本当に守ったのは・・・。

chichibi268.jpg

今朝の茶太郎。
この寒さでも、ツボ庭にはイネ科の雑草が増えてきています。
あれだけ抜いたのに・・・。
しかし、ここは猫達にとって天然のサラダバーですから、あえてこのままにしております。

それにしても寒かったっ!!
まだ寒波が抜けたとは言えないのですが、それでも昨日よりはずいぶんマシ。
サンディのお手水鉢に氷がはっていますけど、風が無い分、楽でございます。

月乃もこのところ連日お泊り。
たまにくしゃみはしてますが、ひどくならずにすんでいます。

さて。

昨日は1つ嬉しい事。
法事の時に猫写真集をくれた親戚へお返しを贈りたいので住所を教えてもらったら、福岡県在住と判明。
おお・・・福岡♪
猫友さんも暮らす福岡に、猫好きの親戚が居たなんて。
こりゃ何かの縁ですかい?と、妙にテンションが上がってしまいました。
将来は私達夫婦も福岡に引っ越すか?(笑)
引っ越せたらの話ですけどねぇ~クリアしなきゃいけない問題多々ありますし。

賃貸業をしておいて今更気づく。

引っ越しの際には保証人が必要な事。
保証会社の審査に通るにも年収がある事。

いつも「ちゃんと収入がある人ですね」とチェックしている自分。
しかし、引っ越しの際には年金をまだもらえないお年頃の私。
夫はすでに貰ってますけど、果たして未亡人(なんか古臭い言い方・笑)になった時の私の場合は・・・。
はて~~~?
保証人を頼める親類もいませんし。実の兄弟もおりませんし。子供もおりませんし。
嫁なんて、どんなに頑張って家を支えても、夫が亡くなったら存在が無くなっていきますからねぇ。
親戚なんて頼れません。

税理士さんに色々今後の事を相談してると、そういう人達はどうしているのか?という話に。

「取り越し苦労じゃなくて、現実に起こる問題ですからね」と言われました。

はぁ~~~。引っ越し、入院、施設入所・・・どの時点でも私は未亡人になったら苦労するってことですなあ。
これは下手すると、野垂れ死にか(笑)

それでもいいかと思えるくらい、今を楽しく充実して生きて、最後はどうとでも・・・と腹をくくれるほどになっておかねばなるまいな…などなど。

相談しながら、かなりブルーになりました(笑)
どのみち、近い将来引っ越しは避けられません。
この場に留まる形の引っ越しで終わるか、もっと遠くへの引っ越しを希望するか。
それによっては片付けねばならない問題が色々出てきますけど。

「君がどうしたいかによる」と夫に言われたんですけど、
「どうしたいというより、どう出来るか選択肢が今の所ない」というのが私の答え。
保証人問題が解決したら、一気に事は進むのです。はい。
どこへでも引っ越し出来ましょうぞ♪♪

一番嫌な生き方は、あのテポドン男の将来にまで関わらねばならないような近距離に住んでしまうという事です。
でも、出来るなら、最期の日までサンディ達が居た庭を眺めていたいというのが本音です。
その両天秤・・・ん~当然のことながら、今はまだ結論がでませんが。

将来、独り身でこういう生活を余儀なくされる人が増えてきますから、社会のシステムも色々進化していってくれるといいなぁ。

それはそうと、お歳暮を贈った親戚の女性からお礼の電話が夜ありました。
その中で真っ先に言われたことが「色々うるさい事言ってきてない?」

テポドン男がなんやかんやいちゃもん付けてきてないかと、心配してくださったのでした。

法事の場でも挨拶を完全無視した私。
あんたは相手にしてないという態度を、はっきり表明することにしたんですが、それを今後は親戚の前でもするべきだろうと思っています。
関係が悪化している理由は、説明しなくてもみんなわかる筈ですから。
こちらは面倒見ませんのでという態度を示しておかないと、うちが全部これからもかかわっていくものだと誤解をされてしまうのが迷惑千万なのです。

「あんなのと関わっちゃいけない、○子さん達はこれからは自分たちの事を一番に考えていくべきよ」

はい、もちのろ~ん!そうさせて頂きますし、そうする権利がありますし。

うう~ん、やっぱり遠くへ引っ越しかな(笑)

話の中で、法事の時に、義父のすぐ下の妹さんの○子伯母さんが、「この家の相続税・・・どうなったんやろ・・・」と随分気にしてらしたそうなんです。
私は実家の母とずっとキッチンで過ごしていたので、そういう会話がなされていたことを知りませんでした。

「○子伯母さんにとってはご実家だから、どうしたのか随分気になってらしたみたいよ」

誰もがこの規模の家をずっと維持するのは無理だろうと、薄々は思ってらっしゃるようなのですが、○子伯母さんにしてみれば、ご実家があっけなくなくなるのは忍びないのでしょうね。

「そしたら、○さん(夫)が、≪○子(私)が全部やってくれた≫って言ってましたよ」

ああ、そうなん(笑)

そういうことは、もっと大きな声で宣伝しといてちょうだい(笑)

テポドン男が私の悪口をあることないこと言い続けてるのが惨めになるくらい、私を褒めちぎっておいてくださいね~。

「○子伯母さんも、相続税対策で賃貸物件をやってらっしゃるけど、御主人が亡くなってから随分税金で苦労されてましたからねぇ。今も経営で相当苦労されてて、管理会社から高いリフォームばっかり言われて困ってるそうよ」

おっと。そういう事をされてるとは知りませんでした。

相続税対策に一番有効だと言われている土地活用。
確かに一時的にはそうでしょうが、継続するとなると、途中で大変な目に合う事も多いんです。

「あんなの、持ってない方が一番いいって、このところずっと言われてますよ」と親戚の女性。

同感です。まったくもってそうですとも。

高いリフォームについては、値切った方がいいこと、他の業者との見積もり比較をさせてもらった方がいいことを話すと・・・

「○子伯母さんもお嬢様育ちだから、何にもご存じないみたいで、息子さんも随分のんびりされてるのよ~」でした(^^;)

ああ、似たり寄ったりなんだな(笑)うちと。

多分この調子だと、自分で見積もり内容をチェックしに行ってないんだろうなぁ。
見に行かないと、向こうが言うとおりの内容で工事されまっせ。
要る所、要らない所を経営者の目で判断してから、予算内で落ち着くように再考してもらうのはやった方が良いです。

ちなみに、この前うちのワンルーム、まとめて6室のリフォーム代、相当な額でしたが、チェックに入った結果、数十万円下がりました。
不要な個所を外していったらそうなりました。
もともと猫社長さんが、全部やった場合の見積もりを出したらしいので、不要だと思われる箇所を私が見て相談して改めた結果がこう。
もし、これをしてなければ、全部やることにOKが出たことになってしまうので、これはもう経営者の責任です。
当然管理会社もぼろ儲け。煩いくらいのオーナーが丁度いいと税理士さんも言われた・・・ほんと、その通りです。
お嬢様でもお坊ちゃんでも、こういう時は動かねばなりませんよ。

さて。

お話してる最中に、いずれはここは無くなってしまう事も致し方ないと、ざっくり状況をお話したんですけど、「猫が居て引っ越し不可能だったので、税理士さんにそれを訴え続けた結果、切り売りも延納もしなくて済むよう、期間限定という条件で頑張って下さったんですよ」

と自分の口で言った後・・・そうか・・・と思いました。

私はずっと、「猫達を守るためにここを今は離れられない、何としても守り抜く」と言い続けてきました。
その結果、私の希望が叶って、一次相続で本来は切り売りか一括売却の目にあう筈が、税理士さんの全知能を傾けたご尽力の結果・・・色んな奇跡も重なってそれを免れました。

自分のこれまでの頑張りに成果が出た、守れたんだ、おかあちゃんやったよ!って思っていました。
だから家を残せた、自分の頑張りに自分で拍手さえしました。

だけど。

「猫がいたから残したんです、居なかったら残ってなかったと思う」

つまり、猫がこの家を残すように仕向けてくれたってことですよね。

猫がこの家を守ってくれたと言っても過言ではない。

猫の存在が何なのだと、理解しない奴に言いたい。

ここが残ったのは猫のお蔭だよと。

猫が居なかったら、ここはすでに人手に渡っていたってことだから。

だから、やっぱり猫が守ってくれたとしか、私には言いようがない。
今更ながら、それに気づきました。

私の力じゃない。猫の力だと!

なんと凄い存在なんだろう。

食っちゃ寝、食っちゃ寝ばっかりして。
鳴いたらドアが開いて、お布団も持ち上がって、お湯も出てきて、ゴロゴロしてプクプクしてるだけでいい猫(笑)
だけど、底知れない力と原動力を与えてくれる存在。
何の力にもなってくれない人間より、はるかに意義のある存在。

本当に守ってくれたのは猫達だった。

人との繋がりも増やしてくれた。
猫好きの親戚との交流もこれから始まります。
新たな出会いを与えてくれてありがとう♪

・・・・・・と、感謝の気持ちで一杯になったのでした。


さあ。問題はまだまだ次々とやってきています。
この先も何とか乗り越えていけますように!!












スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

猫様のおかげ!!。

家主様、おこんばんは。
冷えますねぇ~、寒い寒い!!
昨夜は博多も大荒れで、夜通し台風のような強風が音を立てて…今年は厳しい冬ですねぇ。。

猫がいたから…猫がそう仕向けてくれたから…今がある。
本当にその通りだと思います。
家主様がたくさんの困難に直面しながらも、それを乗り切り、改めて『猫がいたから残せた。』と思える今を迎えられたこと、大切な守るべき存在と大切な存在が刻み、残してくれたものがあるから、何が何でも守ることができたんだと思います。
最大の敬意を込めて「軍師 家主」と呼ばせてもらいます!!
闘いましたもんねぇ~、いろんなことと。
闘うために様々な策を練り、ご尽力なさいましたもんねぇ。
すごいですよ、普通の女性にはできませんよ、本当にワタクシはそう思います!!
もうね、胸を張ってください!!
家主様が「猫たちの為に」頑張ったから今があるんだって!!
ちゃんとしたご親戚の方はわかっていらっしゃるんですから。
一部の「かろうじて」ヒトの姿をしたテポドン(笑)以外は今回の件でよく判ったのではないかと。
だからパパ様、もっともっと大きな声で『○子(家主様)が全部やってくれた。』と言って回ってくださいませ!ね!

家主様にはずっと生涯家主邸でサンディ嬢たちが愛したお庭を見つめながら過ごしていただきたいと、ワタクシまでも思っております。
でもそれを守り続けていくということは計り知れないほど大変なんですよね。
もしも選択肢が限られて、大阪を離れるということになるならば…待ってますよ!福岡は!!
福岡と言っても広いですから、家主様の気に入った条件の場所が必ずあるはずですから。
ピエール家は福岡のたいがいのところへ行くのにJRも地下鉄もバスも、何なら空港も近いですからね、「ええ!?また来たんかい!?」と言われるくらいすぐ遊びに行きますから!!
サンディ嬢の水飲みバーことお手水鉢を置くなら一軒家、必ずお眼鏡にかなう物件もあるはずですから!!
お互いおばあちゃんになった時に猫をなでなでしながら、美味しいお茶をずずっとすすり、取り留めもないことをあ~だこ~だ、お話しできたら楽しいでしょうねぇ。
そんな時までお互い、必ず元気でいましょうね!

それでは健康を祈念して、今宵のゆず湯とかぼちゃの煮物(!?)堪能されて下さいませ!

ピエールさんへ☆

おこんばんは☆
今夜はまたまた冷え込みのきつさ復活の大阪です。
風もあるし・・・最近、強い風が多いですなぁ・・・ただ寒いだけではなく。
おかしいな、地球。

さて。どうもありがとうございます。
これまでの労をねぎらってくださって感謝です(^^)
今また、新たな問題と闘いが始まっておりますけど、どうにもこうにもねぇ~足を引っ張る人の多い事。
言っちゃなんですが、この何百年も続く旧家で、今まで「嫁」という立場の人間が陣頭指揮を執ってきたことなんて、まず無かったのではと思いますよ。
女は後ろに引っ込んでいる、家の事だけやってろ・・・というスタンスですもんねぇ。
親戚の女性陣にお会いすると、そうやって生きてきた方ばかりというか、肝心の事は男が決めるという家ばかりというか、そういうのが凄く良く解ります。
私はその中に納まることが出来ない人間なので(笑)じゃじゃ馬じゃないですけど、暴れん坊なもんですからねぇ(^^;)
男と言うだけで、能力もない人望もない就職口も嫁の来ても知恵も人間性もないテポドン男は、いずれ破滅することでしょう。
みんな、自分に関わりがないから気楽に話してるだけなんで。
で、関わられてきそうなこちらは、徹底的に無視してますから。
よそから私の評価を聞くと、面白くない事でしょうね(笑)
しかし、何をどう言われても、ミジンコほども価値のない相手ですから。
それより、本当に猫が居たから・・・に尽きますよ。

引っ越しはねぇ。色々考えたんですよ、あれからまた。
テポドンの事はさておき、一部残して建て替えて住み続けるか?とか。
どのみち、この面積のままは、もう税金を払えなくなりますので、10年ちょい後にはどうにかすることになりますから。
その時、全部売るか、一部残して新しく建てる?
夫の年齢とかそういうの無視して建ててしまう?
私だけになっても、サンディ達が歩いた庭の一部が残ってる限り、住み続けてそこで死ぬか?とか。
施設に入る云々より、どちらを選びたいかというと、正直このままという気持ちが強いのはホントなんですけどねぇ。
でも、それでも結構大変かもしれません、金銭的に。縮小したとしても。
引っ越しも、やっぱり一軒家で庭付きが良いです♪
ピアノも弾きたいし・・・。ん。お手水鉢とピアノは妥協できません!はい!
どうなるか分かりませんが、そちらに移ることになった暁にはよろしくお願いします(笑)

ああ、かぼちゃ!炊こうと思ったら、出汁の素になるものが全て切れていることに気が付いて、結局天ぷらで頂きました。
とても美味しいかぼちゃでしたよ~普通の丸いかぼちゃよりもねっとり感があって、安寧芋でも食べているかのような♪綺麗なオレンジ色でした。
私も作ってみたい、ひょうたん型のかぼちゃ。
で、ゆずはこれからお風呂に入れて入ります。
ピエールさんも温まってくださいね。熱燗でキュイ~っと(^^)
非公開コメント

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード