思い出すのは・・・

kotetu3.jpg

clover 4月28日は亡き小鉄が生まれた日です。
サンディと同じ歳なので、生きていれば15歳。
今年の夏で三回忌を迎えます。

小鉄の名前を口にする時思い出すのは、人生初の海外旅行(香港)。
念願の香港旅行へ渋る夫を説得して、やっと行けたのですが、
それが15年前の4月28日早朝でした。
この日に小鉄たちが生まれたらしい・・・とは、
夫が姑か誰かから、後に聞かされた話だったと思います。
旅立ったのが早朝だったので、そんな事は知る由も無く。

それと、冬になると思い出すのは、看病が始まって家の中に入れて世話をするようになった1年目の冬。
一緒のベッドで寝てくれたことかなぁ。
11年近くも庭で暮らしていた子が、
1年ほどで添い寝までしてくれるようになるとは思っていなかったです。
自分から布団に入りたいと、私に合図することすらありました(笑)
変われば変わるもんだ・・・
左はサンディの指定席なので、小鉄は常に右腕を枕にして寝ていました。
猫生最後の冬に、人間と一緒の布団で寝る暖かさを知った小鉄ですが、
私の寝相の悪さに、よく付き合えたものだと、変な感心をしたことを思い出します。
それと、12年ちょっとの付き合いの中で、最初で最後の「顔ペロリ」も忘れられません。
何を思ったか、突然私の顔をペロンと、たった一度だけ舐めてくれました。
他の子達のように手を舐めてくれることすらなかったのに。

天国でも誰かに祝ってもらってるかな?
神様。これからも、小鉄をよろしくお願いいたします。
鳩にご飯を取られていたら、「しっかりせんか!」と言ってやってくださいまし(^^;)
地上にいる時は、いつも取られっぱなしでしたので(笑)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

生まれたといえば・・・へその緒の話なのですが。(唐突ですね)
先日、蔵の2階の小さな和ダンスを整理していたら、
印鑑を入れるようなサイズの、小さな箱が4~5個出てきました。
病院の名前が見えたので、何だろう?と思って開けたら、白い粉が一杯。
ん?変な薬じゃなかろうな・・・?と思って、慌てて蓋を閉めて、
箱の裏を読んでみると、聞いた事のある名前が書いてありました。
これは確か・・・義父のお父さんの名前・・・?
その上には、両親の名前が。
あれ?あれれ?誕生日も書かれてあるし・・・
あら~~!これは、もしや、「へその緒」が入ってる箱なんじゃ?

他の箱も裏を返して読んでみると、義父の名前のもの、伯父のもの、おばさん達のものがありました。

おいおい・・・こういうものをこんなところにほったらかしてていいんですかぁ?

一体これはどうすればいいのでしょう?
義父やおばさん達のものは、80年ちょっと前のもの。
その父親となると、100年くらい前のへその緒です。影も形もありません。
粉になってました・・・
私のへその緒は実家にあるそうですが、皆さんはどうされてますか?
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

苦笑い。

gurerio2.jpg

ネコリオの頭に、後ろ足をヒットさせて寝ているグレ。
パーッと開いたこのアンヨを、ぐりぐりしてみたいと思うのは私だけ?

さて。一週間のご無沙汰でした。
今週前半の、『家主の苦笑い生活』始まり始まり~。
(猫ブログなのに、猫ネタが来月までなさそうです、たはは)

20日(月) 姑のMRIの検査結果を聞きに病院へ。朝9時半にタクシーを呼んだので、
20分には出る用意が出来てるように言っておいたのに、
8時半に出てきたり、今度は「9時半って言ってから」と20分に出てこなかったり。
しっかりしてくださいと、職人さんの前で言ってしまいました(笑)
結果はまずまず。坐骨神経痛の症状は思ったより進んでいませんでした。
膝の痛みを抑える注射をしてもらうかどうか、飲み薬を追加してもらうかどうか、
先生にお願いすればいいのに、私を見て「どうしよう?」
「自分で決めてくれなきゃどうしようもないよ~」と私。
どうしようどうしようと、自分の事なのにこちらに依存してくる姑を見て、
先生が「お薬出すのは手間じゃないですから、追加しておきましょうか?」と助け舟。
近くの整形外科への紹介状も書いていただきました。

午後、宮迫ママさんが車椅子を持ってきてくれたので、乗り心地を確認してもらいました。
少しそこらへんで練習する?と、扱い方に慣れない私が言うと、
「私はいいわ~」と他人事みたいなお返事。
おかあさんは良くても、私が慣れないと危ないんですけど?
自分のための車椅子なのに。私が乗るんとちゃうで?
宮迫ママさんも、さすがに苦笑い。
相変わらず、自分のためにあれこれみんながやってくれてることの自覚があまりないようです。
すぐに、義弟が休みの日なら車で病院まで行ってくれるかも?と言い出すし。
あのね~「休みの日は用事を頼まれたくない」って義妹から私は言われましたの。
だから、頼んだら嫌がられるよ。今度はこれ、はっきり言っておくしかないですな。
ちょっと可哀想だけど。
ん?私の休みはどうなるのよ?ええ???(苦笑)


21日(火) 職人さんに留守をお願いして、マンションの掃除と買出し。
この日もこまごまとした打ち合わせに終始。

22日(水) 朝から支払い業務で銀行へ。帰宅してサンディの散歩に付き合い、
午後から経理をしようとしたら、打ち合わせで現場に呼び出され、
修復しなければならない箇所が新たに見つかり、
そのスペースに詰め込まれていたわけのわからない大量の花瓶やら、座椅子やらを、
職人さん達と運び出し、要るもの要らないものを姑と一緒に仕分け。
自分が要るかどうかを考えてくれたらいいのに、それは誰々が大事に使ってはったわ~とか、
余計な話が長い。要るの?要らないの?というより、お花を生けるの?
生けないんだったら、あれもこれもって言わないでね。
でも、10個くらいの花瓶を置いておくことに。
土間に直しにいったら、そこにも結構花瓶が・・・いっぱいあるやんかぁ~~~。。。

その後は要らない花瓶を新聞紙で巻いて「割れ物」と書いて一まとめに。
すんごい量だよ、おっかさん。
これ、粗大ゴミの日に運ぶの大変だ・・・

その作業に追われ、結局経理はまったくできず。

23日(木) 午前中、昨日の片付けの続きをやり、
一息ついたら、三菱〇〇BKから電話。
確定申告のコピーを頂戴したいので、伺いますとのこと。
いらしたのは、小日向文世さんっぽい顔立ちの方。
今年からこちらの支店に配属されたので、やり取りするのもお互い始めて。
前支店長代理のキューピーちゃんとは、性格も違うな。
家の改修工事をご覧になって、「かなりの費用がいりますよねぇ」と言われたので、
「自己資金でなんとか出来る範囲でやってますので」
「へぇ~~(塀)」
「。。。座布団何枚要りますか?」と私。心の中で苦笑いです。

小日向さん似の、通称コヒーが帰ろうとすると同時に、農協の新しい担当者ヨッシー到着。
預けてあった通帳を返しに来てくれたのですが・・・
前任者のカネコッチよりもキャリアが浅いため、
不得手な不動産関連の借り入れなどの仕事に苦手意識があるらしく。
30分近く、仕事への不安や、向いてないですわ~という愚痴を聞かされる。
カネコッチがいかに、顧客から情報を聞き出していたのか、その方法が知りたいとこぼしていらした。
カネコッチは農協の上層部よりも能力が高かったそうで・・・
そうかぁ。やっぱり頼りになるのはカネコッチか。なんで転勤したんだーーー!
ヨッシー。愚痴は聞いてあげるけど、もっと腹くくって頑張らんとあかんで!
カネコッチも、村の長老達からしこたま怒られながら、
可愛がってもらえるようになっていったって言ってはったで。

さて。ヨッシーも帰ったので、経理だ!と思ったら、社長から電話。
トイレの出入り口の高さがもともと低めなので、壁を取ってしまいましょうか?という相談。
それをOKしたあと、母屋の施錠についての相談。
台所のドアに鍵をかけないと不安なことを相談した。
どこからでも入ろうと思えば入れる構造なので、
どこかにしっかりした鍵をかけたかったのだ。
その線で社長と意見が合致。

その後、本当に今度こそ経理!
サンディを膝に乗せて帳簿付け。
パソコン入力は明日の午後。
とりあえず、一段落しました。

ほっと一息ついてたら、姑から電話です。
「昨日の花瓶、もう捨てたんっ!?」と、なんだか責められてるかのような口調。
「おかあさんがもう要らんって言うたやん。要る奴は土間の納戸に直したよ」
「それはそうやけど、もう全部捨てたんっ!?」
「なんやのよ?」
「花の細工物(施設のレクレーションで作ってる紙で出来た花)が出来上がったから、
それを花瓶に入れて明日持って行きたいねん。」
「あ~。。。粗大ゴミは土曜日やから、まだ置いてあるけど?」
「一番小さいのでええねん」
「あとで持っていくわ」

要るなら要るで、昨日の時点で言っておいてくださいねぇ。
新聞紙で包んじゃったのに。
はぁ。思いつきで物を言われたらたまったものではないです。

明日の夜は税理士さんが我社の決算のことでお見えになるし、
土曜日は午前中、セコムの担当者さんが、再リースのお話でお見えになるし、
ヨッシーも再びやってきます。

工事が休みの日曜が待ち遠しいです。

あ・・・そうだ。
GW前に一度姑の足に注射を打っておいてもらったほうがいいかなあ・・・
「行かなくてもええと思うわ」(単に痛い注射が嫌なんでしょ?)といいそうですが。
GW中に激痛がきたら、病院だって休みですから、どうしようもございませんし。
私だって、どこかゆっくりする日が1日くらいほしいです。
いや、実際は工事の準備の片付けに追われる日々になりそうですけど。

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

これからのこと。

anzucyacyarice1.jpg

芽 毛布の海におぼれる3ニャン。
おちっこピピピが治まらない問題児?のあんず、
ニョロッパが無くなり、やや地味になった?チャチャ、
ヤムヤムが来るとおびえて逃げるライス。

そろそろ毛布は片付けたいんですが、まだこの子達には必要なようです。
毛だらけになるので、パクパク君でお掃除をするようになりました。
コロコロの経費節減です(笑)
ホットカーペットのカバーも同じく、コロコロを出来るだけ使わないようにしています。

引越ししたら、どうなるかな~と、考えることが多くなりました。
まったく知らない家に行ったら、あんずのピピピはなくなるのか・・・
それとも、変わらずか?酷くなるか?

ライスは、ヤムヤムとのテリトリー争いに勝てるのだろうか、どうだろうか。
勝てなくてもいいから、環境が変わって、彼女達の関係も変わればいいいなあ。
そんなうまいことは行かないだろうけど。
とりあえず、私はここに住むのと変わらない態度で、
「え?ここはお母ちゃんとあんた達が住む家ですよ~」って顔しておこうっと。

rice9.jpg

ね?ライス。あんたが一番気になるよ。
新しい家でも、こんな風にの~んびりした顔見せてね。

あ、あんた達には新しい家だけど、お母ちゃん達にとっては築3桁の家だから、新しくないな(笑)


今日は床下の補修がどのようになったかを、見せてもらいました。
今までの構造よりがっしりした感じになりました。
柱が弱ってる場所は、鉄板とボルトで補強。
普通の石を塚にして柱が乗ってましたが、セメントで大きな土台を造り、
その上にブロックで塚を作って柱を乗せていました。
義父に見せてあげたいなと思いました。
「以前よりしっかりしたよ」と。
もうそろそろ、この補修も終わりそうです。

畳を上げて、床板をはがし、下に潜ってみて初めて解ることが多かったそうです。
社長が「業者に任せ切りにするのではなく、施主さん側も勉強していただきたいです」
そう仰っていました。
建築の本を読んでもわかるわけはありませんが、
せめて自分が住む家の内部構造がどうなってるかは、柱のことや天井のことなど、
やはり知っておいたほうがいいですね。

1つ不安があって聞いてみました。
予定よりやらなければならない補修が増えて、
見積もり金額より、けっこう費用が上がったのではないかと思って。

すると、こう仰いました。
「尼崎のマンションでも、そこのマンションでもお世話になってるし、
 ここでもこれだけの仕事をさせてもらってるので、費用は出来る限り足が出ないように、
 〇〇さん(棟梁)とも材料など相談しながらやってます」

ほっとしました。仕事でのお付き合いが多いので、個人的な家の補修でも協力していただける。
ありがたいことでございます。
義父が利用してきた業者さんだと、費用についての相談は言いにくかったと思います。
義父は言われた金額をそのまま払う人だったからです。
細かい金額をあれこれ言うのが苦手。
業者さんも、今更何でこんなに予算に細かくなったんだと思われたら・・・ん~私も嫌です(笑)
やはりここは、自分がお付き合いしている取引先にお願いするのが一番楽です。

明日は午後から夫も立ち会って、いろいろ確認作業を行います。
休みの日くらい、現場に来てもらわないとねぇ。。。


話は変わりますが、ケアマネさんから電話があり、こういう事を聞かれました。

「お義母さん、最近物忘れが酷いとか・・・そういうことはないですか?」

実は、昨日ケアマネさんが来られた時、
足の痛みのこともあるので、大事をとって今週一杯と、来週月曜はデイケアを休む。
そういう話をしていたのです。もちろん姑も聞いていました。
ところが、今日、私が買出しから戻ったら姑が居ません。
あれ?と思ってるところへケアマネさんから電話があったのです。
姑は、今日、デイケアに行く日だと思っていて、
ずっとお迎えを待っていたのですが、来ないので自分で電話して来てもらったらしいのです。
施設側も、今日は休みと聞いていたので、迎えに来る予定もなく・・・
それで、ケアマネさんが、「物忘れが酷くなってませんか?」と聞いてこられたのです。

物忘れではありません。
買ってきてほしいものとかは、きちんと覚えていますし、
姑が払って、私がまだ清算していないお金に関しても、
返してもらったかまだなのかは、しっかり覚えています。
(そのくせ家全体の家計はまったく興味なしのようですが)

「義母は、人任せにするので、自分できちんと聞いてないんだと思います。
私は関係ないから~発言が昨日もありましたでしょう?そういうことなんですよ。
人が聞いてくれてるから、自分で覚えようとしてないだけだと思います」

自分で自分のスケジュールは管理してほしいですわぁ・・・

帰ってきた姑に聞いたら、
「今日デイに行かへんかったら、10日ほどお風呂に入ってないことになるから行きたくなって」と。
それならそうと、私に先に言ってくれないと。びっくりしますよ。
予定にない日に家に居ないって。どこ行った~!って。足も痛いのに。
自分で電話して呼んで行ったのは、よく出来ました!と言ってあげたいけど(苦笑)
これからは気をつけてね。

それから、月曜に打った注射ですが、木曜には効果が薄れてきたようで、
また痛みが始まったらしいです。
今はまだそれほど酷い痛みではないようですが。
月曜日にもう一度注射を打ってもらっておきましょうか。
車椅子も月曜日に宮迫ママさんが持ってきてくださるので、
今度からはそれで近くの整形外科に通いましょう。

「車椅子ね、月曜に届くからね。届いたら、お義母さんを乗せて近くまで練習していい?」
「いいよ。それって、自分で押していけるタイプ?」
「自分では出来ません。付き添いが要ります」

自分で押せる車椅子だと、一人で勝手にどこかへ行ってしまうだろうから、
あえてそれはやめたのです。
どこかで転んでしまったら、姑の足は完全に使い物にならなくなる可能性があるからです。
転倒だけは絶対避けるようにと言われています。
人通りの少ない所でこけてしまったら、怖いですよね。
常に私が押して行かねばならないけど、その方がもしもの事態を避けられます。
おかあさん。自分で出来ることと、してはならないこと、覚えてつかぁさい。


今日はホットプレートを買ってきました。
以前のものより小ぶりです。
今夜は少し肌寒く感じるので、お鍋に致します。

では皆様。良い週末をお過ごしくださいheart02

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

プチホテル?

  gaisyutu2.jpg

えんぴつ♪ MRIを撮りに行った病院前の風景です。
夜になると、きっとキラキラ夜景が綺麗なんだろうなあ。
新しく開発された町なので、とても綺麗で静かです。


今日は姑のMRI検査でした。
午前11時20分にタクシー到着。それに乗って、まずは月曜日に行った病院へ。
そこから送迎が12時15分にあるということで、外で待っていました。

送迎バスは1台止まってるのですが、行き先が違います。
時間は迫ってきてるのに、目的の病院へ行ってくれそうなバスは来ず。
あれ?時間過ぎた・・・1分、2分・・・。

待ってる私達の前に、一台の普通乗用車が止まり、若い男性が病院の中へ。
とっても細い足。。。最近の若い子は本当に細いなあ・・・

すると、その男性がすぐに出てきて、ぼーっとしてる私に、「〇〇様ですか?」と。

そうです。送迎はバスではなくで、普通乗用車だったのです。びっくりしました。

バスを見た時、ステップがあるので、姑の足では無理だし、運転手さんが手伝ってくださるのかな?
そう思ってたのですが、送迎が普通の乗用車と知ってほっとしました。

無料タクシーのようなものです。
楽チン体勢でいざ検査病院へ。

検査を受ける病院は、系列病院でした。
車で7~8分の距離でした。

そして着いたら、またびっくりしました。

  gaisyutu1.jpg

これは帰りの写真ですが・・・前に座ってるのが姑です。
これ、病院ですかぁ?プチホテルみたいな感じじゃないですか。
お洒落なカーテンがかかっていて、扉も木製で、ライトも格好いい。
へぇ・・・ここにだったら、私、入院してもいい・・・なんて思ってしまいました(笑)

エントランスはこんな感じでまたびっくり。

           gaisyutu3.jpg

綺麗な椅子が並び、全体的にやはり木を使った造りになってました。
何より、自動演奏のグランドピアノがあるのです(奥に小さく映ってます)。
胡蝶蘭も飾ってあります。

それにとっても静かで・・・患者さんは誰も待っていません。
静かで広くて綺麗で・・・病院の慌しさはどこへやら?
貸切ですか?私達、貸切でしょうか?と思いたくなるほどでした。
受付も丁寧です。

受付で指示されたのは、検査を受けるのが地下1階であるということ。
エレベーターを乗って、教えてもらった方角に行くと、
すぐに放射線の受付が見えました。義父の時のように迷いませんでした。

すぐに専用の服に着替えるように言われたので、
更衣室に一緒に入って、着替えを手伝いましたが、ここもとても綺麗。

着替えて椅子に座って待っていましたが、椅子もお洒落なら、かかってる絵画も綺麗。
病院にあるような、合成皮革の椅子ではなく、織物の椅子で、木製の手すりが付いています。
そして、CT室もMRI室も、とにかく並んでる検査室の扉も、全部木製です。
鉄の扉はどこにもありません。
吹き抜けが作ってあって、地下ですが、そこから陽光が振りそそいでいました。

そんな美しすぎる、豪華すぎる造りの病院で、検査が終わるのを待っていました。
待合には私一人。やっぱり・・・貸切・・・ですか・・・?(笑)
ゆったりした椅子に座り、大画面のテレビを観ながら、待つことができました。

えらい違いだな~。今まで行ったことのある病院では経験できないようなゆったり感。
はあ。。。きっと入院したらお高いのだろうな。

検査が終わり、また着替えを手伝って、1Fの総合受付へ。
そこで支払いを済ませ、帰りも、足の細い男性が、元の病院まで送ってくれました。
ここの送迎は、バスではないのでしょうか?
バスが必要なほど、たくさんの患者さんが来ないのかもしれませんが。

で・・・MRIの結果で今後どうなるかは、来週の月曜日にまた聞きに行くことになりました。
聞きに行くのは、元の病院です。
その時、近くの整形外科で、膝の痛み止めの注射と飲み薬を処方してくれるように、
一筆書いていただけるようお願いするつもりです。
近くだと、家から歩いて10分ちょっとなのです。
車椅子も中古が見つかり、宮迫ママさんにお願いしてもらいましたし。
家の近くだと、私が付き添うのも楽ですからね。
毎度毎度、この病院へ来るのは、時間もお金も・・・大変でございます(汗)
幸い、元の病院と、希望してる整形外科の病院は協力機関の病院だし、
姑の親戚筋がやってる病院だとわかったので、お願いしやすいと思います。

ということで・・・また来週月曜日、付き添いです。
経理でバタバタする前に、姑の病院だけでも一段落してもらいたいです。

あ、膝の様子ですが、注射と痛み止めが効果あったのか、
今日はけっこうご機嫌な調子で足を進めておりました。
完全に痛みがなくなったわけではないのですが、動きが全然楽そうです。



☆思い出したことがあるので、ついでに・・・
留守番に来てくれた母が言ってました。
「うちの電子レンジ、やたら煩くてね~」

動作が煩いのではなく、チン!と鳴って、すぐに取り出さないと、ピーピー煩いのだそうです。
しかも、取り出さないでおくと、また勝手に回り始めるとか。
そんなレンジあるのですか?
私の家のレンジは、大変昔のもので、温め、生解凍、タイマー機能しか付いていません。
当然、時間が来て、チン!したら、そのままだまーっておりますが(笑)

母のレンジは再び勝手に回りだす上に、ピーピー煩い・・・
料理してる時って、チン!となっても、他のことをしてて、すぐに取り出さないことってありませんか?
こんなレンジだと、せわしなくて嫌だな~と思いました。
それとも、最近はこういうお世話様機能が充実しているのですか?

「おまけにな。ピーピー煩いから、慌てて取り出すやろ?そしたら、たまに<キュ~!(>_<)>
って鳴いて怒ってるねん」

煩い上に怒るレンジ?わはは。そんなの嫌だ~。
もちろん、何かのはずみの音でしょうけどね。

テーマ : 今日の出来事   ジャンル : 日記

火種。

              sandyanzu1.jpg

ミケネコベッドの上のサンディとあんず。
え?顔の大きさが違いすぎる?遠近法ではありません。大きいんです、あんずがね~(笑)


夜中にブログを書くと、ろくな事を書かない・・・その傾向が強い家主ですが、
火種がくすぶっております。
我慢してると、サ」となりそうなので、ここらでブラック家主にならせていただきます。

①先日、ケアマネさんが来られた時、姑の膝の痛みを相談しました。
デイケアに行く日を1日減らすことも視野にいれましょうか?ということになりました。
それから、介護報酬が値上げになったので、今後これだけ上がりますとのお話が。
すると、姑が「私は関係ないから」発言です。
「関係ないって、言うたらあかんわ~!おあかさんのことやで!」と私。
さすがにケアマネさんも同じように突っ込まれました。
姑が言う「関係ない」は、お金のことは全部私に任せてるから・・・という意味なのですが、
関係ないわけではありません。
私にしたら「おかあさんが、やってくれないから私がやってるんですけど」なのです。
昔から金銭に関しては、まったくどうしようもない姑なので、言っても無駄ですけど。

デイケアに行く、行かないは、姑の体の調子次第で、こちらが強制するものではありません。
だから、費用のことは別として、このまま週4日行くのか、
足のことを考えて3日に減らすのかは、痛みを感じてる姑が決めなければならないのです。
でも、こういう話の時は「私はどっちでもいい」というのが姑の返事。
どっちでもいいって言う言葉は、とても無責任ですよ、おかあさん。
みんな、おかあさんの体調のことを考えて、どうしましょう?と相談してるのに。

結局、昨日レントゲンを撮り、先生から、歩く量を減らしたほうが良いと言われました。
家に帰って、「どうする?デイケア減らそうか?」と再度聞いたら、
「どっちでもいいよ」って・・・いい加減にして!と言いたくなりました。
痛い痛いと言うから、どうしたい?って聞いてるんです。
自分がどうしたいかくらい、自分の体の事なのだから、いい加減責任持ってください。

結論としては、3日に減らすことになりました。
それから、近くの病院へ行く時は、車椅子を使うことにしました。
中古で買取の車椅子を、ケアマネさんに探してもらっています。
その方が私も楽です。


②固定電話にメッセージを入れずに切る人。誰ですか?
うちは、電話番号が出ない昔の電話機です。名前くらい入れてくれないと、掛け直せません。

③東京の友人が、酷い鬱で数年前に強制入院させられましたが、
その友人は、今は生協でバイトしています。
その彼女が「私の知り合いの障害を持ってる人は、障害者年金貰って働かずに暮らしてる。なのに私はレジで立ちっ放し。私も年金貰って働かずに暮らしたいよ」と言ってきました。

あのね。鬱で障害認定されたあなたが、立派に仕事をこなせるようになったんでしょう?
それで生活が出来るんでしょう?素晴らしいことじゃない。
働いても生活費に足りないなら、障害者年金を申請すればいいと思うけど、
あなたには今はそれは必要ないと思う。
あなたは自分で稼げるのだから。
そう言ったら、「わかった。頑張る」と返事が来ました。
気持ちはわかります。同じ障害を抱えているのに、片や仕事仕事仕事。
片や、年金で働かずに暮らしている人がいる。
働けるかもしれない状態なのに、年金を貰って働こうとしない人も中にはいるらしいけど、
それがいいかどうかは別として、あなたはあなた。
自分の働きに自信を持って、年金に頼らずやっていく気持ちを自分で褒めなさいって思います。
本当に働けなくて、年金が必要な人に回せるでしょう?
彼女は、元から年金を申請する気持ちなどないのです。
でも、ちょっと羨ましかったのですね。
彼女はいい所が沢山あります。まじめ。素直。我慢強い。
私が注意したりしたことも、素直に謝ってくれます。逆切れなんてしたことありません。
鬱で不安定な事もあるだろうけど、人の注意には耳を傾けます。
それに、嘘はつきません。
元からの性格なのでしょうね。だから、やっていける人だと思ってます。

④植木等の「無責任一代男」は好きですが、本当に無責任な奴は嫌いです。

⑤憂さ晴らしがしたいのに、憂さ晴らしができなーい!

⑥チャンチャン焼きを始めた途端、ホットプレートが壊れて焼けなかったっ!(>_<)

⑦話の結論がいつまで経っても見えないことが多いと、イライライライラ・・・
一体どうしたいのだ?と怒りたくなる。私は結論から言って欲しいタイプっ!
結論までの説明が長いと、もうええわ~。と思ってしまいます。
どうしたいのかは、簡潔にお願いします。
ふんふん・・・なるほど~と理解したのに、
また最初から「だから、たとえばこんな時は・・・」と。。。
もうええって。解ってるから、違う例えは要りませんって。
くどくど長い話は嫌いなんです。
解らなかったら、その時点で質問しますから。


ああ、、、本当にくだらない愚痴でした。お休みなさい。

テーマ : 今日のつぶやき   ジャンル : 日記

あ~やだやだ。

sasuke12.jpg

げ 11日(土)は、佐助の予防接種でした。
3月下旬の予定だったのですが、バタバタしていたこともあり、少し遅れてしまいました。
佐助は5種ワクチンなのですが、最近私が行く病院では取り寄せ扱いになっていて、
予めお願いしておかないと、いきなり行ってもワクチンがない場合があります。

しかも、5種も来年か再来年にはなくなるようです。
外で暮らすには3種では駄目(白血病予防が出来ませんので)。
かといって、7種になると副作用がキツイ。
だから、佐助とサンディは5種をわざわざ取り寄せていたのですけどねぇ。

さて。この写真の佐助は、注射から戻って1時間ほど経った頃です。
現場で社長と話していると、佐助のウワウワ言う声が聞こえてきました。

「呼んでますよ」と社長に言われ・・・(笑)

「注射を打ったから静かにしてなさいね」と私。
家にカメラを取りに戻って、その時撮った写真です。

工事が始まって職人さんの出入りに慣れてきたとはいえ、
ちょっとした緊張が続いていたのでしょう。
そういう調子の時に捕まったせいでしょう、今までにないほどの怒りよう。

やっと解放されて、落ち着こうと毛繕いに必死。

sasuke13.jpg

もう~やだやだ・・・と言いたげな佐助。


sasuke14.jpg


スタコラサッサ~!!!と、立ち去る佐助。
その後、義父の寝室と蔵の間のちょっとした横丁に入り込んでしまった佐助でした(^^;)

この日はその後、私も夕方からぐったりしてしまい、ちょいと転寝。
気がついたのは、職人さんが帰られる30分前でした(汗)



カプセル今日は午前10時半に、姑を連れて病院へ行ってきます。
膝が痛いと何日も前から言っております。
水がたまってるのか、神経痛なのか、関節痛なのか、血管が詰まっているのか・・・
ケアマネさんが来られた時、相談したら、動脈硬化でもそうなるらしいのです。
とりあえずは、大腿骨の手術をした病院へ行ってきます。
外科的に問題なければ、内科でしょうねぇ・・・
大したことがなければいいのですが。

職人さん達には、留守中だけど工事をお願いして行きます。



☆10日(金)の晩御飯は春巻きに筍を入れました。

gohan7.jpg


☆11日(土)は疲れた私に代わって夫が作りましたが・・・

gohan8.jpg

やたら筍が多くない?もしや・・・?
「全部使った?」
「うん。使い切った!」

ふぇ~~ん。筍カレー美味しいのよ♪と、教わったのでやってみたかったのに。
でも、これで全部消化致しました。
筍さ~ん。来年また会おう!今年はもう・・・十分だよ(笑)

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

 いらっしゃいませ
ステップファクトリー
stepfactory
プロフィール
HP「サン・チョボ家へようこそ」

家主です。

Author:家主です。
家猫6匹+庭猫5匹の母業にいそしむ猫バカです。愛玩動物飼養管理士1級です。でも 落ちこぼれなので あんまり質問しないでね(笑)
関西在住。趣味はピアノ(ショパン大好き!)歌うこと・旅行・食べること!
でも、キュウリとアンコは嫌いです(笑)
好きなピアニストは クリスティアン・ツィメルマンとマウリツィオ・ポリーニ。こんな私ですがよろしくお願いいたします☆

サンディ
sandyblog.jpg
チョボ
cyoboblog.jpg
小鉄
kotetublog.jpg
佐助
sasukeblog.jpg
くーちゃん
ku-cyanblog.jpg
あんず
anzublog.jpg
ヤムヤム
yamuyamublog.jpg
チャチャ
cyacyablog.jpg
グレ
gureblog.jpg
ライス
riceblog.jpg
リオ
rioblog.jpg
チーちゃん(居候中)
chichan1blog.jpg
月乃(居候中)
tukinoblog.jpg
白田君(居候中)
sirotakunblog.jpg
茶太郎(居候中)
cyataroublog.jpg
グレコ(居候中)
grecoblog.jpg
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
お気に入りDVD
お薦め CD♪
見てる?
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード