FC2ブログ

寂しい猫の日。

    rio8_201602221352034a0.jpg

昨日から入院になったリオの見舞いを、今朝してきました。

10過ぎに到着し、すぐに面会。

ケージの中で静脈点滴を受けながら、奥の方に座り込んで固まっていました。

私の顔を見ても、少し「う~~」ってご機嫌斜めの声を出すだけ。

そりゃ、こんな経験今までしたことなかったもんね・・・。

ケージの中にはおトイレが置かれていましたが、看護師さんの話だと「シーツにしかしてくれませんね」でした。

多分慣れないんだろうな、このカラーを付けた状態での距離感というか、動き方というか。


暫くケージの戸を開けて、手を突っ込んで頭をナデナデしていたら少し落ち着いたみたいで、そのうち「あれ?戸が開いてるの?そっから出れるの?」と思ったようで、立ち上がってこっちに来ようとしました(^^;)

「おっと・・・まだ今日は帰れないんだよ・・・」とそっと扉を閉めると、また「なーんだ」ってな顔で隅っこに座ってこちらを見ていましたが、やがておトイレの中に入ったので、

「お?おしっこする?」と見ていたら、こんな風に座ってしまったのでした(^^;)

近くに来てくれたおかげで撫でやすくなりました(笑)

撫でていると安心するのか、目を瞑っていましたねぇ。


そうこうしていると、副院長先生が来てくださって、説明を受けました。

検査の結果はまだ届いていなかったのですが、昨日診てくださった先生の「ホルモンのバランス等々」の話から、それは非常に珍しい病気にはなるのだけど、念のために血液を検査所に出してみましょうか?ということになり、お願いしておきました。

また、副院長先生の感触では、やはり腫瘍の付き方、広がり方が「嫌な感じ」とのことで、どうも悪性っぽいという感じです。
ちなみに、癌だった場合とホルモンの病気、双方が重なって起こることは、まず殆どないとのことでした。

今の状態は食塩水を使った一般的な輸液をしてもらっていますが、大問題だったカルシウムの数値は13まで下がっているようです。
昨日の血液検査では16になっていたので、これはいかん!ということでそのまま入院となったのですが、これが11、12辺りまで下がってきたら・・・

「リオちゃんの性格は入院向きかそうでないかと言われると、そうでないタイプのようなので、11、12に数値が下がってきた時点で考えましょう」みたいなお話でした。

こちらとしても、リオのストレスや不安が長引くことで食べない飲まないが続いたら良くないと思うし、やはり・・・自由な時間をどれだけ確保してあげられるかが、今後どんな厳しい結果を受け止めなければならなかったとしても一番大事にしてやりたい点ではありますので、たまの入院、通院、往診、自宅での私達の看病の方法を組み合わせて、出来るだけ長々と入院ばかりせずに済むようにしたいと思っている事をお願いしておきました。

自宅では皮下点滴を暫く毎日続けるのも方法だそうです。。

さて~~させてくれるのかな?この子は(^^;)

出来なかったら通院で頑張ろうとは思いますが、それもある一定期間みたいなお話だったので、ずっとするわけではないみたい。


などなど、色々お話をお聞きした後、またナデナデタイム。

安心して大人しく撫でられているリオを見ると、早く連れて帰ってあげたいなとつくづく思います。

看護師さんがいらして、
「ご飯、何食べます?あまり食べてくれていないので、好きな物があったら持ってきてもらっていいですか?」

そうだった。リオってなんでも食べる子じゃないんですよねぇ。

缶詰だと銀スプの缶入りで味はマグロ限定だし。
他はかろうじて黒缶。
カリカリは、今は満腹感サポートだけど、以前はピュリナの体重管理用の物・・・

と言うと、看護師さんがクスっと。

「そうなんですよ、体重管理、それ食べてても出来なかったんですけどね」と私もクスッ。

とりあえず、明日の見舞いにはドライと缶詰色々持って行こうと思って、帰りに買い揃えました。

何か食べてくれたらいいんだけど。緊張が続くだけで食欲なくしちゃいますからねぇ・・・。

チャチャのように「意外と大胆」であってほしいもんですが、子猫の頃から超臆病なので、これはしょうがないか・・・。

1時間ほど見舞いをしましたが、「○○さんの顔を見てようやく奥から前へ出てきてくれたんやなぁ。全然違うなぁ」と言われたので、世話してくださる時も少々ご苦労をおかけしてしまっているのだろうなと思います。
奥に引っ込んでしまうと、シーツ等の取り換えが手間取っちゃったりしますもんね。

リオを表に出す時は布を被せてしまうので、唸られはするけど引っかかれたりは無いとのこと、ホッとしましたが(^^;)

そんなこんなで今日のお見舞いはおしまい。

「明日は午前中仕事だから、その後でまた来るからね」と言って、入院室のドアを開けて手を振ると、写真のように暫くじっとしていたのですが、私が帰ると気付いた途端に顔をパッとあげました。

ごめんね。良い子にしててね。明日も一杯ナデナデするから。


今日は猫の日。今年の猫の日はとても寂しいサン・チョボ家です。


でも、数値の改善があったことは良かった。
あとはどんな結果を受けても、リオの生活をどうしたら守れるか、病院側とも沢山相談して頑張るだけ。

新しい玩具、買っておこうかな。
気に入るかどうかわからないけど、溜まったストレスをそれで解消してくれたらいいなぁ。

今日が誕生日の夫(65歳になりました)は、日曜から北海道大学に出張のため留守。
この写真をメールして現況を報告しておきました。

さっきは電話がかかってきたんですけどね。
メールを見てリオの事か?と思ったら・・・

「おさかなパンってどこに売ってるって?」と言うんですよ。

おさかなパンは数年前にスーパーの小さな北海道フェアという催しで、初めて目にして食べたB級グルメでしたが、これがまあ美味しくてね。
食パン?で魚のすり身を挟んで揚げてあったかなぁ。
ホタテ、カニの味もあって。でもそれ以降お目にかからず。
ネットで見たら30個で取り寄せ可能なサイトもあったんですが、それも今はもう無いみたいで見つからない。

それを伝えると「そうか~やっぱりないかぁ。町の人にも訊いてみたけど、知らないって言われた」ですって。

新千歳空港にある「かま栄」というかまぼこ屋さんに、似たようなのがあるからそれを買ってきてって言ってたのに、何を今頃思いだしたかおさかなパン。

ちなみに、似たようなのが・・・って書きましたが、かま栄さんのサイトには「類似品に注意」とありました。
どっちが先か知りまへんけどな。美味しかったらええねん。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

何といえば。。。

rio3_20110519211619.jpg

今日、リオは緊急入院となりました。

いつ退院できるのか。処置はうまく行くのか。

夜8時までに、今日診てくださった先生から経過報告がある予定です。

副院長先生は明日から出勤されるので、今後の事を相談することになりそう。

検査所からの結果は、一両日中にも届くかもしれないとのこと。

通院診察のつもりだったのに、家に帰れなくなってしまったリオ。

辛いけど、不安だろけど、状態が良くなると信じて頑張ろうね。

ごめんね、リオ。ほんとにごめんね。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

頑張りました。

rio5_20151209005157719.jpg

これは昨年の写真ですが、ただいまのリオも同じような恰好で日向ぼっこの中、毛繕いをしています。

カメラのメモリーが一杯になったので、整理しないと新しく写真が撮れないため、以前のものでお茶を濁す・・・(^^;)


さて、一昨日風邪の症状で病院に行ったのに、思いもかけないしこり・・・が見つかり、そのまま入院して検査を受けました。

一昨日の診察時にも検査をしたのですが、通常の検査に使う細い針ではうまく細胞がとれなかったので、大きくて特殊な針を使って麻酔をかけて検査をしてもらいました。

うまく細胞がとれなかった理由は、しこりの細胞の結合が強かったせいだとか。

難しい事はよくわかりませんが、とにかくそういう事でやり直しになったのでした。

不妊手術以来の入院ですから、ほぼ10年ぶり。
不安だろうなぁ・・・と思いつつ帰宅し、昨日はハラハラしながら過ごしていました。

お迎えは午後5時以降ならOKと言われていたので、4時半には出かける支度を終えていたのですが、その時ちょうど副院長先生からお電話がありました。

無事に検査が終わったので、お迎えをどうするかと聞かれ、「今から行こうと思っていましたが、予約を取らずに帰ってしまったので・・・」と言うと、副院長先生が5時半に時間が空いているとのことで予約を入れてくださいました。

良かった。

予約なしで迎えに行ったら、どなたか先生の手が空くまで待たねばなりませんので。
うっかりしていましたよ、私も。

で、お話を聞いたのですが、とれた細胞を見せてもらいました。
何だろうな・・・これ・・・。
とりあえず、それを検査所へ。

副院長先生の見立てでは、しこりの広がり方が腫瘍と思われる広がり方をしているとのことだったのですが、良性か悪性かは結果が出ないとわかりませんし、ワクチンだけが原因になるわけではないとのことでした。

前日の診察をしてくださった女医先生も言われていたのですが、「背中に打つと薬剤がまれにこうして悪さをすることがあるので、背中には打たず、万一こうなっても手術が可能なように、後ろ足の方に打ちます」とのこと。
リオも背中には打たれた記憶が私自身にも無い事と、ワクチン以外にも原因になることが(特定はできなくとも)あるのであれば、なぜこんなしこりが大きく広がっているのかは、今あれこれ言っても仕方ないとも正直思いました。

すべての病気と原因の因果関係が明確になっていないのですから、なる場合もある、ならない場合もある、その原因もさまざまであるという部分がまだ多いのだろうと思います。
人間でもそうですもんね・・・お酒を沢山飲むけど肝臓がんにならない人、煙草を吸うけど肺がんにならない人、健康に留意して過ごしていたのに病気になってしまう人・・・もうわからないのです。

しこりの中身が悪性なのか良性なのか、1週間後には判っているとは思いますが、もしも悪性だったとしたら、その先どんなことをしてやれるのかを、しっかり考えておかねばなりません。
ものすごくショックで落ち込みもしていますが、ならどうする?という事を第一に考えて行かねば。
勿論、悪性じゃないことを一番に願っています。

ただ、ワクチンに関しては、3種混合はこういう事がまず滅多に起こらないこと、白血病のワクチンが含まれる8種あたりになると起こる確率が高くなることを言われていました。
打つ場所を気を付けてもってことですね。
だから、万一そうなっても手術しやすい足付近に打つのだと。
でも、どちらにしても、そのリスクが打つ場所を選んでもゼロにはならないとなると、さて、ワクチン本当に室内の生活で絶対必要なのか?と思うようになりました。

万一リオがその稀なケースに当てはまってしまっていたとしたら、なおさら今後はどうしようかと思ってしまいます。
これは正直な気持ち。
ヤムヤムはもう18歳半を過ぎましたから、超高齢の事もあって今後は打つつもりはありません。
グレとライスは・・・どうしたもんかなぁと。
この頃、1年半~2年近く間を開けて打っているのですけど、それでもねぇ。
その一発が何かを引き起こすかも?となると・・・。
今後はもっと慎重にならないといけないなと思います。

これまでこんな心配したこと正直ありませんでした。
昔は首の後ろ辺りにチクッと打っているお医者さんしか知りませんし、1軒目の名医だった先生もそうでしたし。
色んな事が変わっていきますよね。以前と違う新しい常識が現れて。
それは医学の進歩に伴うことだと思いますが、製薬会社も良い薬を作る反面、副作用がキツイというのを出しているようにも思えます。
どうしても、その辺りは天秤になるのかもしれないですけど・・・。

とりあえず、風邪の症状は抗生剤でかなりよくなって、食欲も動きも復活しているようなので、あとはこちらの結果を待つのみ。

癌かどうかの結果を待つって、これで4度目でしょうかね。
いや、5度目だ・・・。
初めては小鉄の骨髄性白血病。
2度目はサンディのリンパ腫。
3、4度目はチャチャの乳癌。
そして今度はリオ・・・。

頑張らねばね、おかあちゃん。もっと頑張らんとね。

リオはのんびり過ごしてね。また病院に行く事にはなると思うけど。。。


お迎えに行って説明を受けた後、副院長先生が入院室にいるリオを連れてきてくださるはずでした・・・が、手ぶらで戻ってこられて「リオちゃん、ご機嫌が・・・苦笑」

あらま!
私が一緒に居た方がいいようだという事で一緒に入院室へ。

リオはカラーを付けて、ケージの奥で固まっていました。
まん丸の目をしてこちらを見ていましたが、私が手を伸ばすと「ウウウウウウ」とおかんむり。

副院長先生、グレの時に相当大変だったのが蘇られたのか、無理せず私が連れだした方が良いと判断されたようです(笑)
そりゃ、先生だって無理されて手に怪我でもされたら、色々差支えが出てしまうかもしれませんしねぇ。
リオにとっても良くないですし。

しかし、親の私は解っているのですが、リオは唸っていても手を出してくることはありません。
そんな勇気がない臆病さんなのです。
まあ、窮鼠猫を噛むじゃないですが、そういうことを絶対しないとは断言できませんけど、まず出来ない性格の子。
ただただ固まって唸っているだけなのです。

ひとしきり頭を撫でたあと、ケージの奥から引っ張り出して、籠へ入れました。

タクシーも電話したら3分で来てくれて、すぐ帰宅。
麻酔もしっかり覚めていたので、部屋に戻った後は興奮状態でうろうろしてあちこち確認し、ようやくベッドに入って落ち着いたのでした。
2、3時間もすると甘えてくるようになったので、ほっとした次第です。

ただ、麻酔のためにずっと点滴を流していたせいか、帰宅後のおしっこの多いことったら、もうびつくり!
腎不全だったあんずでも、こんなにしなかったぞ~ってくらい出してました。

あ、血液検査で解った事ですが、年相応の腎臓の数値とかで、まあ、少しずつ腎不全が起こりだしている初期状態みたいですねぇ。
特に投薬や点滴の話は無かったので、まだ必要なしのようですが。

今日はとても良い天気。

洗濯物もばっちり乾くでしょう。

リオにもゆっくりとポカポカ陽気を楽しんでもらいたいです。

本当にお疲れ様!


※最初に診てくださった女医先生、リオの顔を見た途端目尻が下がって、「おおお・・・可愛い・・・・」と、リオの顔をいたくお気に召されたようでした(笑)
その後「こんにちは♪こーんにちは♪」とすごく優しく挨拶をしてくださっていました(^^)

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

癌かもしれない。

rio6_201512291551321de.jpg

昨年末のリオ。

今朝から少し元気がなかったリオ。
涙目、目ヤニ、鼻水が少量見られたのと、食欲もなかったので、風邪っぽいのかもしれないと思い、夜の診察を受けてきました。

予約が取れたのは猫が好きな女性の先生。

症状としては風邪が一番可能性があるそうでしたが、触診の結果、背骨近くに不自然なしこりが見つかり、そのままレントゲン、針を刺して細胞をとっての検査、更に血液検査となりました。

レントゲンの結果は中の方に大きな塊が見られ、背骨付近に近い事から嫌な場所にある腫瘍との事。
場合によっては、一番やっかいな癌で、それはたこ足のように四方八方に広がっていき、手術が出来ない個所でもあること。
もしもその癌だった場合は、手術しても取りきれない、手術後の傷がかなり大きいので、乳がん手術のような世話では済まなくなり、かなり大変な看病になること等説明を受けました。

が、細胞をとる検査では、うまく細胞がとれなかったようで、大きな針で出来るだけ早く検査をして検査所に出した方がいいように思うと言われ、そのまま預けてきました。
麻酔をかけて行う検査なので、このまま病院で絶食してすぐ検査の方が時間のロスがないと思って・・・。

その結果が出ないと、良性か悪性か判断できないんですけどね。

良性だったとしても、手術後のケアは大変だろうし・・・
でも、場合によっては悪性に変化しないとも限らないし。

悪性だった場合、出来ることは進行を遅らせるためのステロイド投与。
癌の種類によっては、抗がん剤が出来る場合もあるとか。

まずは、細胞の中身を知らねば何も言えませんけど、こういう場合の結果って、いつも悪い事しか出た事がない。

だから、今回こそは「良性でした」と言われたい。

その後どうするかはゆっくり考えることも可能だろうし。

この辺りに出来る癌の原因は、何であるか特定はあまり出来ないけど、考え得る中での可能性としては、予防接種が原因になる場合があるそうです。
でも、3種混合ワクチンはこういう事が一番起こり難い薬剤なんだそうで。

そうなると、これが原因だった場合、それはもう運不運というしかないですよね。

今後ワクチンを継続するかどうか、考えたくなりました。
完全室内でも打った方が良いと推奨されていますが、こんなことが起こったのだとしたら、打つ方が怖い。

とにもかくにも、どうか間違いであるように。
良性であるように。
検査所から結果が返るのに数日かかります。
今はまず、食欲を戻してもらわねばね。

症状から風邪であろうと判断できるので、投薬が難しいリオには2週間効果がある注射を打っておいてもらうことになりました。
でも、腫瘍が本当に癌だった場合、免疫力が落ちて風邪を引きやすくなってきたというのもあり得るのだそうです。

4月でやっと11歳。
シニアに入っているとはいえまだ11歳ですよ。

何か起こるには早すぎます。

そして、こんなに立て続けに色々起こらないで欲しいよ。

悪性だった場合、いずれ歩けなくなり、肺に転移する前にお腹のどこかに転移するとかで。

悪い方向には考えたくないけど、今までの経験上、先生が不安に思う事があまり外れたためしがないもので。

「間違いで良かったです!」という経験が少ないので。

もしも悪い方に当たったら、ただただ、運命を呪うのみ。


お迎えは明日夕方。

とりあえず、風邪の症状だけは早く改善しようね。

あと、初めてレントゲンを撮って解った事。

リオの背骨はS字型に曲がっていて、どうやってもまっすぐレントゲンを撮ることが出来なかったそうです。
が、これは特に生活への支障はないとのことでした。

そうだよね。今まで何の不具合もなく、飛んだり跳ねたり色々してるもんね。

今日は心細いだろうけど、お泊り頑張るんだよ。
明日も頑張るんだよ。
おかあちゃんも頑張るからね!

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

春っぽく。

chichibi13_201602091339182e0.jpg

今日の午後の茶太郎。

寝床付近でゴロゴロしてました。
今日はとても暖かい。

2月も中旬に差し掛かり、我が家の庭の雑草は既に青々とした芽を出し始めています。
これは・・・あまり嬉しくないっ!
また戦いが始まるのかと思うと、正直げんなりです。

でも、外の猫達にとっては、とても過ごしやすくなってきているので、茶太郎のように庭でお日様を存分に浴びてゴロゴロしている姿を見るのは、私も大好き。
散歩命のサンディや小鉄一家が居た頃が蘇ったような、そんな暖かい気持ちになってきます。


chichibi12_20160209133917fb6.jpg

茶太郎の前を横切っているのは、おかあさんのチーちゃん。
相変わらず茶太郎には厳しく、自分から傍へ寄らないし、茶太郎が傍に来ることも拒みますが(--)
茶太郎の気性が荒いからかもしれませんねぇ。。。白田君に比べると。
でも、その分、一番用心棒として頑張っているんですよね。
だーれも戦わないのに、彼だけが頑張っている。
それを見ていると、少し不憫になっちゃいますが。
だけど、月乃にとっては天敵となってしまっているし、この性格も良いようなそうでないような。

とにかく、お前も怪我しないようにね。


chichibi11_20160209133915e53.jpg

「ん?なに?」

お腹出してゴロンゴロン。かつての佐助を見ているようです♪
体格も大きく、そこも似てるかな。
傍に来てスリスリフガフガ甘えることはしないんだけど、顔を合わせると高くて甘えた声で話しかけてきたり、名前を呼ぶと返事もします。
それなりに甘えてるんだろうな。



chichibi14_20160209133920f5b.jpg

その後温室へ。
テーブルの上で白田君、まったりしています(^^)
ガラス越しに撮ったので、鮮明じゃないですが。
白田君は誰とも戦わない主義。
自由でのんびりした性格。
そうそう、先日チーちゃんとピンクのベッドに一緒に寝て居るところを撮りましたが、その後夫が「さっきはグレコも入って3匹で寝てたぞ」と言っていました。
あのベッドに3匹~~?すごいギューギュー詰めだっただろうなぁ。撮りたかった(笑)

温室に行くと必ず居る白田君。
「ちょいとごめんよ~肥料かき混ぜるからね」とか「芽が出たか見たいんだけどいいかなぁ?」とか、毎回白田君に許可?を取っている私。
せっかく寝てるのに、外へ慌てて逃げ出したりされたら可哀想だもんな~とか思って。

最近慣れたせいか、私の動きにも慌てて逃げるということは随分減りましたが。


白田君の後ろに見えるオレンジ色の物体は「み」と言う物で、簡単に言うと、持ち手のない大きな塵取り?みたいなもんです。
雑草を取って集めたり、大体そんな事に使っています。
スーパーで買ってきたピーマンとパプリカと唐辛子の種が発芽するかどうか、種をまいたポットを「み」の上に置いています。
まだ出てません、芽。ちゃんと種を買わないとダメなのかなぁ。
まだ気温が低いのかなあ~?でも、温室内は25度前後あるんですけどねぇ。
2~3本しか植える気はないので、わざわざ種は買いたくなくて。
今月中に発芽を目指したいんですが、どうしても無理そうなら種・・・買おうかなぁ。
スーパーで買ってきたものからの発芽は「一か八か」って書いてる人もいましたからね。
出たら儲けもんなんだけど!

その後ろに伸びているものは、九条ネギ。
自分で作ってみたぼかし肥料の肥効実験の為に、数年放置してあった植木鉢の古い土にぼかしを混ぜ込んで種をまいていたものです。
元肥だけで、追肥はしていません。
ちゃんと立派に育ってきて、もう半分ほど料理で使ったので、鉢にはあまり残っていませんが、温室内は暖かいので、真冬の間も成長を続け、今はかなり長く伸びています。

それをとる時も白田君に許可・・・貰ってますよ(笑)


猫達はのんびりと過ごせるようになってきましたが、私はいよいよ忙しくなってきました。
昨日までの3日間、かなりの時間を割いて畑の掃除と畝の準備。
もうさすがに足腰ガタガタ。
今月中にはジャガイモを植えこみたいので、用意してある2畝分、若干のカリ資材と堆肥を入れておきました。
ジャガイモの芽出しも始めました。
昨年末の段階で、その畝に植わっていた野菜の残滓や、マンションの掃除で掃き集めた落ち葉や米ぬかを埋め込んでいたのですが、掘り返してみるとすっかり分解されて、土も少しだけほぐれやすくなっていたように思います。
これを繰り返して行けば、団粒構造ももっとしっかり出来てくるに違いない!
以前田んぼだった土地なので、水はけの悪さは今も付いて回っている感じなんで、少しでも通気がよくなっているのがわかると嬉しくなってきます♪

ジャガイモの他には、かぼちゃの畝の準備。こちらも昨年末にキャベツの外葉や落ち葉等を埋めておきました。

そして、やっぱりやってみようと急に思い立ったサツマイモの畝も掘り返し・・・。

当初の計画と若干畝の場所や野菜の種類に追加変更がありましたが、昨年よりは畝の準備が早く進んでいるような気がします。
問題は・・・初めてトライするトマトとかぼちゃの支柱をどう作るかってところでしょうかねぇ。
色々読んで勉強しているのですが、実際にどう弦が伸びていくのか目にしたことがないので、誘引しやすいようにどうしておくのがいいのだろうか?とか。。。
トマトも「大玉の場合は簡易ハウスを作って雨除けした方が良い」というベテランさんのブログを読んで、「支柱の枠作りとカバーをどう掛けておくべきか」とか「変な風にしたら手入れしにくくなるなぁ」とかただ今考え中。
かぼちゃはもっと実が重いですから、しっかりした枠組みをしないといけないし。

2メートル近い支柱が全部で何本いるのだろう。

まだまだ知らない事だらけ。
途中で遭遇するであろう台風もちゃんとやり過ごせないといけませんしね(^^;)
で、ここまでしっかりやったとしても、ちゃんと育つ保証はないし。
特に大玉トマトは、ハウス栽培用に改良されていて、露地栽培はやり難いというのが定説のようですから。
昔はみんな雨除けなんかせずに大玉トマトがなっているのを、小学生の時、通学路にある畑で見てたんだけどなぁ。
改良されて野生の強さがなくなったのかしらん???

あと、サツマイモの苗作りもやってみなきゃ。
短い畝でトライするから、まとまって売られている苗を買うと量が多分多すぎ。
自分で必要な数だけ作れたら、その方がいいと思ったりして。

基本、今まで苗は一切どの野菜も買ったことありません。
欲しい分だけ自分で種から育てる方が経済的だと思うし、苗を買ってきてそれが失敗したら、また苗を買わなきゃいけないし。
種からだったら、失敗を見越して余分に数株分作っておいても、ものによっては一株10円以下で出来たりします(^^)
種も2年は確実に使えるので、毎年苗を買うよりお得です。


とまあ、そんなこんなで、今年1年かけてやろうと思っている野菜は、キャベツ、ジャガイモ、タマネギ、かぼちゃ、トマト、ナス、サツマイモ、唐辛子、ピーマン、パプリカ、ニラ、九条ネギ、なぜかなかなか出来ない春菊(笑)、大根、ホウレンソウ・・・あと、お墓に供える切り花3種類(夏用)、そして少し賑やかしに柵周りに朝顔。

今年は殺風景な畑から脱却できるかっ!?
ちゃんと収穫できるか?
わかりませんが、今からワクワクしています♪がんばるぞー。


☆アライグマその後。

檻の中に吊るしてあるネットを破ってご飯を食べることを確認した後・・・

まったく来なくなりました。

屋根裏も全然音がしません。

二日留め置きも覚悟して、毎晩観察していたのですが、来ない。

よって、明日、檻を返却する手筈を付けました。

はぁ~~~。本当に居なくなったのならいいんだけど。

返した途端、また出現!ってな事になりませんように。

もしかしたら、茶太郎に見つかって何度も追い払われていたのだろうか!?


ということで、ほぼ1か月にわたって檻を置いていたのですが、チャンスを何度か逃した挙句に返却と。

12月中旬から来てましたからねぇ。
こちらも疲れちゃいました。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

ノワちゃん。

taneko8_201602030036036a4.jpg

アライグマ捕獲のため、キッチンで見張っていると、お客さん猫が入ってきます。

こちらはつい最近名前を付けちまった(笑)黒猫さん。

この前載せた黒兵衛より一回り小さくて、顔も黒兵衛よりは可愛い感じ。

黒猫に「黒兵衛」と黒のついた名前を付けてしまったので、この子は何にしようと考え、同じく「黒」という意味の「ノワール」からとってノワちゃんと命名。
性別は今のところ確認できずです。
お天道さんの真下で会った事がないので、よーわからんのですよ。
立ち去る時も尻尾を下げているので、今日も確認できず。

顔だけ見てると、女の子なんかなあ?という気もするんですけど。体格も黒兵衛よりずっと小さいし。

アライグマ捕獲に失敗続きなせいで、3日前から曜日を問わず捕獲器の扉が落ちるようにしてあるため、うっかりそこで食べ始めてしまわないよう、注意しています。
面白いもんで、捕獲器の中にご飯があると解っていても、キッチンで用意するとちゃんとそこへやってくるんです。賢い賢い。
で、至近距離でようやく写真が撮れたわけです。


ものすごく何度も私の方を振り返ってご飯を食べていました。
超おっかなびっくり(笑)
まだまだ「新入り」なんですな。

taneko9_20160203003604ece.jpg

とにかくすごく食べます。
1日1回で食いだめ!って感じです。
あまりいっぺんに食べると、あとでうげ~ってなっちゃわない?


taneko10_201602030036061d5.jpg

ご飯終了、ご馳走様。

いえいえ、どーいたしまして。ニャンゲル係数すんごいけどね、もう~すんごい、すんごいけどね。


黒兵衛にノワちゃん。
黒猫さんは「幸せを運んで来る」という言い伝えが海外ではあるようですから、どうか、お願いしますね。

黒猫が横切ると不吉だなんて、とんでもにゃい話だにゃ。

どうせなら、良い方の言い伝えを信じる方が幸せってもんだわよ。


しかし、昨夜も一昨日も空振り。アライグマ~~。

今度はいつ来る気だ?
なぜ、以前のように連日やってこないのだろう?

来ないならもうずーっと来ないでくれたらそれでいいんだけど。
そう思っていると、ふいにまたやってくる・・・。

2日留め置きも覚悟して待機。
猫が入ってしまわないよう、ネットを悪戯しないよう見張っているのでものすごく大変です。
数時間、キッチンにいなきゃいけない。拘束半端ない。
用事も出来やしない。
じーっと椅子に座って玄関を見ていなきゃいけない。
それでも、ふと一瞬目を離した隙に、猫が入っていたりして大慌てだよ。

捕獲器返却まであと9日。
もちっと早く解決すると思っていたのになぁ。
ダメなら延長申し込むしかないですけど。
いちいち市役所へ行かねばならないのだろうか。
電話一本で延長できるのだろうか。
お役所だから、「来て下さい」って言いそうだなぁ・・・。
融通利かんからな。


さ、そろそろじゃが芋の畝に堆肥を混ぜて少し寝かせておこう。
今月下旬には種イモ植えこまなきゃね。
トマトやかぼちゃ、ナスに使ってみようと思っている果菜類用のぼかし肥料も、数日前より無事発酵開始。
毎朝、温室に行っては、ホカホカと温かいぼかし肥料を触って「気持ちよかぁ♪」と言っている私。
傍にあるテーブルで寝ている白田君達が、「何やってんだ?」という胡散臭そうな顔でいつも見ています(笑)

あとは、通信講座のレポートもほぼ解答が出来た(と思っている)ので、答えを書き込んで郵送するべかのぉ~~。


テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード