ」を使用していますが、これは腎不全用ではなく犬猫の心不全用の薬です。
血管拡張剤が腎不全に働いてくれるのを期待しての使用です。

で、以前にも書きましたが、猫の腎不全用の薬として初めて販売許可が下りた薬が「ラプロス」です。

効能は腎不全の症状の悪循環を断ち切っていくのだとか。

腎機能が衰えてくると血圧の低下等が起こりやすくなり、その事によって線維化が起こって、それがまた腎臓の機能低下を引き起こすという悪循環にはまってしまうそうです。
なるほど、だから血管拡張剤の効果が必要になってくるってことね。
ラプロスは血管拡張に加えて他にも改善のための効能があるようですが、果たしてそれが本当にどこまで効果を発揮するのかはまだわからない・・・とのお言葉でした。

副院長先生の印象としては、マスコミに登場させるやり方が上手だな~と思ったとのことで、ラプロスに関しての問い合わせはやはり多くなっているとのこと。
みんなネットで検索してよく知ってるからってことのようです。
また、効果に関しては、腎不全を無かった事にするわけではないですし(勿論ですね)、個体差もあるだろうから、治験データのように本当により良い効果が得られるかどうかはこれから見て行くしかない段階です。

ちなみに、結果は試験期間180日のものでした。

私としては、エースワーカーを使っていた時より悪くなってしまったということが起こらないか?
体質に合う合わないはどうか?という点が気になりますが、エースワーカーと同程度の効果だったとしても、それは悪い方へ変化があったわけではないので、まだいいと思えます。
少しでも「あ、やっぱりちょっと良い方へ維持出来やすくなったかも」ってなったら万々歳。

腎不全を無かったものに出来る薬はまだまだ先になるんでしょうが、今はとにかく少しでもしんどくなるのが遅くなるようにと、そこを期待しているわけで。

副作用は殆ど見られないけれど、体質に合わなければ軽い嘔吐が起こったりする場合もあるかもしれません。
そうなったら、エースワーカーに戻しましょう。
ということで、お試しでヤムヤムとグレの分、1週間だけ貰って帰りました。

特にどうもなさそうな場合は、また貰いに行く事にしまして。
6月に血液検査のつもりでいますので、ほぼ2か月間ほど飲ませてみて何か変化があったかどうか?ってな感じになるかなあ。
試験期間が180日なので、60日ほどじゃ何も変わってないかもしれませんが。
または60日間では改善効果が出てなくて、数値が少し悪くなってる場合もあるんでしょうかねぇ・・・
ほんの少し悪害の例が出ていましたが、ラプロスとの因果関係は認められないとのことでした。

ま。。。関係あったら選べませんよねぇ。

こればっかりはほんとにやってみないとわからない・・・ってのがナンですが。

とりあえず、1週間様子を見ながら始めてみます。


待合室で薬が出されるのを待っていたら、お年を召したご夫婦が来られたので、席を譲った後連れていた猫ちゃんについてお話しました。
首に包帯が巻かれていたので理由を訊くと、皮膚がんで手術したものの、頭部の皮膚はくっついたけど首回りがまだ・・・とのこと。

リオの事を思い出しました。
リオの場合は皮膚がんではないけど、難解な手術になる、術後も皮膚がうまくくっついてくれるまでかなり時間がかかると言われたこと。
この猫ちゃんのように、手術がこの病院で出来るレベルの癌でも皮膚の再生に時間がかかるとなると、リオの場合はもっと大変だったに違いない・・・と思ったのでした。
皮膚がんはまだ他からも出てきているらしく、今はステロイドのみの治療をしているのだそうです。
13歳の男の子でしたが、元気に鳴いて籠の中からキョロキョロと辺りを見回していました。
どうぞ、どうぞお大事にね。


昨日は税理士さんが来られまして。
以前相談した後見人云々の話で、知り合いの若い司法書士さんに私専用の契約内容例を作ってもらって来たとのことでした。
どーもお手数おかけいたしました(汗)
詳しくはまた後日、不明な点を確認してから、本当に契約しておくかどうか決めたいと思います。

あと、田畑の話。
生産緑地法が施行されて2022年で30年が経ちます。
生産緑地指定されると、30年間はほぼ絶対農業を続けないといけません。
解除できるのは本人が死んだ時、もしくは病気でどうにも出来なくなった時。
その際は猶予されていた税金を利息税もろともバーンと納付しないといけなくなりますし、農地でありながら徐々に宅地並みの税金になっていくので、まあ、デメリットの方が多いような感じに見えます。
ただ、解除されたら、農業を続けるのも貸すのも売るのも自由になるそうです。

で、これまではずっとこの生産緑地法が続くと思われていたところ、2022年が来たら、以後は継続されないとなってきたようで。
ってことは、あと5年でうちも生産緑地ではなくなるわけですな。
で、その後の事も考えて、税金溜まってるやつ払ってしまっときましょうかどうしましょうかという話でした。
税理士さんいわく「色々残したままにしておいて、最終的に全部○子さんに押し付ける形になってしまうのはどうか?という気がする」とのことでした。

はいはい。あと5年は家庭菜園を楽しませて頂いて。
夫が亡くなった後は夫から義弟に持ってもらうようにして。私は無関係~~♪

ってな流れを税理士さんは考えてるみたい。
確かに私が今度持つってなると、自由が効かないですからねぇ・・・。

一番いいのは、夫が生存中に村全体が「もう宅地化しよう」ってなって、市の区画整理時や開発業者に売ってしまうってことみたいです。
どうやら、うちの田畑が市から見ると道路を通すのにある意味ポイント個所だろうとのことでした。

あと5年。目一杯頑張ります~~!


☆ライスの変化。

昨夜、12年目にして初めての事が。

私がベッドで寝ていると、そこへ飛び乗ってきて、私を踏んづけて(笑)跨いでから足元に来て丸くなって寝ていました。
今まで一緒のベッドで寝たことなかったのに!!!
ライスにしたら、結構勇気が要ったことでしょうね(笑)


☆緊張続く・・・。

昨日夫が言っていました。
近々財産区から防災グッズが配布されるようです。
ああ・・・ほんとにもう・・・。
個人的には爆風を避けやすい建物がどれか考えて、そこに避難出来るように準備を始めているところです。
まあ。。。どれくらい役に立つか、有事は経験がないので(そんなの経験したくないっ!)わかりませんけど。
どうでもいいけど、夫が散らかし過ぎだ!!



スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

非公開コメント

 いらっしゃいませ
ステップファクトリー
stepfactory
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード