無い知恵絞る。

rio21_2016042114192870e.jpg

昨日のリオ。
前栽に回って猫テラスの外から撮りましたから、ガラスに色々反射して写っちゃってますけど。
体調は特に悪い風でもなく。
でも、やっぱり週の後半になると、食べる量が減る・・・のはなんでだろ???
今日も玩具のバナナマンを抱えてケリケリ攻撃炸裂してます。


taneko12_2016042114193057b.jpg

昨日のおいちゃん。日付が変わる直前にご飯にやってきました。
玄関にもご飯を置いてありますが、キッチンでも必ず食べて帰ります。
これ、ほんとうは月乃用なんだけど・・・。


taneko11_2016042114192943f.jpg

昨日のノワちゃん。
おいちゃんと同じように、玄関のご飯を食べた後、必ずキッチンで食べて帰ります。
最近、益々慣れてきたようで、少々動いても逃げません。
もう一回言うけど、これ、ほんとうは月乃用なんだけど・・・。


家の中4匹。
庭に5匹。というか、そのうち月乃だけは通い状態だけど。
で、通いの野良さんで定着してるのが、おいちゃんとノワちゃん。
黒兵衛はまったく来なくなりました。


やっぱり何だかんだで通年11匹は面倒みている状態。
23年前からこの数字はなぜかほぼ変化なし。


熊本の大地震を連日テレビで見ていますが、ようやく必要な物資が届きだしたらしく、今日までの長い長い時間を避難所、もしくは避難所に入れないで駐車場等で過ごしていた方達、同伴している動物家族達も、少しはほっとされたのではないかと思っています。
勿論、まだまだ何も解決の糸口は見えず、他県での無償住宅提供の入居もまだこれからで、生活のベースを立て直せる場所がいつ見つかるのか、その点の不安はとても計り知れないものとお察し致します。

一昨日でしたか。
夕方のニュースの中で、「動物が一緒だから避難所に行けない」という方の声がありました。
一方では、避難所の映像の中に、犬を一緒に連れている方が数人写っていたのですが、屋内ではやはり無理で、外で一緒にいらっしゃいました。
このように、連れて行けてる方々もいるけど、行けない方もいる。
動物の種類にもよるのだろうとは思います。
ワンちゃんの場合は、リードを付けることが出来たり、外に出して一緒に居ることも出来そうですが、にゃんこになるとなかなか閉じ込めっぱなしもできず、かといって、ワンちゃんのような対応も出来かねる・・・という事があると思います。

阪神淡路の時も、東北の時も、大地震が起きた時、「うちはどうしたもんだろう・・・」という悩みが持ち上がりました。
阪神淡路は我が家にもひびが入ったり、少々傾いたりしているので、トラフが来た時はもたないだろうと思います。
トラフではなく、1つ1つ来たとしても、その規模はかなりのものらしいので、やはり無理だろうと。

家の中の子達の数は減って4匹になっていますが、それでも夫婦2人で両手に持って逃げられるギリギリの状態。
貴重品はリュックに背負っていけたとしても、ご飯やトイレなどは到底持ちだせません。

まず、持ちだせるかどうか?連れて出られるかどうか?ですけど・・・。
家が全壊しなければ、十分なチャンスはある。
半壊状態で誰も家の外に逃げ出していなければ、私達人間も怪我をしていなければ屋外に避難出来る可能性は十分ある。
最低限、この条件でないと屋外避難は難しい。
余震で崩れてしまう前に何とか捕まえて連れ出すこと。

でも、連れ出した先でどうするのか?という問題がまたしても起きるなぁ・・・。
被災した動物達を保護するチームが動き出すのも、すぐには無理。
そして、どこにそういうのが設置されるか、市内でそういう対応をしてくれる所がどこにあるかも不明。
情報が手に入るまでは、どうしたって避難所で困った状態が続くと思われる。。。

猫って、閉じ込めっぱなしはまず難しい。
籠に入れて連れて逃げても、トイレをさせることが出来ない。
環境の変化や恐怖に怯えて、外でおトイレをさせる場所を見つけたとしても、うまく言うことを聞いてくれるとも思えない。
暴れて脱走・・・失踪・・・という危険が付きまとう。

もう逃がしてしまう方がいいというほどの酷い被害がその瞬間家に起こったら、連れ出す以前の問題ですけど、連れ出した後・・・ってね。。。
だから、「避難所に行けない」というケースにうちも多分なりますねぇ。
周囲への迷惑も考えないといけないし。

で、さっきテレビを見ていたら、簡単に広げたり畳んだりできるテントが避難所に配られるというニュースがありました。
テント・・・持ってた方がいいかなと思ったり。

あくまでも家から逃げ出せた場合。
テントがあったら雨風はしのげますしね。
猫を連れていても、自分達の居場所は何とか確保できるかも。
車も持っていないから、避難所の中に入れなかったから、こういう形で居場所を確保するしかないか・・・と。

とここまで考えて思いました。
避難所に避難したくない、出来ない場合。
周囲に火災さえ起こらなければ、この庭のどこか安全な場所でテント生活で暫く我慢することは可能だろうかと。

周囲の木々や家屋の一部が倒れこんで来ないスペース。

ツボ庭のど真ん中なら大丈夫か。

家屋内に猫用の避難道具を置くのでは壊れてしまう事もあり得るので、これもどこかロッカーみたいなものを外に置いて、取り出せるように収納しておくとか。

猫用のケージも買っておいて、いざとなったら庭で組み立ててテント生活とか。
ご飯も水もトイレもロッカーに保管。

タレントの井上晴美さんも、ご友人のお宅の庭でテントを張らせてもらって過ごしているとのことでしたので、うちもそれなら可能じゃないのか?と思いました。

避難所で行き場を失うよりは、まだこの方がいいかも。
但し、本当に周囲に火災が起こらなければですけどねぇ。。。


とにかく、緊急用のグッズを揃えた後は、ツボ庭の一角に保管して、「物が上から落ちてきて潰れちゃった」とか「取り出せない」とかのないように配慮しておきたいとは思いました。


☆最近買った本等。

zakka11_20160421141932582.jpg

私ですら知っている超有名な俳人さんの句など、猫をテーマにした俳句って結構あったんですね。
その俳句に面白い漫画を添えてある本です。

ついでに、ねこあつめのパズルも。
簡単な問題から、少しだけ難しい問題まで色々ありますが、形状認識というか、こういうのがとても苦手な私には頭の体操にもってこいです。

スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

考えることばかりで。。

家主様、おこんにちは。

リオ嬢、落ち着いているようで何よりです。
ああ!やっぱりピエに似ています!!
表情、佇まい、そして「バナナマンが好きi-176というところまで!
そんなに気に入ってくれたなんて、本当にうれしい限りです。
あの時もっと買っておけばよかった…実はもう廃盤になったらしく(涙)バニャニャマンに代わるもの、匹敵するものがあれば、と探したのですが、、なかなかなくて。。
リオ嬢、ピエとがんばって気に入ってくれそうなの、探すからね!
だから元気でゴキゲンさんで過ごしていてね!

おいちゃん、スッカリ馴染んじゃってますねぇ(笑)
お顔が言ってます…「おいちゃんですが、何か?」って(笑)
「そこにご飯がある。だから食べるんです。」って!!
きっとおいちゃんもこの家の一員で、出してあるごはんは自分の為に出してあるんだ、くらいの勢いなんでしょうね(笑)
月乃ちゃんの分までも。。
ノワちゃんもまぁ、ずいぶんと慣れてきてること。
きっと「このお家、なんか落ち着くにゃ。」とでも思ってるんでしょうね。
確かに…家主邸は『猫の楽園』ですもんね。
ワタクシが猫さんだったら絶対家主様のお宅に行きたいですもん(笑)
おいちゃんもノワちゃんも、チーちゃん一家もどうか万が一のことが起こった時は自分たちの直感を信じて、無事でいてね。

熊本地震で博多も三日間ほどは落ち着かない状態で、ビビりのワタクシはその後も余震があるたびに心臓バクバクしっぱなしで…ホント、ダメダメなやつなのですが、当初から「猫ちゃんは大丈夫だろうか?わんこさんたち、ペットと暮らす親御さんたちはちゃんと避難所に行けてるのだろうか?」ということが心配でなりませんでした。
案の定、ワンちゃんのいるご家族の方は「この子がいるから避難所の中には入れないんです。」と言われていたし、家主様の仰る通り、猫さんに至ってはそれすら叶わないような状態のようで。。
家主様のご心配、痛いほど解ります。
家が倒壊さえしなければ何とかなるのでしょうが、熊本地震のように震度7が二度もあり、絶え間ない余震で震度6や5が何度も襲い来れば、それは家屋ももちません。
また健康状態のいい子ばかりならまだしも、リオ嬢もヤムたんもとてつもない恐怖を味わった後、苦痛を強いられる避難生活に耐えて行けるか…ああ、考えただけで涙目です。
どうかどうか、絶対にトラフが動いたりしませんように。
地震や津波、災害があと100年はやってこないよう、もう祈るしかありません。
家主様、もしも何かあったら、いやあってはならない、あってほしくないですが、その時はワタクシ、行きますから!!!
使い物にならない駄目オンナですが、何でもしますから。
何なら一緒に博多へ、ピエール家に来てください。
ぜったにあってくれるな地震!ですが、万が一…の時はピエール家があるよ、ということも頭の片隅に入れておいてくださいね。
まぁ、それも…福岡が被害が少なければの話ですが。。
…なんか、震災があるたびにいろいろと考えなければならないことが出てきますよね。
ただ、今は熊本の余震が早くおさまってこれ以上被害の出ないことを祈るのみ。
そして長期戦になると思いますが、被災された方の生活が少しでも落ち着いて、次の段階であるこれからの生活のことへ少しでもスムーズに移って行けますよう願うばかりです。
無力で気力体力、言うまでもなく財力もないワタクシですが、少し落ち着いたら何か自分でもできることをしたいと思います。

熊本、大分の方々、どうか踏ん張って下さい。
無理せず頑張ってほしいです。
そして怖い思いをした猫ちゃん、ワンちゃん、ペットのみんな、大好きなお父さんお母さんから離れずに頑張って生きて。

ピエールさんへ☆

おこんばんは☆

後半、食べる量が減っているんですが、その点以外は特に問題になるような事もなく、今日も1日を過ごしております。
はい、ピエ坊の弟子のリオでございます(^^)
明日の血液検査で数値がどうなってるかを見ないと何とも言えませんが、だるそう、しんどそう~というのは今のところない模様。
バナナマンは人気ありますね~。さっきはライスまで放り投げて遊んでましたし。
え?廃盤なんですか?うっそ・・・効き目が薄れてきたら探して買おうと思ってたのに、なんてこった・・・。
どこかに在庫でもしてないでしょうかね。
見つかったらまとめ買いしますけどねぇ。。。
見つかったら情報交換致しましょうね!

通いの2にゃんは、ほんとにスタスタとキッチンへやってきますよ。
もう「うちのテリトリーです」って感じです。
たまに茶太郎や月乃と出くわしたりしますけど。
未だにノワちゃんは性別不明なんですよ。
もう2か月以上来てると思うんですが・・・いつも尻尾を垂らしているので観察不可です。
おいちゃんも、年齢がわかりませんが、下半身・・・腰と下肢部分が少々曲がっているので、そこそこ年なんだろうか?と思っています。
とにかく2にゃんともよく食べるので、チーちゃん一家が食べ遅れてやってくると、半分以上は空っぽになっていますので、また入れ直したりしています。

ところで、避難所でのこと、やっぱり動物が一緒っていうのは実際には難しい問題もまだまだ残っていますよね。
環境省が東北の地震以後、一緒に連れて逃げることをガイドラインに載せた点で、かなり改善された!とは思ったのですが、国がそうやってくれても、実際の被災地での受け皿が整っていない・・・。
人間ですら、「定員オーバーで入れてもらえなかった」という方がいて。
その方は仕方ないので、自宅の小屋でテントを張って奥様と生活中ですが、指定外の避難場所なもんですから、物資がまったく届かないそうです。
個人の家の敷地内でテント生活というパターンも含めて、たとえ避難場所として用意されてあっても、そこが指定された場所でない限り情報はなかなかうまく伝わらず、物資配給に物凄い格差があるという事でした。
なので、動物が一緒だとなおさら、孤立してしまう被災者家族が増えてしまいそうですよねぇ・・・。
一緒に連れて行っていいってなったんだから、動物と一緒の人エリアを何とか確保できないかと願っていますが。

私ね、今回の事見ていて、思ったことがあって。
最近の住宅は敷地の問題から、庭が一切ないお家が増えてますよね。
猫の額ほどの庭さえないお家が普通になっているようにも思うんですが、庭があるというのは確かに贅沢な事ではあっても、家屋が危険な時の一時避難の場所にはなる可能性があるんだなと思います。
手間がかかって、その癖税金は取られて収入を生むこともない場所ですが・・・。
親戚も税理士さんも「この庭はお金を生まない」と言われるのですけどね。
お金を生まないから価値がないとは言えないと思いました。
ここはたまたま昔からの家で敷地が広いという・・・普段はマイナスでも、災害の時は大いにプラスに使えるんじゃないのか?と思うと、見方が変わると思いました。
それに、ツボ庭だけでも、数軒の家族さん達を受け入れることも可能ですし。
自分達だけじゃない、他の人達の居場所も提供できるだけの面積だと思います。
そう考えるとね。お金とられてばっかりの場所だけど、無かったら本当に行き場がない・・・特にうちの場合はって。

どうなるのかな。ものすごく不安ですね。
福岡も、今回の地震でずっと揺れっぱなしで、直接的な大きな被害が今は無くても、活断層の事とかあるし、結局日本はどこに行っても地震に関しては先行き不透明なんでしょうねぇ。。。
でも、心強いお言葉ありがとうございます!
交通網が寸断されていなければ。猫達が耐えてくれたら、福岡へ行かせて頂きます!
ピエールさんからのお言葉、御守りとして大事に心にしまっておきますね。

1日も早くこの地震が収束して、九州が、そしてその影響を受けている地域が平穏になりますように。
離れ離れになってしまっていたとしても、絶対会えますように。
そう祈ってやみません。
動物達は特にね。不安でいっぱいだろうと思うので・・・。
現地の獣医さんやボランティアで救済活動をしていらっしゃるチームの方々には、頑張って頂きたいのと、心身共に気を付けて頂きたいと思っています。
私も情報をよく見て、出来ることを探そうと思います。
非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード