夢は枯野を・・・。

     taneko24_20160921153649341.jpg

明日、市で火葬してもらうことになりました、保護した野良ネコちゃん。

病院に棺を貰いに行こうと思ったのですが、ちょうど入りそうなダンボール箱があったので、それに少し手を加えて高さを変えまして。
包装紙で見た目を整え、中に入ってもらいました。

結構大きい箱だったんですけど、ちょうどでしたよ。
一人でケージから運び出そうとしてもちょっと重くて、夫に手伝ってもらいました。


一時的に居場所として提供した部屋、姑が使っていたこともあり、夫が出入りしていたこともありで、まあ、散らかってること。
そこを何とか片づけて居てもらうことにしたんですが、普段から掃除はちゃんとしておかねばね・・・と反省です。

こんな所で少し申し訳ないなと思いながら、明日の支度もすべて完了。
お線香(かつお節風味)、カリカリ、お水をお供え。
きっといっぱい食べたかったよね。

まだ気温そのものは低くないので、部屋はガンガンに冷やしています。
この建物はもう誰もいませんから、好きなだ冷やせます。


昨日から、名前をつけてあげようって思ってたんですが、国文科時代にしつこいくらい叩き込まれた(のにもう忘れた・笑)松尾芭蕉の最後の句と言われている俳句を思い出しました。

「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」

旅先で思いもよらない死の床に臥すことになってしまったけど、夢を見るのはあちこち駆け回っていることだ・・・

ってな意味だったと思います。

この野良ちゃんもきっと今まで色んなことを経験してきながら、あちこち自由に行き来して過ごしてきたのだろう。
そして、その先で我が家にやってきて、旅立った。
そんな生活がこの句と重なってきました。
今だってほんとは自由に闊歩していたいんだろうなって。

なので、この句から文字をとって「夢子さん」と名付けました。


夢子さんは明日午前10時にここを出ます。
火葬は環境センターにて。
明日は平日じゃないけど受け付けてくれるそうで助かりました。
金曜はまた仕事ですし、あまり延ばすと傷んでしまいますから。


環境センターの人が、「あまり件数が多いと、その日のうちにお骨を渡せないので翌日渡しになる場合がありますが、明日はまだ予約が入ってませんから」と言われてたので、明日中に戻ってこられるかな。

あとはちゃんと庭の一角に埋葬してあげましょうね。




まだまだ雨が繰り返しそうです。
なかなかすっきりしませんね。
台風も甚大な被害をもたらしました。
現地の皆様にはお見舞い申し上げます。

今年はいくつ台風の被害にあえばよいのやら。もういい加減にしてくれないと。


さて、ヤム婆ちゃんの夕方の給餌を致しますか。

さっき、便秘ですっきり出し切らずに頭だけ覗かせてウロウロしていたので、引っ張りだせるか?と頑張ったけど、出てる部分が短すぎて掴めなかったです(^^;)

「出せ~出せ~!」とマッサージで無事スッポン。

色々ありますな、ほんま。






スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

どうか安らかに。

家主様、おこんばんは。

昨夜、夢子さんが息を引きとったと知ってから…何というか、、何ともやるせない気持ちになりました。
家主様がなんだかなぁ…何だかなぁ…と思われたのに近い気持ちというか。。

心からご冥福を祈ります。

それでも、『夢子さん』という素敵な、家主様の思いを込めた名前をつけてもらって…
何日も前から家主邸のお庭に来て、家主様のお母様のそばで静かにたたずんで時を過ごし…
台風による大雨から逃れようと、辿り着いたのは…やはり家主様の元。
見えるのでしょうね、解るのでしょうね。
ここで静かに休ませてって…そう思いながら、つらい体を、残りの力を振り絞ってやってきたのでしょうね。

最後の最期に優しく撫でてもらい、静かな誰にも邪魔されない場所でユックリと体を休められたこと、食べることは出来なかったけど、食事もお水もちゃんと用意してもらったこと…どんなに幸せな思いの中で旅立ったかと…。
夢子さん、きっと夢を見ながら旅だったんじゃないかなぁ。
夢子さんの猫生、きっといろんなことがあったと思います。
生き生きと元気溌剌で、幸せだった時期もあったと思います。
決して悪い子じゃなかったんじゃないかなぁ。
最期に家主様のもとに導かれたということは、きっとそうなんじゃないかと思うんですよ。

夢は枯野を駆け廻る

新しい旅に出た夢子さん。
虹の橋を渡り、天国でたくさん幸せな思いで走り回って欲しい。
もう痛くないね。もう辛くないね。
家主様の広くてあったかい心に感謝しなきゃね。

家主様、お忙しいのに本当にご苦労様です。
パパ様とお力を合わせて、お葬式をあげてくださいね。

合掌

ピエールさんへ☆

おこんばんは☆

ほんとにね・・・たった2日足らずのことでしたが、何かの縁ですよね。
どうやっていつの間にここに来ていたのかまったくわからないまま。
母曰く「庭掃除してると毎回傍に来て座ってる」と。
夢子さんが最期の時間を過ごす場所として、自らここを選んだのかもなって。
保護した日の午前中に、転んだらすぐに起き上がれなかった姿を見て、その後またふらりとどこかへ消え、大丈夫なのか?と心配していたら、いつの間にか土間の隅っこにうずくまっていて。
雨が降りだしていたので、それを見つけた時にほっとしたのと同時に、どうしてあげたらいいのかと少し悩みました。

提供した部屋は本当に静かでね。
母屋よりもずっと大雨の音とか響いて来ず。
そこで休んでもらえて良かったなって思います。

現世でどこで生まれてどう生きてきたか事実はわかんないですけど、一生懸命生きてきたことは確かだろうと思うし、こういう巡り会わせで最期を世話することになって、私もちょっと不思議な気持ちです。
今はきっとね、ピエールさんが言われるように、天国を駆け回っていますよね。
新しい旅。そうですとも。夢を叶えているに違いありません。

明日も天気が悪そうです。行ってる間だけでも上がってるといいんですけど。

市で火葬してもらうの、初めてなので勝手がよくわからないのですが、今後もこういう突然の出会いと別れがあるかもしれませんから、色々確認も含めて行ってきますね。

ご心配を頂き、ありがとうございました。感謝。

とても残念で切ない気持ちになりました。
最期はそれでも、カラスなどに、突かれず済んだと思うだけでも。

いい名前をつけてもらって最期は心配してくれる人もいて。

ご冥福をお祈りします。

くおんさんへ☆

こんばんは☆

そうですよね。弱ってくると敵も増えますもんね。
静かで一人ゆっくりと過ごせる場所を提供してあげられたのは良かったんだと思います。
あの台風の大雨の最中でしたし。
残念な結果でしたが、ギリギリまで落ち着ける場所を探していたんだなって思うと、たった2日弱の世話でも情が湧いてきます。

冥福を祈ってくださってありがとうございました。

非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード