終わった!

cyacya66.jpg

「大丈夫なの?ちゃんと出来たの?」

・・・と聞いてるわけではありません(笑)

やはりカラーに逆戻りしてしまったチャチャ。
今朝はカラーを付けたまま、モリモリと缶詰を食べてくれましたが、やっぱり鬱陶しそうですね。


さて。義父が亡くなってから10か月。
相続税納付の期限が今月26日でしたが、今日すべて納めてきました。

ここに至るまでに要した長い時間。
心身ともに不調になるほどの苦労と疲労。

相続が起こった際には、この家・土地を丸ごと売るしかないですよと、以前から言われていたけど、それを避けられたこと。

「食費がもうどこにもないねん~」と言ったまま何も動こうとしない姑に変わって、義父とのやりとり、管理会社とのやりとり、他にも色んな算段を講じてきたこの10年間。

すべてが報われた瞬間でした。

戦ってきた時間10年間。
納付に要した時間、ほんの2分ほど(笑)

この日の、この瞬間のために要した時間と苦労の釣り合いが取れない気もしないではないですが、普段払う税金には気分がよくないのに、今回は本当に嬉しく感じた納税でした。

納付が完了した時点で、税理士さんにメールで報告しました。

「よく頑張りました」というお返事がきました。


帰りの電車の中から外を見ていると、なんだか急に涙が出てきました。

張りつめていたものが切れたのでしょうか。


義父がまだ元気であった12年前、ちょうど夫が結石の破砕処置で入院中で、一緒に処置が終わるのを待っていた時、義父がこう言ったのを覚えています。

「日頃の税金でアップアップやけど、相続税は死ぬまでに何とかするからな」

その頃からすでに、もし相続が起こったら払わねばならない税金は幾らくらいなのか、大体の数字は聞いていました。
そんなお金をどこからどうやって作る気だろうと、義父の言葉を聞いて疑問に思ったのが正直なところです。

でも、その頃はすべてを義父が握っていて、姑は生活費を貰うだけ、夫は自分の給料で私と暮らす、義弟は経営している会社の経営不振が起こると義父にお金で助けてもらっていましたので、相続税が用意できる余分な物って何かあるのだろうか?と。
売れる土地も順番に売っていましたし、それでも持ち出されることが多くて、有ったはずのお金がもう無い。
それの繰り返しみたいな感じでした。
家賃収入も、義父が認知症になったのをきっかけに私が通帳と印鑑を半ば強引に取り上げて中身を調べると、まったくと言っていいほど貯まっていない上に、預かり保証金も使い込んでることが発覚。
片方では、何かにつけ「金をよこせ」という伯父に脅されて、その分が引き出されて・・・。

最終的には「食費がない」事件が起こったのでした。

そこからの10年間の私の精神的な苦痛と苦労は、何をどう語っても、どなたにも通じるものではないと思います。
食費が無いところから、相続税が払えるようになるまでもっていくって、はっきりいって簡単な事ではないからです。
私たち夫婦だけの生活だったら、夫の給料でちゃんとやれてたのですけどねぇ。。。
猫にお金が掛かろうが、それはちゃんと別に猫貯金もしてましたし。

しかし、義父の通帳から出ていくお金の単位は、私たち夫婦の金銭感覚とはまったく違っていました。

そんなところにそれだけお金をかけて体裁を整える事がそんなに大事なのだろうか?とか。
まあ、色んな事が見えてきたのでありますけど。

でも、あの「食費がない」事件が起こった時点で、義父がすでに認知症になりだしていると判断したのは正解でした。
そして、その時点で認知症になったことが、変な言い方ですが、家を建て直すきっかけが早く来たのだと思っています。
私が管理しだしてからも、何かとお金を持っていく人はいましたけど、それでも、義父から直接もらっていた時ほど簡単ではなくなり、税理士さんも含めての話し合いが必要になりましたから、ある程度は歯止めになったとは思っています。

もし、立て直すまでに時間がもっと短かったら・・・。
つまり、義父が認知症を発症するのがもっと遅かったら・・・。
多分間に合ってなかったろうと思います。
義父からバトンタッチしてもらうのが遅ければ遅いほど、立て直しは難しかったからですし、夫たちは義父に遠慮してますから、言いたいことも言わずに現実を見ないまま、ほころびがどんどん大きくなってしまったと思います。

誰も言えない事を言うのが私の役目だったんでしょう。
占いでもよくそういわれますが、そこだけはすごく当たってます(笑)

マンションの経営もうまく行かないままですが、出来るだけ出費を抑えるようにし、管理会社が考えてくれない事を自分で考えて実行してみたり、それは苦労しました。
苦労を自慢してるのではありません。

「なんで私がこんな事までやらなあかんねん!」という怒りです(笑)

相続税の金額が半分も足らない理由の1つには、この家賃収入が全然不足していることも当然入ってます。
家賃収入が入らないのに、建物の補修費はバカバカ出ていく。
ほんと、やってられない・・・。

まあ、物件の事はこれからまた色々税理士さんと相談して、どうするか決めていくのですが、足を引っ張る要素満載の中、奇跡的に納付に必要な金額が集まった事には、本当にほっとしています。

税理士さんにもギリギリまで努力して頂きましたし、こちらの(というか、殆ど私の個人的な将来の展望について)考えを理解してくださって、それに沿う形で案を出してくださった事も、今日と言う日を無事に迎えられた理由の1つだと思います。
そして、法人化したからこそのメリット~一括借り上げの意味がここにあるんですよ~!と、税理士さん言われてましたけど。

あとは、納付に間に合うように、本来なら必要な手続きをすっとばして処理をしてくれた金融機関の担当者さん達。
お蔭で間に合いましたよ~~。

もっと早く色々決めて書類を用意しなければならなかったのですが、あれもこれもとたくさん考えることがありすぎて、10か月目いっぱい時間を要してしまいました。

色んな所に協力をしていただいたおかげも大きいです。

皆様、ありがとうございます。

そして。

私に「絶対守るから」と強い信念を持たせて、突っ走らせてくれた子達。
お前たちが居たから、ここまで頑張れたと思います。
お前たちの居場所を奪わない事。一緒に最後まで暮らす事。
その環境を絶対残す事。
これだけしかないからね、おかあちゃんが今ここにいる理由は。

途中で、みんなでどこか引っ越せる場所はないかと探したのも事実だけど(^^;)
そうしなくて済んで良かった。


終わったんだ・・・とりあえず。
そう思ったら、色んな上記の事を思い返して、涙が出たのでしょうね。

帰宅してから、お昼ではありますが日本酒をちょっと頂いて。
大好きなカレーパンをたくさん食べて。
お腹がいっぱいで・・・眠いです。

何も考えずに今日は眠りたいし、今からもう寝たい・・・。

もちろん、まだ問題は山積していますが。

マンションの今後の経営がうまくいってくれないと、やっぱり家に支障が出てきますしねぇ。

一息ついたら、早くその問題について、税理士さんと計画を練りたいと思います。

それと、都合が付いたら、税理士さんに七輪パーティーに来てもらって、美味しいお肉でも食べて頂きたいです。
・・・自分が一番食べたいからですけど♪
どこかで打ち上げくらいさせて頂きたいわ。

anzu81.jpg

こんなスヤスヤ寝顔、これからもここで続けていいんだよ。

みんな一緒に暮らそうね。
おかあちゃん、また明日から頑張るからね。



スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

計り知れないほどの…。

家主様、おこんにちは。
博多のことを心配して下さって、本当にありがとうございました。
どういう訳か、今、雲一つないほど晴れております(汗)
何日ぶりのことでしょう…未明まで雷雨で大荒れだったのに。。
博多、福岡市の町中は大変なことにはならずに済んだのですが、河川や里山周辺は同じ福岡県内でも被害が出ているようで。。
広島の豪雨、土砂災害にはただただ胸が詰まり、言葉になりません。。
本当に何が起こっているのか…今はただ、思いを込めて手を合わせるしかできないです。

すみません、話がずれましたが表題の『計り知れないほどの…。』は家主様への思いなのです。
この10年間、本当に計り知れないほどの苦労苦悩をよくぞ戦い、乗り越えてこられましたね。
そうです…家主様の苦労も苦悩も誰も計り知ることなどできません。
もし自分がその立場におかれたら、間違いなく逃げ出していたと…それ以外は解ることなどできないのです。
だからこそ、いまこうして家主様がやり遂げられたと知って、最大の祝辞と尊敬の念を述べたいのです。
本当に本当によく頑張ってこられましたね。
今朝、拝見してワタクシまで涙がじわ~っと出てしまいました。
「あ~、本当にやり遂げたらた。がんばったんだ。守ったんだ。」
何も解らないワタクシですが、ぐ~っと文面から家主様のお気持ちが伝わってきたんです。
『猫たちの為に…。』といつも強く言われてましたもんね。
ワタクシが家主邸にお邪魔した時も『猫たちの為ですから!!』って何度も仰ってましたもんね!!
考えも及ばないほど困難なこれまでの経緯を乗り越えて、有言実行されたこと…誰にも真似できないとワタクシ、確信しております。
この難関を乗り切ったこと、本当にお疲れ様でした!!
まだ、これから先の厄介なこともあるということですが、家主様が公言されてる通り、まずは税理士の先生と七輪パーリーで打ち上げ“大ねぎらい会”やっちゃってください!!
ワタクシとピエは博多の町で東から吹く風のなかに微かに匂う「下駄」を感じながら便乗パーリーで乾杯しますので(笑)
なので日時をお知らせくださいね(笑)
あ、おしかけてお邪魔したりはしませんので、そこはご安心ください(笑)

本当にお疲れ様です!
良かった、良かった~~~!
あんず坊のこの何も怯えるものがない、安心しきった幸せそうな寝顔がこれからも続くんだ。
ワタクシもうれしいです。

ピエールさんへ☆

おこんにちは☆
福岡の、そして広島の大雨による災害・・・いつまでこんな大雨が続くのか、もうどうなってるのか神様にお伺いしたい気持ちです。
山のふもとはのんびりして、私も都会に住むよりいいな~なんて思ったりするのですが、災害に弱い地質とか、そういうのは開発するときに念入りに調査して、そこが開発しても本当にいいのかどうか?想定外の被害という感覚ではなく、想定した上で進めて頂かないと、後から地質がどうのとか、警戒区域に指定しましたとか言われても、お家を買った人にとっては逃げ場がありませんもの。
危機管理が甘いというしかないのでしょうね。
蓋を開けて見れば、それほど根拠のない安全神話に乗っかってしまったと・・・。とにかく、これ以上の被害の拡大が無いよう、たくさんの人が無事であることを祈るしかないですね。
何より、こんな異常気象が収まることを願うばかりです。

我が家の「最大の難関」は、とりあえず突破出来ました。
10年前に義父からバトンタッチ(なぜか私に・苦笑)された時は、どうなるんだろう?賃貸経営もほとんど一からやり直し状態だったし、わけのわからん多額の借金は発覚するし、伯父親子の「タカリ生活」をやめさせるのに湯気ぽっぽになったり、義弟の「これきりにするから」という約束を3度も破られてお金を持って行かれた事の穴埋めをどうしたらいいのかとか、当事者は素知らぬ顔ですが、私はそれに対して本当にしんどい思いしかしていません。
挙句の果てに、無責任姑からの無神経な発言に心身不調が進み・・・。
結局、一番厳しく、でも一番理解してくださったのは税理士さんだったのかもしれませんねぇ。
当初は、切り売り・・・実際は切り売り出来ない家の建て方ですから、丸ごと売却で相続税を払って、土地の一画を残して新築して移り住む・・・という手があったので、それを採用すればいざとなった時にもやっていけるという算段だったのでしょうが、私が反対・・・というか、「猫の為」に拒否したので(笑)
でも、ある意味期限付き(猫がすべて天寿を全うするまで)ということで、それなら何とかなるかも~ということで。
私が死ぬまでここでずっと暮らして、ここを維持するという、なぜかそういう前提でみなさんいらっしゃるようなのですが、そんなこと私は一言も言ってませんし。
でも、元禄時代からここに存在する一族が、ここを動くはずがないと思い込むのは当然なのかもしれませんね。
たとえ、建物が変わっても、住む土地まで変わるはずはないだろうという・・・。
でも、私が多分この家の最後の当主になるんでしょうから、そして子供もいませんし、養子を迎える考えも全然ないし、義弟も独り身になりましたから、基本的には私がこの家をお終いにする役割を担うのだと思ってます。
なので、期限付き・・・というのは、私にとっては当然すぎる考えで。
役目を終えたら、私は自分が望む場所に行きたいです。
とまあ、そんなこんなで、期限付きが功を奏して?(笑)何とかこうとかなりました。
税理士さんが「一生維持するのは無理ですよ」って仰ってましたが、はなからそんな気はありません。
私は猫の為に今の環境維持が必要。
義父にとっては、自分が亡くなった後、すぐに家が無くなるのはある意味恥になる・・・。
残す意図は違っても、まあこのように残せたのですから、後ろ指を指されることはとりあえず無いでしょう(笑)

二次相続分は何とかあと少しで賄えそうですし。
今度は、問題だらけのマンションをどうしていくか。
ここもうまく処理しないと、家を維持する費用に影響が出ますので、しっかり相談したいと思います。

はいはい、日時?ご連絡しますね~(^^)
税理士さんが「やりましょう!」と言われたら・・・ですけど。お忙しいですからねぇ。
しかも、七輪パーリーの会場は、今、草ぼうぼうで蚊も多い。
とりあえず、やるとなったら草刈りから・・・ですから、すぐには無理かと。
それにまだまだ暑いですもんね。
でも、今回乗り切れたのは、税理士さんが私の希望をほぼ100%に近い形で聞いてくださったお蔭です。
私が何をどう考えているのか。それぞれの持ち分や、お金の使い方を今後どうするかとか、これは嫌だ、こうしたいだのを聞いてくださったので。
本来なら、私が言う事ではありませんが(^^;)
それと、相続人であり、現当主の夫が私の言う事に反対しなかった。これも大きいです。
反対したら、どんな恐ろしい目に会うか・・・ってことかもしれませんが?(笑)
本当に、いつも心配してくださったこと、ありがたく思っています。
猫達の為。そして、それはすなわち自分が後悔しないための生き方。
それを理解してくださるお友達の応援は、本当に心強かったです。
これから取り組む難問にも、残りの力を振り絞って頑張っていこうと思います。

お、そうそう!話は変わりますが・・・
福岡の宗像・・・私が乗馬した場所の近くに、ペットと一緒にお墓に入れる霊園があるんですね!この前テレビで知りまして。
こういう霊園がある所に引っ越すのが夢です♪
もっと全国各地に出来たらいいのになって思います。
非公開コメント

 いらっしゃいませ
ステップファクトリー
stepfactory
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード