FC2ブログ

元気かな。

chichibi1_201712111739208a4.jpg

月乃が独立してほぼ1年になります。

特に茶太郎との折り合いが物凄く悪くなったためですが、それ以後一度もこちらに来ません。

猛烈なストレスを抱えながら食べに来るってのも、辛いもんがあるもんね。

最初は来てたんですけどね。相当怯えながら。

だけど、もうそれも嫌になったのでしょう。

昨年の今頃から来なくなりました。

この周辺は自由猫さんが結構いて、面倒見るお家もいくつかあるので、どこかでお世話になってるのだろうと思います。

とりあえず、茶太郎達と出会う確率の高いエリアは避けて暮らしているのかもなあ。

ノワちゃんやラヴィのように、普段まったく見なくても元気にしている子達が多いので、そこはあまり心配してません。

通いの野良さんだって、今まで1年以上間があいてまた来たり・・・という経験を結構しているので、みんなそこそこあちこち場所を変えながら生活出来ている、そんな感じです。

だけど、月乃。

ここの事は忘れないでね。

もしも、どこかでひょっこり出会うことがあって「月乃」って呼ばれたら、思いだしてね。
だって、お前さんがチーちゃん一家の中で一番懐いてくれたんだから(^^)

とにかく、この冬も元気に乗り切ってくれますように。
それだけ願ってますよ!


☆問題解決に向けて。

義父とその弟(どちらも他界)の、生前続いていた揉め事の解決に向け、動き出すことになりました。

家長制度があった時代、今みたいに兄弟で平等にっていう財産分与じゃなかったので、それを根に持った伯父がずーっとあれこれ言い続け、時には義父を脅してお金を持って行ったりと大変だったのですが、その息子の54歳プータロ―が義父の通夜の席で「土地をくれるはずでは?」と言い出したので。

義父と伯父の約束はそんなのなかったのですが、とにかく何か欲しいというのは伯父とまったく同じみたいです。

家も建ててあげて、税金も払ってあげて、ご飯もずーっと面倒見てきてたのにこの態度。
働かずに十何年。
この人と縁を切るのは私の悲願でもありました。

なので、二次相続を終えた後、そこを何とかしようということになり、私のある提案が通って税理士さんと夫、義弟も交えて昨日話し合いました。

方向が纏まり、今度は本人を呼んで説明するみたいです。

このどうしようもない人の今後の世話は義弟に回っていくみたいです。
少なくとも、長男である夫⇒いずれは私・・・という流れにならないようにしなければ。

税理士さんが「今解決して、〇子さん(私)を楽にしてあげておかないとね、いけませんからね」と言ってくださったのでほっとしましたよ~~。

もう手切れ金渡すって感じですね、ざっくり言うと。
あとは自分でやってけってことで。
何かあっても義弟が対応することでしょう。
皆さんそれで納得なので。



☆ドミノでロック。

今日は病院へ点滴等を取りに行き、イオンへ買い物に寄りました。

前回、ここで自転車がドミノ倒しになり、困ってた人のお手伝いをしましたが、少し前にも同じような事がありました。

で、今回は私・・・(笑)

そんなに風もなかったのに駐輪場から戻ってきたら、私の左に止まっていた自転車が倒れ掛かってきていて、私の自転車は更に右の自転車にのしかかり・・・と、ドミノ倒し発生してました。

で、起こそうとしたら・・・なんと、左の自転車のハンドルとブレーキが見事に私の後輪のスポークの間にがっつりハマって抜けません!

そうです、まさにドミノ倒しによってロックされてしまったのでした。

これがどうやっても抜けません!

「ええ~~!うっそ~マジですか!」
と思わず声に出してしまいました。

そしたら、若い女性が「大丈夫ですか?」と寄ってきて手伝おうとしてくれたのですが、2人でやっても抜けません・・・

するとそこにお爺さんが寄ってきて「ああ、ハマってるやん!」と手伝いに加わって下さって。

それでも抜けないので、今度は中年の女性が寄ってきて加わって下さって。

お爺さん「そこ、どき。」と私を後ろに追いやると、ガンガンと叩き出しました。

ああ、スポーク折れへんかなあ・・・とちょっと心配したんだけど、そのおかげでようやく抜けたのでした~~~。

3人サンにお礼を言って帰宅。
自転車、どこも壊れず良かった・・・(^^;)

ドミノ倒しで2度お手伝いした私が、今度は3人の方に助けて頂くという・・・

ほんと、有難かったです。

しかし、あの駐輪場、結構ドミノ倒しが起こりやすい。

何とかならんかなあ・・・と思うのですけどね。

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

何よりです♪

taneko3_201607301156528fb.jpg

ノワちゃん。


taneko12_20160824203949be8.jpg

ラヴィ。


昨年11月にノワちゃんの不妊手術をした後、ラヴィも考えないとと思っていたら、我が家にやってこなくなりました。
それからノワちゃんは近くで3回ほど見かけ、ラヴィも1度は見たものの、それっきり。
もう1年近く経ちますかねぇ。

しかし、なんと今日!
すぐ傍の青空駐車場の雑草が繁っている場所でサビ猫発見!

マンションの掃除から帰宅した時だったんだけど、後ろ姿のサビ猫だったんで「あ、グレコ!?」と呼んだら振り返ったのが、ラヴィ♪

この子猫の時の顔そのまんまでした~~!(^^)

だけど、全体に小柄で丸い。顔もこのまま丸くなった感じで立派に成長。

その横には、ノワちゃんもいました。

おお、親子揃ってるのを見るのは本当に久々。

何より元気でいてくれて安心しましたよ。

だって、物凄い台風がありましたもんね。
どこでどうしたのかな・・・と気になっていても、姿も見ることがないのでわからずじまい。

でも、今日こうやって親子の様子を見ることが出来てほっとしました。

写真撮れなかったのがちょい悔しい(^^;)

ご飯をくれるお家があるんですね。良かった良かった。コロコロしてたもんな(笑)


さて、今日はこんなものをキャットフード売り場で見つけたので、チーちゃんにどうかな?と買いました。


shokuji1_20171208165821e56.jpg

猫の間食用ですが、少しずつ食べてはいるけど、どれもこれも飽きが来た感じのチーちゃん。
お口の状態も完全な改善は見られないので、せめて食べたくなるものをと思って買いました。

5種類あったので、1つずつ購入。

その中から今日は「鮭と小松菜のあんかけ煮」を出してみました。

美味しそうな鮭のニオイ!でも、野菜は食べないかなぁ・・・

と思ったら、出した途端に食いつきました。


chichan2_20171208165820f7d.jpg

鮭の切り身をもう少しほぐしてあげたら良かったかも。
でも、美味しそうに食べました。
全部は食べず、鮭の切り身は少し残りましたが、お汁と野菜(大根とか人参とか)は完食。

途中でグレコと白田君が欲しそうに寄ってきましたが、「おかあさん優先!」ということで。

これ、気に入ったようなので、また買っておきましょう。

じゃ、こっちはどうかな?


shokuji2.jpg

これは「野菜たっぷりスープ」。

ベジオンリーです。

ん~~・・・ダメっぽい気が。

案の定、白田君は匂いを嗅いで通り過ぎました。

ヤムヤムやグレにも見せましたが、ダメでした。

うちの子達は、肉か魚の匂いが無いとダメみたいですね(^^;)

次に期待してるのは、鯖が入った物と、馬肉のそぼろ煮。

チーちゃん、気に入ってくれるかな?




テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

このまま終わりたい。

taneko39.jpg

台風でやられた土塀や蔵の壁の補修に職人さん達が来て暫く経ちます。

今日も蔵の壁の補修。

猫社長さんは数日に1回は来られて、色々指示を出されています。

ここが終わったら土塀をブロック塀にやりかえる工事にやっと取り掛かれる感じかな。


ところで、朝、銀行へ行く時、ツボ庭でま~ったり横になっているおいちゃんを発見!
最近、いつもツボ庭で日向ぼっこ&朝の二度寝?をしてるんですよ(笑)

もうすっかり「オレの陣地」って感じですね。

初めて出会ってからもう2年過ぎてるんですし。

帰宅した時、猫社長さんと遭遇。

「ここにね、黒っぽい縞模様の子が寝てたけど、僕が通っても逃げへんわ。ぼ~っと前栽の方見てたで」

と言うので、「それ、通いの野良ちゃんですわ。もう2年くらい前から見てる」と言うと、びっくりされてました。

多分、猫社長さん、この2年の間においちゃんとは遭遇したことが無かったはずなのです。

「そうなん!?僕、てっきりお家の子やと思ってましたわ・笑」

はい、それくらい馴染んでますよね(笑)

人に対してかなり心を開いてきたんでしょうか。

凶暴な面影はもうありません。


gure1_20171207114213034.jpg

職人さんの持ってきた大きなカゴが見えます。
その近くでグレが日向ぼっこ。

作業音も大して気にしてない様子。
誰かに気づいてもらって遊んでもらえるかな?忙しいから気づかれないかな?(笑)


さて、今日はお天気も良く、寒さも少し弱まっていい感じでございます。

経理の関係で出かけて、そのまま買い物するのにイオンまでひとっ走り。
途中でゴミ袋やらを持っている男性の集団と遭遇。
すると、すれ違いざま、皆さんから「おはようございます」と挨拶が。
こちらも「おはようございます」と会釈して通り過ぎましたが、ボランティアの方々なんでしょう。

見知らぬ者同士でも挨拶してもらうと、私は気分が良いです。


で、そのまま宝くじ売り場へ。
ロト6(まだ諦めてません!1等賞!)を先日買い、1000円やっと当たったので(^^;)
換金に行きました。

すると、「2000円当たってます」と言われました。

うっそ~~~!!!きゃ~~~~!!

番号見落としていたのかっ!

凄い儲けた気分でした。

気分の良い事が連鎖するって珍しいです。

買い物して荷物を持って駐輪場に行って、荷台に猫砂を括りつけていたら、すぐ傍で自転車がドミノ倒しになる音・・・。

ご婦人が私を見て苦笑い。
「やっちゃった」

私も勿論経験あり(^^;)

起こすのを手伝ったんですが、どうしても傾いて倒れてくるのが1台あるので、「場所変えよう」とその方が。

何だかんだで落ちついて、その方から「ありがとう」と言われ、またちょっと気分良し(笑)

今日は気分の良くなることの連鎖で、このまま1日が終わってほしいな~って思います。

ただ、10日ほど前から左肘を故障中(原因わからず)で、物を持ち上げるのが酷く大変。
少しマシになったと思った時に、ドミノ倒しに遭遇したため、また痛みが強まってしまいました。

ぼっちらぼっちら家の掃除に取り掛かっていますが、鍬を持つと堪えるので、この分だと畑は年明けからの掃除だなぁ。



テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

天国へ。

     nyantarou3.jpg

名前はニャン太郎。

『10月30日、18歳でこの世を去りました。』


今日の午後、こういう文面の喪中葉書を頂戴しました。

同じ関西にお住まいのAさんご夫妻。

18年前にお会いしたきりです。


ニャン太郎は私が保護した子猫でした。

猛烈な風の吹く夜、門の前に袋に入れて捨てられていたのを見つけました。

家の中は既に5匹居たため、里親さんを探すことに決め、早々に当時通っていた動物病院の掲示板や玄関に張らせてもらい、1週間ほどしたら見つかりました。

最初、旦那様からのお電話で、「ぜひ引き取りたい」との事でしたが、奥様が完全に賛成しきれていないことなど、はっきりしたことが決まったらまた電話を貰うことにして、待機状態。

後日、奥様からお電話があり、自分としては面倒見れるかどうかわからないので迷っているとのことでした。

猫と暮らすのはどちらも初めてとのことで、旦那様の情熱に比べて奥様は現実的に考えていらっしゃったのでしょうね。
勢いで引き取っても、本当に面倒見られるかどうか。

奥様は専業主婦だとお聞きしていたので、子猫をほったらかしにする環境では無い事は安心していた私ですが、一番長く家に居て面倒を見ることになる奥様のお気持ちが固まっておらず、迷った末にやんわりと私に断りたい気持ちを伝えるためのお電話だったかもしれません。

しかし、私の方から先にその迷いをお聞きした時点で「そう言う事ならお話はなかった事にさせてください」とお断りしました。

すると、奥様の方がびっくりされて「え・・・?」と。

私としては、大丈夫です!という確約を頂かないことにはお渡しできなかったのです。
旦那様の猫に対する愛情はお電話でもよく伝わりましたが、やはりご夫婦の意思が揃っていないことが不安でした。

とても良い里親さんになってくださるに違いないという好印象であったので、私も心苦しく勿体ないと思いつつも、猫が原因でご夫婦がぎくしゃくされてしまっても困る、この子も将来が約束されないのでは困る。。。

そういう思いでその場でお断りしたのでした。

少し絶句された奥様は、旦那様ともう一度話し合うということでした。

まさか、私の方から断ってくるとは思ってらっしゃらなかったようでした。


数日後、今度は旦那様からお電話がありました。

ご夫婦で話し合われた結果、やはりどうしても一緒に暮らしたいという結論になったとのことでした。

なので、私はとても嬉しかったです。

よくよく話し合われた結果ですから、今度は安心できると確信したのでした。

一度実際に会って欲しいと思ったので、我が家に来て頂き、面会してもらいました。

可愛い、可愛いと連発する旦那様。
奥様も猫が嫌いとか苦手というのではなく、ただ世話したことがないので大丈夫かどうかというのが一番だったようでした。

ご夫婦とも笑顔で子猫を抱っこし、すぐに連れて帰りたいようなお気持ちだったみたいですが、これから暮らす環境を見させて頂くために、こちらからお届けするということにしました。

数日後、お世話が不安にならないように、猫の育て方を書いた本から大切な部分をコピーしてお渡し出来るようにし、少しばかりの玩具も持参。

当時元気だった義父に頼んで、ご自宅までお届けに上がったのでした。

冷たいお茶を出してくださった記憶があるので、夏の暑い盛りだったように思います。


子猫はあちこちウロウロしながら、早速探検開始。
大して物怖じもしない様子だったので、安心してこれからの一生をお願いして帰宅したのでした。


それから毎年年賀状を頂きました。

名前が「ニャン太郎」になったこと。

今、こうやって部屋で遊んでいること。

今年は何歳になったかということ。

必ず近況を書き添えて送って下さいました。

2年前に「もう16歳になりました」というのを目にした時、ああ、もうそんなに経ったのか・・・と。


そして、今日の午後、先に書いたようなお知らせが届いたのでした。

春頃から痙攣が起こるようになり、年齢の事もあるので獣医さんと相談して家で看取ることにしたとのことでした。

ニャン太郎のお蔭で幸せな18年間だったという感謝の言葉も綴られていました。


私も言葉が出ません。

こちらこそ、沢山の愛情で最後まで育ててくださって感謝しています。

あの時、お断りしても、やはりどうしても一緒に暮らしたいという熱い気持ちをそのまま持ち続けて、こうやってニャン太郎クンを幸せなまま天国へ送りだしてくださった。

素晴らしい里親さんが居てくださったこと、お渡しして本当に良かったと今も思っています。

そして、ニャン太郎クン。

幸せな18年間だったね。

うちで少しの間暮らしていた時に一緒だった先輩たちは殆どが天国へ行きました。

今残っているのはね、このおばちゃん・・・いえ、今はお婆ちゃん。


yamuyamunyantarou1.jpg

覚えてないとは思うけど。

ニャン太郎クンのはっちゃけぶりにこのお婆ちゃんもちょっとタジタジだったもんね。


nyantarou1.jpg

これ、おばちゃんが中学の美術の時間に編んだ籠なんだよ。
ここにすっぽり入っては、よく遊んでたね。


nyantarou2.jpg

このおじちゃんももう今は天国。
よく世話してくれたよ。いっぱい毛繕いしてくれて。

そちらで会ったら、また仲良くしてね。

ニャン太郎クン。18年間、Aさんご夫妻を幸せにしてくれてありがとう。

楽しい想い出を山ほど持って、天国でのんびり暮らしてくださいね。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード