追熟。

hatake77.jpg

今日は雨も上がり、気温は低めと言えども良い天気。

畑の手入れを少しばかりやって、トマトとパプリカを少しだけ持って帰りました。

初夏に比べて当然のごとく、トマトは赤くなるのが凄く遅くなっているので、畑で真っ赤になるのを待つより、着果負担を減らすためにある程度赤くなってる2つをとってしまいました。

家で追熟してみて、樹上完熟よりどの程度味が落ちるのか実験。

先日、初収穫した2個は既に食べましたので、この季節に樹上完熟した味は解っていますが、食べたところ、ピークの頃より若干酸味が強かった程度で、味が薄いとかはそんなに無かったですかねぇ。

しかし、日に日に気温が低くなり、これからは赤くならずに落果することも出てくるらしいし、今回はこの程度で収穫して追熟して食べようかと。

しかし、一番良さそうな場所・・・猫テラスに置くと、このようにグレが(笑)

洗って水滴が付いたままだったせいもあり、パプリカをペロペロ。

パプリカは最初はマメに世話してましたが、後半放置したので、出来るものがかなり小ぶりになりました(笑)



hatake78.jpg


トマトはガクが付いてるので、それを齧ろうと。植物と見れば何でも齧るので、やっぱここには置けないな~と。

追熟に透光性の良いビニール袋を被せて置いたものの、ハタと気が付いた・・・
こやつ、ビニールもガジガジするんだった!と。


hatake79.jpg

結局、ビニールを外したり被せたりとウロウロした挙句、ツボ庭の花台の上に袋を被せて置きました。

やれやれ。グレがいたずらっ子じゃなければ、テラスに置けたのになぁ。


ビニールを被せたのは温度を少しあげたいと思ったのもありますが、それよりもエチレンガスの話を読んだからです。

エチレンガスは老化促進ホルモンで、トマトを収穫した後も発生しているそうで、それを利用して青いまま収穫したトマトを輸送中に追熟するという形にしてお店に並ぶんですって。
家庭菜園と違って、膨大な量のトマトを収穫し、選別し、箱詰め出荷となると、完熟してからだと更に老化が進む(嫌な言葉だ)ので、熟れ過ぎが店頭に並ぶという問題が起こりますもんねぇ。
でも、熟れてないのをとってるわけだから、色は赤くなっていっても味は・・・という事態になっちゃうんだとか。


で、これはミニトマトの房どり収穫の場合ですが、着色を揃えないと枝付トマトとして売り難いので、花房内の1個が着色を開始した頃に、房全部をビニール袋で密封してしまう。
そうすると、着色開始時から発生するエチレンガスにより、青いままのトマトまでがエチレンのスイッチが入って赤くなっていく。
で、房全体の着色が揃って売り物になるというわけです。

そういう試験内容とその結果を読んだのですが、大玉トマトも出来るんじゃ?と。

樹上でなかなか真っ赤にならない、青いトマトがいくつも残ってる場合、1個赤くなりだしたものがあれば、その花房ごと袋に入れてしまえば全体も赤くなっていく?か?

今回はもうとってしまったので、家で袋に入れてもエチレンガスのお蔭で赤さが進みました!とは言えないかもしれませんけど。
どっちもある程度赤くなってるし、何もしない場合との比較が出来ませんので~~。

ただ、畑には青いままのものが沢山あるし、もうちょっとしたら赤みが出てくるかも!?というのがあるにはあるので、そこが色づきだしたら実験してみようと思っています。ほっておくよりも早く赤くなるのか?
それはやはり出来るだけ樹上でやりたいです。青いままとってきてってのは避けたい。
落ちてしまってたらしょうがないけど(^^;)
ただ、本来は熟して自ら赤くなるところを、半強制的?に赤くしていくってことでしょうから、完熟の味とは言えないだろうなと。
でも、青いまま終わってしまう方がもっと嫌なので、この気温になってくるとまあ・・・妥協・・・?
とにかく各花房の1個でも赤みが出てきたら!でございます。
とにかく、1個でいいから、それぞれの房のトマトさん、着色開始して~~~!!!

ちなみに、青いままのトマトを食べる方法とか色々載っていますが、毒性があるので避けた方が良いそうです。
沢山食べるとお腹壊すらしいですよ。
スポンサーサイト

テーマ : 家庭菜園   ジャンル : 趣味・実用

NEW!!

gure10_20161027003400a51.jpg

今しがた、部屋に運び入れた途端にこれだわ。

「おお、新しい椅子!僕の僕の」

いや、違うって。
それはおかあちゃんのだってばさ。


最近足が疲れるので、炬燵で足を折ったまま、あるいは時々伸ばしたりしながら本を読んでも、立ち上がる時に非常に響きます。
特に足首及び足の甲。
立った瞬間は歩行が普通に出来ません。


で、部屋には背もたれのついた椅子が全くないため、どうにかしたいな~と思ってましたが、先日香典返しのカタログでこれを見つけて頼んでおいたのです。

思いのほか・・・デカい(笑)

嬉しいのは、オットマンが引き出せるようになっていること。
これなら楽な状態で足も伸ばせます♪

座面とオットマンは籐で出来ているので、爪研ぎされないように要注意ですが。

というわけで、それはおかあちゃんのアンヨのために手に入れたんだから、独占しないでくださいね~~。グレたん。


椅子の後ろに白い布がかかったものがありますが、安納芋が入った小ぶりのダンボール箱3つです。
箱と見ると、必ず爪を研ぐヤムヤムがいるので、保温も兼ねて布を被せ、更に100均の猫よけを置いています。
お蔭で誰も乗りません(笑)

天気予報を見ると、数日後、最低気温が10度となっている日があって、わあ~そろそろ本当に寒くなってくるんだなぁ・・・と。

トマトには厳しいなぁ。
昨日、更に2つの大玉が赤くなりかけているのを見つけましたが。

色々検索していると、12月の最初まで何とか赤くなったという記事があったんだけど、地域も気温も、何玉中いくつ赤くなったのかなどが書いてないので、データ不足です。
でも、それを読んで、枯れだすまで粘ってみようと思いました。

しかし、キャベツが今度は厳しくなりそう。
やはり9月に入ったらすぐ定植した方がいいですな。
半月遅れた上に、日照不足。
で、晴れたと思ったら冬の気配。

それはそうと、昨晩お好み焼きをした際に使ったスーパーで買ってきたキャベツ。
真っ二つに割ったら、レタスか?と思うほどのスカスカぶりにびっくりでした(--)
夫に言うと「最近のキャベツはみんなそんな出来」だと言ってました。

これも天候不順のせいなのでしょうかねぇ・・・?

あんなに巻いてないキャベツ、人生で初めて見ましたよ。

うちのキャベツも出来たら出来たで、こんな有様かもしれませんな。。。



テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

今日も掘ってみた。

chichibi6_2016102416405697b.jpg

「喧嘩上等」の庭猫茶太郎。
戦歴はそこそこですが、いかんせん、小鉄に比べて何か・・・こう・・・品が・・・ない(^^;)
小鉄もかなり強かったですが、彼の場合はクールさが伴っていました。
しかし、茶太郎はどっちかというと、「オラオラオラ!」のタイプ。
いまいち品がありません。
それでも、チー母さんには絶対服従。
叩かれると横になって降参のポーズです(笑)
あと、鳴き声が大きくて高くてふにゃふにゃしてます。


さて、今日も安納芋を掘ってまいりました。
今日は残り2株。
自分で出来ました、はい(^^)
シャベルで周囲をそっと掘りながら、どのあたりまで芋があるのか推測をして。
でも、あちこち傷つけてます(笑)

土をある程度掘りだして目安が付いたら、一気にてこの原理でグググっと。

で、残り2株は1つ目の物よりも豊作豊作🎵
大きな芋が沢山付いていました。

hatake75.jpg

大小合わせると、1株に25、6個?
今回はおやつサイズが殆どなし。
予想もしてなかった出来でした。

ちなみに前回のと比較。

hatake76.jpg

手前のがいかに小さくて少ないかって(笑)

ということは、肥料の与え方はあながち間違っておらず、苗の優劣による差だと確信しました。
前回のは、苗が小さかったんです。
なので、苗作りがしっかりできれば更に良い結果を生んでくれるであろうと。
次回はもっと苗作を頑張りましょうかね。

今回とれた立派な方をお供え用にしたいと思いますが、とりあえず追熟に1か月ほど要するようで・・・
しかも、13~16度辺りで保管すべしとのこと。
ん~~その室温を保つのはどうすれば?
5度以下になると腐ってくるとか言ってるし、さてさて、これから寒くなってくるので、日中は何とかなっても夜は13度以上を保つのがねぇ。
炬燵を調節するかなぁ。
どうするかなぁ。
苗作りでも温度管理、収穫後も温度管理。
栽培中は放置に近くて楽なのにな。前後がちょっと面倒なのね(^^;)

とりあえず、明日1個ずつ新聞に包んでダンボールに入れるところまで済ませようと思います。

どうか美味しく追熟されますように!
干し芋も美味しく出来ますように!

テーマ : 家庭菜園   ジャンル : 趣味・実用

芋掘ってみた。

greco1.jpg

今朝のグレコ。
ご飯も無視して、どこかを凝視。
何がいたのかなぁ???
昨日は隠居の屋根裏に誰かがいたようで、喧嘩をしていました。


さて、いつ頃安納芋を掘ったらいいのか、このところずっと迷っていました。
近所の畑は全然まだ掘ってないし。
でも、ネットでは葉の一部が枯れてきたら試し掘りのサインってあったので、随分前からその状態にあったため、1つだけ掘ってみました~~。

3株しか植えてないから、早まって掘ってしまいたくないとは思ったんだけど、気になって気になって(笑)

しかし、手で土を掘り進めて・・・と言われても、私はそれが大の苦手!
だって、色々出てくるんですもん・・・。
なので、そーっとミニミニの鍬で掘ってましたが、引っ張ったらどうだろう?と思ってやってみたら、見事に茎がブチ切れ(笑)
一挙に掘り上げることが不可能に。

ああ、やっぱりちゃんと土を手で掘り進め切らないとダメってことなのねぇ。

だけど、出来ない・・・埒あかん。
ということで、家でぶらぶらしていた夫にヘルプ依頼。


hatake73.jpg

するとあちこちから芋が顔を出しました。

まずは良かった。ちゃんと芋・・・出来てる(^^;)

しかし、やはり自分では控えたつもりの肥料、それでもまだ多めだったようです。
元々こぶりなサイズらしいですが、おやつサイズみたいなのが多かったですねぇ(^^;)
今度作る時は、肥料を更に減らしたり、それでも葉が繁り気味になってしまったら一部刈ってしまおうかと。

だけど、スーパーで買った安納芋1個から苗を作ったあの数か月間。
炬燵に入れて夜を過ごさせたり、日中は日の当たる猫テラスに置いて保温カバーをしたり、結構手間暇かけました。
それでも、栽培の本にあるような、保温床を作ったりなんだかんだと大がかりな事は一切必要なかったので、これはもう炬燵様様(笑)

そして1株からでも、大小色々と取れましたので、不満はありません(^^)
ホントはもっと取れるよ?って言われるかもしれないけど。
後は味。
暫く追熟させてから、大き目の物は干し芋にトライしたいと思います。
ちゃんと出来たら、天津甘栗と同じように干し芋を気に入ってたサンディへのお供えに。
元々、そのために栽培したんですから。
おやつサイズは料理に使います。丸ごと天ぷらもいけそう♪

あと2株。どうなってるかな。残りも夫に手伝ってもらいます(笑)


hatake71.jpg

こちらはトマト。
2つが真っ赤になっていました。
で、触ってたら、ポロっと取れちゃった~~。
なので、思いがけず本日秋冬トマトとして初収穫になりました。
ポツポツと白い跡がありますが・・・何かにやられてるな(^^;)
他のトマトはまだ黄色味も見えません。
お日様、もっともっと照ってくれぇ~~~!!
こちらも味が問題。はてさて、夏までに食べていたトマトに比べてどうなのだろう。
夏秋トマトを放置してるだけなので、違いがあるのかどうか。
願わくば、夏より不味いなんてこと、ありませんように。



hatake72.jpg

鷹の爪も赤くなってきました。

ところで、今更になって気付いたこと。
前回収穫した時、少し齧ったら猛烈に辛かったので、よしよしと思ったのですが、その後あんまり辛くない鷹の爪ばかりで、どうしたことか?と。
そしたら、肥料や水は控えめにして、ストレスをかけないと辛くなり難いってことがわかりました(--)
知らんかった・・・。
そして、今回は1回目の時より株が大きくなっていますので・・・結局肥料がちゃんと効いてます!って事になってしまうと思われますから、こちらもあまり辛くないってことになるのかなあ。

ああ、もしそうなら大量に使ってやっといつもの「辛い」というレベルになるのだろうか。
それとも、そう思って大量に使ったら、えげつないほど辛くて死ぬ羽目になりはしないか。
だって、最初に齧ったのは凄く辛かったんだから
ええ?なんと恐ろしいロシアンルーレットだこと!

確実にどれも鷹の爪の辛さです!って信じられたらいいんだけど・・・。もしくはその逆も。

うう~~~当分スリル満点な生活が続くのだろうか?

あまりに危険なので、夫には使わせないように致します。


hatake74.jpg

本日の収穫分。

パプリカは黄色になっているものも出てきました。
あと少しで着色完成のものが数個あったんですが、黄色を通り越してオレンジになっていってるものも。
でも、まだ一部が緑なのでそのままにしておきました。
今日はピーマン代わりのものを3個だけ。
今頃になって山ほど実がなってます。
ナスもまだまだ質は落ちたと言えど、実がなってます。
葉は小さくなってきたとは言え、とりあえず元気。


周囲の畑は綺麗さっぱり、秋冬野菜に衣替えされてます。
私の畑だけ、夏野菜と秋冬野菜が混合。
それも株が枯れてきてるってのが全然ありませんので、見ようによっては変な感じです(笑)

ちなみにプランターのナスはもう枯れました。
根が回りきって弱ってしまったのかも。根切りすれば良かったのかな。


来週になったら、カボチャの畝だった所にグリンピースの種をまく予定。
ぼかしを少量入れて耕してきました。

タマネギの苗はまだ鉛筆の芯の太さまでもう少し。
ホームセンターには苗が既に売られていましたが、私のは種をまいて温室で放置してるので、日照不足がたたってまだ少し細いです。
来月中旬前には何とか植え付けに漕ぎつけたいところですが。
大根も少しずつ太くなってきているようですが、こちらも昨年より植え付けが遅れたのでまだまだですな。
とにかく、日照不足が今年は祟っております。。。
春菊もようやく伸びてきた感じ。
キャベツは葉が大きくなって、結球が少しずつ進んでいるようですが、さて、玉がどこまで育つかわかりません。


そうそう、タマネギ用の畝の黒いマルチカバーの上に、アライグマかイタチの白い足跡が点々と付いてました。
昨日は無かったので、昨夜以降のものでしょう。

頼むから、トマトとか齧らんといてよ~~。

テーマ : 家庭菜園   ジャンル : 趣味・実用

脱力感。

[広告] VPS


今朝の月乃。
このところ、夫と一緒にいる時間がやたら長いです(笑)
まだ寝てると、部屋の前まで行って呼ぶ始末。
いつぞやは2~3時間もこうやって一緒にいたほど。

そんなに甘えたいなら、家猫になっちゃえばいいのにねって思うけど、それは承服しかねる模様。

お腹を触っても、口の中に指を入れてゴニョゴニョしてみても怒りません。

夫が居ない時は私が代わりに相手をしますが、いつも決まった位置に私を誘導して、そこにまずゴロンと横になって待っています。
ひとしきりそこで撫でたら、今度はこのソファーに座って、隣に人が来るのを待っています(^^)

抱き上げても(抱っこではなく)怒らないし、この分だと、もしも何かあった時に病院へ連れていくことは可能かも!?
ただ、カゴに入ったことはないので、その後どうなるか・・・わかりませんけど。

だけど、こうやってかなり懐いてくれるようになっていると、もしもの時にちょっと安心かなぁ。

他のみんにゃはまったくダメですしねぇ。。。


それはそうと、ノワちゃんの捕獲作戦、思ったより手こずりそう~。
カゴの中にご飯を入れると、食べてはくれるんですが、今朝チャンスが来たので扉を閉めようとしたものの、どうしても後ろ足を踏ん張ってしまって、結局奥まで入ってくれないまま。
閉め切れない扉の隙間からするりとでてしまいましたわよ~。

むむ・・・その後はご飯をセットし直してもダメ。
近くに来てスリスリするんだけど、結局帰ってしまいました。

こうなると、保護器作戦にするしかないのかなあ。
とりあえず、保護器でご飯を食べてくれるように慣れてもらうしかないか?
時間が結構かかりそうで・・・ちょっと問題ですな。。。


☆一句詠めたら・・・

「漱石の思い出」を読んでいる最中ですが、有名な「猫」が亡くなった時、庭にお墓を作って、そこに漱石先生が一句書いた墓標を立てたそうです。

『この下に 稲妻起こる 宵あらん』

9月13日が命日だそうで、お祭りを毎年その日にしていたのだとか。
十三回忌の時に祠を建てる計画があったそうですが、それをやめて九重の供養塔を建て、雑司ヶ谷の墓地から萩をもってきて周囲を飾ったそうです。

親しい人達にも、亡くなったことを通知したそうですが、ちょうど「三四郎」を執筆中だったとかで、「但し、主人『三四郎』執筆中につき、御会葬には及び不申候。」とのこと。
親しい人に通知を出して、お葬式をあげたのは赤塚不二夫さんが有名ですよね。
沢山の知り合いに見送ってもらえて、幸せな猫だなとつくづく思ったものです。

名前も付けずにいた猫だけど、漱石先生なりに気持ちがおありだったのでしょうね。
ちなみに、漱石先生に比べると猫と距離を置かれていたらしい奥様の方が、亡くなった後すごく悲しまれたそうです。

何だか、わかんないもんですな。

私も一句詠む才能があったら、夢子さんにも一句書いて、お墓に墓標でも立ててあげたいところだけど。
何も書けないので、そのうち墓標だけは作って目印にしてあげたいと思ってます。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

静寂が贅沢。

omoya1_201610151516586fe.jpg

やっと秋晴れ。
心地よい汗をかきながら、午前中は洗濯の後に畑仕事。
隣りでは稲刈りが始まっていました。


今日は風もほどほど、陽気もほどほどで、朝起きた時から決めていた事を実行。

それは、鶴の間の縁側でご飯を食べることでした。
ホントなら、七輪デ―にしたいところですが、その余裕はありませんで。

しかし、この天気ですから、開放感を味わいながらお昼を食べたいと思い、シンプルなお昼ご飯を作って縁側で食べたのでした。


omoya2_20161015151700411.jpg

ご飯1合分。おにぎりにすると少ない・・・もっとあっても良かった(笑)
白飯だけだとお茶椀1杯しか食べられませんが、おにぎりにすると1合は無いと不満な私。
中は沢庵を刻んだものを入れました。
あとは、出汁まき卵。即席の味噌汁。
BGMはツィメさんが演奏するショパンの協奏曲1番。
食後のひと時は、先日買った漱石先生の奥様の回想録を読む。
また、手紙を書いたり。

時々、風が通りぬけて、木々を揺らす音がする程度。
好きな音楽と心地良い天気に恵まれ、余計な音がしないこの静寂が何とも贅沢で、本当に久々に開放感を味わえたのでした。

近い将来、、こういう事が出来なくなると思われるのと、お客さんが来た時しか使わない座敷・・・勿体ないので、これからは自分が好きな時に好きなように使う事にしました。

今しか楽しめないことは極力逃さないように!(笑)


さて。ここで暫く過ごした後、夢子さんを桜の木の下に埋葬しました。

いっぱい根っこが張っているので、掘るのが大変でしたが、ようやく落ち着かせてあげることが出来ました。
どこから来たどういう子なのか知る間もなかった夢子さんですが、ここを最期の場所として選んだのですから、どうぞこの庭でゆっくり休んでね。


今読んでいる「漱石の思い出」は、NHKドラマでも漱石先生の奥様が主人公になっているのがありましたが、その奥様が回想された漱石先生のエピソード盛りだくさんの本です。
作品だけではわからない普段のお顔。ご家族とのやりとり。
なかなか面白いです。
びっくりしたのは、漱石先生のお兄様のお嫁さんに、樋口一葉さんが候補にあがったのに流れてしまったという話でした。
もしかしたら、義理の姉弟になっていたのですねぇ。
樋口一葉さんのお父さんが、漱石先生のお父さんの職場の部下だったようで、その縁で話が持ち上がったようです。

作家さんの中で「先生」を付けて呼ぶのは、私にとっては夏目漱石だけ。
高校の時の教科書に載っていた作品に衝撃を受けたのがきっかけでした。

さて、お日様も夕日の色に変わろうとしています。
そろそろヤム婆ちゃんにご飯をあげると致しますか。

あ、そうそう。
ヤム婆ちゃん、アンチノールを飲みだして3週間ほどになろうかというところですが、歩くリズムが「タタータター」という、どちらかを庇うような偏ったものだったのが「タタタタ」と平均的なリズムに変わってきています。
年寄なので歩幅は小さいですが、リズムはいい感じ!
もしかして、少し効果が出てきたのでしょうか?だったら嬉しいけどな(^^)

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

 いらっしゃいませ
ステップファクトリー
stepfactory
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード