9年。

kotetu45.jpg

小鉄が一番星になって今日で9年目の夏を迎えました。
9年前の早朝、病院から「亡くなった」と連絡を貰い、迎えに行ったのがまるで昨日の事のようです。

相変わらず、小鉄のような静かで優しくて、喧嘩はめっぽう強くて、鳩を飼い馴らす?ような男前の猫には出会っていません。
光が当たるとグレーの毛色が茶色っぽさを増すという独特の毛並の子なんて、そこらにいませんしね(^^;)
9年なんてあっという間なんですねぇ・・・。
9年前は自分が何をしていたか記憶もないのに、こういうお別れの事はよーく覚えているというか、記憶から消えることがありません。

向こうの世界でも、孤高の猫を貫いているのかなあ。
きっと女子にはモテモテだとは思うけど、クールな顔をしてるのかなあ(笑)

変な話なんですけどね。
最近、ゴキちゃんを見かけると、「小鉄~退治しに来てくれないかなあ」って思うんですよ。
いえ、私は全然平気なんですよ、ゴキちゃん。
だけど、白血病でぐったり寝ていた小鉄が、ゴキちゃんを目にした途端、むっくと起き上って前足で「パン!」と一撃で仕留めた事が忘れられなくて(笑)
あの電光石火の早業、確かな腕前、よくそんな気力が残っていたな~と、当時びっくりしたのです。
小鉄の思い出とゴキちゃんがセットになってるのって・・・どうなんだか・・・って思いますけどね(^^;)

小鉄。
あんずがそっちに行ったよ。仲良くしてくれてるかな?
小鉄が輸血する時、あんずからも血を分けてもらったね。
あんずも年老いて、病気も進行して、一杯頑張ってそっちに行った。
褒めてあげてね。
小鉄が大変だった時、あんずが一番先に一緒に添い寝して懐いてくれたからね。
そっちでも、きっとずっと仲良くできるとおかあちゃん、思ってるよ(^^)
あんずのこと、よろしくね。

おかあちゃんは、今年は色々あって、仕事もかなりおとうちゃんに分担してもらってます。
今はやりたいこと優先で過ごしてます。
いいリハビリだよ(^^)
まだ沢山問題はあるんだけど。
今しか出来ない事を楽しんでみようと思ってます♪
小鉄も天国で自由にきままに過ごしてね。


さてさて。
10月下旬に義父の三回忌を迎えますが、そのための敷地内と家屋内の大掃除を2か月かけてやろうと考えています。
2か月で何とか間に合わせねばというか・・・無駄に広い敷地がこういう時仇になりますなぁ・・・。
猫達にとっては良い環境なんですが。

で、来月からはそちらに掛かり切りになると思うので、今月中に畑の大仕事を終えておかねば!と、毎日通っています。

今月に入って早々、いきなり思いついたのは「根菜を植えよう」ということ。
人参はすでにトライ中ですが(どうもうまく育っていない模様・笑)、他にも定番の大根などを・・・と。
で、ホームセンターに行って種を見ていたら、急に牛蒡もやってみたくなりました。
牛蒡ってものすごく深く掘らないといけないと思ってたんですが、40センチほどに育つミニ牛蒡(40センチでミニって・・・)があったので、それなら何とか出来ないか?と。

しかし、大変です、畝作り。
なぜって、掘れば掘るほど石がザクザク。大小取り混ぜてキリがないほど見つかりまして。
しかも以前田んぼだったせいか、土が重い。
畝の長さ自体は短めにしようと思ったのですけど、それでも耕す作業は苦役そのもの。
で、その石をとりあえずどうにかせねば。そして、土そのものももっと砕かねば。
と思ったのですが、どう考えても種まきの時期までには出来そうになく・・・。

仕方ないので、牛蒡が育つであろう範囲だけに絞って、土を掻き出し、それをフルイにかけてせっせとゴミと石、ガラス片を取り除きました。
そしたら、ものすごくしっとり柔らかい土になったのですが、そこに水を混ぜると単なる泥状と化したので、培養土等をよく混ぜて畝に戻しました。
畝の高さも出来るだけ稼いで・・・下は20センチほど掘ったとは思うんですけどねぇ~~。
それ以上は掘れんのですよ、粘土層が出てきてこんにちはって。
で、下と畝の高さと合わせて40センチギリギリあるかどうか?
さて。こんなやり方で牛蒡が育つのかどうか、見ものです(笑)


んで・・・もう一つは大根。

hatake19_2015081118560605e.jpg

牛蒡の畝は線路脇ににありますが、初めて使う大根用の畝は田んぼの真横。
そのせいなのか、牛蒡の畝より随分と粘土質。掘っていくと水でぐちゅぐちゅになったかのような土質でした。
土の塊もものすごくて、ひたすら耕してもこんな感じ。
ごろんごろんと土の塊・・・もう粘土です、粘土(@@)
こんなの、いつまで鍬で耕しても細かくなりませんやね。
そして、どうせ雨が降ったりしたら、また固まっちまうんですよね、きっとね。

だけど、大根は牛蒡より多めにトライしたいため、畝の長さもちょい長めになってます。
これを牛蒡と同じようなやり方でフルイにかけて、えっさほいさとやれるかというと・・・
いや、正直牛蒡の畝だけでもう沢山!
1メートルちょいの牛蒡の畝ですら、2週間近くもかかってしまったのです。
これが倍ほどある畝になると・・・うげ~っとなりますもん。
しかも、ネチネチしてるので、フルイにかけられる状態になるのに数日乾かすなどせねばなりませんやね。

なので、ここはひとつ思案どころだと。

大体思いつくのが遅いんだよなぁ・・・なんでもそうだけど。
ほんとにやりたかったら、冬の間に畝作りを初めておかなきゃ。
だって、こんな粘土質、簡単に改良出来るわけないんだし。
石だって取りきれるわけないんだし。

先日、大老師がうちに来られた時に、大根栽培についてあれこれ質問したら・・・
「石だけじゃなくて、土の塊もNG。小指の先ほどの石でさえ、当たったら根が割れる。だけど、バーク堆肥の屑とかは大丈夫なんだよねえ、面白い事にね」って返事でした。

何もかもが、今のこの畝は大根栽培に適してないってことだなぁ~~~~。
でも、他の畝はもう使い道が決まってるので、ここしかないし。

等等考えた挙句、私がとった行動は、牛蒡の畝作りよりも更に手抜きの方法でした(笑)

このまま畝を適当に高く作り、大根の幅より広めの穴を開け、そのまま下に掘り下げるという・・・

これがね、普通の土だったら、深く掘っていく最中に傍から崩れてきそうなもんですが、超粘土質が幸いしたのか、何かで綺麗にくり抜いたかのような深い穴が掘れたんです(笑)
まったく壁面崩れない。しかし、それって根は伸びにくいし、太りにくいしって状況ですよねぇ。

で、掘った穴に培養土を詰め直しましたとさ(笑)
高さがもう少し欲しかったので、畝の上にペットボトルを切り取った奴を刺して、そこにも培養土を詰め込んで、35~40センチほどの長さに仕立てました。

さて。こんな「培養土の筒の中」で大根はちゃんと育つのでしょうか?
畝そのものには、堆肥と石灰をほどほどに施しておきましたよ。
今日は試しに1カ所作っただけなので、残りはまた後日。
このやり方でもしも根菜が育つなら、耕作の苦労も半減しますね。
で、手が空いてる時、植えるものが無い時に、ゆっくりと耕して石も取ってゴミも片づけて、色んな堆肥を混ぜて寝かせて混ぜて寝かせてを繰り返していく~という事をしたいと思っています。

大老師には「畝の上に袋を置いて、そこに土を入れて嵩を稼いで根菜植えるとか方法もあるけどね」と言われたんですけどねぇ。
出来れば、畝の中で根菜を作りたいんですわ。
畝の上に別物の袋を置くやり方は知ってましたが、それならプランターでいいじゃんって思っちゃうんです。
その方が自宅で管理出来て楽だしって。
でも、畝があるんだし、思いついた手抜き方法が通用するのかどうかも確認したいし(^^;)
ということで、年末どうなってるか?それ以前に、根が狙った通りにまっすぐ下に伸びて太って行ってくれるか?
自分でもちょっと楽しみです。


hatake18_201508111856049a8.jpg

こんなに繁殖力が凄いとは知らなかった空芯菜。
どう育つか知らなかったため、沢山植えてみたらえらいことになってしまいました。
どうやったって食べきれません(笑)
ほっとくと、サツマイモの弦みたいに長く伸びて、隣の畝に「こんにちは」してるしっ!

奥に並んでいるのはオクラのエメラルド。
今年は昨年に比べると、少し出来が悪いかなあ。
もう少し肥料を加えるかな。元肥は多分ちょうど良かったと思うのですが、追肥を遅らせてしまったので「肥料足りてないで」と大老師が一目見た途端言われたんです。
うっかりしてました。追肥の事・・・(^^;)

間にある白いシートの畝は、先発隊のキャベツ用の畝。
後発隊のも写ってませんが、短めの畝が別の所に出来ています。
昨年より少し多めに植えるつもりですが・・・初回の時のように上手に出来るかなあ。
私にとって一番のイベント「キャベツ栽培」(^^)
今回も綺麗に結球してくれますように!


汗だくで午後6時に帰宅したら、玄関からこの野良さんが飛び出してきました。

taneko2_20150811185607af9.jpg

ちょくちょくやってくる野良さん。
夫がチーちゃん達に出したご飯を狙ってきたのです。
誰ともガチンコしなかったみたいですが、私がご飯をガサガサしてると平気で寄ってくるようになりました。
おまけに「わーおん」と鳴いて挨拶までします(笑)
なかなか大胆な奴。
男の子だという確認はとれていますが、顔が細くありません?
タマタマも小さかったように見えたので、手術済みの子なのかな。
結構綺麗なんですよ。野良さんにしては。

あれ・・・

野良さんだと勝手に思ってるだけ?
でも、お家で暮らしてるならもう少し丸々しててもよさそうな。
やっぱり野良さんだろうなあ。

いや、わからんなぁ・・・う~~む。
まだ若そうなので、「どこかのお兄さん」と呼ぶことにしました(^^)
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

小鉄様とあんず坊♪。

家主様、おこんにちは。
すっかりご無沙汰をしておりました。。
怒涛の10年点検の後、スッカリ気抜け状態になってしまい、更に連日の猛暑で3パックの鏡餅が完全に融けてしまうようなデロンデロン状態の駄目オンナでして(汗)(汗)(汗)
この酷暑の中、家主様はファームのお世話に管理、しかも家主邸のお掃除等々、本当に毎日ご苦労様です。

空芯菜ってそんなに繁殖力がすごいのですか!?
食べきれないほどって…これが足を運べる距離なら「食べて加勢」喜んでお手伝いするのに(笑)
軽く茹でて冷凍しとくってのも…その前に「空芯菜はもうたくさん(涙目)」状態とか?
来年の空芯菜は少し控えめに育てるということを身を以て(!?)学ばれたという訳ですね?
いやいや、それでも毎日栄養たっぷりの新鮮な空芯菜を食べることができ、しかもすごい家計に貢献したということは本当にアッパレでございますよ!
キャベツさんは順調に育っているでしょうか?
人参さんはチョット残念でしたが、今は牛蒡さんと大根さんの作業で大忙しなんですよね。
読めば読むほど、「うわぁ~、なんて大変そうなんだ。。」と…ヘタレなワタクシにはとても真似できない大変な作業、どうか倒れない程度に、お体に気を付けて頑張って下さいね。
牛蒡さんと大根さん、ちゃんと育ってね!

小鉄様がお星様になって9年になるのですね。
家主様の仰るように、9年前、いったい何をしていたのだろう?9年どころか2年前、自分自身は何をしていたのかすらほとんど覚えてないのですが、「そう言えばみゃあこちゃんの病気が見つかったんだよなぁ…。」とか、こういう大切な存在のことは驚くほど鮮明に覚えているもので…不思議ですよね。
小鉄様は天国でも猫ちゃんだけでなく、優しい猫好きな方々からモテモテだと思いますよ。
そして間違いなく「鳩使い」をしていると思います(笑)
地上時代にお世話になったポロッポーたちが列をなして、「小鉄兄貴、小鉄兄貴!」って慕ってきてて、天上でご恩返ししているはずです。
何だか目に浮かぶんですよ!
でもって、血を分けた兄弟のあんず坊も小鉄兄貴のカワイイ弟ってことで、ポロッポー軍団から一目置かれてるという…きっとみんなで仲良くしてると思うんですよ。
あんず坊のパパ様への甘えっぷり、堪能させていただきました。
どうしてそこまで甘えるのか!?ってくらい、本当に甘えん坊ですよね、そしてたまらなくかわいい!!
無償の愛で家主様やパパ様を「これでもか!」ってくらい、愛していたのでしょうね。
それがひしひしと伝わってきましたもん。
あんず坊、元気にしてる?
おかあちゃんやおとうちゃん、そして大好きなチャチャ嬢、ヤムヤム嬢、グレ坊、リオ嬢、ライス嬢、チーズファミリーのこと、これからも見守っていてくださいね。

そうそう、あれ以来我が家にGタローの不法侵入はない(と思いたい)のですが、小鉄様は本当に強くてかっこいい美男猫だったのですね。
我が家にはそういう子はいませんから(笑)
ピエは完全に固まって動けませんし、あの身軽なみゃあこちゃんですら…まったく興味を示さず完全無視してましたからね(汗)
親に似るのでしょうか、、ダメ親ですからね、ピエール家の親玉は(笑)
だからもう二度と…Gタローよ、こないで~~~っ!!

ピエールさんへ☆

おこばんは☆
お返事が大変遅くなってしまってすみませんでした!
今日、同じ組の方のお通夜だったんですが、昨日の夕方の時点でそのお宅の前に警察官が2名立っていたので(畑からの帰りに遭遇)、あ・・・なんかあったか?と思っていたら、自宅で脳溢血でご当主が一人きりの時に亡くなっていたそうで、そういう場合は検死が必要なため、警察が来るんですよね。
ってなことで、こちらもお手伝いやらで明日までバタバタでございます。

最近、日中は暑いのですが、数日前から夜がめっきり涼しくなりまして。
秋の夜のように虫の音が心地よいのですが、そちらはいかがですか?
寒暖差が激しいと疲れも出てしまいますが・・・お互いしっかり食べて頑張りましょう。

空芯菜ですが、もう恐ろしいくらい伸びます。
茎の伸び方が上に行くより地を這うんですよ。まさにサツマイモの如く!
しかもね、食べようと思ってとるでしょう?
数日水を張ったボウルに付けておくと、新芽が出る下のあたりから根が猛烈に伸びてくるんです。
だから、1株あったらそこからどんどん増やせるってことも分かりました。
なのに、それを知らないもんですから10株以上も植えてしまって(笑)
さすがに飽きますので、今放置に近いです。
あれね、天ぷらにすると美味しいですね。
炒め物ばかりでは飽きるけど。天ぷらにすると透き通るような緑に変わるんですよ。とても綺麗です。
キャベツは苗も随分育ってきて、本葉が5枚ほどになりましたので、来週あたりに定植したいのですが、台風がどうなるかを見てからにしようかな~と思っています。
15号の進路がどうなるかわからないみたいなので(--)
人参は数株処分しました。移植したところを掘ってみたら、まあ凄い又根でして。
しかも苦い。葉っぱも育ち過ぎで、又根以前に肥料や土の状態を一から勉強せねばならない感じです。
あとは直播したところがどうなのか?ですけどねぇ。味は不味いでしょうねぇ(--;)
何かが足らないと色が悪かったり苦かったりするそうなんです。リン酸だっけかなあ。。。
もう一度どこかでトライするつもりですが、根菜は大変だな~あの土だとなぁと。
牛蒡の種は先日撒きました。明日も畑には行けないので発芽してるかどうか確認できないのでちょっと心配ですけど。
大根の畝はまだ作っている最中です。せっせと穴を掘って培養土を埋めてます(笑)
ほじくり出した土は乾いたらフルイにかけて掃除して、野菜くずや雑草を混ぜて堆肥化して、今度根菜を作る際に掘り出した所に埋めるのに使って行こうかと。
そうやって少しずつ根菜を作り続けて、この作業を繰り返していったらいつか石も少なくなって土も変わってくるかもなあ~と気の長い事を考えておりますよ。

さて。小鉄もこの世をさって9年ですが、ポロッポーは何羽くらい世話してるんでしょうね(^^)
あんずとの再会もね・・・きっとすぐにまた一緒にくっついて寝ている事でしょう。
あ、小鉄兄貴大好きな佐助が邪魔してるかな?(笑)
そういうことを想像するとちょっと面白いですね。
天国で沢山の人達に可愛がってもらえてるといいな。
みゃあこちゃんともきっとお付き合いしてると思いますよ。
みゃあこちゃんの目にも「小鉄兄貴って優しいな」って映ってると良いのですが(^^)

あんずの動画も観てくださってありがとうございます。
あんずの動画はそんなに多くないのですが、改めて探してみて、あ、こんなのあったっけ、そうかそうかって感じで。
毎度この調子ですからねぇ。大きな体を短いあんよで支えながら立ち上がっての甘えっぷり。
ここまでするのはあんずしかいないので、その存在が居なくなるってのは寂しいものですが・・・。
天国でもこうやってるでしょうけど、相手を疲れさせないようにねって思います(^^;)

Gタローはなかなかしぶといですからねぇ・・・。
さすが、太古の昔から生き続けているだけありますわ。
だけど、下手に咥えたりしちゃったら、その時こそ私も「ギャー!」ですよ~~。
そこに薬をかけるわけにもいきませんし、口からもぎ取るにも大変ですし。
お猫様にはスルーしてもらう方が安全です!
ピエ坊も相手にしないようにしてね。
ピエ坊を他のお部屋に移動してもらって、順番にバルサンしていくってのもアリですかね。
私もちょっと考えているんですけどねぇ。玄関とキッチンをバルサンしようかと。
チーズファミリーのご飯を出すので、どうしてもGタロー出現率が最近高くなりまして(汗)
どこからともなくおこぼれを探しに来るもんですから。
座敷は襖なんで、さすがに猫達に無害な状態での使用は難しいですが・・・。
ってか、座敷には基本出ませんが。その代りムカデが出ます、嫌~~~!(泣)
非公開コメント

 いらっしゃいませ
ステップファクトリー
stepfactory
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード