チクっとね。

anzu12_20120228182158.jpgyamuyamu11.jpg

gure16_20120228182158.jpgrio9_20120228182157.jpg


昨年12月8日が予定日だった3種混合ワクチン。
本日、ようやく往診にて打って頂きました。

あんず・ヤムヤム・グレ・リオの4匹です。

今から行きます~というお電話を頂いた後、
4匹の捕獲に頑張りました。

どうも、年々、カゴに入るのが嫌になるみたいです。
グレだけは、毎度自分からカゴに入ってくれるのですが。

面白かったのは、4匹分のカゴを事前に出しておいたら、
グレだけが、ピンクのカゴ⇒グリーンのカゴ⇒ピンクのカゴ⇒グリーンのカゴ・・・
と、延々と2つのカゴを飛び移って遊んでいたことです(笑)

「お前、どっちの色がいいの?」

グリーンのカゴでようやく落ち着いたようで、蓋を閉めました。

リオとヤムヤムは比較的素直に入れることが出来ました。
中で暴れることもなかったです。

一番嫌がっていたのはあんず。
前回捕獲する時、20分もかかってしまったことがあって、
その後また捕獲の必要があった際は、
カゴを縦に置いて、上からストンと入ってもらう作戦で5分で済みましたので、
今回もその作戦で簡単に入ってもらえたのですが、
中で一番暴れていました。シーツは噛みちぎるし・・・。

もう少し若い頃は、こんな風にしませんでしたけどねぇ。

とりあえず、全員カゴに入れて、診察場所の応接間に移動。
先生がいらっしゃるまで、リオ以外は大合唱でした。


anzu11_20120228182157.jpg

カゴの中で吠えているあんず。


いらっしゃった先生は、今日は出勤予定表にお名前がない先生でした。
サンディの癌治療でお世話になったY先生です。
火曜日と金曜日はお休みのはずなのですが、
以前の往診のワクチンでも来て下さったので、
家を知ってらっしゃるから来られたのかな。
新人の看護師さんも、研修という事でいらっしゃってました。
綺麗な方でしたよ(^^)

で、診察は無事終わり、全員のワクチンもチクッと終了。

ただ、あんずが若干問題ありで。
3月の終わりごろはもう暖かいでしょうから、
血液検査に行く予定です。
というのは、歯石が溜まっていて、歯茎が少し炎症気味だと判明したのです。

今年6月には15歳になりますから、
血液検査を事前に行って、問題なければ歯石取りの予約をするつもりですが、
年齢的にも麻酔が出来るうちでないとね。

ああ、血液検査と歯石取りと同じ日にしてもらえないかなあ。
2度捕まえて連れて行く(しかも歯石取りの日は半日入院だし)のはストレス凄そう・・・。

一度相談してみましょ。

ちなみに、同じ年のヤムヤムは、あんずより歯の状態が良いらしく、
あと、グレとリオも含めて、来年また様子を見てからでも大丈夫とのことでした。

リオはやっぱり・・・言われちゃいました。

「大きいですね」(笑)

そんなに食べてないんですけどねぇ。
運動会も夜中にドスドスやってるんですけどねぇ。




先生は、帰り際、庭にいるチーちゃん一家を見て・・・

「ああ、馴染んでますねぇ」と仰いました(笑)

結局居ついてます、はい。


さて。これで3か月近く遅れたワクチンは終了。

やれやれです。

あんずの歯石取りを無事に終えたら、また一息。


4月後半にはお楽しみが待っているワタクシ。

お友達のputiQさん(にゃごみ処・リンクにあります)が、
阪神百貨店にて開かれる猫展に、出展されることが決まりましたので、
1年ぶりにお会いできるかと思っています。

ニャンゲル係数うなぎのぼりの中、せっせとへそくり開始をしております(笑)

開催時期は4月25日から5月1日まで。
8階の催し物会場だそうです。
お時間のある方は、ぜひ覗いてみてください。
色々な作家さんが出展されるそうなので、
猫好きにはたまらないひと時になりそうですね(^^)
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

チョボと3つの奇跡。

chobo1.jpg

今日はチョボの命日です。
亡くなって7年になります。

写真は亡くなる数週間前のもの。
温室で散歩の休憩をしている時のものです。
リード付きの付添散歩しかできなくなった頃です。

チョボの事はこれまで思い出をいろいろ書きましたが、
その中で「3つの奇跡」と思えるものを振り返りたいと思います。

すべて「奇跡」とひとくくりにしていいのかどうかわかりませんが。

1つ目のお話。
チョボは子供の頃は庭猫として生活していましたが、
1歳にも満たない頃の冬、3日間姿がありませんでした。
当時はまったくこちらに懐いていなかったので、
出て行ったのかもしれないなと思う反面、心配でもありました。
でも、探してみたものの見つける事は出来ませんでした。

そんなある日。
当時、スポーツクラブに入ったばかりの私は、
自転車を漕いで、クラブに向かっていましたが、
メニューを終えて、買い物でもして帰ろうと思っていたのに、
なぜか突然胸騒ぎがしました。
とても落ち着かない気持ちになり、買い物は中止して、
わけもわからず、とにかく急いで帰宅せねばという思いでペダルを漕ぎました。

家に着いた私が見たものは、寒い中、身じろぎもせず立ちすくむチョボの後ろ姿。
一体どこにいたの?寒いのに・・・
と、声をかけて前に回って顔を見てびっくり。
鼻水が足元まで流れて、それが固まってかちこちになっているわ、
目はまったくふさがってしまっているわ。

酷い風邪を引いていたのです。
これはとりあえず病院だ・・・と、そのまま連れて行きました。

治療して帰宅して、自宅看護が出来るのかな?と思ったけれど、
症状はとても重く、「あと数時間見つけるのが遅かったらダメでしたよ」
と先生に言われて、そのまま10日間の入院になったのでした。

あの胸騒ぎに従っていなければ、チョボはどうなっていたことか。
それを思うと、やはりこれは1つの奇跡なのだろうと思います。


2つ目のお話。

これは亡くなる直前の話です。
原因がはっきりわからないまま、衰えていくチョボは、
治療の甲斐なく、入院した翌日に亡くなったのですが、
入院させた日の夜は、もう自力で呼吸することも叶わず、
意識もなく、酸素を送られている状態でした。

もうダメなんだな・・・そう思った私は、
チョボの名前を呼びました。
すると、意識もないのに、呼吸も自分で出来ないのに、
彼は、まるで庭を駆けている時のように、後ろ足を大きく動かしたのです。
走っている時のように。

数回そうして動かして、足の動きが止まったので、
もう一度呼びかけると、再び足を動かしました。
何度もそういう事を繰り返しました。
私が呼びかけると、動かすんです。

先生が「こんな状態なのに、動かすこと自体が不思議です」と仰いました。

きっと、チョボにはわかっていたのですね。
私の声が。
そして、庭を駆けて走り寄ってきた時と同じことを、
意識がなくても出来たのでしょう。

誰が呼びかけても動かさない足を、私の声だけに反応したチョボ。
これもやはり、最期の奇跡だと思います。


3つ目のお話は、亡くなった後。
これは、遺骨が入ったエンジェルペンダントを、
お友達の家に遊びに行く途中で落としてしまったお話。
ご記憶の方もいるかもしれません。

2日に渡って通った道を探し回ったのに見つからず。
諦めて引き返そうとした時、
目の悪い私に知らせるかのように、
そこに絶対無かったと断言できる場所で、キラリと光ってくれたこと。
遺骨も無事に見つかったこと。

その光り方は、わずかな光を受けたものではなく、
まるで目の前で大きな光が瞬いたかのようでした。
何十メートルも離れていたというのに。

これははっきりと、奇跡だと言えると思っています。



チョボ。知ってるよねぇ?
庭が今どうなってるか!!
もうびっくりだよ~(笑)
増えた増えた、一気に増えちゃった。
お前が生きていたら、とても良い遊び相手になれたかもしれないね。
なにせ、誰とでもすぐに仲良くなれるんだもの。
チーちゃんだって、きっとお前には「シャー」なんて言わないと思うよ(^^)

天国へ行って7年。
きっとのんびり過ごしてるんだろうな。
いつかまたみんなと戻っておいで。
今はちょっと・・・おかあちゃん、大変だから、
生活が落ち着いたらね。また一緒に暮らそう。

あ、チョボが大好きなおとうちゃんは、一昨日61歳になりました。
髪の毛の後退はあれからそんなに進んでないから、安心?してね(笑)

きっと神様にとても可愛がられているだろうチョボへ。
おかあちゃんより。



☆猫の日に。

猫の日はみなさん楽しく過ごされたでしょうか。

うちの猫達は・・・まあ、相変わらず変化もありませんが、
普段あげない缶詰をご馳走しました。


それから、夫の誕生日でもあったので、
ちょっとだけ料理を作りました。
最近さぼりがちなもので、まともに台所に立つとくたびれちゃいます(笑)

最近、見よう見まねでカービングの真似事を始めたのですが、
テキストは買ってるものの、
こうした方がいいとか、アドバイスを傍でしてくれる先生がいるわけでもないので、
テキストを見ながら、あれ?これはどうやったらいいってこと?
と首をかしげながら野菜をカットしました。

元々図解を読むのが苦手なものですから、
出来上がりの写真は理解できても、
螺旋を利用して葉の形に切るなんて書かれていると、
螺旋のどこをどう利用すんのだよ~!?
となってしまい、そこは無視すっぺか・・・と自己流もいいところです(笑)


tabemono30.jpg

葉っぱはきゅうり。
ポテサラの入れ物はパプリカ。
その前にある赤いバラは、トマトの皮です。

一番簡単で気に入ったのは、このトマトの皮のバラ。
でも、皮だけ剥くって、ちょっぴりやり難かった。
一生懸命にやってしまって、力が入ったせいか、実が潰れました(笑)
皮だけ食べるのは悲しいので、当然ちゃんと別にトマトも添えましたが。
潰れた方のトマトは、皮を剥きながら私のお腹へ。

あ、やり難かったのはナイフの切れが悪くなってきてるのかな。
。。。そういうことにしとこう。

バランスよく、根気よく。
ああ、私の性格では、それが根付くまでどれだけ時間が必要なのかな。
いっつも、途中で「え~い!」ってなってしまうんですよね。
でも、まあ、楽しいです。

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

頑張ったあんず。

anzuyamuyamu1_20120217201603.jpg

あんず、数年ぶりでしょうか。
いきなり、タワーの上段までジャンプしました。
びっくりしました。

もうここ数年、私のベッドに上がるのも重そうだったのに。
上がった時も時々「トテ!」とよろけていたのに。
(あ、布団の柔らかさに足を取られてのことですが)

ヤムヤムがロフトの部分にいますが、
このタワーの下にちょうど炬燵があって、
そこからロフトまで軽々ジャンプするヤムヤムです。
炬燵からここまでは、おおよそ1メートル30ほどでしょうか。
その下の段にあんずがいますが、
それでも炬燵からは、1メートルはあります。

30センチ高のベッドまでしか登らなくなったのね~
なんだかんだ言っても、もうすぐ15歳ですもんね~お爺ちゃんだもんね~。
なんて言ってたのに、どうしたんでしょ(笑)

きっと、タワーのてっぺんで私にナデナデしてもらっているヤムヤムを見て、
よし、僕だって!と一念発起・・・したのかも?


anzuyamuyamu2.jpg

で、今度は降りたい様子なのですが・・・。

降りるのはヘタみたいで。


anzuyamuyamu3.jpg

炬燵目指して、ウロウロウロウロ。

あんず兄ちゃん、何やってんの?とヤムヤムが言ってそうです



☆ウタマロGoo!

shumi4.jpg

レリーフ彫りの基本だそうで、ダリアの花と葉っぱですが、
練習3個目です。

今まで彫ってみた石鹸、何種類かありましたが、
総合すると、「剥離度80~90%」という代物ばかりでした。

手で握ると、ボロッと崩れてしまった、あの青い石鹸と一緒にコーナンで買っていた別の石鹸が残っていましたので、それで彫ってみました。
こちらの石鹸の名前は「ウタマロ」。
ん~渋い名前だこと(^^;)
これも洗濯石鹸です。
襟や袖の頑固な汚れに・・・みたいな謳い文句。
普通の石鹸よりかなり大きいんです。
色も綺麗でしたので、ダメ元で1個だけ買っておいたのですが、
これがまあ!
多少剥離する部分があったけど、今までに比べたら10%程度のもの。

ダリア3個目のトライにして、初めて割れない石鹸で、彫った跡を確認することが出来ました(笑)
今まで、最後まで彫ってみても、途中で剥離が激しく起こって、
結局どう彫れたのか今一つ判らない状態だったんです。
花びらの輪郭どこ行った~?ってな状態でしたもん(^^;)

お値段もコーナンで150円ほどでしたし、
何よりビッグサイズなので、練習するのに目が疲れにくかったし。
もう少し買い足しておくことにしましょう♪

もっと均等にバランスよく美しく彫れるようになるまで、
ウタマロで頑張ります(^^)

しかし、ウタマロってどういう由来でついた名前なのかなあ?
香りは、ん~柑橘系でしょうか。
グレープフルーツのような感じがします。
彫っていると、部屋中に香りが満ちて、とてもいい気持でした。
これはめっけもん♪でした(^^)

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

知らないおじちゃん!

taneko2_20120216130141.jpg

お?お前さんは、もしかして・・・?

ここ数日姿を見せていなかった野良ネコさん。
以前何度か書いたと思いますが、チーズファミリーの所へ覗きにやってきては、
みんなが逃げ出して大騒動・・・その「犯猫」であるキジトラ君ではありませんか。

実は、午前中買い物に行って、帰ってきたちょうどその時、
餌場からこの子が逃げ出すところに出くわしました。

隠居の屋根の方へ行ったのですが、
その後すぐに、白田君が母屋の屋根から降りてきました。
すぐに月乃も姿を現しました。

チーちゃんはなぜか、一人まったりベッドの中(笑)

じきにグレコと茶太郎も出てきました。

ん。私が姿を見てないだけで、きっと何度もあれから来てるな?
相手が去った後、みんな出てくるのが早くなった。
ちょっとは慣れたんでしょう?

とりあえず、いったん避難はするものの、
チーズファミリー、以前よりはすんなり戻ってくるようになっていました。

逃げ出したこの子、今度は猫テラスの方へ回っていたので、
そこから多分裏庭に抜ける気だろうと思って、
裏庭が見える所へカメラを持って出ました。
その時、捉えたのが↑の写真です。

そして、私に気づいて振り返りました。

taneko3_20120216130141.jpg

ちょっとだけ目つきがチーちゃんっぽい。
体の縞は茶色だけど、尻尾は黒の縞。
なかなか立派な体格の男の子でした。

と、そこへ・・・。
跡をこっそり追ってきたのでしょう。
月乃がいつの間にやら急接近。

私を見て、裏門を乗り越えたところから、
この子と月乃が見つめ合っていました。

taneko4_20120216130141.jpg

月乃、興味はあるけど、門を超えることは出来ず。
この子は月乃に少しずつ近寄ってきましたが。
近寄られた月乃は、後ずさりして逃げました。

そうそう、それでいいんですよ。
追いかけて行ってはなりませんよ。

外から来る猫ちゃんは、この裏門がある所の塀を乗り越えて、
隣の庭から入ってくるんです。
お隣さんの塀の内側に、どうやら踏み台に出来る何かがあるみたいですね。


知らないおじさんが去った後。

chichibi26_20120216130140.jpg

ベッドから出てきたチーちゃんと、グレコがプロレスごっこ。


chichibi27_20120216130140.jpg

そのうち、全員そろって日向ぼっこ。

この庭も完璧じゃありませんからねぇ。
こうやって、少しずつ、知らないおじさん、時にはおばさんも?
と出会うわけですが、うまくやり過ごしていく事を学んでいってね。



☆練習6個めにして。

ようやく理想のシルエット(あくまでも私の中で)に仕上がった石鹸の稲穂。
バリバリ割れる黄色い石鹸の残り物でトライしました。

shumi3.jpg

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

やってみた。

shumi2.jpg

今日は午前中から早々に雨となりました。

洗濯も出来ないし。
庭掃除も出来ないし。
経理の仕事は終わってるし。
家事も・・・あ、昨日のカレーが大量にあるから、ご飯は作らなくていいし・・・(笑)

わーい。
久々になーんにもすることがないっ!

ということで、朝から遊んでおりました。

遊んだ結果が↑の写真です。


anzu10_20120213174642.jpg

おかあちゃん、何やってんの?


せっせと本を見ながら遊んでいる私に寄って来ては、
猫達はくんくんとブツの匂いを嗅いでおりました。

石鹸を彫ってたんですよ。

とあるテレビで見かけて、ふ~ん・・・難しそうだなこれ。
絵心ないし、まっすぐ線も引けない人には無理だな。

そう思ってずいぶん時間が経っていたのですが、
今年に入ってから突然興味が湧いて(笑)

どうするんだろうと、本を買ってみたんです。

しかし、難しい。

何がって、石鹸って、今回初めていろいろ触ってみましたが、
練り方とか違うんですね。
すごく粘るものもあれば、ぱりぱりと簡単に剥離してしまうものもあったり、
ガサガサっと割れてしまうものあったりと。

近くの100円ショップや薬局で、安い石鹸を数種類買ってみたんですが、
みんな違いました。

ふう~~~ん。
一体どういう石鹸が一番いいんだろう?

大体、お店には固形石鹸ってすごく少ない量しか置いてませんでしたし。
今は液体ソープが主流なんですねぇ。


上の写真は、花王さんのWhite。
これがいろいろ一緒に買った中では、一番粘りがありました。
粘りがあるので、割れることはないけど、切り口があまりスパッといかないというか。。。

でも、手近で買える石鹸の中では、一番使いやすいかも。

ちなみに、彫ったデザインは、稲穂なんですが・・・。

夫に見せたら、「う~ん・・・稲穂ってもう少しラインがふっくらしてないか?」と。

ということで、他に買っていた石鹸も試したかったので、
彫り直してみましたが。。。


shumi1.jpg

真ん中の黄色は、薬局で買ったマックスさんの薬用消臭石鹸?
なんかそんなネーミングでした(笑)
これがつるつるしていて、すごく切りやすい反面、
パリパリと剥離しやすく、切り口が細かくひび割れてしまったり。
遠目に見るとわかりませんが、目の前で見るとその辺雑になっています。
ま、いっか(笑)

ふっくらラインを目指したかったのですけど、
ベースの形を切り出す際にも、パリパリと割れるものですから、
どう整えようにもまとまらず。
何とかこの形に持って行くのが精一杯でした。
これ以上やろうとすると、ボロっと大きく割れそうだったので。

隣のオレンジは、ミューズです。
こちらも、黄色の石鹸と似たような質感。
でも、黄色ほど剥離は激しくありませんでした。
ただ、切りだしたサイズが大きすぎて、
もっと小さくすればいいものを、屑が出るのがもったいないと思い、
この大きさでやってしまって、ずんぐりむっくり(笑)
スマートな稲穂じゃなくて、松ぼっくり化してしまった気がします。

形の出来としては、白が一番まだいいかなと思いますが、
もう一回り大きなサイズがあったらなぁ。


ミントブルーの物は、コーナンで試しに買ったものですが、
まあ、凄い・・・。
手で簡単にバリっと砕けてしまう代物でした(笑)
どうにもならないけど、色はとてもきれいだったので、
細かく砕いてお湯入れて練り直して、
野菜の型抜きで作っております。
練り直しも満足に出来ないくらいキメの粗い石鹸でしたが。。。
色は素敵なのに、惜しい・・・。
下に入れてる玉も同類です。

ああ、なんかちょうど良い柔らかさと硬さを兼ね備えた色つきの石鹸が近くにあったらいいのになあ。
またいろいろ遊んでみたいのに。

ちなみに、試しに買った石鹸、ダメだこりゃ~が結構あって、
今後はボディシャンプー封印。それを使い切ることにしようと思っています(^^;)

とりあえず、稲穂らしい稲穂をひとつは彫りたいな。
彫れるようになったら、色んな色で作って花束みたいにして、
花の無い季節に、飾っても良さそうですね。
香りもしますしね。

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

そろそろ往診で。。。

rio8_20120209144942.jpg

それにしても、お寒うございますね。
昨日の大阪・・・といっても、地域によって違うかもしれませんが、
私が住むところでは、朝から大きなぼたん雪が舞っておりました。
ま、わりとすぐに止んでしまいましたけど。

今日も同じように大層寒うございます。

ところで、そろそろワクチンをせねば・・・という段になりました。

本当は去年12月8日が予定日だったのですけど。

その前の年は、さらに2か月早かったのですが、
サンディの件があって、疲れも抜けず、気持ちも沈みっぱなしだったのもあって、
ワクチンが2か月遅れて12月になったのです。

4匹まとめて・・・だったので、往診で打ってもらったのですが、
去年も庭の大掃除で疲れ切ったまま年があけて2012年になり、
気が付けばもう2月じゃありませんか。

そろそろ往診でお願いせねば・・・ということで。

受けるのは、あんず・ヤムヤム・グレ・リオです。

ワクチンの話は時折書いてきましたが、
1年に1回じゃなくてもいいというのが、最近増えて来ていますよね。
完全室内飼いなので、3種を打ってますけど、
うちも1年に1度ではなく、1年半に1度とか、ちょっと伸ばしてもいいのかな~なんて。

とりあえず、ずれ込んだ分、予定日が寒い時期と重なってしまったので、
自転車族の私としては、春に動けるように、来年まで2か月ずつずらして調節しようかと思っています。
2~3年に一回のワクチンを実行されてる所も増えてるのですから、
2~3か月ずらしても大丈夫でしょう。

ところで、私が9年ほどお世話になっている今の病院(3軒目)も、
開業されて10周年とのことです。

予約システムを利用できるようになっていて、
獣医師の指名や日時をパソコンや携帯で予約できます。

ちょっとの間行ってなかったうちに、いろいろ変わってました。

往診の予約は電話でいいのかなあ、と思って病院のHPを覗いてみたら、
あらびっくり!

なんと、私が、いえ、きっとたくさんの方が「こうなってたらいいのにな」って思ったことが1度はあるであろうという事が、行われるとのこと。

それは何かというと、診察対象の動物によって、待合室、診察室、入院室を分けるというシステムです。
臆病なにゃんこや、小鳥さんなど、ストレスにならないようにとのことみたいですね。

そういう病院がどこかにあると聞いたことはありますが、
私がこれまで利用した病院ではありませんでした。
スペースの問題もありますものね。

今年の1月から、2階への増床工事に入ってるそうで、
どんな風に変わるのか楽しみです。
もともと、マンションの1階部分のみで開業されてるのですが、
2階も病院が買い取られたのか?なんなのか?
とにかく、臆病なうちの猫にはありがたいお話です。
種類によって分けてしまうのか、性格によって分けるのかはわかりません。
でも、大声で鳴くワンちゃんと一緒にならなくていいというのは、確実でしょうね。
入院部屋でも、それが気になってましたし。
どんなに性格が良いワンちゃんでも、鳴き声は大きいもので、
うちの子、ビビってないだろうか・・・と、そう思って心配したこと、何度もありました。

いつ完了するのかまでは書いてありませんでしたが、
往診に来ていただいたら、さっそくいろいろお尋ねしておきましょう。

それと、これもありがたいことに、内視鏡に続いて、CT検査機も導入されるようです。

今まで、内視鏡やCTは他の病院を紹介してもらわねばなりませんでした。
通っている病院で、かなりの検査が受けられるようになれば、
すごく助かりますね。
知らない病院への検査入院は、飼い主にも動物にも不安が付きまといますから。


本当に、良い病院に巡り合えてよかったなぁと思います。


☆最近のワタクシ。

養命酒を飲んでます(笑)

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

 いらっしゃいませ
ステップファクトリー
stepfactory
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード