こちらも何とか。

yamuyamu1_20150713203945beb.jpg



anzugure1_20150713203943a01.jpg

ヤムヤムとグレ(グレの後ろには亡きあんずも…今日はあんずの月命日)。

今日は3か月ぶりの血液検査でした。
チャチャと同じく、腎不全初期と言われたので、2~3か月に1度の検査を実行しております。

今日は夫の手も借りて病院へ行きましたが、まあ、グレの鳴き声の凄いことったら(@@)
小さい頃はこんな事なかったのに。
4月に行った時も、ここまでではなかったのに。
以前のグレはどこいった?というくらい、酷かったのですよ。

キャリーケースは隠れん坊の道具としているグレなのですが、いったいいつからこんなに嫌になったのだろう?
確かに病院へ行くのは嫌なものだとは思いますが、ここまで酷い鳴き方をされるようなこと、前回何も無かったように思うんですけど~~?

こりゃ、もしも自宅点滴が無理だった場合、通院での点滴になったら、大変な事になっちゃうな~と内心戸惑ってしまいました。

さて、検査ですが、触診はどちらも問題なし。
体重はどちらも若干減少。
これは、療法食一辺倒にしたせいで、好きなカリカリが一切混じっていないため、好き嫌いで食べ残しが出るからです。
療法食のカリカリだけだと、やっぱり綺麗に売り切れることはありませんなぁ・・・とほ。

で、血液検査の結果ですが、2にゃんとも前回よりもずっと改善されていました。
腎臓の数値はどちらもOK。
ヤムヤムは肝臓の数値がちょっと高かったのですが、そちらも平均値に。
貧血もなし、ミネラル等のバランスも良し。
よって、今のお世話の仕方でまだまだ大丈夫とのことでした。

ただ、2にゃんとも、そろそろ歯石取りはした方が良いようで、来月に入ったら予約を取ろうかと思います。

心配なのは、グレ。預けている最中に予想されるものすごい鳴き声で迷惑をかけてしまわないかということ。
他の入院動物さんのストレスになるんじゃないかと、そこが心配でありまする。

出来るだけぎりぎりに連れて行こうかな。

とにもかくにも、「どちらかが点滴開始の数値を示していたらどうしようかな・・・」と、ここ数日胃が痛かったので、今日何とか無事に乗り越えてもらってほっとしました。
出来るだけそんな日が遅く来るように。それを切に願っています。

しかし、行きのタクシーは大騒音だったのに、帰りは比較的静かな鳴き方。
現金な奴らやの~~(笑)

2にゃんともお疲れ様でした。
来月は歯石取りがあるかもしれないけど・・・今日の事を早く忘れてくださいにゃ~~~(^^;)


ところで、待ち時間の間に年配の女性がヤムヤムをあやして下さっていたんですが、その方からこんなお話を聞きました。

私が「家に5匹、庭に居候家族5匹がいる」と言うと、「それなら団体登録を市にしてもらったらいいわよ」と。

なんですかな?それは?

その方の説明によると、こういう事でした。

別世帯なら2世帯から登録可能。
団体登録された人たちが受けた不妊手術に関しては、費用が5000円バックされるし、1年に受ける頭数には制限が無いと。

うちの市では、もともと、1年に1匹に限って、不妊手術の助成金が受けられます。
今の金額は知りませんが、私が利用した時は、男の子が3000円、女の子が4000円でした。
今まで2度利用していますが、1年に1匹という制限付きなので、数匹不妊手術した際も、どの子の名前で申請するか選択する必要がありました。
でも、団体登録している人たちが地域猫や野良猫さん達に手術をする場合は、頭数制限がないんだとか。

一体いつからそのシステムが?と聞くと、「2年ほど前に、市の広報誌に出ていた」とのこと。

え~~知らんかったぁ。

もっとも、チーちゃん一家は4年前に済ませてますから、このシステムはまだ存在していませんでしたけどねぇ。

その方は団地に住まわれていて、団地内の自治会には、猫を世話する部などがあるようで、有志の方達が集まって、団地の敷地内に住み着いている猫さん達のお世話をしているそうです。
で、団体登録をしてもらったので、手術を受ける際に費用が5000円補助されるんですね。
団体は、大人数でなければならないということではなく、親と子が別世帯になっていれば、最低2世帯から登録可能だから、そうしている人たちもいるとのこと。
うちだったら、私達夫婦の世帯に、たとえば私の実家の母の世帯を入れて2世帯。
これなら、登録可能って事になります。
でも、これ、家の猫さんはもちろん対象外でしょう。
ボランティアでお世話をしている猫さん達が対象のハズですもんね。
家の子達か、お世話している外の子達か、市がどうやって区別できるのかなって思いますが。。。

あまりその辺のことまで詳しくお尋ねする時間も無かったのですが、
その方は「庭に居付いている子達は対象になる」と思われたようです。

でも、こんな風に地域猫として市が費用の補助を考えるようになるなんて・・・。
身銭を100%切っていた時代が懐かしくなりました。
少しずつでもこうやって、民間の奮闘が市を動かしていくのならありがたいことでございます。

それにしても、いいなぁ。団地できちんとそういう部があって、お世話をしてるなんて。
私も団地に引っ越すなら、そういう所がいいな。
どこの団地か聞けば良かった(笑)
ちなみに、その方達の猫のお世話部は、すでに81匹の地域猫さんに手術をしたそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

非公開コメント

 いらっしゃいませ
ステップファクトリー
stepfactory
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード