FC2ブログ

ひとまずほっと。。。

cyacya78.jpg

1か月ちょっと前に腎不全の初期と言われたチャチャ。
今日は再検査の日でした。

珍しい事に、今日は予約時間よりも早く呼んでいただけました。

触診は異常なし。

採血は、まあまあ大人しく?いや、若干抵抗?(笑)
前回よりは静かでしたが、止血されるのが特に嫌いみたいです。
少し押さえるでしょう?あれが嫌なんだと思います。

結果が出るまでの間に、洋服を新調して頂きました。
後ろ足で首の周囲を掻くもんで、大穴があいてボロボロ。
糸もほつれまくって、それはみすぼらしくなってたんですが、先生は「もっと早くダメになると思ってたけど、案外もちましたね・笑」と言われてました(^^;)

チャチャ、後ろ足を穴に通すのに随分嫌がったので、私がやりました。
私がやると、すんなり出来ました(笑)
尻尾の周囲の生地をカットする時も、先生が尻尾を持ってると嫌がった感じなのに、「おかあちゃんが持つから」と持ってやると静かになりました。
こんなところが・・・可愛い♪(笑)

あれこれ微調整をしてもらっている間も、鳴きながら文句を言ってましたが、「えらく可愛い鳴き方するんやなぁ」と先生。
チャチャの鳴き方は子猫の頃からほとんど声質も変わってないのです。
タクシーの運転手さんが子猫と間違えるのも無理ないな・・・と思います。いや、これは親ばかか(笑)

さて。検査の結果なんですが、嬉しい事に改善されていました。
BUNの数値は特に顕著で、前回の半分近くの数値に下がりました。
クレアチニンも下がってました。少し注意が必要…程度まで。
療法食のカリカリ、今ハンスト状態なのですが、絶対食べないというわけでもないので、こちらはそれほど心配していません。
最初は食べてましたから。飽きたんだろうなと、それだけだと思われます。
投薬も簡単にさせてくれますし、あんずのように強制給餌は出来るだけしないですむ方向で、今後も頑張ろうと思います。

しかし、いましたよ、ノミ!
止血してる最中、先生が1匹後ろ足で発見。
まだ居たか~~!

月乃とはまったく別のエリアに居るのに、どうも入って来ちゃったようですな・・・。

こうなったら、全員にポチョンということで、あんず以外はレボリューション、あんずはマイフリーガードを貰いました。

カイカイ攻撃は、以前に比べると回数はかなり減ってきています。
ただ、勢いは結構強い。そして、カラーを外すと、それが増してしまうので、未だにカラーは外せません。
あともう少しだと思います。
炬燵も何とか入れますし、ノミ対策も更に頑張らねば。

今日はついでに3種混合ワクチンもチクっと。
でも、診察中にお願いしておいたのに、終わる頃には私も先生もすっかり忘れていて(^^;)
お会計の時に思い出して、先生を呼び戻してもらって打ちました。

チャチャの今度の検査は、3か月後でもいいでしょうとのことで、12月に入ってから行く予定です。
来月はあんずの検査がありますが・・・。
2匹同時に点滴等が必要になると、ニャンゲル係数も恐ろしい事になるので、今回チャチャの点滴が必要ない事が判って、その点でも安堵しました。
まあ、いつかは・・・なんでしょうがねぇ。それまで頑張ってへそくらねば。
ちなみに、前回からなぜかチャチャの分まで2割引きになっていまして、今日もでした。
カルテの筆頭猫だけのはずだったのに、間違いじゃないよね?と思いつつ・・・。
今度行ったら確認した方がいいかもしれませんね。

それから、治療費がかさむ事は解り切っているので、会社になかなか行けてない夫のお小遣いを、やっぱりほんの少しカットさせてもらうことにしました。
生活費の節約もですけど、お小遣いは工夫次第でもう少し減っても大丈夫だろう、それより病院代はそうはいかんしねと。
夫自身の病院代も増えてますから、ここは協力して頂きましょう。

帰宅後は急いでお昼を食べ、畑の用事をし・・・
その後は税理士さんと仕事でした。

私が今一番忙しいだろうから、こまめに連絡して時間が空いてる時に来て、一緒に経理を進めていきましょうと仰ってくださったので良かったです。


さてさて。キャベツですが・・・葉の硬さが気になって、先日からてっぺんを少しちぎっては、畑でムシャムシャ味見してます(笑)
ん~人様にあげられる柔らかさじゃないかもしれない・・・。
一番上の葉っぱなので、その下はどうなのかわかりませんが。
味は苦味は一応無いような気がしますが、味覚の鋭さ、鈍さ、人それぞれなんで、それも何とも。
家で食べきる分には問題ありません。

ああ、早く1個収穫してみたいなあ。

畑に行ったら先輩がたまねぎの苗を植える準備で、畝を耕していたので、大老師が入院中であることをお話したら・・・

「え?昨日、僕会ったよ?」
「じゃあ、きっと外出許可ですよ」

色々状況をお話したら、「じゃあ、畑で会ったら気をつけとくわ。畑の隅っこで倒れてたらあかんから」と言われてました。
軽い脳梗塞だから、言語障害もないし、普通だったので、じきに退院されるでしょうけど。

あとは、畝の水はけが悪い話、サツマイモの収穫もうすぐだ~と言う話等々で、30分ほどお話して帰りました。
私もサツマイモ、来年はやりたいな。
んで・・・出来れば自分で干し芋作って、サンディにお供え出来たらなぁ。
なんて、ちょっぴり夢も出来ております(^^)

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

カシャカシャ炬燵。

gurerice4.jpg

昨日、猫座敷の炬燵だけカバーを掛けました。
やっぱり冷え込みがきつくなりましたからねぇ。
例年より早めの炬燵生活スタートです。

まず、部屋を掃除。
炬燵を脇へどけて、今回新調した2畳用のラグを敷き・・・。
その上に・・・去年は蓄熱用のアルミシートを敷いたんですが、今年はそれがまだ見つからず。
爪でボロボロにされたので買い直す予定だったのに、ホームセンター等探しても、出ていませんでした。
もう少し寒くなったら並ぶようになるのかしらん?

とりあえず、その場しのぎ・・・もしくは春まで?(笑)使うかどうかわかりませんが、家にでっかいプチプチのロールがあったので、それを代わりに敷きました。
間に空気があるので、乗っかっただけでもホンワカ感じました。
ただし、それも夕方までの話。夜はさすがにそうは行きません。
プチプチの表面がヒンヤリしてしまいます。

2畳用のサイズにつなぎあわせて敷き詰め、その上を歩くと、私の体重で時々「プチ!プチプチプチプチ・・・」と破裂音が(笑)
さて。そこからは、チャチャの出入り口を広く取ってやるために、炬燵の下に夫が若かりし頃セールスに引っかかって買わされてしまったものの、一切読むこともなく終わったままの辞典類を持ってきて、新聞紙で巻いて置いてみました。
それから炬燵を置いて、マルチカバーを今は1枚だけ被せています。

去年はアルミシートだったのに、今年はなんだかカシャカシャ言うわ、プチプチ言うわ・・・。

猫達は初めてこのプチプチに乗っかった時にどうしたかというと・・・。

「わーい!カシャカシャ言うよ!大きな袋に入ってるみたいだよ!」とでも言いたげな感じで、興奮しながら、あちこちを押さえては音を鳴らして遊びだしたんです。

あ・・・しまった・・・スーパーの袋と同じような音だった・・・
しかも、あったかいカシャカシャトンネルみたじゃないか・・・。
むぅ~~これは遊び心を誘発してしまったか(笑)

ある程度の保温もかねて、そしてゲロッパがあった時に掃除が簡単なように敷いているので、遊んで穴だらけにされると元も子もない・・・。

しかし、その懸念もあっという間に消え去り、飽き性な我が家の猫達は少しすると静かになったのでした(^^)

でもね。

やっぱりつるつるしてるせいなのか、写真のように隅っこで寝る始末。
本を枕にして、マルチカバーをうまい事下敷きにして・・・(^^;)

rio34_20141017213907e55.jpg

うう・・・このコンデジ、写りが悪い・・・。
リオも同じような感じで寝ています。

アルミシートの時も同じでしたが、小さい毛布を突っ込んでおくと、そこにとりあえずみんなで団子になりましたので、今回はこの後、余っていたバスタオルを敷きました。
体の一部だけでも布に乗っかっていたらいいみたです。
あとはプチプチの上にはみ出してても気にしてません。
炬燵の中でゲロッパされても、タオルならすぐ洗えますし、はみ出しゲロッパならすぐ拭けて終わります。

というわけで、私の寝室の方も、ホットカーペットを出し、同じようにして炬燵にマルチカバーをかけています。

ちなみに、チャチャはうまい事カラーのまんま、炬燵に入ってくれました。
でも、カラーの幅が通るようにカバーを開けてあるので、いつもより熱効率が落ちますな・・・。

さて、来年これを片付ける時に、いったいどれくらいプチプチが潰されているのかな?(笑)
納得の3兄弟が寝返りを打つたびに「プチプチプチ・・・」と潰れたりして~~。

気温も最低気温は12度とかになり、思ってるよりも早く寒くなって来たな~と思います。
チーちゃん一家は小屋・・・使うんだろか?と覗いてみましたが、どの小屋にも誰もいません。
この庭にいるのかどうかも不明です。

ホッカイロを入れる時期、もしくはうちで寝るのかどうか?わからなくなってきました。
寒くなってくると、誰かしら小屋に居ることが多かったんですけどねぇ。
今年はどうもよくわかりません。
とにかく、風邪だけは引いてくれるなよ!と思います。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

嬉しいけどややこしい(笑)

hatake40.jpg

今日は秋晴れ。風は少しありますが、気分よく過ごせる感じです。

午前中に畑を少し覗きに行き、水やりをキャベツに少々。
台風の後だから、そんなにがっつりする気もありません。

でも、びっくり。
これまで「まだ小さいね~」って思ってたキャベツ、いきなりドカンと大きくなってるのを見つけました。

大老師が「2週間後かな」って言ってたキャベツを超えるかのような勢い。
あまりに短期間でデカくなったので、口があんぐり(笑)

で、キャベツ1個1個に話しかけてると、「こんにちは~」とまた男性の声。
振り向くと、今日は老師が立っていました。

老師の方からうちの畑に来ることは初めてです。

「さっき通りかかったら、いやまあ、すごく大きなキャベツが出来てるな~と思ってね」

大層褒めて下さいました。

嬉しい♪

「これは大玉になるよ~!ネットで上手に育ててるなと思って。やっぱりこれくらい手をかけてやらんとあかんのやろうなあ」

どうやら、老師は放任主義に近い育て方をしてるみたいです。
私は逆に、こまめに手入れする時間がないので、ネットで楽しようと思ったんですが(^^;)

種から育てるのに3回やり直した話とか、あとは植えたらどんどん大きくなったので、このサイズが普通なのかと思ってた話とか(笑)

大老師から「2週間くらい待ってごらん」と言われた話をすると、老師は別の意見を。

「いや、2週間だと早いかもよ。1か月くらいは待てるんじゃないの?大玉だよ、これはね」

ん~どっち・・・?(^^;)

待ちすぎて爆発するのは惜しい。
しかし、早すぎてスカスカなのも悔しい。
触って硬ければ収穫とは聞いてるけど、その硬さ・・・どこまでなのか。

まあ、何もかも初体験ですから、とりあえずは大老師の意見に従って、2週間後に1つとってみて、中を見てから後の目安を立ててみようかなぁ。

しかし、自転車のあのおっさん以外は、大老師も老師もキャベツを褒めて下さった。

以前はサボテンすら枯らす事があったこの私。
畑に入って半年でキャベツを収穫できるかもしれないところまで来たなんて(笑)

サボテン枯らすなんて相当だよねぇ。。。

ああ、そんな私は、もう存在していない!成長した!よっしゃ!(笑)

しかし、1つの野菜に対しても、意見が色々なんだなと、また改めて思いました。
老師は、キャベツの外葉を縛って強制的に結球させる方法は知らないと言っていましたし。

土作りに関しても、施肥についても、きっとそれぞれ意見の違いがあることでしょう。
ネットでいっぱい検索しても、本当に様々な意見がありますから。
畑の土の状態やら、自分の経験値やら、色んな事が下敷きにあり、一概にそれらが全て正しいアドバイスに繋がるかというと、実際は違う場合もあるんだろうと思います。
すぐ隣の畑でも、なんだか土の状態がうちのとは違ったり。
堆肥やら今までの世話やら色んな事で違ってくるのは当然で。

私はきっと、まだ以前使っていたNさんの恩恵を受けているんだろうなと感じています。
だから、次の次くらいからかも。自分自身の力量が試されるのは。
土の中の肥料の残り具合とか、その辺自分で大して何もしてないのによく育ってるんですから、Nさんがきちんと使われてたその恩恵、そんな気がしますよ。

とにもかくにも、先輩方に褒められたことはとても嬉しいです。

テーマ : 家庭菜園   ジャンル : 趣味・実用

少し早いけど。

    yamuyamu41.jpg

10月半ばではありますが、なんだか急に冷えがきつくなった感じがします。特に夜。
台風が去った後だからでしょうかね?

今朝のヤムヤム。
廊下で日向ぼっこ。

この頃は、ここがみんにゃのたまり場になっています。
朝の陽だまりでうとうと出来る場所なのです。
しかし、それは人間用のトイレの前でもあるので、この季節が来るとよそのトイレを使うようにしている私。

「ちょっとどいて」って・・・言いにくい。

昨夜は特に冷えたので、10月半ばだけど炬燵を入れました。
ただし、まだカバー等の準備が整っていないので、カバー無しでスイッチオン。
それでも、ほんわかした場所で早速「納得の3兄弟」が。。。

gurericerio3_201410152325489dc.jpg

ほんまに3匹とも丸々しちゃって・・・どうやってもダイエットできませんな・・・とほほ。

カバーがないと、チャチャもカラーをしたままここに入ったりしてるんですけど、カバーを2重にしてしまうと、その厚みで入口が狭くなるので、炬燵の足の下に何かを置かねばなりません。

とうとう、炬燵の出番までにカラーを取りたい!という方向には行きませんで・・・。
少しマシかな?って思う日もありますけどねぇ。

明日は、猫座敷の炬燵だけ準備することにします。
いつでもぬくぬく出来るように。

やっぱりお年寄り軍団は、寒暖差に弱いですもん。


そんな中、庭に放置してある植木鉢に、突然ポーチュラカ、もしくは京ちゅらかが咲き出しました。

niwa156_20141015232550aa7.jpg

いつのこぼれ種か、全然覚えてません。
この1年、花の苗をほとんど植えなかったので、その前の年のかな。
ポーチュラカだったか、京ちゅらかだったかも覚えてないんですけど、本来夏がピークの花。
10月までは咲くそうですけど、今頃になってムクムクと大きくなって、赤と黄色の2種類が毎朝2~3個の花をつけています。
でも、ちょっとの間でしょうね。今からピークを迎えたら、ちょっとびっくりです(^^)

今日は畑をちらっと覗いただけで終わり。特別変化もありませんし。
台風の後ですから、水やりも今日は不要。

帰りに、チャクラに会いました。
私の畑の隣は、元自治会長さんの広い田んぼが広がってますが、台風前に刈り入れが終わり、綺麗さっぱり見晴らしの良い状態。
脱穀されたカスが一杯広がっているその広い田んぼの中を、チャクラは元気に走り回っていました。
よーく見ていると、どうもトンボを追いかけていたようです(笑)

「チャクラ~!」と呼ぶと、振り返って、またトンボを追っていました。

刈り入れが終わった茶色い田んぼに、茶色のチャクラ。
自由気ままなその様子が、のどかな風景にマッチして、とてもほっこりしました。

おお、そういえば、農道を挟んだお向かいの小さな畑に、真っ黒の子猫が居て遊んでいました。

なんとここは猫がよく来る場所だこと!

近くの誰かがきっと面倒見てるに違いない。

で、自宅近くの細い道では、よそのお家の塀の上に、首輪をした白地の茶ブチのぷくぷくした子が。
ぷくぷくはしてますが、体長が短い。
私を見て、塀から飛び降りて、更に細い路地へ駆けていきました。
後姿がぴょこぴょこしてて、すごく可笑しかった(^^)

このあたりは、ワンちゃんよりニャンコの方が数が多そうですな。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

畑の授業で。

chichibi263.jpg

スーパー台風とまで言われた台風19号。
大阪は昨日の夜から最接近のせいか豪雨。
なんでも、岸和田に再々上陸とな。3度も日本に上陸するとは・・・。

しかし、暴風圏に入ったものの、18号に比べてましだった。吹き飛んだもの一切なし。

月乃は予定通り、日曜の夕方から2泊のお泊りをしてくれました。
あの雨はさすがに凄かったので、彼女がどこで避難するつもりなのかまったくわからない私は、温室にもみんなと入れない状況を考えて、彼女だけ隔離作戦を取ったわけです。
その間は、投薬もばっちり。
わーわー時たま言うものの、どこかを引っ掻くとか、ヒステリーを起こして走り回るとかは無く。
わーわー言いながらも出されたご飯は「ウマウマウマ」とお食べになりました(笑)
2泊も我慢してくれてありがとうね。良かった良かった。
今朝はもうすっかり雨も上がっていたので、出してあげました。

わーい♪って感じで一目散にどこかへ行ってしまいました。
その直後、朝ご飯を食べに出てきた4にゃん。
どこも濡れてない。そして4匹列を作って温室の方からやってきたところを見ると、避難場所にしていたんだろうなって思います。
一番安全だもんね、風雨を凌ぐには。

ということで、全員無事に台風をやり過ごしました。ほっとした。

それにしても、スーパー台風という言葉から始まって、どこのニュースを見ても、それはもう恐ろしさを煽るかのような放送ばかり。
実際に被害が出ているので、それくらいの放送でないと人は動かんのだろうとは思いましたが・・・。
台風が来る前の恐怖心ったら無かったです。あまり煽りすぎるのも・・・と思ってみたり。
でも、自然が相手ですものね。想定外の事を「想定内」としておかねばならないほど、最近の日本は水害が特に酷い。
今回初めて自分が住む市内のハザードマップを市役所のHPで確認して、結構ギョギョっとしましたよ。


さて、豪雨に対してキャベツの畝に雨よけカバーをかけておきましたが、畑はやはり水浸し(^^;)

カバーを取って、今日のキャベツちゃんのご機嫌をうかがい、畑の奥に作っておいた極小の畝にえっちらおっちら穴を開けていると・・・

「何植えてんのォ~?」

と、のんびりした男性の声がしました。大老師でした。

ちょっと話をしてびっくり。大老師、1週間前に軽い脳梗塞で市内の病院に入院中なんだそうで。
今日は外出許可を貰って、畑の様子を見に来たのだそうです。

あ、そうだ!あの話を確認してみるべし!

例の、外葉を縛ったら?って言われた話です。

すると、意外な事に・・・。

「結球させるのに縛ることはよくあるよ」でした(@@)

詳しく聞いて、理解できました。
要は、外葉が立ったら結球の合図なんだけど、なかなか結球してこないような場合は、強制的に外葉を縛ってしまう。
そうすると、中から出ようとする新しい葉っぱは展開することができず、中で重なって丸くならざるを得ないと。
強制的に結球させる場合に、みんなよくやってるのだそうです・・・。

しかし、自転車のおっさんに私が質問したのは、「外葉が重なって結球するのか?」という内容でした。
それが正しければ、そのキャベツは外葉が丸まったキャベツで、収穫しても外葉を食べなきゃならないってことになっちゃいますもん。
「そうじゃなくて、中の葉が開けないようにしてやるって意味で縛る」というのが正しいのです。
大老師の説明で、すとーんと理解できました。
んで・・・
丸くなっていくのは結球葉と言われるもので。外葉じゃない~~!

更に、外葉が立ったままであっても、自然に結球してるのなら、縛る必要は当然ないし、ハナから結球しないと決めつけるのがおかしい。

やっぱりちょっと変なんだ、あのおっさん。
それから、葉っぱが大きすぎるって事も無いのです。

もしかして、絶対結球させる方法として、外葉を必ず縛る事ばかりやってたのかもしれません。
キャベツの自主性に任せるか、人が強制的に結球させるか、その違いだとは思うけど。
外葉が立ってる、ただそれだけを見て「結球しない」って言い切るってのは、やっぱり変な人って事で落ち着きました(笑)

で、大老師が「ネットも上手にやってるね」と褒めてくれました。

畑の中に入って貰って、今のキャベツの状態を見てもらいました。
いつ頃収穫なんかな?と思ったので。

見て開口一番、嬉しいお言葉。

「おお!立派立派!」

hatake37.jpg

はい~!台風の間に、また一回り大きくなったあの株でございます。
キャベツ~!キャベツ~!どこからどう見てもちゃんと結球してくれたキャベツ~!
嬉しいなったら嬉しいな♪

大老師、ネット越しに頭頂部を抑えて、「あと2週間くらい待ってごらん」と。
私も触ってみると、まだフカフカした感触がありました。
2週間後には、キュッとしまった感触になっているのだろうか?
今後は2日に一度くらいチェックしていきたいと思います。

hatake38.jpg

2週間後が収穫の目途と言われたキャベツの横の株も、台風の間にキャベツです!って自己主張をし出してました。
台風が来る前は、まだ小さかったのに、なかなかいい感じ。
他の株も順番に育ってる感じで、一気に全部とれて困った・・・食べきれない・・・って事は避けられそうかなあ?
一緒に植えても、株によって成長のスピードが色々なんですねぇ。
多分、プロだったらもっと揃えられるんだろうけど。
マチマチの方が私は助かります(^^)

あとは味と硬さをクリア出来てればいいなぁ。

大老師に「やってみると楽しいでしょう?」と言われました。
そうそう、楽しい。
今の楽しさは、収穫出来たらいいなっていうのもあるけど、1粒の種からどうやって育って形になっていくのかという、その過程を観察するのがとても面白いのです。
仁丹並みの小さな種が、こんな大きな葉っぱを付けて丸々したキャベツになっていくなんて。
その話をすると、大老師もニヤニヤしてましたよ。
理科の実験に興奮してる子供でも見るかのような目でした(笑)
いや、今の私の状態は、まさに「実験」ですから。

さて。大老師に「何植えてるの?」と聞かれた極小の畝には、今日ニンニクを6株植えました。

hatake39.jpg

2週間ほど前に、スーパーで青森県産のニンニクを1個買い、6片に分けて、家でポット植えしておいたら、芽が出ました。
本当はもう少し早めに植えたかったのに、台風が来ちゃって今日になりましたが、にんにくの育て方を見ると、植え付け時期は適期内に入ってるので大丈夫だろうと。

すると、大老師が「ん~2か月ほど遅いね」だって(笑)
私、何でも2か月遅いんかなあ。オクラもそう言われたし。

しかし、一旦芽が出ると、それからは伸びるのが早くてびっくりです。

スーパーで1個120円ほどだった青森県産のにんにく。
上手く出来てくれたら、来年春?夏前?なんか、そのあたりに収穫出来るのだとか。
冬越しするんですな。
ですから、黒マルチ張りました。
大老師も「黒マルチは良い方法だよ」と言ってくれました。

あと、虫も付くので、一応今回は不織布を。。。
ダンポールは義父が残したものが数本あったので、それを使ったけど、なんか思ったように綺麗な円形に出来ない・・・。
ま、いいか。

大老師から、畑の周囲の柵をもっと綺麗に整えて、針金もきっちり設置したら、そこを利用して豆類等の栽培も出来るからやってごらんと勧められましたが・・・。

「旦那さんに杭打ってもらったら?」
「あ、ダメです。旦那はただいまヘルニアなんで」

まあ、いつか、そんな時間と体力があった時には、杭を綺麗に打ち直して、高さももう少しあるものにして・・・どっちにしろ、前に作ってたNさんからそのままになってますからね、長年風雨にさらされて朽ちかけている物も確かにあるので。

だけど・・・私、実は豆類もそんなに得意じゃないんですな(^^;)
蔓性の物を作れるのなら、別の物がいいけどな。
まあ、これはもっと先の話でしょう。
なにせ今は「1シーズン1作物」のペースで考えてますので。

勿体ないって思うんだろうなあ。畝、余りすぎやんって(笑)
みんな所狭しと作ってるもんね・・・。

しかし、来月にはほうれん草か、小松菜は種まいてみる予定です。
それ以外は、今年はもうしないかな。
冬に植えられる野菜って、食べたい野菜の中にはあまり無いもんで。
育つからと言って知らない野菜植えても、多分・・・ハケないし(^^;)

それから、「オクラの花も、まだまだ良く咲いてるねぇ」と言ってもらえました。
今日も10本ちょい収穫。やっぱり終わりかけなのか、産毛が最初の頃より硬め。
全部天ぷらにしまーす。

で・・・病院へ戻られた大老師。いつ退院するのかなあ。
色々教わりたいこと、まだまだ当然ありますので。
どうぞお大事になさってくださいね。
今日も授業をありがとうございました。

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

何がやねん!

フェイスブックで関西弁が対応可となったと聞いた。
私はしてないけど、そういえば自分のブログも関西弁で書いたことがない。
ということで、今日は全部関西弁(純粋な関西弁というよりは普段使ってる言葉そのままで)でいってみよか。


10日ほど前に畑で世話してたら、通りすがりの自転車乗ったおっさんが「これ、キャベツ?」と声かけてきた。
「そうですよ」と返事したら、「このキャベツ、結球せーへんで!」といきなり言うねん。

は?って思って、理由を聞いたら、葉が全然丸くなってないやんって。

おっさんが外から見てたのは、立ち上がっている外葉だけで、農道から自転車に乗ったまま見てるだけやから、中の様子まで見えるわけない。

葉が丸くなってないって・・・あれ?って思って聞いてみてん。

「結球って、外葉が重なって丸くなっていくんですか?」

「・・・そうや・・・」

うっそや~~!
結球について調べたばっかりやった私は内心ちょっとむかむかしながら、ほんでしきりに首を傾げて半笑いしながら「おかしい、結球するとは思えへんで」と言い続けるこのおっさんの次の言葉にもちょっとびっくりした。

「ネット外した方がいいんちゃうか?ほんで、葉っぱ縛ったら結球するんちゃうの」

「ネット外したら虫付くし」

害虫対策の手間を省くためにせっかくやってるネットを外して、なんでここまで育ってからモンシロチョウの餌食にせなあかんねん!と、この時点で相当イライラしとった私。

虫付くのがなんぼのもんやねんとでも言いたげに、それくらいのことで・・・みたいな顔してまた半笑いするおっさん。

んで?

「ここの畑、前にNさんっていうお婆さんやってたやろ?」

はいはい、またその話か。
Nさんはうちの畑を長年借りて作ってた人で、村の人や。
その人が出来なくなって、うちに畑を返したので、税金対策のために、今度は自分でせなあかんよーになって、ほんなら誰が出来るねん?←嫁の私・・・という図式になってしまって、今やってるわけやん。
でも、部外者にはそんな内情は知る由もあらへんし、Nさんと立ち話をよくやってた通りすがりの家庭菜園者さんとかは、持ち主がNさんで、その後を私が借りてど素人菜園者スタート!みたいな感じにみられる事がほとんどや。
ど素人は、そらかまへんけどな、「Nさんに教えてもらったらいいねん」というそのおっさんがほんまにうざくなってきた。

「あの人はうちの畑を借りてた人で、出来なくなったからって言うんで、税金対策のために私が続けてるんですけどね」

本来この一帯の地主であった事を言うと、少し態度が変わったのがおもろかった。おもろかったというより、偉そうにあれこれ言うたけど、昔からの農家の人に何か説教してしもたんかな?わし・・・みたいな。

もっとも、私は昔からの農家さんじゃないからね。それはどーでもええねん。

問題は、このおっさん、しつこい事や。

夏に種まいたとこで、植え付けてからまだ1か月ほどやと言ってるのに、未だに結球してない、葉が立ったままやし・・・と。

その顔も、またニヤニヤ顔で、小ばかにしてることこの上なし。

もう忙しいっちゅうのに、なんやねん、このおっさん。あんたこそど素人か?

と思ってたら、市に貸農園を紹介してもらって長年やってたそうやないの。
それやのに、キャベツの外葉を縛って丸くするの?え?それってアリなん?
外葉縛ったら、結球が促進されるんか?
もう十分中の葉っぱも立ってて暗くなってるし、奥の方は丸く硬い塊があるんやけどな。

あんた、それ、白菜の間違いちゃうの?

このおっさん、実はキャベツやったことないんちゃうやろうか?とさえ、ど素人の私でも首を傾げてもうた。

それから、葉っぱが大きすぎる、肥料のやりすぎやとまで言われたわいな。

そやかて、キャベツの玉の大きさは、いかに外葉を大きく丈夫に育てるかがポイントやって、どこを読んでもそう書いてあったで?
これで大きい言うたら、言い過ぎちゃうん?
確かに、自分でも予想を超える成長ぶりやけど、よそのお宅のキャベツ畑見たら、うちよりそら大きな葉っぱで育ってる所があったしな。
結球が始まったら肥料はやらへん。始まるまでが肝心なんやって聞いたけどな。

結球するために必要な栄養分は、大きく育った外葉から賄われるそうやから、だから葉っぱは立派な方がええんやて。

最後はそのおっさん、また小ばかにした笑い方で「まあ、頑張ってくださいな」と立ち去って行った。

何がやねん。

鍬持ってまだ半年ちょっと。
「これやから何もしらんプチ農業を楽しもうとしてる暇人はな~」みたいなニュアンスを醸し出してたおっさんやったけど。

あれから、あれこれ調べたわ。縛るって何?
そやけど、いっこも出てけーへんかった。白菜縛る記事ばっかり出てきた。

8月に種まいて。9月初めに定植して。まだ1か月。
それでキャベツがとれたら、どんだけ早どりやねんって素人の私でも思うけどな。
夏まきって知らんのかな?あのおっさん。
未だに丸くなってないと思ったんかな?あのおっさん。
春にまいたら、そりゃそう思われてもしょーがないやろうけどな。

とにかく、それ以後は、「おい、知らんおっさんにあんたら結球せーへんって言われたで!頑張るんやで!丸くなってや!キャベツになってや!」と株に話しかけてきた。

おっさんに小ばかにされた時の様子がこの前載せたこれ。
    hatake29.jpg

この中の丸まってきてる感が、おっさんの立ち位置からは当然見えてない。
私でも覗きこまないと解らへんかったからね。

で、同じ株。今日の様子。

   hatake36.jpg

これが結球してへんっちゅうのやったら、何が結球やねん?
これ、キャベツちゃうってことか?

もうしっかりキャベツの顔してると私は思ってる。
あとはこれがどれだけ大きくなるのか、いつ収穫するのか見極める事が大事やと思う。
触ってみたら、結構締まってたんやけどなあ。
締まってたら収穫時ってあったけど・・・顔がもっと表に出てくるんやろうし・・・まだ様子見てていいのかな?
球自体は、葉っぱの大きさから見たらまだ大きくなるはずやねんけど。

他の株は成長がこれよりはゆっくり気味。
でも、数日おきに僅かずつではあるけど、様子に変化が見える株もある。
まだまだ気長に。

結球開始から収穫まで40日はかかるって書いてあったし。
土地や品種にもよるんやろうけど。

やっと形になってきた感じ。嬉しい。

それにしても、あのおっさんの言う事真に受けて、ネット外して縛ったりしてたら、笑われるとこやったかも。
通りすがりの畑経験者も、色々やねんな。
迷った時は、大老師に聞かなあかんわ。
念のために、キャベツの外葉を縛る方法があるのか、どういう意味があるのか確認しとこ。
もし、あるんやったら、あのおっさんの言う事も一理あるって認められるし。

さあ、あとは出来るだけ硬くない、苦味のないキャベツに育ってくれたらええなってことやな。
肥料のやり方で、苦味が出る場合があるんやて。
それ、最近知った・・・(笑)時すでに遅しかもしれへんけど。
ちゃんと結球するって解った、その育ち方を観察できたことが今回は一番の収穫や。
それに、ネットを種まいた段階から今の今までやりっぱなしなお蔭か、虫食い一切見えへんし。
虫に食われても、そりゃかまへんけど、上手に出来たらやっぱり誰かに分けてあげたいし、綺麗な出来栄えであげたいとは思ってるから。
わざわざ食われる事もないやろうと言うのが、私の考え方や。
それにマルチを使うのも、雨で泥が葉っぱに跳ね返って病原菌が付くのを防ぎやすいって聞いたからや。
マルチは高いんちゃうの?って先輩に聞かれたけど、200メートル2000円ちょっとやもん。
あほほど使うわけないから、1本買ったら何年も使えるわ。
特に全部の畝で作物作らへん私やし。

この数日、あのおっさんのせいで、色々悶々としてしもうたけど。

知らん人の言う事は危の~て聞かれへんなって言う事は解った。
そういえば、最近先輩の畑にもキャベツの苗が植わってた。
秋まきやろうな。今度話聞いてみよっと。


それはそうと、また台風やなぁ・・・。
今度は更に大型・・・。近畿直撃の恐れもあるそうやけど・・・。

月乃が心配や。またお泊り何とかさせなあかん。

チーちゃん一家、どうも離散傾向が強くなってきた。
みんなこの庭を定住場所にしなくなってきたように思えるわ。
月乃は完全に外で過ごして、ご飯の時だけ入ってくる。
白田君も同じような感じが多そうで。
茶太郎とグレコはどこかに居るのかもしれへん。
チーちゃんはどうもよ~わからん。

小鉄一家と違って。。。歴代の庭猫家族と違って、この一家はバラバラになっていきそうや。
さびしい事やけど・・・。

おかあちゃんのチーちゃんが、子供たちに絡まれるのを物凄く嫌ってる。
本来なら、独立してすでにバラバラに生きていくのが当たり前・・・なんやろうけど。

ただ、そうなってしまっても、ご飯はもちろん世話してやるし、具合が悪そうだったら薬はもらってきてあげるし。
出来ることは続けるつもりやけど。。。

怪我、事故、災難・・・ほんまにそれは気を付けてと願うばかりやねぇ。

chichibi262.jpg


私はというと、数日前に過労がたたって首が痛くなって頭痛。

旦那の鎮痛剤を貰ったら、幸いあっという間にそれは治ったのに、一昨日からは回転性の眩暈。
寝起き時、寝返り時、立ったり座ったり等々、動きが変わる瞬間に起こるんやけど。
回転性の眩暈って実は初体験に近い。
持病のメニエールで出るのは、私の場合横揺れ専門やったから。
メニエールが酷くなったんか、それとも別の理由か?
とにかく、疲れを取りたいのが一番の願いやけど、それもなかなかままならん。

台風が無事過ぎるまで、私も大人しくしといた方が良さそうやなぁ。

どうか、台風被害少なくて、軽くて済みますように。
他の地域にお住いの皆様も、どうか被害を受けませんように。
神様、頼んます!!



テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん
chichan1blog.jpg
月乃
tukinoblog.jpg
白田君
sirotakunblog.jpg
茶太郎
cyataroublog.jpg
グレコ
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード