寂しい猫の日。

    rio8_201602221352034a0.jpg

昨日から入院になったリオの見舞いを、今朝してきました。

10過ぎに到着し、すぐに面会。

ケージの中で静脈点滴を受けながら、奥の方に座り込んで固まっていました。

私の顔を見ても、少し「う~~」ってご機嫌斜めの声を出すだけ。

そりゃ、こんな経験今までしたことなかったもんね・・・。

ケージの中にはおトイレが置かれていましたが、看護師さんの話だと「シーツにしかしてくれませんね」でした。

多分慣れないんだろうな、このカラーを付けた状態での距離感というか、動き方というか。


暫くケージの戸を開けて、手を突っ込んで頭をナデナデしていたら少し落ち着いたみたいで、そのうち「あれ?戸が開いてるの?そっから出れるの?」と思ったようで、立ち上がってこっちに来ようとしました(^^;)

「おっと・・・まだ今日は帰れないんだよ・・・」とそっと扉を閉めると、また「なーんだ」ってな顔で隅っこに座ってこちらを見ていましたが、やがておトイレの中に入ったので、

「お?おしっこする?」と見ていたら、こんな風に座ってしまったのでした(^^;)

近くに来てくれたおかげで撫でやすくなりました(笑)

撫でていると安心するのか、目を瞑っていましたねぇ。


そうこうしていると、副院長先生が来てくださって、説明を受けました。

検査の結果はまだ届いていなかったのですが、昨日診てくださった先生の「ホルモンのバランス等々」の話から、それは非常に珍しい病気にはなるのだけど、念のために血液を検査所に出してみましょうか?ということになり、お願いしておきました。

また、副院長先生の感触では、やはり腫瘍の付き方、広がり方が「嫌な感じ」とのことで、どうも悪性っぽいという感じです。
ちなみに、癌だった場合とホルモンの病気、双方が重なって起こることは、まず殆どないとのことでした。

今の状態は食塩水を使った一般的な輸液をしてもらっていますが、大問題だったカルシウムの数値は13まで下がっているようです。
昨日の血液検査では16になっていたので、これはいかん!ということでそのまま入院となったのですが、これが11、12辺りまで下がってきたら・・・

「リオちゃんの性格は入院向きかそうでないかと言われると、そうでないタイプのようなので、11、12に数値が下がってきた時点で考えましょう」みたいなお話でした。

こちらとしても、リオのストレスや不安が長引くことで食べない飲まないが続いたら良くないと思うし、やはり・・・自由な時間をどれだけ確保してあげられるかが、今後どんな厳しい結果を受け止めなければならなかったとしても一番大事にしてやりたい点ではありますので、たまの入院、通院、往診、自宅での私達の看病の方法を組み合わせて、出来るだけ長々と入院ばかりせずに済むようにしたいと思っている事をお願いしておきました。

自宅では皮下点滴を暫く毎日続けるのも方法だそうです。。

さて~~させてくれるのかな?この子は(^^;)

出来なかったら通院で頑張ろうとは思いますが、それもある一定期間みたいなお話だったので、ずっとするわけではないみたい。


などなど、色々お話をお聞きした後、またナデナデタイム。

安心して大人しく撫でられているリオを見ると、早く連れて帰ってあげたいなとつくづく思います。

看護師さんがいらして、
「ご飯、何食べます?あまり食べてくれていないので、好きな物があったら持ってきてもらっていいですか?」

そうだった。リオってなんでも食べる子じゃないんですよねぇ。

缶詰だと銀スプの缶入りで味はマグロ限定だし。
他はかろうじて黒缶。
カリカリは、今は満腹感サポートだけど、以前はピュリナの体重管理用の物・・・

と言うと、看護師さんがクスっと。

「そうなんですよ、体重管理、それ食べてても出来なかったんですけどね」と私もクスッ。

とりあえず、明日の見舞いにはドライと缶詰色々持って行こうと思って、帰りに買い揃えました。

何か食べてくれたらいいんだけど。緊張が続くだけで食欲なくしちゃいますからねぇ・・・。

チャチャのように「意外と大胆」であってほしいもんですが、子猫の頃から超臆病なので、これはしょうがないか・・・。

1時間ほど見舞いをしましたが、「○○さんの顔を見てようやく奥から前へ出てきてくれたんやなぁ。全然違うなぁ」と言われたので、世話してくださる時も少々ご苦労をおかけしてしまっているのだろうなと思います。
奥に引っ込んでしまうと、シーツ等の取り換えが手間取っちゃったりしますもんね。

リオを表に出す時は布を被せてしまうので、唸られはするけど引っかかれたりは無いとのこと、ホッとしましたが(^^;)

そんなこんなで今日のお見舞いはおしまい。

「明日は午前中仕事だから、その後でまた来るからね」と言って、入院室のドアを開けて手を振ると、写真のように暫くじっとしていたのですが、私が帰ると気付いた途端に顔をパッとあげました。

ごめんね。良い子にしててね。明日も一杯ナデナデするから。


今日は猫の日。今年の猫の日はとても寂しいサン・チョボ家です。


でも、数値の改善があったことは良かった。
あとはどんな結果を受けても、リオの生活をどうしたら守れるか、病院側とも沢山相談して頑張るだけ。

新しい玩具、買っておこうかな。
気に入るかどうかわからないけど、溜まったストレスをそれで解消してくれたらいいなぁ。

今日が誕生日の夫(65歳になりました)は、日曜から北海道大学に出張のため留守。
この写真をメールして現況を報告しておきました。

さっきは電話がかかってきたんですけどね。
メールを見てリオの事か?と思ったら・・・

「おさかなパンってどこに売ってるって?」と言うんですよ。

おさかなパンは数年前にスーパーの小さな北海道フェアという催しで、初めて目にして食べたB級グルメでしたが、これがまあ美味しくてね。
食パン?で魚のすり身を挟んで揚げてあったかなぁ。
ホタテ、カニの味もあって。でもそれ以降お目にかからず。
ネットで見たら30個で取り寄せ可能なサイトもあったんですが、それも今はもう無いみたいで見つからない。

それを伝えると「そうか~やっぱりないかぁ。町の人にも訊いてみたけど、知らないって言われた」ですって。

新千歳空港にある「かま栄」というかまぼこ屋さんに、似たようなのがあるからそれを買ってきてって言ってたのに、何を今頃思いだしたかおさかなパン。

ちなみに、似たようなのが・・・って書きましたが、かま栄さんのサイトには「類似品に注意」とありました。
どっちが先か知りまへんけどな。美味しかったらええねん。
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

ホントにさみしい猫の日。。

家主様、おこんばんは。
リオ嬢、少しずつ快方へ向かっているようで…良かったです。
リオ嬢自身もきついのでしょうねぇ、元気のある子だったら入院ケージでナーナー鳴いて『出して~、はよ~、出して~!帰る~!!』って訴えますもんね。
雑草魂のみゃあこちゃんは、手術翌日のお見舞いで、首に流動食用のチューブが刺さったまんまなのに、お口の中も外も大きく切っていて相当痛いというのに、しゃがれた声にならない声で鳴いて、よろけながらも「帰る~、おかあさん、帰る~。」って…思えば本当に強くてめげない子でした。
かわいそうにリオ嬢…体のしんどさとなれない入院で余計にぐったりなっているのでしょうね。
どうか、まずは点滴で体内のバランスを元に戻して、一日も早く大好きなサン・チョボ家に帰れますように!!
家主様も居た堪れない思いをなさっていることと。。
先生や看護師さんには全く気を許さないのに、おかあちゃんが来てくれて、おかあちゃんの声がして、おかあちゃんの匂いに包まれながらなでなでしてもらうと、目を瞑って安心してくれるなんて…うぅ、、泣けてきます。
どうかカルシウムの数値がOK範囲まで下がって、しんどい状態から早く解放されますように。
早く帰ろうね、リオ嬢。
それまでどうか頑張ってね!

おさかなパン、家主様が以前こちらにも載せてらっしゃいましたよね?
パパ様、やさしいにゃあ。
お仕事で家主様、リオ嬢のそばに居られなくて心痛めてらっしゃると思います。
おさかなパンで少しでも元気をつけてもらおうと思われたのでしょうねぇ。
そんな優しいパパ様、お誕生日おめでとうございます。

猫の日…今年はみんにゃ揃ってにゃあにゃあ言いながら過ごせない、何ともさびしい猫の日になりましたね。
ワタクシもリオ嬢のことが気になってい、心配で、、昨日からピエとシュンとしてしまっています。。
今日もずっとリオ嬢の回復を祈っています。


ピエールさんへ☆

おこんばんは☆
いつもご心配を頂き、本当にありがとうございます。
何だかこういうことが、2年ちょい前から続いてるなぁと思っています。
チャチャの乳がん発覚から、お見舞いのオンパレードのような気が・・・。
あんずも最後は9日間ほど入院してましたしね。
リオも早く帰宅して、ゆっくり家で過ごせるようになってもらいたいです。
カルシウムの数値も、順調に下がっていってくれたらなぁ。

子猫で保護した時、一番臆病で、おかあさん猫から離れなかったし、こちらに甘えてくるのも大人になって時間がかかってからで、抱っこは20秒ほどしか出来ないし(^^;)
それでも、こういう時にちゃんと安心した顔をしてくれるのは嬉しいです。
こういう場面で、嬉しいという表現は合わないかもしれないけど・・・。
知らない人に馴染むのに、相当な時間を要する子なので、病院という知らない環境の中では猶更気を許すことができないでしょうねぇ。
あとどれくらいしたら退院できるのかな。
明日はご飯を一杯持ってお見舞いに行ってきます。
出したことがあまりないカリカリも試しに買ってみました。
もしかしたら、お?って興味を持ってくれるかもって。
あ、銀スプの缶詰も買ったんですが、チャチャが入院してる時にも持って行ってお皿に入れたら、あの缶詰、香りが際立つので、他の入院猫さん達が一斉に反応して、檻越しにみゃーみゃー凄い事になった事がありました(^^;)

みゃあこちゃんも体が大変でも、やっぱり好きな場所で過ごしたいとアピールが凄かったんですね。
一緒に過ごすのはこの人!って。あの場所!って。
愛おしいですね。

明日も少しでもまた数値が改善されている事を願って、見舞いに行ってきます。
ピエールさんからの応援のお言葉も、今日の見舞いの時にちゃんと伝えてきました!
親子共々頑張りますね。

そうそう、おさかなパン、数年前ですが載せましたよ。
あれ以降、もう口に入ることがどうやら出来なくなってしまったようなのですが。
夫が北海道へ行く直前も、「おさかなパン無いんだよなぁ」と私が独りごちていたので、それで探してくれたのでしょう。
しかし、似たようなのがありそうなので、買って帰れるのならと頼んでみました。
形は違うんですが、中身がよく似ていたので。
夫へのお祝いのお言葉もありがとうございます。
会社を定年退職してからもう5年ですなぁ。あっという間ですよ。
退職しても、以前関わっていた取引先からたまに呼ばれるので、今回もそれで北海道へ。
中国人の波もおさまってきたようで、そうでないとホテルが取れなくて、お客から呼ばれても行けやしません。

いつも応援ありがとうございます。
ピエールさんもピエ坊も私より落ち込んじゃだめですよ(^^)
そうそう、今日は「猫侍SPドラマ 玉之丞江戸へ行く」が今放送中です。
これ、かなり面白く出来てます。途中までリアルで観てましたが。
斑目さんは出ないけど、エピソードゼロの話で、思ったよりもよく出来てるなと。

あの懐かしい旦那様と佐吉も登場!随所に懐かしいフレーズもあったり、やはり心の声が現代的で可笑しかったり、チビ玉があまりに可愛かったり。
結構ゲラゲラ笑って見てました。
セリフの中で「猫は必要とされる人の所へ行く」というのがあったんですけどね。
猫が来て人生が変わるというテーマはこのSPでも同じで。
まったくもって自分自身にも当てはまる。
やっぱりいいドラマです、猫侍。
これ観て元気出して、明日も頑張ります!
非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード