写真展へ。

odekake12_201309281620091bf.jpg

お昼前に家を出て、岩合光昭さんの写真展を見に、心斎橋の大丸まで行って来ました。

物件管理担当のIさんのお嫁さんのお姉様がお勤めとかで、招待券を下さったのですが、チャチャの事が起こり、こりゃ行けないなと思っていました。
でも、幸いチャチャは普段の通りの生活に戻ることが出来たので、行って来よう!ということで。

会場にはトルコやイタリア、ギリシャやキューバ、日本で撮った猫の写真がいっぱいでした。
岩合さんならではの、猫との距離感。良い顔をしてカメラを見てくれている野良ネコさんや、お店の人に可愛がられている親子猫さん、屋台の下で生まれた子猫たち等々、世界各地の猫さんは、生き生きと自然な姿で写真に収まっていました。

こんな風に撮れたらいいのになぁ・・・。

大きなパネルで迫力満点の絶景の中に、とても小さく猫が写っているのもあったりして、「どこ、どこ?猫はどこ?」と探すのも楽し。
1匹だけかと思いきや、あら、良く見たら、こんな所にもいるじゃないですか!とかね。

大きなパネルに出来るから、迫力満点の風景と、その中の小さな猫との対比が楽しめます。
パソコンの画面じゃ出来ないですよね~、こういうのは。

岩合さんファンの人や、猫が大好きな人が勿論大集合して、この子は誰それに似ているだの、あの子はきっとこんな性格に違いないとか、可愛い、ぶちゃいくなど、連れ合いと話しながら見ている人がとても多かったです。

ギリシャの写真は、特に青く美しい海を背景に猫が収まっているのもあって、とても良かったです。
また、どこかの港で漁から戻ったお爺さんからお魚を貰うべく、たくさん待ち構えているショットも、ああ、幸せそうに暮らしてるんだな~と。

猫がのんびり暮らせる町は、きっといい町です。
ギスギスしてない。心に余裕がある。そんな場所に違いありません。

岩合さんの写真は、猫カレンダーがきっかけで知りましたが、それ以来のファン。
初めて写真展に行くことが出来て良かったです。


4時間以内には戻ろうと思っていたので、お昼ご飯らしきものも食べず、駅に向かいましたが、地下街を歩いていて、1軒のパン屋さんの前で見つけたもの。

tabemono79.jpg

フフフ。中にはモカ味のクリームがぎっしり詰まっています。
あとは惣菜パンを2個買って帰りました。


さて。朝の記事に書きました、天井裏トイレ問題。
帰宅したら・・・ああ・・・新たなオチッコのニオイがツーンと、モロに襲い掛かってきました(泣)

Iさんには朝一で電話して、事情を話し、登ってくれる職人さんを探してもらう事に。
早く来てほしいなぁ・・・あまり待ってられないわぁ・・・ああ、困った困った。

果たして、欄間を外した所から天井裏に無事に入れるのでしょうか。
猫は通り抜けられるけど、人間は無理・・・みたいな事になってないかなあ。

昔は天井裏が蚕を飼う場所として使われていたそうなので、壁で途中を区切ってあるとか、そういう事にはなって無いんじゃないかと思うのですがねぇ。

とにかく、この問題は一日でも早く解決しなければ。
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

えらいこっちゃ。

taneko28.jpg

午前8時過ぎのおいちゃん。

えらいこっちゃ。


前回の記事で、屋根裏でドスドス歩く猫がおいちゃんじゃないか?と書きましたが・・・。
やはりそうみたいです。

そして、困ったことに・・・猫座敷が猫トイレ臭い(--)

この3日間ほど、なぜか猫座敷のニオイが変でした。

トイレはマメに掃除してるのに・・・どこかにお宝でも転がってるのか?と。
でも、そんな事は無し。

トイレの周辺に行くと臭う。
おかしいなあ・・・。

トイレそのものを嗅いでみる。特に臭い事はない。じゃあ、なおさらおかしいじゃないか。

で、判ったことは、トイレそのものじゃなくて、トイレの周辺の空気が臭い事。

どーゆーことー?

周辺には壁、ガラス戸、襖しかありません。

オチッコの臭いなら、紙にしみこんで・・・あるいは土壁にしみついて~とか判ります。
たとえば、誰かがひっかけちゃったとか。昔、あんずはスプレー癖が抜けなかったので、それが再び起こったか?と言えなくもないのですが、建具そのものが臭いを発してるのでもないと判ったので、これも違う。
でも、空気が臭い。という事は元が必ずあるはずだ!

変だ・・・変だ・・・。

神経を集中して、臭いがどこから流れてくるのか?風の向きで変わってしまうので、すぐに見つける事は出来ませんでしたが、先ほど、ある場所を見つけました。

それは、猫トイレの丁度上に位置している欄間。
私の寝室との境目に嵌っています。

猫座敷と私の寝室を区切っているものは、襖のみなのですが、その上に欄間が設置されているのです。
その辺りが臭いのです。

で、欄間を見ていると、光が漏れてきているのが判りました。

え?この向こうは屋根が見えてるってこと?

私はここに住んでいて、ずっと知りませんでした。
欄間を外したら、そこから屋根裏に入れるようになってるらしいことを!

部屋に面している所は壁があると思っていました。普通そうですよねぇ?

でも、この一か所だけは違ったんです。
欄間の向こうはツーツー。懐中電灯で見ると、大屋根が見えました(@@)

一段上がったような形になっていて、その上がった場所が、母屋の天井裏になるんです。
そこに盛り土がある・・・。

臭いの元はそこだったというわけです。

よって、天井裏で用を足している奴がいる・・・という結論に。

神経を集中させていると、天井裏の奥の方からお宝の臭いが風に乗って流れてくるのが判りました。

ああ、やらかしたな~~!(怒)

壁が無いとは何てこと。こりゃ臭いが部屋に入ってくるわけですわい、とほほのほ。

母屋は外からも2箇所、一番てっぺんに格子が嵌っていて、そこを外すと入れるようになってるのかも・・・とは夫の弁。

しかし、萱の上まで登って、更に格子を取り外すとなると、何やら大事になるような気がします。
外れたらいいけど、嵌め殺しちゃってたら、これまた嵌めなおすのに面倒だし。

でも、もし、この猫座敷の欄間を外して、そこから想像しているように天井裏に入れるなら、もっと楽です。

ああ、しかし・・・。とんでもないなぁ。というか、嫌な事が現実になったなぁ。


猫が出入りできる隙間があるのは、昔から知っていました。
猫座敷と鶴の間の座敷の屋根が交差する場所。
茅葺と瓦屋根が交わる所の一部に、穴があって、そこからチーズファミリーが出入りしていたし、昔から野良猫さんが出てくるのを何度か見てましたから。

だけど、ここに引っ越して4年弱。こんな事は初めてです。
屋根裏で用を足されるとは・・・。

床下にされていた時は、畳を上げ、床板を外し、懐中電灯とスコップ等を持って、作業服で腹這いになりながら潜って片付けていました。
それも、この1年以上必要がなくなり(床下に入れないように塞いだので)、ほっとしてたら、今度はもっと大変な屋根裏~~!。もう、もう、もう~~!!
さすがにこれはあかんぞな。

一体犯猫は・・・。おいちゃんか?もしくは、チーズファミリーの中の誰かなのか?

そう思っていたら、チャチャの散歩中、亀の間の屋根裏で足音が。

「こら!誰だ!」と言うと、「にゃ~!」という甲高い返事が何度もしました。

この甲高さは白田君みたいだけど・・・。でも、あの子はさっきツボ庭で走り回ってたしなぁ。

夫をその場に残し、私は再度前栽に行って、穴が見える所で粘ってましたが、誰も出て来ず。
仕方なく座敷に戻ると、私が庭に行ったのを機に、足音も猫座敷方面(前栽の方)へ移動したらしい。

むむむ・・・。

そやつが犯猫だ。絶対そうだ。

そして・・・。5分も経たないうちに見つけたのが、上の写真。

居たのはおいちゃん。あの足音はおいちゃん。
このすぐ傍に出入りできる穴があるんですよ。
おいちゃんが振り返っている方向です。



お宝の主も、十中八九おいちゃんでしょう。

チーズファミリーなら、とっくにこういう事をやってると思いますが、世話を初めて2年ちょい。
床下に小さい頃潜ってやらかしてたのはありましたが、部屋の天井付近から臭ってきたことは一度もありません。

まあ、とにかくですね。

これは何とかしなければなりません。

欄間の奥が天井裏に出られる構造。
欄間を塞いでしまったら臭いが漂って来ないと思われますが、根本の解決にはならず。

とりあえず、天井裏に入って、残されたお宝等々すべて撤去したうえで、出入り可能な穴を何らかの方法で塞いでしまわねばなりません。
一か所だと思ってるけど、屋根裏から見たら、まだ抜け穴がどこかにあるかもしれませんしね。

素人ではこの処置は無理。

Iさんに誰か居ないか聞いてみるか、猫社長さんに職人さんと来て貰うか・・・。
猫社長さんは確かな人材を抱えてますが、いかんせん、時間の調整がすんなり出来にくい。
手が空いてないと来て貰えないですからねぇ・・・。

まずはIさんに、すぐ来てくれる職人さんがいないかどうか、リフォーム関係の繋がりの中で聞いて貰う事に致しましょう。

屋根裏そのものを工事したりするわけじゃないですから、穴がどんな風になっていて、どう蓋を出来るか。
まあ、入ってみたら、予想外の修理個所が見つかったりするのかもしれませんが。

今はとりあえず、穴を塞ぐ!残骸を撤去する。これは私も一緒に入って片付け担当はしなければと思っています。
さすがに、職人さんに猫の後始末はお願いできませんわ。

ああ。。。押入れも臭ってきます。お宝だけじゃなくて、小の方も当然やってそうですし。
砂を掻くような音・・・嫌な予感が的中~~。

母屋の屋根裏すべてが、多分ツーツーですから、臭いは回りまわってきます。
客用座敷の鶴の間も、亀の間も・・・当然ですよね。

急がねば!!

おいちゃーん。恩を仇で返しちゃだめよ。あんたね。これはダメ!
と言ってみても・・・わかるわけないか、はぁ~~。

お願いだからチーズファミリー。これは真似しないでよ~~(泣)


そんな中ではありますが。
チャチャの様子も一段落したことですし、行けなくなったと思っていた「岩合さんの猫写真展」。
30日までなので、今日行って来ようと思っています。
折角Iさんが招待券をゲットしてきてくださったのですし。今しかない!
4時間くらいなら出かけても大丈夫でしょう。

では、皆様も良い休日をお過ごしください。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

何してんだか。

      taneko27.jpg

写真は、ご飯を食べに来る野良猫のおいちゃん。
毎日来るわけでもなく、ここ数日は、チーちゃん一家のご飯タイムに混ざることがありませんでした。

来ないなら来ないで、よそで貰ってるだろうから・・・と気にしない私。
元々、この近所のどこを本拠地にしてるのやら、不明なおいちゃんですし。

しかし、今日の夕方のご飯時に玄関を開けると、チーちゃん一家よりも勢いよく、おいちゃんが走ってきました。
久々です。ご飯タイムに姿を見せるのって。

チーちゃん達に先にご飯を出すので、その準備をしてる間、おいちゃんは私の足元に寄り添うようにして、自分の番を待っていました。

「あらま~。おいちゃん。こんな近くまで来てくれるの?」

お腹空いてたんですね。

「このところ、チーズファミリーの残り物ばっかりだったんだぜ。久々に美味い飯、喰わせてくれよ」と言わんばかり。

で・・・。

おいちゃんを見下ろした私は、思わず彼を二度見してしまいました。

なぜって・・・。

写真では判りづらいのですが、土埃まみれのような、真っ黒な耳、前足、脇腹・・・だったからです。

上の写真、耳の縁やその内側は汚れが判ると思いますが。
顔も実物はもっと黒ずんでいるんです。


そこで、ハタと合点の行く事が。。。

ここ数日、屋根裏をいつも誰かがドスドスしてるんですよ。

母屋は築250年で、今の家のような構造ではなく、屋根裏に土を盛っています。
母屋の屋根裏すべてに土が盛られてるわけでもなさそうですが、
少なくとも、江戸時代のエリアは盛り土あり。
私が寝ている寝室も江戸時代エリアではあるのですが、
部屋そのものは改築されていて、天井も土は無いらしい・・・。
隣の猫座敷は明治時代のエリアで、ここはもう、土を盛ったりしてないらしい・・・。
でも、それ以外の江戸時代エリアは土があるので、多分その上をドスドス歩いたり、時には涼むのに転がってみたり・・・した結果が、この汚れなのではと。
時折、砂を掻くような・・・そんな音もします。

まさか・・・土のある部分でトイレなんてしてないでしょうねっ!?
屋根裏をトイレになんかしてないでしょうねっ!?

うぅ・・・。

そんな事、起こってませんように。

絶対おいちゃんだと言い切れるわけでもないですが、
多分おいちゃんだろうと・・・思っています。

入るだけなら良いんだけどね、おいちゃん。
オイタはダメですよ、オイタは。

taneko26.jpg

開けたての粗挽きビーフの缶詰を美味しそうに食べるおいちゃん。

以前、食べにくそうにしていて、ヨダレも見受けられたので、間違いなく口内炎だと思い、先生に相談して短期型ステロイドの錠剤を2つだけ貰って、ご飯に混ぜてあげましたが、それが効いたのか、カリカリも食べるようになっています。
投与したのは2錠のみで、それ以後はあげてません。

この缶詰を平らげた後、殆ど手つかずにして帰って行った茶太郎の分を上げると、それも完食。
混ざっているカリカリも綺麗に食べました。

良かったね、おいちゃん。お口が楽になって。


そうそう、茶太郎ですが、最近は缶詰を混ぜた物より、銀のスプーンお魚づくしのカリカリがお気に入りで、それさえあれば、モリモリ食べて行きます。
食べてる最中に、追加でお皿に入れてやっても逃げません。
私の手が目の前に来ても全然平気。
それどころか、昨日は、生まれて初めて、茶太郎から私の足にくっついてきました!
しっかりスリスリして、くっついたままちょっと立ち止まって。

一時期、行方不明になったり、帰ってきても体調が悪そうだったりという事があったけど、回復してからは、猫が変わったかのように?私との距離が見違えるほど縮まりました。

スリスリしてくれるようになったのは、チーちゃん、月乃、そして茶太郎。
後は白田君とグレコ。

もしかしたら、おいちゃんもそのうち・・・?(笑)

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

チャチャ抜糸。

cyaycagurerio1.jpg
病院から帰宅直後。猫テラスでリオの匂いチェックを受けるチャチャ。

退院後、一週間ぶりに病院に行ったチャチャ。

まずは、院長先生からもお電話で知らせて頂きましたが、病理検査の結果についての説明をY先生から受けました。
聞いていた通り、悪性の乳がん。そして、浸潤はないので、転移はないという説明でした。
検査所からのコメントには、「ただし腫瘍は悪性なので、経過観察をしてください」とありました。

転移はないけど、今後別の場所に新たに癌が出てくる事があるかも・・・ですものね。

今後は折りをみては、乳腺のラインを触って確認していかねば。

よく聞いてはいたのですが・・・。
マッサージの最中にしこりらしきものが触って、調べてみたら乳腺腫瘍だったって。

判りやすい触り方はあるのでしょうか。Y先生に伺いました。

普通のマッサージでも解る事は勿論ありますけど、乳腺のラインを親指と人差し指で摘まむようにしていくと、米粒大でもすぐに判るそう。


さて。傷口を見て、可能ならば抜糸を・・・と、先生が保護服を脱がせてみると。

「あれ~。チャチャちゃん、結構自分で抜いちゃってますね?笑」

あちゃちゃ(汗)

保護服、伸びて来てましたし、後ろ足の付け根付近は特に伸びて隙間あり。
それに、ある朝、完全脱皮していたことがあったので、その隙にやったかもね~とのこと。

しかし、傷口は先生も太鼓判を押すほどの良いくっつき方で、無事に抜糸と相成りました。

今日保定してくれた看護師さんは、あんずが大のお気に入りの看護師さん。
立ち上がって万歳した状態でチョキチョキと抜糸です。
傷が大きいので、抜糸の箇所も多く、1~2回休憩を挟みました。
ずーっと二本足で立ち続けるのは、しんどいもんね。

手術のために毛がばっさり刈り取られているので、抜糸は済みましたが、肌をダイレクトに毛繕いするのもちょっとな~と思い、保護服を新調して頂きました。


さて。浸潤はなかったチャチャですが、抗癌剤治療の有無はどうなのだろう?と。
今のところ、今回の癌は綺麗に取りきれている事。浸潤も無い事から、抗癌剤の必要はないとのことでした。

ちなみに、浸潤していた場合、どれくらいの頻度で抗癌剤治療をするのかというと、
「3週間に1度のペースで、それを5回繰り返します」とのことでした。

今回のチャチャの治療に関しては、投薬ももう必要なし。
という事で「終わり」となりました。

あんずの点滴やお薬も一緒に頂き、タクシーに乗って帰宅。

チャチャ。本当にお疲れ様。一段落だよ。よく耐えたね。
しかし、自分であちこち抜糸してたとは・・・。危ない危ない。
ちゃんとくっついてたから良かったけど。

[広告] VPS


帰宅直後です。
今回の保護服は、首の長さが以前より少し長めなので、脱げにくいかな?。
真新しいので、ピチピチです(笑)
やっぱりあんずが乱入してきます。


今日も待っている間、入院中にお知り合いになったあの女性と猫ちゃんにお会いしました。
私の後で来られました。毎日点滴通院・・・お疲れ様です。
今日は女性のお母様もご一緒でした。
私がお世話になっていた1軒目の動物病院に、この方も長らく通われていたそうで、それがきっかけで色々込入ったお話もさせて頂いたのですが、その先生の時代から猫ちゃんは重い症状だったようで。。。

今日で私もしばらくは通院することがなくなると思いますが、どうかお大事になさってくださいね。
猫ちゃんの体調が出来る限り良い状態を長く保てることをお祈りしております。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

病理検査の結果。

cyacya49.jpg

今朝、仕事に行こうとしていると、動物病院から電話がありました。
院長先生でした。

チャチャの腫瘍を病理検査に出していたのですが、その回答が返ってきたとのことでした。

予想してたより早く回答が返ってきたんだな・・・。

院長先生のお話はこうでした。

①腫瘍そのものは、やはり悪性で、いわゆる乳がんというものであること。

②癌細胞が、リンパなどを通る道筋に浸潤していないかどうかについては、浸潤が見られないので転移は無いという見解だったこと。

以上でした。

腫瘍はやはり悪性。猫の乳腺腫瘍の9割は悪性と言われているので、良性を願っていましたが、これはもう残念としか言いようがありません。

しかし、もっと恐れていた浸潤に対してはシロだったと、病理検査ではっきりしました。
目に見えない部分の転移に対して、シロと出た事はとてもとても嬉しいです。


今後どうするかについては、日曜日にまたご相談です。
抗癌剤は使わなくてもいいかどうかなど。
今後気を付けないといけないのは、再発ですから。

とにかく、今の段階での最大の恐れは消えました。

もう、いろんな方達に感謝です。ありがとうございます。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

よしよし!

cyacya48.jpg

毎日ちょこちょこと動いているチャチャ。
家の中のお散歩は日課なので、いつもなら「また後で」って事もあるのですが、今は出来るだけ付き合って、ストレス解消のお手伝い。
運動が効いたのか、結構立派なお宝を出したみたいです。良かった。

保護服、伸びてきました。。。
どうやっても、上半身の部分がずれてくる。直しても直しても。
テッコテッコ・・・とちょっとロボット風に歩くチャチャ。それがまた・・・可愛い。


rice11_20130919235859122.jpg

水状の軟便をちょろっと出したことで、検便をしてもらい、お薬だけ貰ってきて投薬していたライス。
1回分無駄になりましたが、残りは何とか缶詰で食べてくれました。
先ほど、それはそれは立派なお宝を沢山。こちらも一段落かな。
今回は、1日目に銀のスプーンまぐろで。2日目には飽きたようなので、黒缶まぐろ。
3日目にはそれも飽きたようなので、銀スプと黒缶を合体。
3日分こうやって投薬してました。
どの缶詰でも食べるってわけではないので、銀スプ以外どれなら食べるのか試すのに、3個蹴られました。

ま、とにかく・・・良かったです。


yamuyamu31_20130919235900c70.jpg

ヤムヤムは昨日の朝、形がちゃんとあるお宝を出したのですが、
袋に入れる時にまだ・・・付いちゃうもんで、結局お昼前にお薬の追加を貰いに行きました。
あと少し!ってところです。90%まで正常になってきたかなと。


チャチャの腫瘍騒動に加えて、他の子達のトイレ騒動で、先週はくたびれ果てていた私ですが、そろそろ落ち着いてきたみたいです。
あとは、明後日に控えているチャチャの経過観察等・・・ですね。


ところで、術後すぐから動きまくるチャチャ。
ケージによじ登ろうとするので、そこから飛び降りられては心配!と、見つけたら降ろしてたんですが、
いつもケージの上にはベッドが置いてありまして。どうしてもそこへ入りたいと。

なので、私のベットの上に猫ベッドを置いてあげました。

omoya13_20130919235858e95.jpg

チャチャが好きなのは、このどぎつい?(笑)ピンクのベッドです。
ここにあんずやリオが先に入ってると、じーっとじーっと恨めしそうに見つめてるんですよ。
なので、「ちょっとごめんよ。お婆ちゃんに譲ってやってよ」とお引き取り願います。
すると、するするとそこへ入って行くんです、チャチャったら。
お引き取り願った子は、隣の肉球柄のベッドに入ってもらいます。

そんなこんなでまだこの状態が続きそう。
ケージは140センチ近くありますから、飛び降りるとやはり傷に響きそうで怖いですもん。

ということで、そろそろベッドで寝てもいいか~ってな季節になったのですが、私は当分、猫座敷で雑魚寝が続きます。

この折り畳み式パイプベッドも、18年近く使っています。
折り畳みの部分がそろそろへこんできて、腰が痛い・・・。微妙にV字型に沈んでしまう。
買い替えたいけど節約もしたいし。
で、夫がベニヤ板を敷いてくれました。これがちょうど良い硬さになって楽になりました。
楽になった途端に、猫に取られましたけど(笑)

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

 いらっしゃいませ
ステップファクトリー
stepfactory
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード