次週4度目。

rio36.jpg
(2010年のリオ)

もう毎週の事なので、リオも少々観念しているのか、籠に入れても文句を言わなくなりました。
今日も病院で検査でした~。
ただ、診察台の上では「帰る~籠に入る~」と結構な暴れ具合ですが。
なので、いつもリオの目に入らない所へ籠を移動します。
帰る時は先生にリオを持ってもらっている間に籠の蓋を開けますが、もうそれを見た途端、猛烈な勢いでカゴにダイブ!(笑)
まだまだ力、ありますな(汗)

さて、いつものように血液検査。
数値は異常なしです。
不整脈も無し。
初めて使った第2の抗がん剤の副作用は、初めて白血球の数値が下がってくるという点だけで済んだみたい。

ご飯はもう自分から食べに来ないので、強制給餌に切り替わって少し経ちますが、10ミリリットルからトライしたリオ、今週半ばには1度に30ミリリットルを食べられるようになり、1日にa/d缶の4分の3ほどの給餌が可能となりました。
先週に比べたら食べた量は倍以上になっています。

しかし、体重はまた微妙に減っていました(--)

ん~これだけ頑張ってくれても、増える、もしくは維持ってのが出来ないのか・・・。

先生曰く「頑張って食べているから、この程度の減り方で済んでいるのかもしれませんね」でした。


さて、治療から3週間が経ちました。
抗がん剤治療のスケジュールは3週間に1度が基本だそうですが、絶対守らねばならないというわけでもなく、都合に合わせてもう少し延ばしても構いません。

で、次はどうしたもんだろう・・・と考えていました。
今日の結果次第では諦めるか・・・
もし、異常が無く、腫瘍が更に巨大化しているのでなければ、前回の治療が多少は功を奏していると考えてもいいのかもしれないと思っていたのですが、大きさに関しても特に変化はないそうです。

最初に使っていた抗がん剤の2度目の投与の後、不整脈によって継続不可となり、その後少し時間が空いてしまった間に腫瘍が大きくなっていったようなのですが、そこからは大きくなってきていないらしいので、第2の抗がん剤もそれなりに頑張っているのかもしれませんよね。

「腫瘍を小さくしてくれているというのは、残念ながら見られないですが・・・」とのことだったんですが、大きくならない、現状維持だけでもまだ良しとせねばと思いました。

なので、今度の土曜日に治療をお願いすることになりました。

2度目では何か効果がはっきり表れるかもしれない。
色んな可能性をまだ秘めています。
もちろん楽観的な憶測だけではなく、副作用も次回はもっと出てしまうかも・・・というのもあるのですが、もう1度スケジュールに沿って治療を受けて、その後は慎重に考えたいと思っています。

体重減がストップしてくれたらいいのになあ。
せっかく一生懸命食べているんだもんね。
もう少し量を増やして1日1缶を目指したいのが本音ですけど、無理は出来ませんし。

しかし、少しずつ体重が減っているとはいえ、給餌を開始してからは、やはりカロリーをある程度とれるようになったせいか、表情も以前よりは少し良い日が見られます。
爪とぎも以前の勢いでバリバリやってみたり。
ただ、私のベッドの上、もしくは下から殆ど移動せずにいますので、猫テラスでのんびりってのはなかなか見られないかも。
また、ぜひそんな時間が持てるようになってほしいと心から願っています。

毎週通院が続いて本当にお疲れだと思うけど・・・。
家で出来るだけのんびりする時間を作るには、この方法しかないんだ。
ごめんね。
次回もおかあちゃんが一緒だからね。一人で病院で頑張らなくていいから、一緒に乗り越えようね。



☆ウマ対策。

かぼちゃにトマト。
ウマが集まってくるので、対策を練っています。
ウマって「アザミウマ」のことですが。

成虫でも2ミリ程度。
幼虫になるともっと小さい。
でも、見つけるようになりましたよ、その幼虫。
もう目を皿のようにしています(笑)

植え付け時に地表に対応する薬を撒く方法があったそうなのですが、知りませんでした。
ちゅーか、アザミウマが集まってしまうなんて想像していませんでした。
もっぱら気にしていたのは「カメムシ」とか「アブラムシ」の方で・・・。
迂闊でした。

トマトの実は、結局5個ほど摘果しました。
まだ物凄く小さいのに被害にあってるのが見つかって。
この調子だと、出来る実の殆どが被害にあってしまいかねない。

ネットで調べると、私が見つけた被害は「白ぶくれ」」というものらしく、卵を産み付けた後が白くポツポツと浮き出てくる感じです。
卵からかえった幼虫は地表に落ち、そこで蛹になって成虫になって、また卵を産み付けて~という感じかなぁ。

つまり、トマトの実に卵を産まれても、中で育ってしまうとか、中から実を齧ってぼろぼろにするとかじゃない模様。
幼虫は0.5ミリとかの極小サイズなのですが、それが地表に落ちて蛹になるってことは、トマトの中にはもう誰もいないわけです。
ただ、売り物としては白ぶくれのせいで商品価値が落ちる(当然ですよね)。
でも、「商品価値が落ちる」という書き方をしているところを見ると「食してはならない」という事ではないんでしょうね。

でもまあ、食べられると言われても、卵を産み付けられた跡を見つけたならば、摘果してしまわないと孵化させてしまうだけ・・・ってことになりますよねぇ。
そしたら、増えますもんねぇ。

いや~こんなイタチごっこ、絶対したくないっ!
それと更に嫌なのは、ウマはウイルスを持ってくるという点です。

なので、抵抗はあるのですが、薬を探しました。

スピノエース粒剤水和剤です。

「土壌放線菌(Saccharopolyspora spinosa)が産生する活性物質を由来とする全く新しい殺虫剤です。


スピノエース顆粒水和剤は、バージン諸島で発見された土壌放線菌(サッカロポリスポラ スピノサ)から生まれた 」天然由来の薬です。農林規格のものです。

化学合成の薬ではないとのことですが、まあ、使わねばならないならせめてそういううたい文句のものを・・・と。

とりあえず、本当に効いてくれたらいいんですけど、今いるウマをできるだけやっつけて・・・
1度の散布で様子を見たいと思います。

で、その後出来るだけ被害に合わないためにどうしたらいいかと。

なにせ、どこからでもやってくるそうで、ウマ。

あ、花が好きでよく集まると書いてありましたが、特にシロツメクサが好きなんだとか。

それを読んで真っ青。
だって、昨年後半に、緑肥にしようと、空いている畝にわざわざシロツメクサの種をてんこ盛りに捲いていたんですもん。
はい、沢山花が咲きました・・・。

わざわざ、私、ウマを集めることをしてしまったのだろうか?
じゃあ、緑肥として使えないじゃない?
なんじゃ、この展開(--)

畑に花は禁物・・・。
でも、花が植わっている畑は多いというのに。
みなさん、ウマは気にならないのだろうか?
いや、とっくに防除をしてらっしゃるのだろうなぁ。

まあ、今更言っても仕方ないので。

で、ウマは赤い色が苦手なんだそうですね。
なんか、「よくわかんなくなる」らしいです。ざっくり言うと。
目くらまし?赤色が黒っぽく見えるらしく、それによって花や実が見え辛くなる?
そんな理屈?合ってる?

とにかく、それを聞いたので、赤・・・ネット・・・と探したのですが、ウマ対策用の赤いネットは売られています。
しかし、高い。普通の防虫ネット(白)だって、面積が大きいと高いですもん。
しかも、ネットで覆えるような形に支柱を立てていませんでしたので、これはもう設置自体が大変だ。

じゃあ、せめて花や実だけでもカバーしたい。
なら、水切りネットはどうだ?と。
でも、白いのしかないです。
ダイソーにはカラーバリエーションがあって、赤もあるみたいですけど、目が粗い。
成虫2ミリですよ?それ以下の目の細かさってったら・・・なかなか難しい。

一番マシだと思われるストッキング的な水切りネットでさえも、伸ばしてしまうと成虫通過可能な感じ。

でも、使いやすさやはこれが一番でした。

あと、目が詰まってる不織布タイプの水切りネット。
ほんとはこっちの方がいいやね。
でも、今はまだ大きすぎる。

で、ストッキングタイプのを大小2種類、ゆくゆくは使えるであろう大きさの不織布タイプを1つ買いました。

白いので、赤くしました。

hatake17_201605282053541c5.jpg

病院から帰ってから、ひたすら染めてました(笑)
素材がポリエステルなので、専用の染料を取り寄せて、それで全行程に3時間ほど。
量が多いので2回に分けて、染めて冷まして洗って余計な染料を落とす工程を繰り返し、やっと終了。
綺麗に染まりました。
色落ち、色移りもチェックしましたが、大丈夫。
で、今、乾燥工程に入ってます。


hatake18_20160528205355474.jpg

不織布タイプ。指が透けて見えます。
濃すぎると、遮光率が上がってしまうのじゃないかと、若干短い時間で染めました。
お日様が届きにくくなると、トマトの色が付かなくなりますもん。
でも、これくらいならOK。。。かどうか、実はよくわかんない(笑)
ウマに対しても、この程度の色合いで良いのかもやってみないとわかんない。
そして、素人が染めたものでも効果があるのかもわかんない。
無駄な努力に終わるのかも!?


hatake19_20160528205356c3e.jpg

こちらはストッキングタイプ。

どこかにハナから赤いストッキングタイプや不織布の水切りネットであるんでしょうか?
とりあえず、ネットや実店舗で探してみたけど、ありませんでした。

ほんとのストッキングを使えば?って夫に言われたけど、それだと締め付けがきつめなので、花が押しつぶされそうです。

さ、これをうまく被せて、この赤色にウマが「???」となってくれたらいいんですが。

あとは、青と黄色の誘引テープを買いました。
ウマは青に、アブラムシ等は黄色に寄ってくるので、それでぺたぺたくっついてくれる。
昨年は黄色だけ設置したんですが、確かに物凄い量の羽虫が取れました。
ウマもぜひ、青色に飛び込んでほしいもんです。

あ~それにしても、疲れたわ。
鍋が赤く染まっちまったよ(笑)

ところで、ウマ対策にこーんな要領の悪いことしてる人って、いる~?(笑)


スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード