この電話は詐欺電話。

chichibi262.jpg

今日の午前中、マンションの掃除に行く途中、家のすぐそばの青空駐車場の草むらの中から、白田君が飛び出てきました。

自転車に当たりそうになってびっくり。
何やってんの~~!って言いかけたら、相手が居ましたよ。

taneko37.jpg

どこかのおじちゃんです。
うちには、野良さんがなんやかんやと入れ替わってやってきますので、何匹も「おじちゃん」と呼ばれる子達がいますが、この子はえーっと・・・確か・・・「どこかの」だったと思います。。。あれ?(笑)もうこんがらがってきた。

どうやら、この青空駐車場の車の下をどっちが陣取るかで揉めていた模様。

最近白田君は、うちの敷地内に戻ってチーちゃんとグレコと3匹で温室で寝ていることが多く、たまにこの駐車場の特定の車の下で涼んだりしているのを見かけていました。

で、私にびっくりした(こっちもびっくりだよ!)白田君、そそくさと道を渡って移動。

おじちゃんも私にびっくりして駐車場の奥へ移動。
そして、最近白田君が寝ている車の下に行って、やれやれ~ってな感じで横になっていました。

そこって、おじちゃんの縄張りだったのかな?
それをのほほんとした白田君がお邪魔しちゃってたって事なのかしら。

まあ、どっちが先に縄張りにしたのかは知りませんが、元々白田君はうちで過ごしていますから、多分ここはおじちゃんの縄張りが先に出来ていたのだろうと想像しています。

なんにせよ、車が殆ど入ってこない道ではあっても、飛び出したりしないでねぇ。

この道は細くて、この駐車場に止まっている車も3台ほどです。

利用率殆どない感じなのに、固定資産税は安くないよねぇ・・・と、変な心配をしつつ、いつも通り過ぎております(笑)


さて。
2日ほど前の話ですが、夫の携帯に電話がありました。
丁度キッチンでテレビを見ていたのですが、私も横におりました。

で、どこからの電話だろう?と耳を澄まして様子を見ていると、夫が何やら「ん~ん~・・・えっと・・・」受け答えに詰まっている感じです。

なんかわかんない事を答えようとしとるんだろうか?
いったい誰からの何の電話?仕事?不動産会社?銀行?

暫くそんな感じだったので、横から小声で「わかんないんだったら勝手に答えない」と言いました。
で、私が電話を代わったのですが、女性の声で「関西電力の○○と申します」と言ったのです。

話の内容は「エレベーターの動力の契約の件で、契約が24時間稼働を前提とした契約で大きな契約内容なのですが、実際24時間も稼働し続けているというのはあまりないと思うので、料金の設定の見直しをさせてもらいたくてお電話しました。つきましては、電気料金の明細書をお持ちだったら、事前に説明会がありますのでご用意願いたいのですが」ってな事でした。

エレベーターは自宅には当然ありませんので、マンションの事だと思いましたが、それだって1軒だけです。
見直しってしてくれるの?って思ったのですが、領収書は管理会社が把握してるしなぁと。

そういう返事をすると「月曜日にまたお電話しますので、それまでにご用意ください」でした。

はいはい~と電話を切って暫く何も思わなかったのですが、あれ?と。

で、夫の携帯の着信を見直したら、その電話、PHSからだったんですよ。

私、てっきり会社の電話番号が出ると思ってたら、PHSで個人の電話。

関電ってこんな事しないんじゃ?と、むくむくと疑惑が生じ・・・
しかも、カレンダーを見ると、次の月曜ってシルバーウィークの最中じゃあ~りませんかっ!

おかしい・・・なんかおかしい・・・。

エレベーターがあるって解って言ってるみたいだし、自宅にエレベーターなんて普通は無い家が多いんだから、マンションの電気代の話なんだろうなぁ・・・でもなぁ・・・個人の電話を使ってってのが絶対変な感じがする。

割と素直に話を聞いてしまう傾向がある私なのですが、夫は更に輪をかけておりました。

「月曜日に会って話したらわかるやん。名刺もあるやろうし、関電って言ってんから」

いや、この考えは私は賛成できません。名刺とか身分証とか、モノホンを見てしっているからこそ比較が出来ると言う物。
それでなければ、どんな名刺を出されても、ウソかホントか見分ける基準がないってことですやん。
ましてや、そっくりに作るなんてお茶の子さいさいのご時世ですよ?

それに、会ってから何を話すと言うのでしょう。
事前に怪しいと思った相手にわざわざ会ってから判断するのはいかがなものか。

ああ、あかん。これは絶対おかしいねん。
休みの日に電話してくるってまずないわ、ない、ない。

で、結構とろ臭い私でもおかしいと思ったので、パソコンでその番号を検索したら・・・まあ、出るわ出るわ、同じような電話を受けた人からの「詐欺ですからご注意ください」というコメントが。

関電だけでなく、中部電力とかの名前でもかかってるようです。
内容はエレベーターの動力以外にも色々あるようですが。

皆さんしっかりされていて、「領収書なんてそっちが把握してるはずだから用意する必要あるのか!」と逆に相手を追いつめていらっしゃいました。

ああ、もっと私もしっかりせねば・・・。
世間知らずにも程がある。反省。

でも、電話を代わって良かったとも思いました。
夫だけだったら、どこまで何を喋ってたかわかんないし、知らない間に会う約束までしちゃってたかも。

月曜日の電話?当然無視します。

ちなみに、迷惑電話、詐欺電話に関してこの電話番号はオープンに載せられているので、ここでも書いておきましょう。

050-5846-8263という電話です。

うっかり出ないようにしてくださいね。

☆補足
電話勧誘販売

「電話勧誘販売をしようとする事業者は、相手方に「いりません!」「契約する意思はない!」と断られた場合、直ちに電話を切らなければなりません(特商法17条)。
もし一度断ったにも関わらず、再度、同じ内容で繰り返し電話勧誘をしてきた場合には、 行政処分(悪質なものには業務停止や罰金刑)の対象にもなります。 再勧誘等の禁止について、法律で規制されていることを知らない消費者が大勢います」

とのことです。
まあ、詐欺グループに事業者という自覚なんてあろうはずもありませんが、普通の会社でもしつこい場合はこれが適用されるそうです。
再勧誘禁止の法律なんて知りませんでした。
これはかなり使えそうですね。
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

ろくなことない。。

家主様、おはようございます。
どうも「シルバーウィーク」という呼び方がしっくりこないというか、お彼岸ということもあり、GWほど浮かれ気分にもならないワタクシでございます。
ただ今年は過ごしやすくお天気にも恵まれたので、それについては嬉しいなと。

さて、例の詐欺電話はかかってきましたか?
本当にこの数年、固定電話に出て、まともなものに出会ったことがありません。
それが携帯にまでかかって来るようになるとは!?
どこから漏れちゃってんでしょうねぇ…年金機構からダダ漏れしたり、「国の機関だから」とか銀行だからとか、信じて疑いもしてないようなところから漏れたり…まったく勘弁して欲しいですよね。
そういえば、消費税還付だか何だか忘れましたが書類届いていたのですが、たった何千円かの為にまた改めて個人情報を役所に報告差し上げるのもどうか?と書類確認してしばらく経ちますが、出すのを躊躇しております。
もっと怖いのは、これから始まる国民総背番号制…やめていただきたいです。。これほど信じられない世の中であるのに、余計な税金使いまくって何やってくれちゃってんの?という感じ。
便利なばっかりの世の中ですが、それが逆に首しめちゃってますよね。
…あ~、言い出すと腹たってくる。。

詐欺電話、情報管理、自分のことは自分自身で守っていくしかないんですよね。
ホントお互いに気を引き締めて参りましょうね。
パパ様、知らない人や電話にはチョット感じ悪いくらいでいいと思いますよ、訳わかんないことは「家主大臣様々」にホウレンソウでお願い申しあげます!!

白田君、チーちゃん&グレコさんと一緒に過ごしているのですね!何だか嬉しいですね~、やっぱり居心地がいいんだ~、家主邸も家族との時間空間も。
一度(や二度三度!?)離れてみたからこそわかる有り難みなのでしょうか?
知らないおじちゃんとあまりバッティングしない家主邸の中でのんびり安心して過ごしてくれるといいんだけどにゃあ。

ピエールさんへ☆

おこんにちは☆
シルバーウィーク、確かにとってつけたような気がして、私も普段は言いませんよ(^^;)
「あ、今度は連休かぁ~~」ってな言い方です。
それより、20日から26日まで「動物愛護週間」でございます。
シルバーうんたらより、そっちの方が重要な気がします。
猫侍もコラボしてますよ、今年の動物愛護週間。

さて、このろくでもない電話ですが、夫にはまだ確認していません。
昨日の夜から「絶対出るな。何度かかってきても出るな。根負けして出ちゃったりしないように」って言ってますので、絶対電話には出ませんでしょうけど、夫の推測では、義父の電話番号に掛けてきたのがこちらに回ったのでは?と。
義父の電話、今は姑の部屋に置いてあるんですが、その留守電に「御用の方はこちらへかけ直してください」って夫の携帯番号を知らせるようにしてるみたいなんですよ。
「それ、止めれ。どこからかわかんない相手にまで携帯番号ばらまいてるだけだから」と注意しました。
大抵の付き合いのある人は既に夫の番号や、うちの固定の番号は知ってますから、もう問題ないと思いますけどね、こんな風に伝言で残さなくても。
しかし、私、0120~からかかってきた時はびっくりしました。
あれって、こちらから電話料金無料でかけられるだけのものだと思い込んでいたので、なんでフリーダイヤルからこちらへかかってくるの?って。
どっちにしても、何かの宣伝でしょうから絶対出ませんし、全部後で「拒否設定」しまくってます。
マイナンバー制度もけったくそ悪いわ~と、私も嫌いです、あの新制度。
利便性はあるとは思うけど、それ以外の「国民にとってのデメリットとプライバシーを国に管理される胸糞の悪さ」が勝ってると思いますもん。
個人の預貯金まで把握して、何かに結びつける目的が無ければそんな事まで知ろうとは思いませんもんね。頭のずるがしこお役人が、更に国民から色々と搾り取ろうとする計画の基になるような気がしてなりません。
引っ越しや手続きの簡略化?確かに無駄な費用や時間の削減は歓迎ですけど、そもそもそんな手続きって、人生の中で1年の間にしょっちゅうあります?
引っ越しだってそんなに沢山するとは思えないし、他の手続き関係ったって、1年を振り返ってみたら、あまり役所に行かない年、もしくは1度も行かない年だってありますからねぇ。
そんな事のために他の情報が筒抜けになるやもしれないこの制度、果たして本当に必要なのかどうか。
なんか中身が不愉快~って思いますねぇ。

最近、白田君は温室で、チーちゃん、グレコと団子になってる事がありますよ。
ああ、戻ってきてるのね~って嬉しくなりました。
でも、全員が揃ってる事はありませんねぇ。
茶太郎は1匹でどこかに居ることが多いし、月乃は完全に独立してますし。
ご飯の時だけやってきますよ。彼女はここに戻って居付くことは多分もう無いかなあと思っています。
一番こちらに懐いてるのに。時々、ご飯の支度中にスリスリしてきて、足の指を舐めたりしてきます。こそばいです(笑)
でもまあ、全員元気でいるのが何よりですよね(^^)
あ、このおじちゃんですけどね、少し性格が丸くなったような気がします。
最初ここへ来出した時、とにかく誰かを目に留めた途端、猛烈な勢いで追いかけてたんですよ。
なので、グレコも白田君もチーちゃんも顔を見た途端にダッシュで逃げて。
チーちゃんはびびりしょんまき散らして走って逃げるし。
でも、このところ、遠くにおじちゃんを見つけてもチーちゃんはすぐに逃げなくなりました。
んで、おじちゃんも、追いかけ倒すことが無いんです。
みんなおじちゃんが来ると、逃げることには変わりないんですが、おじちゃんの方が先に走って追いかけだすというパターンこの頃見なくて。
少し距離を取って座ってこちらを見てるんです。
で、その間にチーちゃんがおじちゃんをちらちら見ながらご飯食べて、家から出て行きます。
もしかしたら、以前はご飯を手に入れるのに必死で凶暴な性格だったのが、今はここへ来れば、とりあえず食べられると解って落ち着いてきたのかもって。
誰かを押しのけて奪わなくてもいいんだってわかってくれたのなら嬉しいんですけどね(^^;)
勿論、玄関内という狭いスペースで遭遇したら、チーちゃん達は怒ったり部屋の方へ逃げてきたりしてますけど。
それでも、おじちゃんが向かってくることはかなり減っていますので、以前のやさぐれ度は減ったかなと。
ま、だからと言って、仲良くなることは無いんでしょうけど(笑)
非公開コメント

 いらっしゃいませ
ステップファクトリー
stepfactory
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード