バランス取るのが難しい。

cyacya10_20111230010106.jpg

2012年のチャチャ。

今日は抗がん剤治療後初の血液検査でした。
私が見ている限り、副作用と思われるものは、2日目から1日だけ起こった嘔吐。
これは点滴と薬でなくなりました。
あと、数日続いた食欲不振。
好きな缶詰を出しても、食べる気満々で待っているくせに、いざ口を付けるとすぐにやめてしまって食べません。
なので、腎臓の数値が上がっていたこともあったので、あんずと同じ療法食のパウチを給餌していました。
嘔吐さえなくなれば、食べさせても問題はありませんでした。
それを今日までの1週間続けました。
食欲に関しては随分戻ってきたようで、一般のカリカリに口を付けるようにはなっています。

あとはまったく寝込んだりだるそうだったりもなく、よく動いておりました。

なので、食欲に関する事以外では、さして問題がないのでは?と期待していたのですが、やはり数値の上でも問題は見られませんでした。
骨髄抑制がどれくらい起こっているかを見る白血球の数値もまったく正常。
それから貧血もなし。
腎臓の数値に至っては、抗がん剤治療直前に受けた時、クレアチニンが2.6、BUNが4後半だったのに、その後の療法食のみの給餌のお蔭か、まったくの正常範囲でした。

しかし、問題が。
体重が減って2.7キロちょっとになっていました。

抗がん剤治療当日は3キロほど。

その後2日間の食欲不振で2.9キロ台。
それから1週間、療法食で食べてきたにも関わらず、更に減っていると。

先生の見立てでは、よっぽど減るようだと腫瘍による可能性が考えられるけど、今回の場合はどちらかというとカロリー不足なのかなと。

チャチャはもともと大食いでもないので、少量をちょこちょこ食べる・・・を繰り返すのですが、それでも他の子に比べたら全体量は少ない方です。
それでも最近まで3キロ台でした。
療法食のカリカリをハンストしてはいても、食べる量が全くゼロというわけではなく、嫌々でも少しは食べていたので、2キロ台に落ちることはなかったんだろうと思いますが、腎臓用の療法食をチャチャの食事量に合わせていると、全体にどうもカロリーが足らないのかもしれません。
しかし、今以上に量を増やして給餌すると、今度は1回の量を増やすか、回数を増やすかでコントロールすることになり、1回の量を増やすと食べ過ぎてゲロッパになる危険あり。回数を増やすことになると、1日中何かしら消化し続けて、しかも何度も捕まって口の中にご飯を入れられる事になり、ストレス必至。

腎臓の関係と体重維持のバランスを考えるのは、なかなか難しい話です。

しかし、チャチャの場合、1週間の療法食のみの生活で劇的に数値がもとに戻ることを考えると、今の状態なら、半分は好きなカリカリ、半分は療法食という生活でも何とか出来るのではなかろうか?
これ以上体重が減ると、抗がん剤治療そのものを延期、もしくは中止になることもあるそうなので、とにかく体重を減らさないような食事も必要だという結論に至りました。

帰宅後、すぐにモンプチのカリカリを出すと、がっつくように食べていました(^^;)
と言っても、量はそんなに多くありませんが、チャチャにしたらいつもの量です。
今日は1日、好きな缶詰、好きなカリカリを自由に食べて良い日としました。
明日は療法食に重点を置いて食べさせます。
交互にそうやっていって、3月11日の抗がん剤治療2回目の時に結果が出ていればいいな~と思っています。
その間、自宅でも時々体重チェックはせねばなりませんね。

本猫は動きは本当にいつもと変わらず。
細くなっても足腰の強さはしっかりあって、今日も採血の際、嫌がって突っ張るのを看護士さんが保定された時に「わ~力強いねぇ~!」と言われてました。
あんずよりも全然しっかりしてますよ、足腰(^^)

骨髄抑制の影響もほとんどなく、腎臓の数値も正常値になり、しかし今度は食事のコントロールという新しい課題に直面しましたが、何とか乗り越えたいと思っています。
ただ、このことが腫瘍によるものではないことだけ、ひたすら祈っております。

さて、今日はあんずの点滴もありませんので、早目に夕方の給餌をして、髪の毛を切りに行ってきます。
もう3か月ほど経っているので、我慢の限界をとっくに超えています。
美容院が歩いてすぐだと、ほんとに楽です!
ま~たにゃんこの話に花が咲くことでしょうが、今日は早く帰らねば。

ドラッグストアーがまだ開いていたら、「このカリカリはいつでも絶対食べる」という最強アイテムを買って帰りましょう。
今日はそれをしっかり食べてほしいです。

以前、それだけを食べていたら「ツチノコ」になっちゃたんですけどね(^^;)
今はそれくらいの勢いでいてほしいです。
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

ツチノコにな~れ!!。

家主様、おこんばんにちは。
もう美容室から帰ってこられましたか?
猫の「話が通じる」美容室!!本当にうらやましいです。
ワタクシもつい1か月ほど前、徒歩1分くらいの場所にこじんまりした美容室を見つけて行ってきたのです、、5年ぶりくらいに(笑)
気さくな女性の店長さんでほとんど気兼ねなく、話も弾むのですが、猫の話は残念ながら…。
なので家主様がとてもうらやましくてね。

さて、チャチャ嬢の通院、検査、本当にお疲れ様でした。
良かったです~、抗がん剤の影響がほとんど見られないような数値!!
最初の食欲不振、嘔吐以外は副作用もあまり出ていない、すごいです!!
貧血も見られないって、本当にすごい、頑張ったね、えらいね、チャチャ嬢!!
そしていろんな工夫とご苦労をされた家主様、本当にお疲れ様です。
これからは食欲、というかカロリー摂取のコントロールですねぇ。。
すごく大変だと思います。
もともと食の細い子は尚更…。
ピエも今でこそ、よく食べてよく寝てゴキゲンさんでいてくれてますが、肝臓の数値が恐ろしく高いころは、食も細く、動きも良くなく、嘔吐の回数が頻繁で。。
体重もその頃は3キロ台だったなぁ。。
今は…先日病院で計ったら4.62㎏(笑)
かつては食が細くなって体重が減った時は、抗ヒスタミン剤の「ペリアクチン」で食欲亢進させたりもしました。
みゃあこちゃんにもその方法をとったことがありましたねぇ。。
そうなんですよね、「食べることを良しとして」ということはとても大切なことなんですよね。
食べなければ体重も減るし、体力も落ちる、免疫力も落ちる、そして貧血も。。
療法食でも喜んで食べてくれる子(ほとんどが我慢して食べてくれてるんでしょうが)ならすべて療法食で頑張ってもらうのですが、チャチャ嬢のように食も細く、好みも激しい子にそれは通用せず…じゃあどうする?って。
家主様のだされた答え、それこそが正しいんだと思います!!
半分は好きなカリカリ、半分は療法食!!
めざせ!あの頃の「ツチノコ」!!
療法食でがんじがらめにしてストレスになると余計に食欲に影響しますもんね。
絶対に禁止!と病院からお達しがあるなら難しいのでしょうが、そうでないなら今は最優先にしたい食欲と体力体重です。
みゃあこちゃんみたいに「食べることを良しとする!」で頑張ってほしいです。
みゃあこちゃん、水分を飲み込むのが苦しくなってからでもモンプチのクリスピーキッスだけは食べてくれました。お水もお皿を口元に持っていくと自分で懸命に飲んでくれました。
そのくらい食べることに貪欲でいてくれました。
だからずいぶん頑張ってこれたんだと思います。
チャチャ嬢、どうか今は「食べることが何より」で、あんなに大変な手術を似度も乗り越えて抗がん剤にも負けずに頑張っているんだから、どうか家主様と力を合わせてしっかりご飯を食べて体力体重を維持しようね!
頑張れ、チャチャ嬢!
ツチノコにな~れ!!

昨日チョボ様の記事読ませていただいて…朝から目頭が熱くなりました。
本当に優しくてかわいくていい子だったんですよね。
そして頑張ったんですよね。
ワタクシからもお願いです。
チョボ様、あんず坊のこと、チャチャ嬢のこと、サン・チョボ家のみんにゃのこと、そして大好きなおかあちゃんとおとうちゃんのこと、見守っていてくださいね。
どうかよろしくお願い申し上げます。

ピエールさんへ☆

おこんばんは☆
午後6時の予約だったのに、帰宅は7時半でした(笑)
もっとも、今日は雨模様で歩いて行ったことと、帰りにカリカリを買いにドラッグストアーに寄ったからですが、それを差し引いても若干の予定オーバーです。
今日も病気、病院、看護の話になりましたよ。
そして「猫の話がしたくなったらいつでも来てくださいね」って。
こういうのって、体験した事がない人に大変さや頑張ってる姿を説明してもピンと来ないもんね~って。
「え?猫でも癌になるの?って私も言われたことあるし」って言ってました。
ブログのお友達とか、美容室の店長さんとか、同じような介護や日々のお世話の楽しさ、大変な事とか解る人に話すに限りますね。
ピエールさんのお近くにも、猫が好きな美容室が今後登場すればいいですね。
そしたら、私、福岡に引っ越してもそこへ通えるしなあ(笑)

ところで、チャチャの事もいつもありがとうございます。
幸い、心配していたきつい副作用は本当に出ることがなく、2日ほど食べなかった~程度で済みました。
サンディの時のように数日は良くても、だんだんだるくなって寝ていることが多いとか、血液検査で白血球の数値がはっきり下がってるとかじゃなかったので、2回目の抗がん剤治療の予定も立ちました。
あとはそうそう、体重ですよ!
帰りに最強アイテムの「モンプチ削りたてかつお節入り」を買ってきてお皿に出すと、食べました!
これ、昔から大好物なんですが、いかんせん食べ続けると便秘するんですよ。
なので、2年ほど前からたまにしかあげなくなったんですが、今は療法食と併用するつもりですから、そんなに便秘にもならないかと。
チャチャはややこしいんですよねぇ・・・。
ウエットばかり続くとお宝が緩くなる。
好きなカリカリはなぜか便秘を引き起こしやすい。
ちょうどよさそうなカリカリはあまり好きじゃない。
お口も小さいので粒があまりに大きいと食べたがらない。
ネックリージョンで10本ほど抜歯してるので、それも原因の1つでしょうけど、とにかく数百種類はあると思われる缶詰も、好みなのは3~4種類と、そりゃもう子猫の頃から苦労の連続。
そこへもってきて今回の事ですから、腎臓の数値を気にしながらも体重維持のために一般のカリカリを使うのは結構冒険です。
この最強アイテム、きっと腎臓の数値を上げてしまうと思いますが・・・とにかく点滴が不要なギリギリのラインでもいいから、そのあたりでバランスが取れたら良しとしなきゃなあ~と思っています。
まずは抗がん剤治療を優先しなきゃいけませんしねえ。
救いなのは、本当に元気にあちこち動きまくっていることです。
炬燵から出てくると勢いよく爪研いでますよ(笑)
みゃあこちゃんのように、食に執念を持ってもらって、体力維持に努めながら治療を乗り越えていきたいと思います。頑張りますね。

チョボももう十年なんですよね~居なくなってから。
あんずは、ある意味チョボが残した「形見」みたいな存在です。
シャーシャーいうことなく、遊んであげたから、あんずもいきなりの知らない場所での生活が始まっても怖がることなく、天真爛漫なお山の大将に育ったんだろうなと(^^)
本当に良いコンビです。
そんなあんずももうお爺ちゃん。チョボが生きた年を8年近く超えました。
先生にあんずの発作再発と、ちょっとふらつくことを相談しましたが、一応予定通り来月の8日の検査になりました。
チョボにも精一杯、応援してもらって、あんずもチャチャも穏やかに過ごせる日々が更に続くようにと思います。
いつもいつも、本当にありがとうございます(^^)

非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード