ありがとう♪

☆「ありがとう」な1日☆


今日の午後、ピエールさん(猫息子はピエール。:リンクにあります)と、
ぷりんさん(にゃんことぷりんVol.2:リンクにあります)からプレゼントを頂きました。


ピエールさんより。
pie-rusanyori8_20120628181335.jpg

綺麗に包まれた箱。
中には・・・。

120628_155419.jpg
ワインのセットが!
多少なら白ワインは飲めます。ゆっくりゆっくりですが(^^;)
お酒屋さんと相談して、私に合うセットを贈ってくださったのだとか。
特に、左のカッツは白ワインの中でも、私のお気に入り♪

ちょうど、Mさんが事務所に来られていて、そこへ届いたものですから、
中を開けてご披露し、ピアノの上に並べて写真を撮りました♪

ワインが好きなMさん、ちょっと羨ましそうでしたよ(笑)

それから、これも頂戴致しました。

pie-rusanyori10_20120628181334.jpg

これは別便で届きました。


pie-rusanyori11_20120628181334.jpg

フフフ♪お手製のエプローン!!
今回は華やかな色合いですね♪
さっそく明日から使わせて頂きます。
サンディの介護中にも、お手製のエプロンを頂きました。
それも使わせて頂いておりますので、交互に愛用させて頂きます。

お仕事でお忙しいのに、時間を作って縫って下さって、本当にありがとう!!
ワインはお風呂上りに頂きますね(^^)
お風呂上りが唯一、ぼーっと出来る時間ですので。
ほんとに、感謝感謝!!


お次はぷりんさんから頂戴したものです。

purinsanyori1_20120628181333.jpg

左は誕生日用の絵本みたいです。
ぷりんさんからのお手紙によると、
文章が、まるでサンディから私へのメッセージのようだとありました。
読んでみると、本当にそんな気が・・・。
胸が詰まってしまいました。

右は、シプリアン・カツァリスというピアニストがショパンを弾いてるものです。
ぷりんさんが以前、お友達から頂いたビデオを、
DVDに焼き直して送って下さいました。
少し前に、Mさんとカツァリスの話をした記事を覚えていらしたのですね(^^)
私のパソコンでちゃんと再生できると思いますので、
これは時間を作って、じ~~っくりと楽しませて頂きます♪♪


purinsanyori2_20120628181333.jpg

こちらはとても愛嬌のある可愛いハンドタオル。5枚組です!
ぷりんさんからの箱を開けてる時、
Mさんが遠目に覗き込んで、「それはなんですか?」と聞くので、
このハンドタオルを見せてあげたら・・・
「いや~、可愛い♪」と目尻を下げて満面の笑みでした(笑)

そして、タオルもありましたよ!

purinsanyori3_20120628181715.jpg

ぷりんさんもお使いのものだそうです!
こんな可愛いタオル・・・うう、もったいなくて・・・使えるだろうか・・・
と躊躇しそうですが、しっかり使わせて頂きます。

ピエールさん、ぷりんさん。
本当にありがとうございます。
愛情たっぷり♪頂戴致しました~~~~!!


今日が私の誕生日とはご存じなかったMさんですが、
そのMさんからは、CDを貸して頂きました。

Msanyori1.jpg
もう20年くらい前に、小学校の同級生だった女性の方から新品のCDを貰ったとかで、
それを貸してくださったのですが、ショパン、リストなどが収められています。
右は、まだ中年の頃のアシュケナージ。こちらはオールショパン。
左は、リストやラベル、ショパンが入っていて、ピアニストも色々です。
左のCDに「別れの曲」がしっかり入っておりました(笑)
ぷりんさんからのDVDと合わせて、ショパン尽くしでございます、うへへ(笑)


で、最後に、帰宅した夫から。

anzupapayori1.jpg

ソーラー式の腕時計。防水もバッチリだから、仕事でバンバン使えとの事♪
早速明日の仕事から使うことにします~~!

それと、食後のスイーツとして、久々に買ってきてくれたうっふロール。

tabemono37.jpg

プリンが入っていて、ロールケーキも本当に柔らかくてふわふわ。
サンディが亡くなる数か月前に買ったのが最後だったような気がしますが、
食後に美味しく頂戴しました。

どうもありがとう。

40代最後の年齢になったワタクシ。
女性の7の倍数はいろいろ体調の変化もあるとかCMで言ってますから、
つつがなく50歳を迎えられるように、この1年自分を大切にしつつ、
頑張りつつ、甘えられるところは甘えさせてもらいつつ?(笑)
生きていこうと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

仕返しの方法(笑)

chichan11_20120620220059.jpg

 「あ、あそこに猫がいますよ!」
とMさんに言われたチーちゃんは、よくこの場所に居ます。
ツボ庭と前栽を仕切る小さな門の下。
屋根があって、下がコンクリなので、気持ちいいのでしょうね。
向こうに雑草がてんこ盛り・・・はぁ・・・。

今日は猫ネタではないのですが。

昨日、実家の母がイギリスから帰国し、お土産を持ってきました。

ついこの前、中国に行ったのに。
その前はインド・・・その前は・・・?あれ、どこだっけ・・・?

母は、近ツリさんの「一人参加限定」コースを利用して海外へ行きます。
1人で参加することが条件。誰かと一緒に参加することは出来ません。

ツアーはおひとり様の集合体となりますが、
みんな1人だから、最初からグループが出来上がってることもなく、
みんな同時にお仲間になれるという利点があります。

今回のツアーは、忘れ物が多く、人騒がせな参加者がいたようで、
帰国時にチケットをどこかへやってしまい、大騒動。
それが、なぜか、他の同行者が一緒に持っていて、
一体なぜそんな事になったのかわからんという始末。
持っていた人も、なぜ自分の所に他人のチケットがあるのか、びっくりして慌てて持ってきたそうです。
お蔭で、無事に帰国できたのですけど、
推理好きな同行者がいて、あれはこうじゃないだろうか?
それともああじゃないだろうか?と、事の顛末を勝手に推理三昧。
まるで、2時間サスペンスを地で行くような展開になったとか(笑)

まあ、色んな方がいますね。これもある意味、旅の面白いところかもしれないけど、
迷惑だけはかけないようにしたいものです。


シェークスピアの生家や、バッキンガム宮殿、ダイアナ元妃が住んでいた場所、
テムズ川の遊覧など、ほぼ一週間にわたってイギリスを旅したそうですが、
今、イギリスはバラの季節。
見事な庭園を見ることができたみたいです。


で、お土産。

zakka25_20120620220059.jpg

そのバラの庭園がテーマになっている来年のカレンダー。
もう出てるんですねぇ、来年のカレンダー・・・早っ!

その前にあるのは、クッキーの詰め合わせ。
インドのお土産の紅茶がまだまだ残っていますから、
これはティータイムにちょうどいい取り合わせ。
イギリスとインド。東インド会社・・・(笑)

zakka24_20120620220058.jpg

シェークスピアのパッケージのチョコレート。
手前は、花模様のマグネット。
右端は、衛兵をモチーフにしたボールペン。これは事務所で使うべか♪


zakka27_20120620220058.jpg

ロンドンオリンピックのストラップ。

もうすぐですね、オリンピック。金メダル目指して頑張れ、ニッポン!


zakka26_20120620220057.jpg

免税店で、またまたタバコ・・・(笑)
助かります。


zakka28_20120620220057.jpg

これは夫へ。ゴルフ小物。ファ~~~~!(笑)


ところで、タイトルの話。

母は同じ住宅に住む古くからの知り合いへも、
多少のお土産を持って行くようですが、
「〇〇さんとこは、絶対持って行くねん」と言ってました。

その理由を聞いて、爆笑・・・

大昔。今より古びた住宅だった頃(今は建て替わっています)、
その知り合いの旦那さんから嫌味を言われたり、
あまり良くない態度を取られて、以前から不快に思ってたようなのですが、
「お宅は、小旅行はちょくちょく行ってるみたいだけど?」と言われたのが、ずっとむかついていたらしいのです。

その相手の人は、仕事での出張でドイツへ行っただけなのに、
「出張でドイツ。俺って出来る男。海外へも行った事のないお宅は、国内小旅行ばっかりだろう?」
てな見下した態度がありありだったそうで。
ま、確かにこの人、以前から周囲の評判はよくないというのは、
私も知っていましたし、父の葬儀の場でも偉そうな態度でした。
でも、小旅行小ばか発言。それを言われてもう何十年経つのやら?

母は未だに不快に思っていたので、
父が亡くなって以後、海外へ旅行するようになってからは、
必ず海外土産を持って行くのだそうです。

「え?また海外行って来たの?」
と相手はびっくりするそうで。

これは母なりの仕返しなんですね~~。
こんな仕返しの方法があったのかと、大笑いした次第です。

ま、執念深いっちゃ~そうだけど、今に見返してやると思ってきた気持ちはわからいでもないか。

母は人を見下すことはしません。
その分、言われもなく見下してきた人には仕返しします。
蟹座って怖い~~(私も蟹座・笑)



☆調律。

今日はピアノの調律の日でした。
午後1時に担当の方がお見えになり、2時間ほどかけて調律。
ぼやけかけていた和音の音が綺麗になり、
あまり伸びなかった高音も、よく響くようになりました。

ピアノ自体も、最初に調律をお願いした時より、
よく音が鳴るようになってきているとのこと。
やはり毎日弾いていることがいいのだそうです。

お帰りになってから、さっそく練習。

今日は、ショパンのバラ3と、ノクターン8番を練習しました。
バラ3は形が少しできつつある程度。難所はまだまだ乗り切れず。
ノクターンは2箇所だけうまく弾けないけど、
それを何とかクリアできれば、一応人に聴かせても大丈夫かなぁ。
あとはどれだけ音楽的に弾けるかってところです。
とても美しい旋律で、私は「別れの曲」よりこちらの方がグググっと来てしまうなぁ。

「別れの曲」は、もとい、エチュード10-3はぼちぼちやってますけど、
これは形を整えるまで1年以上かかりそう(笑)
ものすごく奥が深く難しい。

もっと弾けるようになるまで、Mさんにおねだりされても拒否することにしました(笑)

今度会う時、Mさんが持っているショパンのCDを持ってきてくれる約束になってますが、
さて、どんなピアニスト達の演奏が入ってるのかな。
オムニバスのアルバムだそうですから、色々聴けるかな?とちょっと楽しみ。

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

「別れの曲は・・・」

chichibi140.jpg


chichibi141.jpg

前栽のツツジの横で休むグレコ。

そのすぐ近くにある小さな石橋の上で眠る茶太郎。

前栽は今、ツツジがたくさん咲いています。
そして、年末あれだけ格闘したにもかかわらず、すごい量の雑草・・・。

ああ、また戦わねばならないのか。やれやれ~~~・・・。



今日の午後、取引先の責任者、Mさんが来られました。
毎月、請求書や家賃明細などをお持ち下さるのですが、
その件と、若干修理個所が発生しているとの報告などがあり、
午後2時にお約束して、来ていただきました。

いつもラグマットの上に正座されるので、
「ソファーに座ってください」と言うと、
「いえ、それだと、上からになってしまいそうなので・・・」と遠慮するMさん。

うちの会社、スペースの関係上、ソファーはお客さん用しかなく、
私も夫もラグの上に正座、もしくは胡坐の恰好で座ることになっているんですが、
元々そちらの方が私は好きなので、勝手に床に座ってるだけですから。

そう言うと、「すみません~」とやっとソファーに座ってもらえました(笑)

約束の時間も常にぴったりです。
1分の誤差もほぼありません。
多分、5分くらい前には駐車場に着いてらっしゃるのでしょうが、
2時と言えば2時に、3時と言えば3時にインターフォンを鳴らされます。
早めについてしまいましたという事は一度もありません。

どうせ、10分前には事務所も門の鍵も開けますから、
次回からは、早めに来ても勝手に入ってもらうようにしましょう。
以前の担当者さんはそうでしたから。


仕事内容の話は30分ほどで終了。
発生しているトラブルに対処するのがスピーディなので、
報告を受けた私も、1つ2つ指示を出したくらいで、
あとはお任せしますで終わりました。

その後、ちらっとツボ庭を見たMさん。
ツボ庭と前栽を仕切る小さな門の前にチーちゃんが居るのを見つけて、
「あ、あそこに猫がいますよ!」

で、あれはお母さんで、子供が4匹いて、去年屋根裏で産んじゃいましたの~と説明。
それ以後の様子もいろいろお話しました。

Mさんは、「猫は良いですね。なんか自然な感じがいいなぁ」と言ってましたが、
ご自身は5年前に、ラブラドールちゃんを癌で見送っているそうで、
まだ骨壺が家にあるとのことでした。

「僕の中では、なぜか七回忌までは傍に置いておこうと思ってるんですけど、もうあと2年しかないんだな、その後どうしようかなって思ってて」

動物霊園なんかもあるじゃないですか?って言うと、どうもそこに納めるのは、ある意味無縁仏扱いにされそうで嫌みたいでした。
ん。確かに、本当にちゃんと祀ってもらえるのか不安がないわけじゃないです、私だって。

「まだ決められないなら、十三回忌まで延ばしたら?」と私。
「まあ、ずっと傍に置いていてもいいかなって思ったりもしてるんですけどね」とMさん。

こういうのって、迷うんですよね。ほんと。気持ちわかります。

そこから、私がこれまで見送った子達の事や、やっぱり骨壺がたくさんまだ家にあることなんかを話しました。

あとは、社会情勢の話に移行。
私は難しい話は全然わからないのですが、Mさんはギリシャの経済が崩壊したことによって何がどうなるのか、色々調べてる時に見つけたネットの記事について、判りやすく説明してくれました。
(書いてる今は、すっかりその内容を忘れちまった馬鹿な私・笑)


そこから、どういう事がきっかけか、もう忘れちゃったのですが(早)、
最近、何のために生きてるのかって考えてしまう事があるという話になりました。

それは私自身が毎日考えてしまう事で、わからなくて朝から泣いてしまう事があると言ったら、
(さすがにMさんは泣かないでしょうが)
「僕もまったく同じ事思ってます」とのこと。

でも、最近読んだ本の中で、なんのために生きるのかって問いに対して、
「命を全うするために生きる、ただそれだけでいいんだ」って事が書いてあったそうで。

だから、死ぬ時に、こんな人生で良かったのだろうかとか、
そんなことは思わなくてもいいんだみたいな。

今、目の前にある事だけを一生懸命やっていて、それで死ぬ時、やり残したことがあるとか、後悔してしまいそうだけど、そんなことはないんだって事らしいです。

端折っていえば「生きてるだけで丸儲け」精神なんですね。

何かほかにやるべきことがあるんじゃないだろうかとか、
こんな生き方は望んでないだとか、色々思ってしまう今日この頃の私。

生きてるだけで丸儲けも納得できるけど、それでも何かしらやっぱり求めてしまうのが人間かなって。

ただ、Mさんは「僕が今ここに居ることも、何かの意味があるはずだし、〇〇さん(私)がここに居ることも何かの意味があるはずです」と言われました。

そう思える日もあるんですけどね。

ん。今はとにかく、猫のためにここに居る。
それは確か。

生きてることそのものを最後までまっとう出来れば、意味のない人生ではなくなる。
すごくシンプルだけど、欲深い人間はさらに何かを探して、求めて、しんどくなるのかなあ。

「僕に今出来ることは、〇〇〇(うちのマンション)を満室にすること。〇〇さんに出来ることは、ピアノを練習すること」

あはは(笑)そ~れでいいの~?

死ぬ時に、「これで良かったんだって思える人生かどうか」って考える事がよくあるけど、
私のこの年(もうすぐ49)でも、すでにたくさんやり残したことがある。
でも、今は、死ぬまでに、1曲でいいから、誰に聞かせても恥ずかしくない演奏を、
ショパンの曲を弾けるようになりたい。
それが出来れば、他にやり残したたくさんの事なんて、どうってことないって思うようになりました。

そう言うと、「いいなあ。僕もそういうものを見つけたいなあ」と。

私より7つ下の方ですから、まだまだこれから見つかりますとも!
私がそう思えるようになったのはまだ最近のこと。
浜松の楽器博物館へ行った事がきっかけで、再びピアノに触れるようになったけど、
それからほぼ4年。その間に、これさえできればあとは後悔しない人生になるかもって思えたのはごく最近。
Mさんだって、これからきっと何かに出会えますともさ。


Mさん、結局、デジタルピアノの購入は諦めた模様。
練習時間が取れそうにないことが一番の理由でした。
そっか~~。残念だなぁ。
いい指してるのに・・・。

その長い指を見てると比べてみたくなったので、
「大きさ比べていいですか?」とお願いすると、
「いいですよ~」と手を合わせてくれました。

うおっ!2センチは違う・・・。

ええ?2センチ・・・これだけあったら、あの曲で苦労してるとこは難なく届くなぁ・・・。

いいなあ。。。ピアノ弾く時だけ貸してよって言うと、
「そしたら、置いていきますわ・笑」だって(笑)

開いたら普通にドから上のミまで届くんだもん。
私なんて、ドから上のレも引っかけないと届かないんだもん。

そりゃ身長が違うしなぁ。

「身長はいくらなんですか?」
「184センチです」

そりゃ指も長いはずだわなぁ。はぁ。羨まし。今から伸びないか?私・・・(笑)


例の大好きな別れの曲は、思い出があるからではなく、
曲全体がもつ雰囲気や音の構成が大好きなのだそう。

ちなみに、演奏で好きなスタイルは、愛情をこめて丁寧に弾いている別れの曲で、
ちょっと早かったり、あまり情緒がなくあっさりしてるのは好みではないとのことでした。

じゃあ、いつか私が弾く時には、その辺りを留意して弾かねば、喜んでもらえないってことですな(笑)



「別れの曲~~~」とMさんがニヤニヤしながら言い出したので、
「難所に取り組んでますが、指使いがまだ体に入らなくて難しいです」と私。

「最初の所だけでも~」とMさん、おねだりが(笑)始まったので、
「まあ、別れの曲というくらいですから、お別れの日が来たら弾きましょうか。その日までに弾けるようになっておきますので・笑」と私。


すると、「え?・・・そんな日は来ませんよ」とMさん。
今度は私がきょとん。

「そんな日は来ませんよね?」と再びMさん。

「え?だって、そりゃいつかはお別れする日が来ますよ、いつかはね」と私。

どういう形かはわかりませんが、いつか管理物件を全部手放した時点で、お世話になることはなくなるから、お付き合いは当然なくなるでしょうし、
本当にこの世からいなくなったら、まさにお別れですし(笑)

「ま、葬送行進曲(ショパンのソナタ)を弾かれるよりは、別れの曲の方が良くないですか?」
という私の言葉に、あははと笑ったMさんでした。


ま、事実、どんな方であろうと、いつかは別れが来るものです。
それまで、楽しく、前向きにお付き合い出来れば私は嬉しく思いますが。

ちなみに、ショパンは曲にタイトルを付けるのを嫌ったのですが、
この別れの曲は、映画に使われ、その映画のタイトルがそのまま勝手につけられてしまっただけのこと。
本来はエチュードの10-3としか書いてありません。


そんなこんなで話し込んでいると、もうすでに4時!
30分仕事して、1時間半色んなお話をしました。




テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

見事な一本!

gure19_20120609130657.jpg

昨日、梅雨入りした大阪。
午後から夜中はかなりの雨量。

朝になって小ぶり。今はやっと薄日がさすようになりました。

はあ~~。これからまた、お洗濯のタイミングを計らねばならない季節なんですなぁ。
冬用の猫の敷物やら、炬燵のカバーやら毛布やら
、まだまだたくさん洗濯物があるのに。

はい。まだその片付け、完全に済んでいない我が家です(^^;)

チーズファミリーが使った小屋の中の敷物も、洗わないといけないし・・・。
この時期は、うちは大量の大物の洗濯物と洗剤の消費。
そして気になる水道代・・・とほほ。


さて。さきほど個人的に大爆笑した一幕がありました。

トイレの掃除をしようと思ってたら・・・


なんと、最高記録のお宝が!

私の目測では、15センチはありました(笑)

まったく切れ目なしの見事な一本!

今まで、あんずが記録保持者でした。それでも10センチ足らず。

なのに、今回はグレが記録更新。


ほかの子達というか、今までの子達は、3~5センチの物がコロコロと数個・・・
だったんですけど、ここまで一直線で長いものは・・・(爆)

いや~快調なんだね、グレ(笑)



niwa74_20120609130657.jpg

黄色のカランコエ。3年目です。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

なぜ猫に許可を?&頂きもの☆

chichibi139.jpg

隠居の前で寛ぐ白田君と月乃。

この2ニャンは、本当にいつも一緒。
性格が積極的なところも同じ。

火曜日に母がやってきた際、玄関と応接間の戸が開いていたので、
「この2匹揃って入ってきて、応接間に行ってたで~」と笑っていました(^^;)


ところで、自分の癖?のようになっているある行動・・・というか発言。
多分、同じような感じの人は居るだろうなと思うんですが、
何かしようとした時、なぜか猫に許可を取る・・・ことありますねぇ。

「おかあちゃん、今からお風呂入ってきていい?」
「ちょっとトイレに行ってきていい?」
「ご飯、もうちょっと後でいい?」
「布団に入っていいかな?」

数え上げるときりがない(笑)


別に「いいよ」って返事があるわけじゃないのに。
逆に、「ダメ~」って言われることはあるけど。

ダメって言われたって、結局実行に移すんですけどね~~。

傍から見たら、本気で会話してるの?って変に思われそう(笑)

でも、猫は話しかければ話しかけるほど、頭が良くなる動物だって聞きましたから、どんな些細な事でもどんどん話しかけた方がいいですよね♪



☆頂きもの。


お友達のピエールさん(猫息子はピエール。:リンクにあります)から、昨日の夜、届きました。

pie-rusanyori7_20120607215845.jpg

フルーツのゼリーと、私の好物のえびせん。
ゼリーはしっかり冷蔵庫で冷やしております。
お風呂上りに頂くことに致しましょう♪
このタイプのえびせんは、子供の頃からの大好物。
もう少し大事に置いておこうかな(^^)

それから、サンディへのお供えもありましたので、さっそく・・・。


pie-rusanyori6_20120607215846.jpg

メモリアルキャビネット左手前に供えさせて頂きました。

サンディが大好物だった天津甘栗。
2種類入っていたので、どちらもお供えしてから、私が後で頂戴します。
親子そろって天津甘栗大好物。

今頃、サンディも天国でむしゃむしゃ美味しく食べてくれてるかな?(^^)

ピエールさん、どうもありがとうございます!
じっくり堪能させて頂きます♪



☆変化。

最近、ちょっとした変化が自分の中でありました。
もともと下戸で、殆ど飲めない私ですが、
白ワインのカッツだけは、少し飲めました。
しかし、他のお酒はどうやっても、殆ど飲めませんでした。

ところが、ここ10日ほどの間に、私はビールを毎晩1缶飲んでいるんです(笑)

ビールは、OLの頃、会社の付き合いで無理やり飲まされたことも何度かありましたが、好きになれず。
一番手頃に買えるお酒と思っても、再挑戦する気もありませんでした。
元々、分解酵素を持ち合わせていない体質ですから、気が乗らないお酒を飲む筈もない。

しかし、どういうわけか、この10日間、色んな種類のビール、及び発泡酒に手が伸びるように。
某メーカーのスーパードライが、どういうわけか飲めたのです。

で、あれ?飲めるビールもあるのかも?と。
アルコールが大丈夫になったわけではありませんが、後味などで飲めるものと飲めないものがあるのかもしれないと思って、それからいろいろ試し買い(笑)

プレミアムなんちゃらはまったくダメ。

発泡酒は大体いけそう。

生ビールはまだそんなに種類を買ってませんが、これもOKでした↓

sikouhin1

アルコールだけじゃなくて、炭酸類も苦手な方なので、
350ミリリットルの半分も飲むと、苦しくなってしまうんですけど、以前のように、ビールはまずい~苦い~という感覚はあまりなく・・・。

舌が変わったのでしょうかね?

なので、毎晩1缶飲んでから寝ています。
寝酒は本当は良くないんだそうですが(^^;)

ただし、分解酵素が生まれたわけじゃありませんから、
人から、ビールくらい飲んだら?って言われても飲みませんよ。
あくまで、自分が飲んでもいいと思う時に限っています。
しかも、すんごいスローペースですし(笑)

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

奇跡?の瞬間☆

chichibi138.jpg

今朝、私に奇跡の瞬間が訪れました。

いつものように、チーちゃん一家に朝ご飯を出そうと準備をしていたら、
茶太郎が足元までやってきて・・・


              ゴンッ!!!!!


と、頭を私の膝小僧にぶつけてきたんです~~~!!


このところ、白田君と競い合うように、足元まで寄ってくるようになった茶太郎ですが、
体をぶつけてきたのは初めての事。

白田君の時も嬉しかったですが、一番臆病な子である茶太郎が、そんな事をしてくれたなんて!


いや~~。奇跡の瞬間と呼びたくなる出来事でした(笑)

もっとも、ご飯が終わったらそれっきり。

そして、お昼ご飯の時はフツーの態度に戻っていたのでありました。

白田君もそうだけど、ほんと、続かない・・・(笑)

チーちゃん一家は、ツンデレなんですな。


でも、少々しんどい事があっても、今日はこのことを思い出すだけで、ニマニマしてしまいそう♪

茶太郎、また甘えておくれ~~♪

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

 いらっしゃいませ
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード