FC2ブログ

夢桜 咲く。

niwa2_201703191744201b5.jpg

我が家の小さな寒桜、ぼちぼち咲き始めました。
でも、いつもよりも満開になるのが遅く、今まだ七分咲きってところでしょうか。
蕾が結構残っています。



niwa3_20170319174422a0c.jpg

夢桜って呼ぶのは今年から。

昨年、突然迷い込んできたこの子を看取って、お骨をこの桜の下に埋葬してあげたから。


taneko31_20170319174458ad9.jpg

どこから来たのかさっぱりわからいままだった子。
芭蕉の句の一部「夢は枯野を・・・」から名前を付けてあげた夢子さん。
なので、この桜は「夢桜」と呼ぶことにしました。


さて、今日はとっても良い天気だったので、夫と1日畑にいました。

そうそう、昨日(土曜日)に再びコー○○へ行って、取り寄せしなきゃいけなくなったトリカルネットを注文しようとプロへ行ったら・・・
なんとまだ封を開けていない新品がドーンと置かれてあったんです!
「おお、ラッキー!」とその場で6メートル購入。
ネットで見ると、とにかく高い。切り売りしてくれるところは北海道にあったんですが、1メートル2160円・・・。
コー○○だと1030円。ネットで買わなくてよかった(笑)

プロでそれを買って、ホームセンターの方へ行って、腐葉土1、培養土3、牛ふん堆肥1、三角ホー1本を買って・・・
レジのお姉さんに訊きました。
「プロで買ったこのネットも配送してもらえるのですか?」

そしたら「大丈夫ですよ」との答え。

一体何がだめで何がいいのかわかんないなあ・・・。

とりあえず、OKと言われたので(だって過去にも何度もプロで買ったのを配送してもらってるので)、受付カウンターに持って行きまして。
そこのお兄さんに金曜日に言われた「杭10本配送料3600円」の疑問をぶつけてみました。

杭の長さは120センチ。それがたった10本です。
前回は杭20本、肥料、猫砂共々入れて2500円ほどだったのにって。

すると、衝撃の答えが。

「計算方法が細かくて、現場も困惑することがあって、これは本当によくないなって思ってはいるんですけど、本当に細かく計算するとすごく高くなってしまうんです。簡単に持って帰れるようなサイズが何千円の配送料になってしまったり。基準が曖昧で・・・結局のところ、これも本当に良くないことなんですが、担当した係りの者の匙加減なんです・・・」

係りの人の匙加減~~~~~!?

そ、そんなぁ~~~~・・・。

じゃあ、この前やってくれた人はざっくりタイプだったってことで、今回はキチキチなタイプだったってことですか。
それでお客が納得するわけないやんかぁ。

「なので、レシートを取っておいてもらって、この前はこれだけでこの配送料だったと言ってもらえたら、それを参考にさせてもらえると思います」

このお兄さん、すごく丁寧に細かく言ってくれました。
責任はこういう計算を決めた上の人達にあるんでしょうけど、しかしね・・・まちまちだとほんと困りますよね。
配送料が安すぎると赤字になるとも言われたのですが、配送料って大きさに比例するのが普通じゃない?
宅配便でも箱の大きさとか測りますもん。
なのに、120センチの杭10本だけで3600円になる計算って、やっぱり納得できるわけありませんね。
それだったら、前回はもっとえげつない配送料になったってことだし。
ざっくりとキチキチの差が酷すぎる・・・。

で、今回は大型カートに満杯だったのですが、すべてで648円でしたのよ。
ホーは1メートル50センチはありますけどね。

どないなっとんねーん!!!


さて、全てが今朝届きましたので、早速畑にいってきたわけですが。

hatake116.jpg

基本、うちの畑の杭はこんな状態です。
貸していた村のお婆さん家であれこれ補修しながら継ぎ足していたのでしょう、まあ、すごい状態で、風が吹いたら揺れるし、抜いてみたら埋まってた部分は完全に分解されている状態でグズグズもいいところ。
4年目に入った今年、さすがにここを何とかしようと、前回農道側だけやってみたんです。


hatake117.jpg

トリカルネットは幅1メートルのを買って半分に切りました。
上下が結構空いてますが構いません。
下は特に空けておかないと機械で草を刈るときに一緒に切ってしまいますので。


hatake118.jpg

ここは今日やった個所ですが、出入り口部分。
何で留めようかと考えていましたが、夫がこんな風にしてくれました。
上下につけてあります。ちょっと面倒だけど、針金や紐で固定するよりは頑丈。


ま、こんな感じでやりまして、あとは溝を掘ってみようとしたのですが・・・

うちの畑、案外勾配が付けられないと判明。
排水路への出口との差がそんなに無いんですなぁ。
それでも少しは出来ましたけど、期待していた程の仕上がりにはなりそうにありません。
まだ一部だけしかしてないけど、もうへっとへと。
しかしこれをやっても、畝を作り直す時に土が溝になだれ込んで、結局また整えなおしたりする必要も出てきます。
その労力と時間を考えると、正直嫌気が・・・。

畝間をもっと掘ってその分畝に積み上げて高畝にしたほうがいいと、村の人は夫に言ったそうですけど、その時間を割く気にはなれなくなりましたぁ。
排水路へ続く部分だけはやりますが、各畝間全部同じように勾配をつけて・・・ってのはやめた。
しんどすぎる。そこまでの熱意はさすがになくなりましたよ(笑)

なので、少しずつ畝の底に刈り草やら腐葉土やら足しつつの~培養土も少しずつ足しつつの~で、畝そのものの嵩上げだけすることにしました。
もう畝間はあまりいじらない。

いつも水たまりができる畝間だけ少し掘っておくことにしましょう。
全部やろうとすると、全体の勾配を考えないといけなくなって、かえって収拾つきませんな。
それなら、いっそのこと、すべてを一度平らに整地して、一から畝を作り直したほうがいい感じです。
あっちは凸、こっちは凹の畑、やってられんわ。フゥ~~~ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

もちろん。

gurerice2_20170318015233ffc.jpg

隣にリオもいる。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

根拠がわかんない金額。

chicyan4.jpg

今日の午後のチーちゃん。
いつもと違う猫に見えました。
いつも、もっと顔が小さいんやけど?(笑)

さて、昨日ホームセンターに行きそびれたため、今日マンションの掃除の後、夫とともにコー○○へ行ってきました。
先日、120センチの杭を20本、1メートル幅のトリカルネットを8メートル、他猫砂とかも買って配送してもらったのですが、今回は追加の杭10本、ネット6メートル、そして溝堀りに良さそうなホーを買いに行ったわけです。

しかし、ネットの在庫が長さ不足だったので、農業資材のネット通販を先に探してみることにして、お取り寄せ依頼はしませんでした。
その後、杭を10本購入。

あ、そうそう、杭とネットはコー○○プロのエリアにしかないので、そこで買うのですが、配送依頼ができるのはプロではなくホームセンターの建物なんですね。
目と鼻の先なんですけど、前回はプロで清算後、カートを借りてホームセンターへ行ってそこでも買い物して全部配送してもらいました。
その時の配送料が、長物がいっぱいあったため、2500円ほどかかってしまったんです。市内でもそれくらい取られるんだなあ・・・とびっくりでしたが、ネットで杭を探してもちょうどよいのがなかったせいもあって、「もうここで買わんと日が暮れる」と思って了承したんですけど。

今回もプロで杭とネット、ホームセンターでホーや培養土も買って送ってもらうつもりでいたら、プロの精算所のお姉さんが何やら走り回っていて。
帰ってきたと思ったらこんな返事が。
「今、ホームセンターからこちらの商品を配送してもらえるかどうか問い合わせしているので、暫く待っていてもらえますか?」

ふーん・・・前回の男性の人はすんなりカートを貸してくれて、そのままセンターへ持っていってちゃんと依頼したんだけどな。

ま、仕方ないと思ってぶらぶらして戻ってきたら、びっくりです。

「配送料が3600円になる」と夫が聞かされたそうで。

ええええ~~~~???
杭10本とホー1本だけで3600円?

どういう金額計算なんだろ?
少ないから割高なのか、本来プロは配送しないから特別に配送するってことでその金額になってしまうのか?

なら、前回配送してくれた時の2500円ほどの金額はどういう計算?
配送受付の人が何やら計算して出してくれたのが2500円で、実際の物見て計算してくれたんだけどねえ。
今回は長さ120センチの杭10本という情報だけで計算されたのだとは思うけど、センターでも長物を買うからってことで、お姉さんは問い合わせしてくれたわけで、その返答が3600円になるなんて、みんなびっくりでしたよ。

交代時間になったのか、お姉さんからおじさんに清算所の担当が変わっていたけど、その人を尻目に夫と「どうする?」と相談。
いくらなんでも、2500円から3600円に上がる根拠がわからなさすぎる。
遠隔地からの通販送料でさえ、そこまでかかるかどうか?
ここから自転車で10分ほどの家まで配達してもらうのに3600円は正直腹が立ちますので、結局荷台に何とか括り付けて歩いて押していこうという結論に。

清算所のおじさんも、レジを打ちながら私に「高いわ~3600円って高すぎるわ。以前は1000円くらいやったと思うんやけどなあ」とブツブツ。
え?以前も配送可能だったってこと?
前回買った時のお兄さんは何も言わなかったなあ。
「プロの商品をセンターに持っていって配達依頼したいのでカートを貸して」ってお願いした時、普通にすんなり「わかりました~」って言って貸してくれたもん。
配送自体NGなんだったら、その時に「配送できないかもしれませんよ」って言うと思うんだけど。

ん~とにかくよくわかりません。金額諸々、本当はどうなってるのかわからんわ~!

ま、そんな感じで「高すぎる」を連発するくらいなので、やっぱり自力で何とかするほうがいいだろうと思いました。

「自転車に積んで帰るって無理かなあ?」と言うと「押して帰ったら行けるんちゃう?ここから近く?」
「○○町なんやけど」
「あ、結構近くやね」

そう、自転車なら10分ほどだけど、押して帰ると重いせいもあって多分30分近くかかってしまうと思います。

車がない時ってこういう時しんどいのねぇ・・・。

結局、それを自転車に乗せるのに精一杯で、ホームセンターの方では何も買えずに帰りましたとさ。

プロの商品をセンターでは配達しないのかするのか、今後ははっきりしてほしいのと、配達するにあたっても金額の根拠を示して欲しいもんです。
今度センターの方へ行ったら、その辺ちゃんと聞いておきたいですわ。

おじさん「もしかしたら、業者が変わったのかもしれんなあ」とか言ってましたけど。

根拠が曖昧、受け付けるのか完全NGなのかはっきりしない、コー○○さん、もう少しきちんと説明してくんろ。
3600円も同市内の配達料金、なんで掛かっちゃうのか説明してくんろ。
配達しないものを配達するから・・・というなら、その3600円はどういう計算の上のものなのか説明してくんろ。
2メートル以上ある大きな板を何枚も運んでくれっていうのでもない、120センチの杭10本なのに、そんなに取る根拠がわかりません。
というか。
プロもセンターも同じコー○○なんだから、大きさを限定した上で一緒に運んでくれてもいいんじゃないの?
それが無理なら、畑の資材程度の大きさの物は、プロじゃなくてホームセンターの園芸エリアへ置いてほしいもんだ。

3600円・・・根拠がわからん、言い値にしか思えないもんな。

夫はすぐに「聞いても俺らにはわからん話や」って言って質問しようとしない傾向があるけど、消費者としては聞くべきだと思うけどねぇ。
言われたまんま「はい、そうでっか」で終わってばかりじゃダメダと思うんだけど。
それで、気に入る気に入らないは考えたらいいんだし。

とまあ、こんな事がありましたが、杭は自転車を押してフラフラしながら帰りました。
30分近く、足痛い・・・。
途中で畑に寄って置いて来ましたが。

ネットは通販で見ても欲しい長さが見つからないので、結局明日行って取り寄せ頼まなきゃいけなくなりました。
ついでに、ホーと培養土を買って、それはまた自転車で・・・はああ~~~・・・。二度手間だな。

午後からはちょっとだけでも、ホーを使って溝堀り始めてみようかなと思います。


水曜日にカウンセラーさんと話した後から、少し意識が変わってきたような気がします。
なんだかじわじわと効いてきているかのような・・・(^^;)
そう、じわじわと。
教わった事を意識して、いつもよりは穏やかな気持ちになりやすいかなって感じで。

他人が持つ感情は他人の物なので、私は一切に気にする必要もない、ほっとけばいい事なんだと教わった事で、いろいろ振り回されずに済むようになってきたのかなって、早くもそんな感じがしています。
本当に振り回されっぱなしだったんだなって気が付きました。
それって、他人の感情にコントロールされているってことだもん、良いわけないよね。
威圧感でコントロールしてこようとしたり、意地悪で従わせようとしたりする人いるもんなぁ。近くにも。
そんな感情はその人の感情だから、影響を受ける必要はないってことですよね。
落ち込んだり腹を立てたり、その時点でコントロールされてしまってるってことだな。
それをほっとけばいいってことを言われてすごく楽になってきた。
これがいわゆる他人軸から自分軸への変化の兆しというものなのか。
これが定着していけば、人が怖くなくなるのかもしれませんね。
そうすることで、嫌な人のことも受け入れられるのかも。

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

幹を育てる。

yamuyamu25_201703151511124ce.jpg

寒いんだかそうでもないんだかよくわからない大阪です。
お天気もいいんだか良くないんだか、朝は晴れながら小さな霰が降ってましたよ~~。

さて、予約したカウンセリング、少し早めですが無事到着し、面談してきました。

過去の事から色々とお話している内に、わかってきたことが少しだけありました。

自分自身で思っている以上に、私は相当傷ついてここまで来てしまっていること。

そして、カウンセラーさんによると、私は人間が怖くて人間不信なんだそうです。

アハハハハハハハ~~~アハハハハハ~~~!

こんな私だけど、皆さん見捨てないでぇ~~~!(笑)

いや・・・

言われて色々説明を受けて、腑に落ちることが一杯でした。

他にも細かい事はあるのですが、ここではちょっと書けないこともあるので割愛します。


ま、ざっくり言うと「足らないものが沢山あるまま生きてきた」ということのようです。

あと、怒りの感情とは実はどういうものなのかも教わりました。
それに対処する考え方も。

実行出来るようになるには、まだまだ訓練が足らないでしょうが、何かヒントになったような気が。

何より一番これから鍛えていかねばならないのは「自分はこういう人間だ」というブレない強い幹を育てていくことだそうです。
まだまだ幹が細いんだと。

確かにね・・・
自分では「こういう風にしたっていいと思う」という自分の意思がある反面、他人の言動も実はめっちゃ気になってくよくよする面もあって、自分で板挟みになる状態がすごく強すぎるんですと。
「私はこうだ」と思った次の日には、あれこれと気にすることも出てきたり。でも、やっぱり「自分はこうなんです」と思ったり。
これは逃げずに克服する努力をする以外にないそうなんですけど、これから先の自分の人生の為にも、今ここで気づいて今までと同じような対処の仕方をしないようにするのは大変重要な事のようです。

一番ほっとしたのは、私が感じていること諸々、誰しもが同じように感じて当然のことで、決しておかしくもなければ間違ってもいないことでした。
自分という人間を表に出すことがいけないことではないし、自分が感じた事を「伝える」という意識を持ちながら言う事が大事なんだそうです。

そうですよねぇ・・・

カウンセラーさん、ちらりと「いつも黙っている人から正論を言われたら、引き下がる人が結構いますよ・笑」

言い返すなんて思ってない相手から正論を言われたら反論出来ないって事ですよね。
言いたいことは「伝える」という形でこちらからも苦情や疑問を言っていいんですって。
そりゃそうだと思っていても、年配や牛耳ってる人相手に何か言うと「逆らった」と見なされることが普通ですから、そこはほんと、難しいけど、それを克服していかなきゃいけないみたい。
あくまでも「伝える」で。
だけど、「それでもどうにもならない場所なら、引っ越しもありです」とな。

そうそう。短気だから、私・・・。
とりあえず、ここに居る間に、その辺の気持ちの持ち方とか鍛えておいた方がいいなと思いました。
どのみち、どこへ行っても私、死ぬまで生きてなきゃいけないんだし。

いや、しかし、難しそう。
人間を理解するのは難しそう~~~。
そして、自分の傷を埋めていくのも時間がきっと掛かるんだろうな。

だけど、こんな人間怖い、人間不信だと判明した私と付き合ってくださる方々には心から感謝です。

で「まずは旦那さん相手に練習してみてください」

はい(笑)
言いたい放題言ってますが・・・
「でも、60代半ばを相手にいつまでもサンドバック状態ってのは・・・」と私が言うと、カウンセラーさん大爆笑。

カウンセラーさんを爆笑させてどないやっちゅーねん(笑)

練習はしますが、きちんと伝えるという形に修正していくのって、出来るようで難しそうだと思ってます。
やっぱり感情が先走ることが多いもんですから。
はぁ~~修行じゃのぅ~~~~。

だけど、やっぱり引っ越した先では、しっかりした幹を持った木に成長して根を下ろせるようになっていたいもんです。
誰を相手にしても、どんな人に出会っても。ブレない自分になっておきたい。
それから、嫌な相手の事も受け入れられるようになっていたいです。それでやっと対等なんでしょうから。

但し、あの不届きな親戚からは逃げないと行けません。これは変わらない。受け入れる受け入れないのレベルじゃないので。
自分の生活が脅かされるレベルなもんで。

いや・・・引っ越せなかったらどうしよう・・・お金無くて引っ越せなかったらここで生きてくの?

それは、いーーーーーーやーーーーーーだーーーーーーぁーーーーーーーっ!!!



初回なので、1時間半までは1時間の料金でしたが、2時間お話ししてしまったので、30分の延長料金をお支払いして帰ってきました。

通い続ける必要は今のところ無し。

「しんどくなったら、いつでもいらっしゃい」という事でした。

2、3の小さな気づきもあったし、具体的にこうすべきとかいうお話はありませんが(カウンセリングなので)、あ、そうだったのか・・・と思える事もあったりして、行ってみて良かったと思っています。

また疑問符だらけでこんがらがってきたら、伺うつもりです。


さて、通い続ける必要がないとわかったところで、明日からまた畑の用事をこなさねば。
明日は柵とネットの追加購入と、溝を切る道具を夫と買いに行きますだ。

さつま芋も昨日やり直し。
金時と、幸いシルクスイートが小さいけどまだ売っていたので、それらでやり直し中。
でもなぁ・・・
これでもうまくいかなかったら、今年はさつま芋は無しだね。
昨年は枯れたりしなかったのにねぇ。わかんないねぇ。









テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

何も考えず。

chichibi23_20170312204852b61.jpg

食べ終わって去っていくおいちゃんを見送る茶太郎。
いや・・・見送ってるわけじゃないか。
「やっと帰ったか?」という確認ですかね(^^;)

ちょっと前までは喧嘩に発展していた2にゃんの関係も、最近は茶太郎が退くことが多く、おいちゃんが食べ終わるまでじっとしています。
おいちゃんも、喧嘩さえしなければ静かにお帰り遊ばすので、結局立ち去るまで待ってた方がいいってことですよね。


さて、カウンセリングの面談予約、取れました。
水曜日になりました。

しかし、希望日を尋ねるメールが返ってきた時、ふと・・・

「あ・・・この曜日もあの曜日もダメだ・・・」という、自分の中途半端な忙しさに改めて気づく有様。
面談予約を取る段になって、初めて何も考えてなかった事に気づいたわあ。。。

開室時間は朝10時から夜9時なんですが、私自身、10時に行く事はまず無理。
どんなに急いでも11時頃。
オマケに、午後は4時半には帰宅せねば、ヤム婆ちゃんの給餌に間に合わない。
夫に頼もうと思っても、ヘルニアがあるので必ず引き受けてくれるとは限らない。
あと、マンションの掃除の日もあるし、点滴の日もあるし、何だかんだで限られた曜日と時間帯になっちゃうな~と思いました。

畑もあるでよ・・・(^^;)

このカウンセラーさんは日時を固定する事はないそうなので、都合の良い時間をその時々で相談出来そうですが、どのみち夜通うのはあまりにもしんどいので、午前11時から午後2時の間が私が通える時間帯かなあ。
曜日は、水木土のどこかで。

ということで、初回は水曜日午前11時からです。
最初の面談なので、1時間より少し長くなるそうです。
カウンセリングの時間は1時間が基本。延長は30分毎。
上級心理臨床カウンセラー、認知療法士という人が私の話を聞いてどう感じられるのかな。

何をどう話したらいいか、どの時代の事から話したらいいか、何も考えていませんが、それで別に良いのだそう。
必要なら心理テストも料金内でしてくれるそうですが。

またてくてく歩いて行くことになりますけど、今度はスムーズに行けるはず(笑)

数年前からカウンセリングの必要性を感じていながら、なかなか行けなかった私ですが、やっと機会が訪れたか。
ブラブラと気軽な気持ちで訪ねてみることにします。


それはそうと・・・

発芽して喜んでいたさつま芋の苗、枯れました・・・全滅。
昨年と大して違う事はしていないのに、何にやられたのか。
虫ではないです。多分病気系。
土のせい?それとも芋そのもののせい?

仕方ないので、明日出かけるついでに芋を探してきます~~。
でも、もうシルクスイートは売ってないかも。
もう、がっくりだぁ。


ところで、数日前に畑に居たら、知らない年配のご婦人が声をかけてきました。
連続で2人。
1人目はタマネギを見て「葉タマネギ?」と訊くので、「普通の玉の奴です」と答えると、「葉タマネギもやってみたらいいわよ。美味しいわよ~」と詳しく教えてくれました。

2人目は、「いつも頑張ってはるね」と。
農道をよく通っているそうで、私をしょっちゅう見ていたそうです。
マンションの10階に住んでいて、一階下の住人さんから水菜の種を貰って育ててみたら、案外ちゃんとしたのが出来て面白かったという話でした。
「マンションのベランダ狭いから、畑持ってる人が羨ましくなって。こういうところで、ちょっとお手伝いでも出来たらいいのにな~なんて」

まあ、にこやかにフレンドリーによく話す方で、結局1時間畑談義になってしまいました(笑)

「その一階下の人のお孫さんが、おばあちゃんの作るナスは硬いから嫌いって言われてるらしくて。何も特にせずにほったらかしにして育ててるけどちゃんと出来るよ~って言ってはるんやけど、硬いから嫌いって言われたそうやわぁ」

「あ、肥料と水はナスは結構要りますよ。それしてないから硬いんじゃないですか?」

昨年、初めてナスを作ったばかりの私が、偉そうに言いました(笑)
実家の母は「柔らかくてちょっと炒めただけですぐ食べられて美味しかった」と褒めてくれたもんで。えっへん(^^)

とかなんとか、そういう話を延々として気が付けば1時間。

「また声かけるわ~お邪魔してごめんね」
「いえいえ、いつでも遠慮なくどうぞ」

寒い時期にあまり私が畑に来てなかったのも知っていて、「暖かくなってきたからそろそろ出て来はるやろなって思ってた」と言われちゃいました(^^;)

年に1~2人はいらっしゃるんですよね。
こうやって気さくに話しかけてくる人。
知らない所に住んでいる知らない人。
初対面から嫌な事言う人にはお目にかかりません。(キャベツ初栽培の時に出会った結球しない親父は例外)
それに比べてこの村は・・・と対比してしまうのは致し方ない。ふん。

さて、カウンセリングのスケジュールも増えそうだし(通い続ける事になれば)、畑もあるし、仕事も少々あるし、庭掃除もあるし、病院もあるし・・・
体調の方の管理だけは気を付けておきましょ。


テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

覚えられない。

chichibi22_20170311135241591.jpg

草ボーボーになっている植木鉢に囲まれて日向ぼっこしている白田君。


chichibi21_20170311135240014.jpg

座ったまま軽く上に伸びてみた茶太郎。

今日は曇ったり晴れたりの大阪ですが、全体的に暖かめ。
薄手のセーターとコートだと、少し暑く感じました。


今週中にカウンセリングルームの場所を確認しに行こう!と決めていたので、今日行ってみました。
昨日、グーグルアースや地図で場所確認。
出来るだけ遠回りにならないように、また迷子になりにくい(笑)道を選択するのにあれこれバーチャル散歩。
だけど、その時点で行ったり来たりの有様なんですよねぇ。
ゲームのダンジョンで迷子になりまくる、実際の場所も行ったばかりの所が覚えてない。
子供の頃からまったく覚えられない。
でも、今はグーグルアースのお蔭で、周囲の建物や十字路の様子なんかは事前に見てとれる。
昔よりイメージをインプットするのにかなり役立ちます。

ということで、行きはすんなり到達。
駅から15分ほど北へ・・・という説明がサイトにありましたが、東西南北も把握できない私なので、簡単な図とその説明だけを頼りにしていたら、きっと着いてない(笑)

しかし、踵を返すごとく、すぐさま駅に戻ろうとした途端・・・
手書きのメモを読みながら「左に曲がってきたんだから、帰る時は右・・・今度は左・・・まっすぐ・・・え・・・っと・・・ん?どの家の前で曲がるんだっけ?」

3分も経たない内に、目印になっていた家が記憶から消えておりました。
結局、来た時よりも長くまっすぐ行き過ぎて、「これはもう通り過ぎてるな」と思って右に曲がって違う通りに出て振り返ると、これまた目印にしてやってきたはずの公園がちょっと遠くに見えました。
はい、やっぱり通り過ぎてた(笑)

もう、どうしてこうなっちゃうんだ・・・とほほ・・・。

こんなんだから、絶対車の免許は取りません。危なくて仕方ない。
徒歩だから、好きな所から戻れるけど、車だったら真っ青です(汗)

さて、場所も確認出来たので、あとでメールで面談の予約を取ってみようと思いますが。。。

カウンセラーとの相性が良くなければ、通い続ける事はやめた方がいいそうなので、まずはその辺りをチェックでしょうか。


折角久々に市の中心まで出てきたので、ショッピングタウンに入ってブラブラ。
私が短大を卒業して就職もせずダラダラしてから始めたバイト先(スポーツ店でした)は、とっくに潰れていて、今はむじん君のコーナーになっています。
昔より更にさびれた感じ。
その場所の近くにあるジュエリーショップは今も健在。
店主は若い頃相当もてて遊び倒していた感じの良くない人だったけど、ちらっとみたら凄いハゲてた。
年月を感じるなぁ。

駅に直結しているショッピングモールに移動し、本屋をブラブラ。

先日から「買おう」と思っていたものを数冊ピックアップしてきました。


hon4_20170311135242c69.jpg

私と夫1冊ずつ、エンディングノート。
あと、私は最後に必ずおひとり様になりますので、その際どうすればいいのかを知りたくて。
遺言の書き方も、自分に少しでも何かが残ってた場合、それをどうしたいかとか、色々考えている最中。
まだ先かなと思ってたけど、案外先じゃない気がしているので、今からぼちぼちと整理して一度書いてみようと思い立ったわけです。
中を見ると、結構細かい・・・保険の内容・・・え・・・っとどんな契約だっけ?
これって意外とうろ覚えの人、多いみたいですよ(^^;)

私は今、こんな風にこれから先のことを考えています。

❶夫が生きている間に、今の場所から引っ越したい。但し、猫をすべて見送っている事が条件。
❷その前に、夫が背負っている事業の借入金をすべてなくしたいのでマンション全売却を終えておきたい。
❸引っ越すからにはこの土地も家も同じく売却している。
❹引っ越し先は誰にも教えたくない。これは、親戚の中に不届きな人間がいるからです。
❺引っ越し先で夫が亡くなったら、私1人で葬儀を出す。これは夫も別に構わないと言っています。
❻もしも、今いる所で夫が亡くなったら、私が喪主になって村の葬儀を出すか、家族葬にさせてもらうか(どちらも親戚を呼ばざるを得ませんが)になるけど、その後の祭祀承継者には私はならないように遺言してもらう。
❼夫の納骨云々に関しては私の一存で良いと夫が言うので、猫のお骨と共に散骨にする可能性大。
❽その後は姻戚関係終了届けを出し、親戚とはきっぱり赤の他人になる。
❾よっておひとり様になるため、自分が亡くなった後に誰に連絡してほしいか、どこと死後の事務契約を結んでおくべきか、誰に財産を残すか、約束を受け入れてくれる人を探す。
❿もし、私が先に死んでしまったら、私の財産は夫のみに渡るようにしたいけど、その頃夫が認知症傾向にあったら、後見人をどこに頼んでおくか考えておく。

こんな感じ・・・(笑)

姻戚関係終了届けは、嫌な親戚もそうでもない親戚も十把一絡げですのでね。
第一、私自身はここの親戚と個人的な付き合いはゼロなので、結果、付き合っても付き合っていなくても全然変化がないって事に気づきました。
冠婚葬祭の時だけ顔を合わせても、特に会話もないので、この手続きをしたからと言って支障はまったくないと思われます。
ただ、祭祀承継者を私が夫から引き継いでしまうと、うちの直系の誰かが亡くなった時に、納骨の許可を私に伺ってくることになりますから、そうなると連絡先も知られてしまう事になり、これまた嫌な事になってしまいます。
不届きな親戚が目と鼻の先に暮らしているので離れたくて引っ越したのに、居場所がばれちった・・・ってのが一番嫌(笑)
ま、こんなことも想定して、理不尽な要求をされたり(本家なんだから面倒みろとか)しないように、私は消えたいわけなのです。

みんながみんな普通の親戚だけだったらここまでしませんけどねぇ。
外から見ると普通じゃないです、やっぱり。

しかし、一体私はこの不届きな親戚を、夫の死後に本家の当主になるからと言って面倒みる筋合いがあるのだろうか?
ずっとそれを考えていました。
義弟はとっくにここを出て、好き勝手に引っ越ししていますし、その居場所も教わっていません。
ま、次男だからそんなもんかもしれませんが、逃げたという印象しか受けませんね。
で、最後に残された私が子供もなく、他の兄弟もなく、多分当主となってしまうのでしょうが、その「本家だから」という視線が親戚からも来るのではないかと思います。
夫は「そんな風に考えてる親戚は多分居ない、親戚自体もあいつには陰で愛想つかしてる」と言ってるのですが、だからこそ、こっちにおっかぶせて終わり・・・の意識が絶対あると思ってますよ、私。

だって「そっちが本家なんだから」って感じでしょ、多分。
この不届き者が他の親戚に頼ったりしたら、そう言うのが当たり前だと私は思ってるんですよね。
「本家で何とかしてよ~」って。
大体、目と鼻の先に住んでるんでしょ?って。だからこそ、引っ越しするんですが。
もちろん、以前から書いているように、この村のやり方、考え方にも違和感が強いので、それも引っ越したい理由の1つですけど。
ま、それよりも、実害が凄そうなのはこっちの不届き者の方ですが。

と・・・色々調べている時に、親戚との縁の切り方の記事の中にこんな事が書いてありました。

親戚と親族とどう違うのか?

ほぼ一緒の事らしいんですけど、親族という点に関しては、「直系から見ると6親等までが親族で、姻族から見ると3親等までのこと」とな。

え?と思って・・・(笑)

夫から見ると、この不届き者は確実に親族になるんですが、姻族である私から見たら4親等らしいんです。
ってことは、民法では私は最初からこの不届き者とは親族関係じゃないって事ですかい?

なら、ラッキー(笑)

親戚とひとくくりで考えていたけど、法律的にはそういうことでも無かったんだね。

だったら、直系の親族って人が何とかすべし。夫が居なくなって義弟が生きていたら当然義弟の義務か。
もしくは、他の直系6親等内の誰か。

その前に、この不届き者が誰にも迷惑かけず、自分で何とかやっていくのが一番ですけど。
これはまーったく当てにならん。


不届き者以外の親戚も、正直嫌なタイプの人はいますが、こんなのは必要のない人々。


一生懸命家の立て直しやらお金の工面やら、色々嫌な事にも我慢してきましたが(自分の中では十分過ぎるほど我慢したはず)、その最期がおひとり様という私。
正直、あほらしくて(笑)
自分の残りの人生、どうなるのかさっぱりわかりませんし、新たな場所で良い人達に巡り合ってそれなりに過ごせる可能性もないわけではなし、この場所にしがみつく理由がどこにもありません。

他所の家の葬儀の出し方にケチを付けたり、亡くなった家の相続人が他所へ嫁いだ一人娘さんだけだったのに、「この場所に帰ってこなければ相続させない」と赤の他人の婦人会連中が文句を言うという非常識な事が起こったり、一度抜けたらなぜか二度と入れないという変なルールが闇に存在していた婦人会とか、個人の宗教は関係なく仏教婦人会に自動的に入ることになってしまうこととか、草刈りに出なかったら罰金5000円とか、「○○しなかったら何言われるかわからんからな」と嫌味を言うとか、「こんな事したら何か言われるかなあ・・・」と夫に相談してくる人とか。

人の顔色ばかり気にして暮らしている人達なのか、集団意識とはそういうものなのか、農家の集まりだからある程度集団で統率がとれないと困った事になるという事実はあるにせよ、何かにつけ「何か言われるかな・・・」を中心に据えている生活なんて、私は出来ませんな。
何か言われて実害があるのかい?って思うし。
せいぜい、蔭口だけでしょう。それも嫌なんだねぇ?
そりゃ、言われて気分いいわけないけど、常に周囲の顔色、ご機嫌、付き合いを重視してばかりで、自分はどこにいるんだろ?

と思ってたら「自我は存在しない、それが村社会」とネットに出てました(笑)
そう言えば・・・結婚を親より先に反対した人がいましたな。
私が夫と出会った時に働いてたスポーツ店の店長さん。
夫がお得意さんだったので、店長さんもうちの家の事とかこの村の事とか知っていたせいか・・・
ある日呼び出されてこう言われたんですよね。
「結婚はやめとけ。あの家は歴史があってこういう家だからお前とは釣り合わない、苦労する。それからあの地域は・・・やめとけ。」

ふむ・・・と半信半疑で思った22歳の頃。
家に関しては確かにそういう釣り合いがどうのってのは今でも聞く話ですけど、村に関しての悪印象は店長さんの言葉を聞くべきだったな。それほどじゃないでしょって当時は思ってたもんで(笑)

ちなみに、買い物便利、交通便利の立地です。住宅街です、一応。
村。。。じゃありません。が、牛耳ってる人達が全員江戸時代からの組織だから。
村八分、嫁いで来てから実際に耳にしたこともありました~(怖)←これ、判例では不法行為とされてます。

で、うちがそのど真ん中に江戸時代からいた家柄で。未だに家格を言う人もいるし、外から来た私には正直関係ないと思いつつも、この人達はいつまでも変わる気がない、変われない、新しい芽を摘むばかりできっと人が減る・・・そのうちすたれるな・・・と思っています。

そんな環境の中に例の不届き者の親戚がいるわけですから、そりゃ嫌気がささないほうがどうかしとる。

今までのこの家の嫁さんは夫が亡くなっても子供もいたし、「ここで生きていくしかない」って思いだったでしょうが、私は子供が居ない。
そして、ここで生きて行くしかない人生は望まない、引っ越して本家消滅なんてこと誰もするわけがない、永遠にここに残っている家だと誰もが勝手に思いこんでるかもしれないけど、私はまったく違うので。

誰かの思惑通りに生きるなんて嫌だし。
何言われようが、言う人は無責任の塊だし、人の人生には絶対責任とらないですから。
都合が悪くなったら知らぬ顔ですからね。

ということで、色々含めて考えて、この先自分の自由、自分として生きる権利が侵害されないように事を進めていかねばと思います。

なので、エンディングノートと遺言の書き方の勉強は必須科目となってしまったのでした(笑)

あーちょっと毒吐いてすっきりした。


tabemono5_20170311135243dec.jpg

駅中にあるパン屋さんで久々に購入。
プレッツェル、以前は無かったのに、いつから作るようになったんだろ?

この中で一番好きなのは真ん中のソーセージが挟まったカレーパン。
パンも柔らかくて、カレーもソーセージも美味しいです♪





テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード