見舞い。

anzu110.jpg

2日ほど前のあんず。
日に日に表情がなくなってきています。

給餌の量も更に減り、以前の6分の1もいかない日もあります。
それでも、投薬だけはなぜか完璧。偉いね、あんず!

多分、昔から投薬の時に「ポン!するよ」って言ってきたので、こんな状況でもそれを聞くと「これで終わる」と解ってるからじゃないかな~って思っています。

一昨日から昨日にかけて、ものすごくおしっこの回数が多かったあんず。
オムツも6~7回交換、それ以外にも尿取りパッドを3回ほど交換。
24時間の間に10回近くおしっこがあったと思いますが、先生からは「そのうちおしっこが作られなくなってくるかもしれない」と言われたばかりなので、この多さはいったいなんだ~~?
点滴はいつもと同じ量です。そして間隔は1日半に延ばしています。
ご飯もかなり少ないので、それにもかかわらずこの回数とは・・・。ふ~~む・・・。

かと思えば、今日は朝からおしっこは1回だけ。

ひたすら横になって寝ています。

ところで、2週間おきに実家の母が雑草取りの手伝いに来てくれるのですが、今日はその日で、あんずの見舞いにも来てくれました。

先週の段階で先生から「1週間もたないかもしれない」と言われていたことを聞いていた母なので、もしかしたら今日会うのが最後かもしれないって思ったのでしょうか。

酸素ハウスで横に伸びて身動きもせず寝ているあんずを見ながら、あれやこれやと今までの事を話し、老衰の進むのが早いか、腎臓がダメになるのが早いか、もうこうなるとどっちがどうとは言えないね・・・という・・・。

今のあんずの状態は、明らかに腎臓からのダメージで色んな事が起こっているせいで、食べるのがしんどい、ふらふらする・・・、痩せてくる・・・となっているんですけど、食べさせていられた時でも徐々に体重が減っていたのは老衰のせいもあるんだろうなぁと。

そして、こうなると早いんですよね。
寝たきりになり、更に痩せ・・・。

腎臓に問題が無かったとしても、一旦老衰が始まると、え?って思うくらいいろんな事が衰えていくんですから。
それも、結構なスピード。

「あんちゃん?あんちゃん?」と母が呼びかけても、当然のことながら反応無し。
私が呼んでも、もう返事はしません。

「薄目開けて寝てるけどなぁ」と母が言うので、反応は返せなくても、誰か来ている事は感じているのでしょうね。

抱き上げても手足に力がなく、ぶらんぶらんする。
よだれも増えた。目ヤニも増えた。
少しだけとは言え、食べているのに5日経ってもお宝が出ない。

それにニオイもきつくなってきました。

酸素ハウスを開けると・・・臭い。

昨日まではなかったニオイだなぁ・・・。

神様、近くに来ているのかな・・・。


なんだかんだと母と話している時に「でも、こうやって最後まできっちり世話してあげられてるんやし」と言われました。

あんずは幸せだと言う事のようです。

病気になったら介護するのはいたって普通のことだとは思いますが、正直、金銭面で人間よりある意味大変だというのは、以前から何度も身をもって体験しておりますので、母はそういう事も言いたかったのでしょうねぇ。

でも、今回の介護に関する代償は結構大きかったんですけどね。色々ありまして。

母はその後も暫くあんずの顔を見たり、呼びかけたりしていましたが、結局ただの1度も反応はありませんでした。

母にとっても、あんずは「マグロ、エビ大好きっこ」という思い出があるのでしょう。
お寿司を買って一緒に食べていたら、横に張り付いて「くれ!くれ!」と言われて、少しだけ分けてあげたりと、昔はそういう事もありましたので。
真夏に顔を濡れタオルで拭いてあげたら、凄く気持ちよさそうな顔をしていたと、旅行中の留守番を頼んだ際に言っていたこともありましたし。
母の中でも、サンディやチョボに次いで、色々思い出がある子なんですね、あんずは。

母も、私が猫生活を始めたりしていなければ、猫と付き合う、猫の世話を手伝うなんて経験はしなかったことと思います。
私が子供の頃の母は「猫は悪戯ばっかりするから好きじゃない」って言ってましたもん(苦笑)

明日のあんずはどんなあんずかな。
お宝、少しでも出せて、ちょっとすっきり出来るといいんだけどな。。。

そして、どうか発作が起きませんように。
ただただ、静かに過ごすことが叶いますように。


gure36.jpg

んでもって、最近の困ったちゃんはグレ。

私があんずに掛かりっきりなのが嫌なのでしょう、めちゃくちゃ焼きもちを焼いて煩いったらありません。
あんずが静かに寝ているのに、ウオウオ~!と大声で鳴いて、私を呼ぶんです。

「今、忙しいの。爺ちゃんのオムツ替えてるでしょうが!ご飯上げてる最中でしょうが!」と言ってもわかりゃ~しません。

とにかく、今までになく煩く鳴く。ついて回る。執拗に。お前、ストーカーかっ!

母があんずの見舞いの後、グレがやたらに纏わりつくので「焼きもち焼いてるんよ」と言うと、グレを撫でてくれてたんですが、ヤムヤムが母に挨拶した途端、ヤムに気を向けられると思ったのか、グレったらヤムヤムに嫉妬のパンチ!

母の匂いチェックに来たチャチャも、追いかけ倒してパンチ!
さすがにチャチャも怒って「シャー!」

で、グレは私に雷を落とされましたが、めげません。
執拗に母に付きまとって、独占しようと必死でした。

あ~あ~もう~。
毎日こんな状態なんですよ、今の私。
あんずで手いっぱいなのは申し訳ないんだけど、病気の爺ちゃんの介護なので、「えこひいき」してこうなってるんじゃないのにねぇ。

こんなに甘ったれで焼きもちやきだったとは。
10年目にして知ったのでありました(--;)

グレ、気持ちはわからないではないんだけどね。

お前、もちっと、空気読めよっ。
ちっちぇー男はモテないぞ~~~!?



スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

ほんと、空気読まなきゃ。。

家主様、おこんにちは。

本当は…もう静かに静かに見守っていようと思っていたのですが。。
家主様の「声」が聞こえたので書かせていただきます。

家主様のお母様は優しくて本当に家主様のお気持ちを解っていらっしゃるなと思います。
家主様の今のお気持ちをくみ取って家主様とあんず坊にお話しされてるな、と思いました。
余計なことは言わず、静かに見守って下さっているのですね。
ワタクシの母はあの時、とんでもない言葉を何度もワタクシに浴びせましたから…ボロボロになった娘を心配するあまりに焦って口にした言葉、、であったとしても「延命させる気ね?」とか、、ワタクシは「今、そこにある大切な命を見守りたいだけ」であるのにそういう類の言葉をポンポン投げてきましたから。。
もうね…今のあんず坊のことは家主様にしかわからないのですから。
これまでずっとずっと頑張り続けてきたあんず坊と家主様にしかわからないのですから。
ワタクシはあのころ、誰にも会いたくなかったし、誰ともかかわり合いたくなかった。
解らない人は余計なことを言って、かき回すだけですから。
そんなワタクシに家主様とごく親しいお友達だけが、ただ静かにやさしく見守り、支えて下さったこと、、本当にありがたかったです。

母とはその後、またひと悶着ありましたが、今は関係も改善して仲良くしております。

どんなに近い関係であったとしても、相手のことを思いやり、相手が今どういう状況でどういう気持ちでいるかを推し量ってもらいたいものだと、我がことから多く学びました。
100のアドバイスより、ただ穏やかな時を過ごせるようにと祈ってもらうことの方がありがたく幸せなことだと。

お母様にとっても思いれの深い、かわいい子なんですよね、あんず坊は。
家主様のお気持ちを理解してそっとしておいてくれるお母様、本当に優しいお方です。

グレ坊、今は静かにね、あんずにいちゃんとおかあちゃんを見守っていてね。
あんずにいちゃんのことが心配だと思うけど、今はそっとしておいてね。

あんず坊、安心してゆっくりしていてね。
どうか今日も明日も発作が起きず、穏やかにあんず坊が過ごせますように。

お返事は無理になさらなくて構いませんので、どうかその時間をあんず坊との大切なひと時にお使いください。

ワタクシが一番空気を読めてなくて、本当に申し訳ございませんでした。

ピエールさんへ☆

おこんにちは☆

みゃあこちゃんの介護の時の事、色々ご家族の間でもおありになったこと、覚えております。
見ていられない・・・というお母様のお気持ちも親心からですからわからなくもないですが、やはり・・・ん・・・ピエールさんが何を一番に思っているのか、何を大事にしたいと思っているのかを受け止めてあげるのも大事だと、生意気ですがそう思いましたもん。
みゃあこちゃんの事を一番理解しているのはピエールさんでしたし、ピエールさんが考えに考えて決めた事は、他の誰かがちょっと意見を言ってみる・・とかと相いれない事も当然ありますものね。
だって、その場にずっといて一緒に看病して・・・って形でない限り、わからない事があると思いますもん。
うちの母は、基本的に私が頑固な事は知っていますし、猫に対して心配性な事も解っていると思います。
普段はそんなにあれこれ話を聞いても「へぇ・・・色々あって大変なんやなあ」くらいで終わるんですが、こういう状態になった場合は、やはり対応が違いますかね。
命はいつか果てるものではあるけど、そこに至るまでの頑張りはそれとなく解ってるんだろうと思いますよ。

そう。「見守りたい」。それが今一番必要な事だと痛感しております。
いつもありがとうございます。
非公開コメント

 いらっしゃいませ
ステップファクトリー
stepfactory
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード